月別アーカイブ: 2015年8月

夏休みの終わり、夏菜園の終わり

多くの学校で夏休みも終わりの時期を迎えるのに合わせて、夏菜園もそろそろ片付けに入ることにした。
夏菜園の主力であったキュウリはすでに水が上がってしまって影も形もないのだか、トマトは実はほとんどなくなっているのだか、樹勢はまだまだ盛んである。
かといって、これから収獲が期待できるかとなるとそういうわけでもなくて、世間でよくあるように意気込みと成果が結びつかない例に似ている。なので、9株をさっぱりと撤去。

続きを読む

下川裕治「週末沖縄でちょっとゆるり」(朝日文庫)

タイ、カンボジア、ベトナムなどの東南アジア、台湾などのフリークで、旅本作家としても大御所である下川裕治氏のひさびさの「沖縄本」である。氏は沖縄フリークとしても有名で、東南アジアや台湾への行き来に、成田や羽田ではなく那覇からの飛行機便やフェリー便を利用した旅行記が数々あることがその証左であろう。
構成は
第1章 沖縄そば 食べるそばを求めて国道58号を北上する
 定食 「シーブン」が生む沖縄定食の迷宮


第2章 カチャーシー カメおばぁが教えてくれる本土の人間の限界


 栄町市場 軒の低い市場に流れる百円以下という物価感覚


第3章 LCC 台風欠航で揺れる沖縄フリークの胸のうち


 石垣空港 LCCが生む節約モードという多忙


第4章 琉球王国と県庁


 名護と愛蔵さん 辺野古移設でもめる街にギャラリーができる


第5章 波照間島 天文おたくのパイパティローマという居場所
 船の欠航 変わりゆく島を結んだ伝説の船
第6章 農連市場 「午前三時の湯気」の現在を撮る(阿部稔哉)
第7章 コザ 世替わりを重ねた街の人生の栄枯盛衰(仲村清司)
 ポーク 主食化したアメリカ世の落とし物
第8章 沖縄通い者がすすめる週末沖縄
 食堂、スナックに立ちはだかる再開発と後継者の問題(はるやまひろぶみ)
第9章 在住者がすすめる週末沖縄
 なるべく金をかけずに子供を喜ばせる穴場スポット大紹介(平良竜次)
 沖縄の週末は公園が賑わっている(嘉手川 学)
 沖縄滞在パターン(高倉直子)


 女子にもおすすめのパワースポット自転車めぐり(及川真由美)
 安里の栄町どおりが変わってきている(新崎栄作)
となっていて、ひさびさの「沖縄本」ということで、どういう新しい「沖縄」の魅力の話かな、と思ったのだが、ちょっとその様相が違った。20年以上前から沖縄に親しんできた筆者が、沖縄の変化に戸惑い、以前の沖縄を求めつつ、なかなか出会えない、あるいは、以前の沖縄は変わってしまった、というあたりが、メインに据えられてているような沖縄紀行である。

続きを読む

竹村公太郎「日本史の謎は「地形」で解ける」文明・文化篇(PHP文庫)

「日本史の謎は「地形」で解ける」の続編に当たるのが本書。前の本は、頼朝の鎌倉開府や家康の江戸開府、あるいは忠臣蔵の事件などが、人文的な事実だけで動いたわけではなく、根底に「地形」「地理」上のわけがあった、ということを見事に論じてみせ、爽快な目鱗を感じさせてくれた。
続編の「文明・文化編」は個別の歴史上のイベントだけでなく、国民性とかも含めてちょっと大きな事象が「地形」「地理」的な影響下にあることを論じてみせている。
構成は
第1章 なぜ日本は欧米列強の植民地にならなかったか①
     地形と気象からの視点


第2章 なぜ日本は欧米列強の植民地にならなかったか②


     「海の中」を走った日本初の鉄道


第3章 日本人の平均寿命をV字回復させたのは誰か


     命の水道水と大正10年の謎


第4章 なぜ家康は「利根川」を東に曲げたか


     もう一つの仮設


第5章 なぜ江戸は世界最大の都市になれたか①


     「地方」が支えた発展


第6章 なぜ江戸は世界最大の都市になれたか②


     エネルギーを喰う都市


第7章 なぜ江戸は世界最大の都市になれたか③


     広重の「東海道五十三次」の謎


第8章 貧しい横浜村がなぜ、近代日本の表玄関になれたか


     家康が用意した近代


第9章 「弥生時代」のない北海道でいかにして稲作が可能になったか


     自由の大地が未来の日本を救う


第10章 上野の西郷隆盛像はなぜ「あの場所」に建てられたか


     樺山資紀の思い


第11章 信長が天下統一目前までいけた本当の理由とは何か


     弱者ゆえの創造性


第12章 「小型化」が日本人の得意技になったのはなぜか


     「縮み志向」の謎


第13章 日本の将棋はなぜ「持駒」を使えるようになったか


     地形が生んだ不思議なゲーム


第14章 なぜ日本の国旗は「太陽」の図柄になったか


     気象が決める気性


第15章 なぜ日本人は「もったいない」と思うか


     捨てる人々・捨てない人々


第16章 日本文明は生き残れるか


     グラハム・ベルの予言


第17章 【番外編】ピラミッドはなぜ建設されたか①


     ナイル川の堤防


第18章 【番外編】ピラミッドはなぜ建設されたか②
     ギザの3基の巨大ピラミッドの謎
で、辺境に住まう身にとって嬉しかったのは「なぜ江戸は世界最大の都市になれたか」のあたりで

続きを読む

最近の出張時の仕事グッズ・ガジェット

出張の際は、できるだけ持ち物は少なくしたい。とりわけ、1〜2泊でバッグを持ち歩く時間と距離が長そうなときはなおさらである。

そんなところから、なんとかPCなどのガジェット系や書物系をなんとか少ないしたいと思って悪戦苦闘してきたのだが、ちょっとした合間の仕事や、書類の閲覧などを考えると、最近は
Macbook Air
iPad
ノート(A5またはA4)
というお仕事系に加えて、通常持ち歩く
iPhone6 Plus
ロディア・メモ(A7)
といった構成に落ち着き始めている。
しばらくの間は、 Mac book AirとiPadのどちらかにしようか、とか、ノートはiPadにまとめられないかとか、iPhone6 PlusでiPadを代用できないか、とか試行錯誤していたのだが
・MacbookAirがないとちょっとした合間の原稿とか書類づくりが難しい。iPadのBluetiithキーボードではどうしてもレスポンスが落ちる
・書類、徳に仕事用のファイル閲覧はiPadがやはり便利。iPhoneでは老眼に身には細かい字はやはり辛い。
・思考をまとめるのは、やはりノートで手で書いた方はアイデアが出やすかったり、思考経路が明確になる気がする。手仕事の偉さというやつだろうか
・ノートとロディアは用途がかぶるのだが、ふいの思いつきを書き留めるのはノートではレスポンスが落ちる。さりとて、まとまった思考をまとめていくにはノートが一番。(サイズはA4が良いのだが、A5ノートを見開きで使っても良し)
といった理由から、どうにも減量できず、無理に減少したこともあるのだが、あれがあればな、といったストレスに耐えかねてこういう構成に落ち着いている。
こうしたPCやらガジェットを持ち歩くのはそんなに苦にならないのだが、困るのは宿泊が伴うと充電環境、ACアダプタとかUSBアダプタとかが結構嵩張ること。これの量を減らす良いアイデアはないもんですかね。

缶詰のツブ貝味付けを食す

本日はチョット缶詰づいてしまって、晩酌のつまみに缶詰のツブ貝を購入。

中身はこんな様子。

入っているのは6個程度なのだが、みな粒が大きい。

味は少々甘目ではあるのだが、歯応えもシッカリとしていて美味である。たくさん食べるものではないのだが、ついつまんでしまうおつまみではありますな。

日本橋 玉ゐの駅弁「焼あなごめし」を食す

本日は東京出張なのだが、運悪く台風の襲来にかち合ってしまい、飛行機での帰宅が危ぶまれる状態になってしまった。慌てて新幹線に飛び乗ることにしたのだが、お昼時ではあるが、お店に入っている暇がなく、ひさびさに駅弁を食することに。
で、購入したのは、日本橋 玉ゐの「焼きあなごめし」


辺境に住まうとは言っても、たまには新幹線を使うことはある。だが、昼食は大抵、お店で食べてから、というのが常で駅弁は最近はほとんど食べない。
とはいっても年代的に駅弁偏愛の年寄り世代と駅弁をほとんど食べない若者世代の中間に位置しているので、それなりに駅弁への郷愁はあるし世代だ。

続きを読む

岸本葉子「ブータンしあわせ旅ノート」(角川文庫)

「人」と同じで、「国」の毀誉褒貶も遷ろうもので、いっとき持ち上げられたものがストンと評判が落ちてしまうことは常といていい。そのあたり、ブータンと言う国、幸せ度 No.1と持ち上げられて後、さほど評判が落ちるわけではなく、忘却の方向にいくというのは、さほど悪いことではないように思う。
構成は
旅はご近所から
「きんと雲」の国へ
ふわっとヒマラヤ
ティンブー街歩き
山道をドライブ〜トンサへ
ソバ畑の広がる谷〜トンサ・ブムタン
農家にホームスティ〜ブムタン
シャクナゲの峠を越えて〜ウォンディフォダン・プナカへ
中学校にこんにちは〜プナカ・パロ
年に一度のツェチュ祭り〜オアロ
さよならブータン、また来る日まで〜あとがきに代えて
変わるもの、変わらないもの〜文庫版あとがき
となっているのだが、ブータンの都市や地域など、何も知らない当方としては、ブータンの印象は、筆者の言説によるしかなく、そのあたりは、様々なことに恬淡として接する岸本葉子氏の話は偏頗ない気がする。

続きを読む

Windows10にアップグレード ー 今まで失敗していた原因は”DATA”ディレクトリの容量不足だった(その2)

「DATA:」ディレクトリのパーティションサイズの拡大をしたので、いよいよWindwos10へのアップグレード作業にとりかかる。ただ、アップグレードの予約画面であれこれやっていたら、再予約の状況になってしまい、ダウンロードの順番がくるまで待たないといけない様子。

なので、Windows UpdateからWindows10をダウンロードすることにした。ダウンロードサイズが大きいので結構待たないといけないが、根気よく待つ。今回は中断することなくダウンロードが進む。
正確な時間は忘れたが45分から1時間ほどダウンロードには必要だったと思う。
windows10-1.jpg
ダウンロードが終わったら、更新を適用。
windows10-2.jpg
ファイルの構成が終わったら、半ば勝手にWindows10のアップグレードが始まる。ネットの情報とかをみると、ファイルの残すのかどうかとかの選択をする画面とかがあるようなのだが、記憶になし。アップデート後はプログラムも個人ファイルも引き継いでいた状態なので、デフォルトでそうなっていたのかな。
windows10-3.jpg

続きを読む

Windows10にアップグレード ー 今まで失敗していた原因は”DATA”ディレクトリの容量不足だった(その1)

Windows10のアップグレードの予約をして、ファイルのダウンロードを始めて1〜2週間が経過するも「アップグレードの準備ができました」状態にならない。windows updateからwindows10をダウンロードして更新してもできそうなのだが、この方法では、「Windows更新プログラムを構成できませんでした」となって先に行かない。

いい加減「???(怒)」となってきて、上級者ではないが上級者向けとわざわざMSのサイトが断っているという強制アップグレードをやってしまえ、となった次第。

そこで、MSの公式サイトの「windows10のディスクイメージ(ISO)のダウンロード」にアクセス。
64ビット版のメディア作成ツールをダウンロードして、Windows10のイメージに入手を試みる。
windows-download1.jpg
windows-download2.jpg
これは簡単にうまくいくじゃないの、とたかをくくっていたら、今回も「Windows更新プログラムを構成できませんでした」のエラーがでて頓挫する。エラーコードをみると、「アップロードをインストールするための空き容量がない」と指摘されているようだが、SSDの”Cディレクトリ”の空きは40G以上あるので疑問が募るばかりである。

続きを読む

缶詰のムール貝を食す

最近、コンビニ、スーパーのおつまみのコーナーでよく見かけるのだが、なかなか手が出なかったのが、この缶詰のおつまみ。夏も終わりであるし、たまにはいいか、とよくわからない理由で、買ってみた。
買ったのは「缶つまレストラン ムール貝の白ワイン蒸し風」

結構な化粧箱に入っていて高級だぞ、という押しの強さを感じるのは私だけか?

続きを読む