カテゴリー別アーカイブ: テクノロジー

科学進化の「倍々ゲーム」の行き先は? — 稲見昌彦「スーパーヒューマン誕生 人間はSFを超える」(NHK出版新書)

AI、IOT、ロボットといった最近流行のテクノロジーは、いずれも人間のアナログな感覚との間に膜で遮られているような気がしていて、こうしたテクノロジーの進化は必ずしも人間・人類と並走してくれるかどうか不安なところがあるのだが、本書でとりあげる「人間拡張」はそれに比べると、アナログな感覚と親和性が高い気がする。
構成は
序章 SFから人間拡張工学を考える
第1章 人間の身体は拡張する
 1 拡張身体とは何かー「補綴」から「拡張」へ
 2 どこまでが拡張身体なのかー脳と道具の間にあるもの
 3 どこまでが身体なのか?ー曖昧な身体の境界線を探る
第2章 インターフェイスとしての身体
 1 現実世界はひとつなのか?ー五感がつくる現実感
 2 新たな現実はつくれるのか?ー感覚と情報がつくるバー
 3 人間は離れた場所に実在できるのかー脱身体として
第3章 ポスト身体を考える
 1 ロボットはなぜヒト型なのか?ー分身ロボットとヒューマノイド
 2 他人の身体を生きられるのか?ー分身から変身へ
 3 身体は融け合うことができるのか?ー融身体・合体からポスト身体社会へ
あとがき
となっていて、南アフリカの義足の陸上選手の話からスタートし、パワードスーツなどへと続いていく。
このあたりは、人間の「身体」のフツーの拡張話であるんだが、
人間は「道具を使っている」こと自体を、自らの身体を使っているときのように無意識化できる
 
であったり、
近年になり、もしかしたらラバー・ハンドという物理的な存在がなくても、人間は信じるだけで自分の身体がそこにあると感じるかもしれないという応用の実験がでてきた。
 
といった話が出てくると、人間が自分の身体として意識しているのは、肉体としての身体だけでなく、空間軸的にも時間軸的にも拡大し、境界の意識を失っていき、「身体」そのものが変質していく
 
そして、さらに「バーチャル・リアリティ」という技術によって、「人間の心」「人間の意識」が、肉体という身体から、空間的にも時間敵にも「離れていく」「解放される」というSF的な幻想にかられてしまうのである。
個人は一つでなく「分人」として「複数の顔」を持ちうる、さらには
 
もしかしたら、人間は複数の分身体をスケジューリングしながら操るようになるのかもしれない。現地に行く必要が生じた場合は、そこに焦点を合わせて自分を光の速さで飛ばして実在させる。未来の人間は、複数の世界を時間によって漂う存在になっている可能性すらあるのだ。
 
といった話になると、「おい、おい、本当かよ」と当方のようなおっさんは、途方にくれてしまうのであるが、Skypeを使ってのインターネット会議などが常態であるむきには、そうした身体感覚と意識との分離は、容易に想像できる範囲なのか?とも思い直してみるのである。
 
まあ、当方が若かりし頃、PCはNECのPC-8800といったのが個人利用では最先端でありましたが、この30年間、とんでもない進化を遂げているのは事実。しかも、こうした技術的進化は倍々のペースで進むという話もある。これから数年間、Ai、ビッグデータ、ロボット、生化学と様々な分野が倍々で進化し、それらが融合すれば、当方が思ってもみない世界が現出するのかもしれませんね。

人間の天才がAIに向き合う — 羽生善治「人口知能の核心」(NHK出版新書)

AIが我々の仕事の多くを奪ってしまう、とか、イーロン・マスクがAIの開発・研究は人類にとって危険だと研究の中止を呼びかけているであるとか、AIへの評価はすべてがバラ色の温かい目を向けているとはいえないのだが、IOTなどAIは私たちの生活に深く入ってくるのは間違いのない事実。
本書は、そうした中、将棋界の天才児・羽生善治氏がAIの開発現場を訪ね、そのルポとAIについての氏の所見をまとめたもの。
出版は2017年3月であるのだが、2017年4月に電王戦第二局でポナンザがプロ棋士を破るといった、ディープ・ブルーによるチェス、アルファ碁による囲碁に続いてAIの力を見せることがあったのは記憶に新しい。
構成は
第1章 人工知能が人間に追いついたー「引き算」の思考
 レポート1 ディ婦ラーニングをさらに”深く”
第2章 人間にあって、人工知能にないものー「美意識」
 レポート2 「記憶」と人工知能
第3章 人に寄り添う人工知能ー感情、倫理、創造性
 レポート3 ロボットをどう教育するのか
第4章 「なんでもできる」人工知能は作れるかー汎用性
 レポート4 「汎用人工知能」実現への道
第5章 人工知能といかにつきあえばいいのか
 レポート5 人工知能、社会での活用
となっていて、中心は羽生善治氏によるルポ、途中「レポート」という形で同行取材陣の記事が入るといった形である。
まず「ほう」と思うのは、羽生善治氏の「思考の柔らかさ」である。羽生氏は1996年の段階で、コンピュータがプロ棋士をを任す時を2015年頃と答えているそうだが、その答えが合っているかどうかということより、注目すべきは「コンピューターに自分を含めたプロが負ける」ということを想像することができた、ということであろう。
そうした柔軟で緻密な頭脳のプロ棋士のAI開発レポートであるか、視点の面白さは当然であろう。
ルポ自体はアルファ碁を開発したディープ・マインド社のハサビスCEOの取材に始まり、人間と人工知能の思考の違いと将棋、人間のような人工知能(アトムみたいなもんだな)の開発の現在、そして人工知能に我々はどう向き合うか、あるいはどうつきあい、どう使うか、とAIを取り巻く情勢のほとんど全部に羽生善治氏がコミットし、コメントしている。
このあたりは、当方がたどたどしいレビューをするよりは、原書で、氏が現場に赴いて実際に見て感じた、躍動感あるレポート・考察を読んでいただくのがよいが、最後のところで示される
一方通行で知識を受け取ったとき、人間は進歩し続けることができるか。考え方を他社から悪阻笑うに、ソフトだけで強くなれるか
「学習の高速道路」を走る中で、大量の情報を得ることに追われて。かえって自分の頭で課題を解決する時間がなくなっていく、さらに本当に皆で「高速道路」を走って行くことが進化を速めることなのだろうか
といったAIと人間に関わる疑問は、自らがAIにどう関わるか、という側面で多数決で決めることでもないだろう。
今のところ、新たなラッダイト運動も、機械と自分とを同一視してしまうことも起きてはいないが、AIが我々の生活に浸透してくるつれ、現実化してくる可能性も大きいだろう。
さて、我々はAIと仲良くつきあえるんでしょうか、あるいは使いこなせるんでしょうか?早晩、それぞれが、それぞれの答えを出さないといけない時がくるような気がしますね。

「デジタル生活」突入への後押ししてくれる入門書ー「デジタル超整理術」flick特別編集

書籍をスキャニングしてどうこう、という本はある程度チェックすることにしているのだが、最近ドキュメントスキャナの普及も一段落したせいか、リリースされるものが少なくなっているような気がする。
そんな時に久々に出版されたのが本書。

収録は

・スキャンしてデジタル化することがすべての人にとって必要である理由
・「モノに支配されない」21世紀のお片付け術
・しっかり整理、すっきり片付くスキャナーの使い方
・実践スキャナーPICK UPカタログ
・スキャナー&アプリカタログ
・ScanSnapメンテナンステクニック
・文具王のデジタル収納術
・「データ化は消えそうで心配」を解消する、究極のバックアップアプリ
・紙をデータ化するのに必要不可欠なサービス、Evernote
・column01 いつか必要な情報はとにかくスキャンしてしまう
・名刺、領収書、本、手紙、写真をデジタル化する達人の実例
・interview 捨てられない古い写真を大処分するための方法
・「デジタル化」+「クラウド化」で実現!
名刺管理の手間とコストを大削減
・interview 記帳が楽になる!領収書管理をデジタル化プロが認める経理のコツ
・領収書のデジタル化にコストを減らす
・オフィスの事務処理が変わるe-文書法ってなに
・スキャンと著作権 著作権法の専門家、塩澤一教授に聞く
・本のデジタル化で手間が便利になる
・interview 研究者としては、所有するすべての論文を持ち歩きたい
・紙の手帳も趣があるけど実際にはデジタルが便利
・interview 紙があると落ち着かない。全部デジタル化したくなる
・デジタルになった写真 どう管理する
・家族のリビング中心の完全なデジタル写真管理 BUFFALO「おもいでばこ」
・アナログロも呼ばれる「レコード」もデジタル化して持ち歩く
・column02 スキャナーの一番の機能は、紙を捨てるのを後押ししてくれること

となっていて、まあ基本はScansnapを中心としたドキュメントスキャナによる「紙」「写真」のデジタル化が中心。
続きを読む

「エネルギーを選ぶ時代」はなぜ来なかったのか?

エネルギー基本計画の原子力を含むベース電源と再生エネルギーの将来比率や二酸化炭素削減の目標数値が先日、政府案が出された。
「原発再稼働」については様々な意見があり、対立している状況は承知しつつも、「辺境」から「中央」の様子を横目で眺めながら、一極への集中の中で溢れそうなものをすくい取ることが、このブログの在りようなので、その話題には踏み込まない。
今回のブックレビューは東北大震災後、燎原の火のように「再生可能エネルギー」とりわけ太陽光発電が、狂乱のように広がっていく前夜の雰囲気をよく伝えている『NHKスペシャル「日本新生」取材班 「総力取材! エネルギーを選ぶ時代は来るのか」(NHK出版新書)』を取り上げる
構成は
第1章 「エネルギー自立」への試み
第2章 自然エネルギーと電力行政
第3章 スペインの模索 固定価格買い取りセドの光と影
第4章 スウェーデンの選択 半世紀にわたる試行錯誤
第5章 どう選ぶ? 私たちのエネルギー
となっていて、被災地の状況をリポートしながら、再生エネルギーの導入が進まなかったのか、そして再エネ先進国であるスペインなどはどうなのかといったレポートである。
本書の創刊が2011(平成23)年12月なので、固定価格買取制度の法案が成立(平成23年8月)してから4月後で、制度スタート(平成24年7月)のほぼ半年前という新しい期待にあふれていた時代背景のもとであるせいか、スペインの買取制度の負担金やスウェーデンの電力自由化などの課題は認識しつつも明るい様相を見せている。
その後の日本の展開は、買取制度開始のあたりは順風満帆に見えたのだが、その後の受入線の貧弱さや投資目的の太陽光バブルなどを経て、再エネ導入はかなりトーンダウンして現在に至っている。その原因は確かに、課題を認識しつつも導入を優先せざるを得ないままの制度的未熟さもあるだろうが、一番の原因は、再エネ、太陽光に限らず、一つの国是に向かって一路邁進し、狭い通路だろうが押し合いへしあいしてしまうという国民性を見誤っていた、ということが一番ではなかろうか。
大震災後のエネルギー危機という事情はありつつも、生活や産業の基礎となるエネルギーをどうしていくかは、もっと冷静な議論と、冷徹な誘導施策が必要であったような気がする。
いずれにせよ、エネルギー施策は再びの転換をすることは必至であろう。そうした時に、本書のP162に掲出の「ハゲタカ」などで知られる小説家の真山 仁氏の
電力には、自由化に適している需要と、それよりも安定こそが最重要という需要があると思います。例えば地方と大都市、あるいは個人と企業。地方と個人は、いわゆる自然エネルギーを柔軟に使った地産地消のエネルギーということがもっと増えていい。逆に、大都市や大企業にとっては、とにかく大容量のエネルギーが必要です。そうすると自由化という経済的合理性だけで、安定的かつ大量の電力が必要というニーズを果たせるのかということは、時間をかけて感揚げるべきだと思います。
という言葉は、地方と大都市、個人と企業という単純な二極化させた分類は?とは思うものの、FIT法成立後の混乱に対する解決への一つの示唆といっていい。
「地方創生」という言葉で再び地方の開発や活性化が図られようとしている今、地方部におけるエネルギーをどうするか、ということも、先例のような過熱した沸き立つだけの議論ではなく、冷徹で冷静な議論が今一度、必要とされていると思うのだがどうだろうか。