人生の「愉しみ」を見つけるには、一定期間、一つのテーマを集中して没頭することをローリングすることもありか

記憶の端っこに残っているだけなので、出典とかが定かではないのだが、一人の作家の思想を理解するには、休暇期間とかまとまって時間がとれる時に、全集とか、その作家の作品を代表作だけではなくよりたくさんの作品を固めて、集中して読むのが有効、という話がある。

 

さらには、以前、レビューした出口治明さんの「「本」の使い方」(角川ONEテーマ21)でも 

 

私の場合、新しい分野の勉強を始めるときは、

 ①関連書籍を「7~8冊」手に入れる 

②「厚くて、難解そうな本」から読み始めて、輪郭をつかむ

 ③最後に「薄い入門書」を読んで、体系化する

 ④本で学んだあとは、実際に体験してみる 

というマイルールを決めています。そして、一旦マイルールを決めたら、あとは迷いません。ルールのとおり行動するだけです。

 

というアドバイスもあって、一つのテーマを掘り下げるには、時間をかけてじっくりと調べる方法もあるのだが、限られた期間に、集中して「読む」「調べる」という方法がかなり有効であるようだ。

 

で、これは仕事に限らず、人生を愉しむ趣味を見つける場合にも適用できるような気がしていて、特に、これといった趣味を持っていない人は、少しでも琴線にふれることがあったら、何り振り構わず、小遣いのほとんどをつぎ込んで、期間を限ってやってみる、そして、飽きたら「やめる」といった

ことを繰り返していけば、少なくとも「熱中して過ごす期間」がテーマは異なるにしろ「連続」することとなり、結果的に「充実した」期間が過ごせることになるな、と思った次第。 

 

一つの分野を極め、一角の専門家風になれるのは、そのテーマに1万時間費やす必要があるらしいが、そのテーマで一生食っていくつもりでなければ、そこまで拘ることはない。テーマがバラバラであっても、そこは多ジャンルにわたってそこそこの識者になる、という手もある。 

とかく、日本人はその道の権威・専門家になりたがるが、浮気者よろしく、一つのジャンルをある程度食ったら、次へ行くといった方法も、「多動力」の重要性がいわれる今日には、もっと見直してもいいのでは、と思いますね。 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です