カテゴリー別アーカイブ: ブックレビュー

豊臣家の恨みを果たそうとするシリーズ最大の強敵現る — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 14 将軍の首」(二見時代小説文庫)

つかの間の平穏というべきか、大名・旗本家のお家騒動まがいや市中の小ぶりの事件を解決し、「水戸黄門」風の世間の評価も高まってきていた信平公なのだが、この巻からはそうはいかないようだ。
収録は
第一話 将軍の首
第二話 改易の危機
第三話 強敵
第四話 いくさ支度
となっていて、大筋的には幕府転覆を狙う、豊臣家の残党との対決であるのだが、相手方は日本を股にかけているようで、ネタバレ的に言うとこの巻だけでは終結しない。
発端は江戸城大手門に瓢箪をさげた「宗之介」と名乗る侍が、大名・旗本たちの登場日の早朝、門を警備する侍たちを襲撃し、彼らの手足の筋を切って警備をズタズタにしてしまうところから始まる。
今回出現する「敵役」は「神宮寺 翔」という豊臣秀吉恩顧の武将の末裔で、この一族は二代将軍秀忠の時に、豊臣家を裏切った大名家を襲ったという前歴がある、というもの。その配下が、前述の「宗之介」なのだが、「翔」の雰囲気とか「宗之介」の口ぶり・振る舞いが、以前流行した「るろうに剣心」の「志々雄真実」あたりのキャラ・イメージを思い出すのは当方だけか・・。まあ、幕府転覆の陰謀のしつらえとかは、「志々雄」の場合より凝ったつくりであるので問題はない。
「神宮寺 翔」率いる一派は手練揃いの上に大人数。その後、老中や大目付が襲われ、事態を重く見た将軍家は、信平をその探索と鎮圧の任を任せるが、老中と反目し、その任を解かれてしまう。江戸市中の警護は、旗本の強者たちに任されるが、相手の強さは半端なく、信平公が再出馬。さて江戸の迫る危難を防ぐことができるか・・・といった感じが大筋のところ。
さて、シリーズ最大のデカイ事件にぶつかった信平公。史実では、七千石まで所領が増え、元禄二年まで行きているので、賊の手にかかるってなことはないでしょうが、今度の敵は、松姫や長男・福千代もその襲撃の対象にしてくる、冷酷な輩である。果たして、皆が無事なままで、事件を収めることができるか、ちょっと心配な展開になりましたな。

「瞳ちゃん、頑張れ」と言いたくなるWebマーケッティングのビジネスマンガ — 「マンガ版 Webマーケッター瞳 シーズン1〜4」(インプレス)

「三立 瞳」という元気な女性を主人公にした、ジャンルはWebマーケットの成り上がり系ビジネスマンガ。

シーズン1は「瞳」が「ネットデイズ」というコンサルタントのコンサルとして、無理解なクライアントとバトルを繰り広げながら理解を得、Webマーケッターとしての知識や、ノウハウを学んで、ほぼほぼ一人前になるところまで。

シーズン2、講演会でのクライアント寄りの姿勢を評価されて、大手生活消費財メーカー「桜花」へのヘッドハンティング。そこで、足で稼ぐ外回りしか信用しない営業部の「おじさん」たちやリアル店舗を味方につけながら、Webマーケティングの手法で人気商品の売り上げでトップ企業も抜いて大功績をあげるまで。

シーズン3は、この功績を評価したのか妬まれたのか、誰がやってもうまくいかない「お荷物部署」の「サプリ事業部」を任され、会社の部員のリストラ要求を跳ね返して花形部署に持ち上げるまで

シーズン4は、桜花を退職し、独立してWebマーケティングのコンサルタントを立ち上げた「瞳」が、地方のコンビニチェーンのWeb担当となった初心者社員をサポートして、Webを使って、コンビニチェーンの売り上げを伸ばし、人気コンビニチェーンへ押し上げる

といったのがそれぞれの大まかな筋立てで、

シーズン2の「FAQのPVが増えていることは、お客が望んでいる情報にたどり着けていない可能性が高い」や「プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)」

とか

シーズン4の「Web担当者はまず会社やフランチャイズのみんなに認めてもらうことを目指す」や「ユーザー中心設計(UCD)」、「O2O」

といったこのジャンルの専門ワードもあちこちにはでてくるのだが、専門書とは違い、そう多くの解説はない。むしろ、「瞳」の元気溢れる活躍をワハワハと読みながら、Webマーケティングってのは、こんなやり方するんだ、と入り口部分の初歩のところをおさえておくといった感じがよいと思う。Kindle Unlimitedでの提供もされているので、会員の人はそっちでもどうぞ。

「水戸黄門」の公家版のような信平公の活躍であります — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 13 赤坂の達磨」(二見時代小説文庫)

京の騒乱鎮圧後、世の中をひっくり返しそうな騒乱の種もまだ見えないせいか、信平公の活躍も、今のところは一藩かぎりのものとか少々小ぶりな事件の解決が主となっている。そのせいか、「水戸黄門」臭は強くなっているのだが、その評判も事件の解決に寄与しているのも黄門風。
収録は
第一話 赤坂の達磨
第二話 脅し
第三話 馬泥棒と姫
第四話 雨宿り
となっていて、まず第一話は新しく家臣となった「千下頼母」の学問の師匠「月山典壇」こと「達磨先生」の危難を救う話。備中成井藩の元江戸家老を勤め隠居中の身の上なのだが、その人徳を慕い、私塾は満員という設定。事件は、その成井藩の江戸家老の汚職に関わるものなのだが、時代小説にあっては、江戸家老と廻船問屋は悪役の定番ですな。
第二話は、将軍家綱に惜しまれつつ逝去した、知恵伊豆こと松平定綱の後継と目される、老中候補と出入りの両替屋の事件。しかも贋金とあっては、本当なら幕府を揺るがす事件であるはずなのだが、いつの世も権力者が首謀者の事件は、密かに進行していくものらしい。、平成、最後の都市の、とある土地買収事件と同じ構図であるかも。まあ時代小説の良いとことは、悪いことをすると必ず報いがあることであるね。
第三話は、信平公が京への旅で家臣となった、馬番の鈴蔵に関係する話。彼の知り合いの、名馬がいると、夜中に忍び込んで、その馬を乗り回し、朝には返しておくという、風流な「馬泥棒」の話。彼が、大名屋敷に忍び込んだ時に、そこの姫サマに一目惚れし、といった具合で、お家騒動と恋物語が錯綜する。まあ、この馬泥棒の素性が実は・・、といったところはお決まりの時代劇風なのだが、この筋立てに安心してしまうのが、昔ながらの日本人の性であるかも。
第四話は、男を引っ張り込んだり、浮気を重ねる女を見つけると、ぼろぼろになるまで殴りつけるという、変わり種の辻斬り(辻暴行というべきか)事件。事件の影に、浮気を重ねる母親の影響があるのは、現代風なのだが、犯人の若殿の事件抑止のために監禁された娘が意外にやんちゃであったのが、この事件の後味を良くしている。
さて、この巻も、いわば気楽に読める「水戸黄門」公家版の松平信平公の活躍譚。家臣も出揃ってきたところで、円熟味がましてますね。

公家にはなつかぬ坂東武者の末裔を、どう心服させるか — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 12 領地の乱」(二見時代小説文庫)

都の騒乱を鎮め、江戸に帰還し、領地の加増を受けた信平が、その領地を受け取るまでに起きる江戸の事件の解決と、賜った領地での大騒動がこの巻。
構成は
第一話 あくび大名
第二話 晴天の鳥
第三話 堅物と坂東武者
第四話 領地の乱
となっていて、第一話、第二話が、江戸での話。
第一話は、八千五百石の大身旗本と市中の娘との恋話。時代小説的にはよくある設定なのだが、恋の邪魔立てをするのが、娘の父親というところが斬新か。
第二話は、地方の外様藩の藩士が、参勤交代で帰郷中に、その妻の不義密通する。その相手が旗本の次男坊なのだが、どうもその妻女をだまくらかして、というわけではないので、ちょっと歯切れが悪くなる。最後は、夫婦が情愛をとりもどしました、というめでたしめでたしなのだが、当方としては、夫の態度にどうも釈然としない。
第三話、第四話は、信平が新しい家臣を得て、新領地の検分にでかけるが、新領地の領民が、祖先が坂東武者であることと将軍直下の天領であったことに高いプライドを持っていて、なかなか信平に靡こうとしない。
そうこうするうちに、関八州を荒らしまくる、大盗賊団がその領地を狙い、実効支配を始めるが・・・、というのがおおまかな筋。結末は、まあご想像のとおりなのだが、結構ハラハラ、ワクワクさせる出来具合である。
さて、さすがに新領民に白い目で見られている中での大盗賊団との闘争は結構歯ごたえがあるのだが、だんだんに、信平の「水戸黄門」ばりの悪人退治も板についてきた。これから「漫遊記」的に、悪人をぷつぷつ潰していく展開になるか、あるいは巨悪がでてくるか、ちょっと気になるところでありますね。

いわゆる「ギョーカイ」のタコツボ化を壊せるか — 山口啓一「10人に小さな発見を与えれば1000万人が動き出す」(ローソンHMWエンタテイメント)

筆者は音楽プロデュースを中心に、様々な分野のエンターテインメント分野のプロデュースにも関わっているのだが、音楽を含め、いわゆる「ギョーカイ」化して、蛸壺的な様相を示している分野について、乱暴なところもあるが、その蛸壺を壊す処方箋を提案してみるのが本書。
 
構成は
 
PROLOGUE 時代を換える3つのポイントを知ろう
CHAPTER1 音楽は「ストリーミング」で聴く時代
CHAPTER2 変わるテレビ、変わらないテレビ
CHAPTER3 「コネクテッドカー」から「ロボットカー」へ
CHAPTER4 電子書籍は出版業界を再定義するか
CHAPTER5 ニュースと新聞の行方
CHAPTER6 ウェアラブルデバイスとIoTの衝撃
CHAPTER7 非オタクのためのUGM入門
SUPPLEMENT コンテンツの価値を多様にとらえよう
EPILOGUE 時代を予見する力を持とう
 
となっていて、とりあげられる「ギョーカイ」は、音楽、テレビ、車、出版、報道、と「花形」としてとりあげられることの多かった世界である。
 
本書では、今風の手法として
 
「グロースハック」とは、仮設を立て、結果を計測、検証し、その結果をプロダクトやサービスにフィードバックするという作業を、短期間で頻繁に繰り返すという方法のことです。
ユーザーがすべてを決める時代ですし、そのユーザーの意思が、可視化されている時代なので、事業者側が一方的に長期にわたる精密なプランを立てても、ほとんどその通りにはなりません。サービスの基本形ができたら、まずはユーザーに提示してみて、反応をみながらサービスの変更、調整を繰り返していく、このグロースハッカー的なやり方が、もっとも効果的といわれています。(P26)
 
が採用されているようで、それは、「車ギョーカイ」では
 
コネクテッドカー(自動車がインターネットに常時接続する)に進化することによって、従来のカーナビ+カーステレオという社内サービスがより高度化します。(P110)
 
コネクテッド・カーは、すぐその先のロボットカーによって再定義されるのです(P117)
 
ロボットカーが一般化すると、自動車の中は、エンターテインメント・シアターになるでしょう。(P120)
 
であったり、「出版ギョーカイ」では
 
これまでは”仕方なく”書物であった本は、デジタル化するときに、紙の書物を単純に電子化した「電子書籍」という携帯である必要はありません(P140)
 
電子書籍の議論をする際に、忘れてはいけないのは、出版業は、その国の母国語を基本にしたビジネスだということです(P145)
 
といった感じで、少し変わった切り口が提案されてくるのが斬新である。
 
で、当方的にこうした提案を面白がりつつも、「おっ」と唸らされたのは
 
音楽プロデューサーも、映画プロデューサーも、エンターテインメント作品をプロデュースするときは、みんなヒットして高い収益を上げること、誰かの人生に大きな影響を及ぼすような作品にすること、歴史に残る名作になることなど、レイヤーもベクトルも違った目標をあわせ持つものです。この矛盾しがちな異なる欲望を同居させられる器の大きさが、プロデューサーには必要だと僕は思っています。
文化やアートは、市場経済より何十倍の長い歴史を持っています。コンテンツを四半期の収益性だけで判断する人は、コンテンツの神様に愛されることはないよ、と強くいっておきたいです(P231)
 
というところで、この辺で、筆者のコンテンツを創っていくクリエイターの「心意気」を感じてしまいましたな。
才気溢れる音楽プロデューサーの斬新な提案を愉しみつつ、「コンテンツ」を創造する人の凛とした精神性を感じさせる本でしたな。
 

三件の殺人事件の共通鍵は「桐生紬」なのだが・・ — 和田はつ子「料理人季蔵捕物控 18 冬うどん」(時代小説文庫)

今巻の季節は冬。師走近くの、小雪のちらつく頃である。この季節、今でも外回りが続くと、昼時には何か温かいもの、しかも汁気のあるものが欲しくなるものだが、江戸の頃も気分は同じ。そうした商人たちに温かい昼飯を提供しようと、季蔵が思いつくあたりから始まるのが本書。
収録は
第一話 冬うどん
第二話 風薬尽くし
第三話 南蛮かぼちゃ
第四話 初春めし
となっているのだが、厳密な単話構成ではなく、三件の殺人事件を軸にしながら展開していく構成。
発端で起きる事件は、甲州商人・谷山屋の失踪事件。この甲州商人の妻・田鶴代が、北町奉行・烏谷が若い頃、想いを寄せていた女性らしく、これが本巻をリードしつつも、混乱のもととなる。この甲州商人、煮鮑や葡萄菓子を扱う商人なのであるが、この商人が旧来の取引先へ卸す量を二割減らしたいと伝え、ここに季蔵の旧友で、元噺家の廻船問屋・長崎屋が絡んできて、塩梅屋も他人事では済まなくなるという展開。
第二話以降、事件が二重三重に重なってきて、行方不明だったが谷山屋が、長崎屋の蔵で死体で見つかったり、呉服屋・京屋の若旦那が撲殺されたり、京屋の商売敵の丸高屋の娘が転落死する。いずれも、現場に桐生紬が残されていて、これが犯人につながるものと推測されるのだが、ここで、奉行の烏谷が、桐生紬の探索を中止させたり、谷山屋の妻・田鶴代が紬に絡んでいるような思わせぶりな発言をしたり、といった風で、なかなか的を絞らせないのが作者の腕の冴えであろう。
事件の謎解きは、何事もバインディングして考えてしまう盲点をついたところが肝で、江戸版ロミオ&ジュリエットが伏線となっているね、というところで詳細は本書を読んでいただきたい。
さて、このシリーズの魅力である料理のほう。今回は、うどんの他に葱尽くし、タルタ(タルト)、クウク(クッキー)かぼちゃ餡の薄皮饅頭といった料理・菓子が登場して、久々に色とりどりなのであるが、中でも惹かれるのは、第一話の「うどん」。江戸が舞台の話に「うどんか?」と思う人が大半であろうが、稲庭うどんを使って
鶏だんご鍋に倣って、鶏の旨味にまけないように、大鍋の汁の出汁はたっぷりの鰹節でとる。
ここへまず、旬の青物である。食べやすい大きさに切った小松菜、ダイコンや人参のように短冊に切ったねぎなどを入れて煮る。
野菜が煮えたら、叩いて粗みじんになっている鶏腿肉に、潮と醤油で薄味をつけ、団子に丸めて大鍋に落としていく。
(中略)
ここで、隠し味に鰹風味の煎り酒を使うと味に深みが余しながら、くどくならない。
細ねぎを小口切りにして散らして仕上げる
という、昼食のうどんにしては丁寧なもの。作中に、材料は値引きで仕入れているから良いが、薪代を入れると利はでない、というのも頷ける。
総じて、肌寒い季節に、温かいものを思い浮かべながら読むのが楽しい一冊ですな。
 

久々に江戸に帰っての、信平の活躍はどうだ — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 11 乱れ坊主」(二見時代小説文庫)

京の都で、幕府に叛旗を翻そうとする陰謀を阻止した信平のその後の京、そして江戸帰還後の活躍を描くのが本巻。
構成は
第一話 林檎の香り
第二話 乱れ坊主
第三話 狙われた友
第四話 死闘!鳳凰の舞
となっていて、第一話は京都、第二話以降は江戸が舞台。そして、今回は大事件の解決後とあって、大陰謀はなし。
第一話は、佐賀藩京屋敷の書物方の息子の江戸留学を助ける話であるのだが、これに信平の妻・松姫の悪阻の治療が絡む。人助けが信平の江戸帰還の助けになるという、「情けは人の◯◯」の諺を地で行く展開。
第二話は、同心・五味のところへ逃げ込んできた、美女・秋にまつわる事件。「乱れ坊主」というのは小石川・長仙寺の親兼という坊主のことなのだが、こいつが二十年前に取り潰された旗本の成れの果てらしく。こういった設定どおり、旗本に対する恨みを持っていて、旗本の妻や娘を毒牙にかける、という「必殺△△人」っぽい設定。
第三話は善衛門の弟弟子の旗本・梅村春宗の息子に関連する事件。彼の長男は何者かに襲われ命を落としたのだが、次男・敬之介も襲われる。ために敬之介助は家督を継ぐのを嫌がって・・・という展開。事件の首謀には、春宗を逆恨みする旗本がいるのだが、その旗本の動機の影には息子可愛さの教育パパ・ママの気配がするのが現代的。
第四話はひさびさの大活劇。この話の敵役・紫女井左京はかなりの剣の使い手。この男が、とりたてた動機もなく、江戸市中の剣術家相手のとにかく暴れこんでくるのだから、凶暴極まりない。とかく、こうした理由のない暴れ者というのは、理性的につけこむところがないから、手がつけられなくなるのはいつの時代も同じであるようだ。そして、さすがの信平の彼の剣技によって・・・、というところで結末は原書で確認いただきたい。
ひさびさの単話仕立てであるが、長編ものと違って、それぞれ違った味わいの仕立てがされている。長いシリーズものの、ちょっとした箸休め、といったところでありますかな。

都の騒乱の根っこには江戸幕府の朝廷圧迫の歴史がある — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 10 宮中の華」(二見時代小説文庫)

前巻で、将軍御台所の暗殺の謀みから、実の姉の御台所を救った、信平であったが、その原因となっている都の騒動を鎮めるために、京へ出向くのが今巻。構成は
 
第一話 上洛の道
第二話 大井川の老馬
第三話 陰謀
第四話 やぶれ笠の鬼
第五話 宮中の華
 
となっていて、江戸からの出発から、京都での騒動の元凶と対峙するところまで。お供するのは、善衛門、佐吉、お初まではまだしも、同心の五味も同行することになるので、かなり大部隊での京都入りではあるが、都いり早々に将軍家から「京都所司代  」を命じられるので、まあ多いほどそれらしく物々しくて良い、ということか。
 
肝心の敵役は、前巻で、御台所暗殺未遂に深く関わっていた「藤原伊竹」と後水尾条上皇の隠し娘の「嵯峨」、そして、この女性の虜になってしまった下杉勝幸といった面々。もっとも、このシリーズ、悪役としてとことん懲らしめられるのは最小限にするといった不文律があるようで、最後まで悪役になるのは、前巻から因縁のある「藤原伊竹」のみ。
 
今回の筋は、単純化すると、「宮中の華」といわれ、天皇に愛された母親(沢子)の宮中からの追放後、落ちぶれつつも美しく成長した沢子の娘「嵯峨」の徳川幕府への深い恨みを利用して成り上がろうとする藤原伊竹の野望を松平信平が阻止する話なのだが、その脇に
 
上皇はな、皇族に根を張ろうとする徳川に抗うたのじゃ。徳川家の姫である東福門院とのあいだに生まれた女一宮を、未婚のうちに天皇にした。それが明正天皇じゃ。
(中略)
上皇の反撃に酔って未婚の天皇にされた明正天皇は、古よりの決まりによって結婚を許されず、生涯独り身。女としての幸せを奪われた。これにより、宮中の徳川の地は絶たれることになった。それに対する報復ともいうべきことが、遠く離れた江戸城で起きた。それはな、将軍家光に嫁いだ信平の姉孝子殿が、春日局の仕返しともいうべき仕打ちをされ、大奥から追放され、家光公から遠ざけられたのだ
 
といった、徳川幕府草創期の幕府と朝廷との主導権争いも色濃く影響していて、単純に、伊竹の無謀な野望のみが非難されるべきものではない。
このへんの幕府VS朝廷のところは、井沢元彦氏の「ダビデの星の暗号」あたりでも取り上げているのだが、そのレビューはまた別のところで。
 
さて、今回も首尾よく都の騒乱を鎮めた格好の松平信平なのであるが、この任務の完了とは別に、本当の慶事がある。それは何かは、本書の最後の方で確認あれ。
 

江戸・加賀両方で、騒ぎは大きくなる一方 — 上原秀人「百万石の留守居役 9 因果」(講談社文庫)

お国入りで越前・加賀入りした前田綱紀、瀬野数馬にふりかかる出来事と、前田・堀田が手を握った後に、元加賀藩留守居役・小沢兵衛の悪運が尽きたあたりについての話が、この巻。
 
構成は
 
第1章 両家の都合
第2章 守りの手
第3章 お国入り
第4章 それぞれの覚悟
第5章 仮祝言
 
となっていて、江戸と加賀、二本立ての展開である。
 
まず、江戸の方だが、前田家のお国入りで、佐奈を狙う。新・武田一族が大人しくなったわけではなく、女忍に面子を潰されたためか、執拗になってきているのは確か。さらには、小沢兵衛の失脚によって、さらに加速し、騒動が派手になってきている感がする。前巻までは、無頼の集まりぐらいの扱いであったのだが、今巻からは妙に格が上がって、浪人を束ねる闇の勢力といった様相を見せ始める。となると、織田・徳川に滅ぼされた「武田信玄」の末裔ってのは、やけに重みを増してくる。
 
一方、加賀のほうは江戸に増して、騒乱の度がひどくて、参勤の途中で、藩藩主が襲撃されたり、お城入りのときも密かに弓で狙う者がいたり、とか堅牢なように見えても、やはりどこかに一穴は空いているものなのね、と加賀藩内部の対立の深さを感じる展開。ただ、ここで綱紀に死なれてしまうと、トンデモ時代小説・架空戦記になってしまうので、ちゃんとそこは節度をもって、前田綱紀は安泰である。
ただ、この巻では、幕府の重鎮・大久保家と越前松平家が、加賀・前田家の勢力を削ぐ側にまわった雰囲気で、次から次へと出現する敵役に雄藩といえどもなかなか楽ではないなと、加賀藩に同情してしまう。
 
目出度いのは、数馬と琴姫が仮祝言をあげることができて、晴れて堂々とあれこれがいたせる仲になったということ。数馬も、ようやく童貞から脱出である。と、なると気になるのは、琴姫の侍女で数馬付きになっていた「佐奈」ちゃんの運命。新・武田の一派は酒井家で大暴れをした後、「加賀藩の上屋敷を襲い、あの女を血祭りにあげるぞ」と、佐奈ちゃん一点狙い。佐奈ちゃん、とても危うし。でありますね。
 

数馬、参勤交代で頭角を現すか — 上原秀人「百万石の留守居役 8 参勤」(講談社文庫)

江戸であれこれしくじりをしながら、留守居役修行をしていた瀬野数馬であるが、今回は、2年に一度の参勤交代のお国入りの参勤留守居役を命じられる。その参勤交代前から金沢間近の富山藩にはいるまで。
 
構成は
 
第1章 江戸と国元
第2章 交渉万変
第3章 暇乞い
第4章 常在戦場
第5章 本陣の策
 
となっていて、もともと多くの家臣を連れて旅をする参勤交代は危険が多いのだが、今回の前田綱紀のお国入りは、家督を狙う輩や、前田家の継室を狙う道中の大名もいて、普段以上に警戒と手腕を必要なお役目を、若輩の瀬野数馬が担うことになる。
 
参勤交代前に堀田老中と前田綱紀が和解してくれたので、幕府側や小沢留守居役からの邪魔はないのだが、継室狙いの譜代大名の捨て身の行動に少々手を焼くのだが、これが数馬が綱紀に、おそらくは重用されていくきっかけになるだろうという展開。可哀想なのは、その譜代大名の姫で、父親や家臣によって、「押しかけ見合い」に生かされて見事玉砕した後、どうなったかが気になる。物語的には、名前だけで詳しい描写はないので、使い捨てキャラであったのかな、と同情する。
 
このほかに、元前田家留守居役の堀田家留守居役・小沢の謀計がもとで数馬の侍女:佐奈を付け狙う武田法玄という武田信玄の子孫を自称する闇の勢力との闘いも始まって、数馬の身辺はあいかわらず騒動が多い。
もっとも、この「新・武田」、今のところは名乗りが大げさなだけで、石動や佐奈の手にかかるとてんで弱いのだが、大事なところで現れてて邪魔をするので、結構、小うるさいことは確か。加えて、これからボスキャラが登場する気配まんまんで、これからの物語展開で結構重要な敵方になりそうな予感はする。
 
さて、7巻までは、剣術の腕はたつが、交渉事では怪我の功名のような働きしかできてこなかった数馬であるが、今巻から意外に手だれた策をうったりして、次への飛躍の片鱗を見せ始める。次に江戸へ上るまでに、本多家の琴姫との仲も進展するであろうし、なにやら藩主の覚えもめでたくなっている感じがする。心配なのは、妙な敵に狙われている、侍女で女忍びの「佐奈」ちゃんでありりますね。