「夢」を思い描かずに目的を達成する方法について考えてみる

先だって、「成功する人は自分の目標を言わない」という自己啓発系の真逆のアドバイスについてエントリーしたのだが、今回は、同じく自己啓発系への挑戦とも言える

人間の脳は、幻想と現実を見分けるのが得意でないことが、明らかにされている(だから映画はスリリングなのだ)。何かを夢見ると、脳の灰白質はすでに望みのものを手に入れたと勘違いしてしまうので、自分を奮い立たせ、目標を成し遂げるのに必要な資源を集結させなくなってしまう。そのかわりにリラックスしてしまうのだ。

するとあなたはやるべきことを減らし、達成すべきことも減らし、結局夢は夢で終わってしまう。残酷な話だがポジティブシンキングそれ自体は、効果を発揮しないのだ。

という記事(「夢を思い描く」が人生の及ぼす悪影響」)をPRESIDENT Onlineに発見。

 

要点は

・ポジティブシンキングそれ自体は、夢の実現に結びつかない。夢に描くことは目標達成前に達成感を与えてしまうので、目標達成の活力を失わせる

・夢を実現するには、夢見て満足するのではなく、実現のための道のりと立ちはだかるものを見つける。そしてその克服方法を考える

・さらに「もしも(if)」と「そのときは(Then)」を考える、つまり障害をあらかじめたくさん想定し、いざというときに脳が自動的反応できるようにしておく。

が大事ということで、夢を本当に叶えるには

①自分の願いや夢をイメージする

②願いに関して自分が望む成果を具体的に思い描く

③現実を直視し、目標達成への具体的な障害について考える

④障害に対処する計画を考える

というステップを踏むべき、というもの

 

言われれば当たり前のことで、いわゆる自己啓発本が、夢の実現についてあまりに精神論的な処方箋だけを提示することが多いことへの批判でもある。ただm自己啓発本を弁護するわけではないのだが、夢をあたかもそれが叶ったよおうにイメージしろ、というのは、「夢」の達成のいあまりにも遠い道のりからくる絶望感を麻痺させるという効果を狙っているところもあるので、あながち全否定すべきものでもないと思う。

 

大事なのは、夢が叶っているときの幸福感をイメージしつつも、それが叶っていな現在の飢餓感や焦燥感を忘れない、あるいはそれ以上に、現在の不完全な状態をイラつきながら噛み締めて、次の行動をする、ということであるように思う。

つまりは、今が不完全な状態あること、夢から遠く離れていることから逃げずに、やるべきことを「象い歩みのように」着々とやれ、ということなんであろう。なにやら、一昔前の「スポ根」ものと基本のところは変わらない、ということであるようだ。闘争心は大事、ということだな、とまあ勝手に総括いたしましたが、いかがでありましょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です