カテゴリー別アーカイブ: コミック

「農業は国の基本だ」なんて、都会民が言うんじゃねぇ — 荒川 弘「百姓貴族」1〜5(新書館)

「鋼の錬金術師」「銀の匙」で売れっ子漫画家となった荒川 弘氏の自伝的農家マンガである。第1巻の初版は2009年、第1作が「ウンポコ」で初出となったのが、2006年。現在の5巻目が2017年刊行、60話目が2017年であるので、おおよそ11年にわたる長期連載ではあるし、初刊の頃の農業トピックは、バター騒動であるので、現在の農業情勢とは隔世の感があるのは確かである。

 

シリーズを一貫しているのは、荒川一族、特に親父さんが九死に一生を得た時は、必ず一家の家畜が一頭突然の死を遂げるといった家族のぶちまけ話と「裏百姓貴族」話。

 

特に、「裏百姓貴族」話は、規格外の農作物の旨さであるとか、新車を毎年買い換える「貴族」様のお話など、ほほーっ意外と◯◯なのね、といった話もあるのだが、やはり、読みどころは、農業は大事、心の故郷といいながら、実際の所は全く理解の範疇外にある「都会民」を明るく嘲笑する「うちあけ話」と、農業や畜産の労働の大変さと農業経営の困難さを、明るく「笑い飛ばす」あたり。

 

薬味のかたまりのようなシリーズであるので、全巻を一気読みすると、熱が出てしまいそうになりながら、次の巻に手を伸ばしてしまう中毒性はかなりのもの。そろそろ、2月も終わり。季節の変わり目と年度の変わり目で、様々に変化があるときではあるが、なにが起きようと明るく笑い飛ばして、人生をおくるに必携の書であるかもしれんですね。

「ヒロシマ」は遠くなったか、近いままか — こうの史代「夕凪の街、桜の国」(双葉社)

「この世界の片隅に」の映画で大ブレークをした、こうの史代さんのコミックなのであるが、彼女の取り上げるものは「この世界・・・」も本書も「ヒロシマ」である。そう、実はとても重いテーマなのである。

 

収録は

「夕凪のまち」

「桜の国(一)」

「桜の国(二)」

の三編で、ヒロシマの原爆にあった「平野さん」の一家の二代にわたる物語である。

始まりの物語の「夕凪のまち」は、被爆後、生き残って広島の街に暮らす「平野皆実」の青春の淡い恋物語である。彼女は原爆で父、妹を亡くし、姉も後遺症で死没しているという境遇。幸いなことに弟の「旭」は関東の伯母宅に疎開して無事だったのだが、すでに故郷・広島は遠い存在になっている、という設定。話の筋は、彼女と職場の同僚との恋物語なのだが、好意を抱きつつも踏み切れない。それは被害者であるとともに、見捨てた者であるという負い目の故であるが、

しあわせだと思うたび

楽しかった都市のすべてを

人の全てを思い出し

すべて失った日に引きずり戻される

お前の住む世界はここではない、という誰かの声がする

という言葉はやけに重い。

第二話、第三話の「桜の国」は、「皆実」の弟の「旭」とその娘「七波」の物語。被爆していないはずの「旭」がなぜ、というところは、彼の妻が被爆しているから。

話の筋は、「旭」の広島行を、「七波」が幼馴染の「東子」とともに尾行する、といった展開。原爆の英j強を世代的に引き継がないはずの、七波の弟「凪生」と「東子」の恋の行方が、「ヒロシマ」が遠くなったように見えて、実は身近に存在していた、ということに思わず嘆息する。「皆実」から「七波」へ、そして次の世代へ、物語は繋いでいかなければならない。

 

今回は、少々、重いコミックのレビューでありました。

 

Amazon Kindle ”「ふたすぺ」ー双葉社のKindle本の50%還元セール”のオススメ

Amazonで「双葉社」のKindle本が50%ポイント還元の「ふたすぺ」が開催されている。双葉社といえば、双葉文庫やコミックでも特徴のあるものを出す出版社なのだが、当方的に気になったものを紹介。
 
まずは、映画化で一挙にブレークした「この世界の片隅に」をはじめとする、”こうの史代”のコミック、「夕凪のまち」「長い道」などがリリース。広島の原爆を扱った、ヘビーな内容のものが多いのだが、ほんわりとした絵と、主人公のほんわりとした性格が、ヘビーさを和らげている。
 
さらに映画化で話題を呼んだものでは、住野よるの「君の膵臓を食べたい」がリリース。コミック版は残念ながらアクションコミックなので、50%ポイント還元にはなっていない。
 
コミックでは、王欣太の「達人伝」がリリース。中国の戦国時代の末期。莊子の孫・荘丹の物語。確か伝説の盗賊「盗跖」の関係者も出てきたりして、変わった味わいのコミック。曹操を主人公にした「蒼天航路」とは違った味わいでありますな。
 
最後に、「鎌倉ものがたり 映画「DESTINY鎌倉ものがたり」原作エピソード集」がリリース。双葉社ではあるが「鎌倉ものがたり」の本編の方は50%ポイント還元の対象となっていないのでご注意を。
 

大正期のささやかな「幸福感」を味わおう — 長田佳奈「こうふく画報」(ぶんか社)

なんとも不思議な味わいである。時代は大正時代。おそらくは東京の下町あたりを舞台にした短編マンガ集である。
 
収録は
 
第1話 おかしなふたり
第2話 悩みの箱
第3話 お赤飯の日
第4話 戀の予感
第5話 小さな訪問者
第6話 思えば思わるる
第7話 良藥口に旨し
第8話 勿怪の幸い
第9話 魔法の手
第10話 餅は餡でかたくなる
第11話 最上のもの
番外編 或る日
番外編 大團圓
 
となってはいるのだが、第1話から第11話まで、同じ街に住む人達の物語であるので、相互に関連はしてはいるのだが、一つの筋立てで語られているものではなく、いわば「小咄」の集合みたいな感じである。
 
そして、語られる話も大きな事件が起きるものではなく、例えば、第1話の「おかしなふたり」は和菓子屋の若主人と従業員がお菓子をつくって売る生活を描いているのだが、この若主人が几帳面なために変わった行動をとり以外は目立っておおきな事件もない、といった具合であるし、第6話の「思えば思わるる」はお見合いで結婚したばかりの夫婦のまだぎこちないが、それおれが愛情を育てていくふんわりとお話である。
 
絵のタッチは、どことなく「高橋葉介」を思わせるので、先入観から、途中で不思議な出来事が・・・、と思ってしまうのだが、その期待はしっかり裏切られる。
しかし、読むうちに、大正時代の庶民の暮らしの、なんともいえない伸びやかさ、戦乱の合間の明るさと幸福感といったものが伝わってきて、しっくりと読めるマンガに仕上がっているのは間違いない。
 
少々ささくれた気持ちになっているときには、心の沈静化に、よく効く「お薬」になりますね。

今日のKindleの期間限定無料コミックのおすすめ 3つ

本日、Kindle無料コミックでオススメしたいのは、まずは

「薬師寺涼子の事件簿 1」

第一巻の「摩天楼」が提供されているのだが、第一巻の出だしは、パリのインターポールから”ドラよけのお涼」こと「薬師寺涼子」が参事官として警視庁に帰還するところから。”ドラよけ”とはドラキュラもよけて通るからついたものなのだが、避けて通る理由は、飛び抜けた知性と、大会社の社長令嬢に跡取り娘という財力と、とびっきりの美貌の持ち主だけ許される、とんでもない・・・な性格と行動ゆえ、という設定。

で、今回の事件は、ベイエリアに建築されたホテル、デパートなどなどの複合施設「ベイシティプラザ」を舞台にした、「街」の封鎖と大量殺人。まあ、ここに涼子のライバルである「室町由紀子」という名門の超エリート女性が絡んだり、東京都の元副知事でなにやら胡散臭い噂のあるベイシティプラザの理事長が出てきたり、と人物的にも多士済済なのだが、筋立ては、ハチャハチャのアクションもの。

そして、やはり、ノベライズものの醍醐味は、登場人物の造形なのだが、薬師寺涼子が、とても色っぽいオネーサンになっているので、とても「好!!」でありますよ。

 

次は

「喰う寝るふたり 住むふたり」

これは、「世界一受けたい授業」でも紹介されていたのだが、ある出来事を、男女それぞれの立場からかき分けているもの。登場人物は。高校生時代から10年間つきあっていて、今は8年目の同棲生活に突入している「リツコ」と「のんちゃん」の二人。

 

で、二人を「プロポーズがスルーされた話」「リツコが合コンへ行く話」「親元にそれぞれが里帰りする話」とか、まあ、シチュエーション自体はしょうもないものであるんだが、相思相愛の仲ではあるが、こうも男女の思いがすれ違うのか・・・と、そのすれ違いの面白さを楽しんでしまうのは、当方の人の悪さゆえか。

 

 

 

3つ目は「へうげもの」

今回無料リリースされているのは3巻まで。Kindle版でもすでに24巻まで出されているので、全巻読むには先が長いが、導入としては十分であろう。筋立ては、すでにこのブログでもレビューしているので、詳しくはそちらを参照してほしいのだが、「茶の湯」「数寄」という業の深いものに魅せられてしまった「織部」が。「数寄」を武器に立身していくのは、少々癖のある古田織部という武将の「戦国出世モノ」として雰囲気でも味わっておいて損はない。

 

さて、週も明けてしまいますが、今回紹介したのは、いずれもサクサクと読めるコミックばかりなので、元気づけの意味でもいかがでありましょうか。

 

Kindle無料本ー石ノ森章太郎の「仮面ライダー」「人造人間キカイダー」「サイボーグ009」の1巻が提供ー機械が自分の外部にあった時代の物語

Kindleの無料本で石ノ森章太郎の「仮面ライダー」「人造人間キカイダー」「サイボーグ009」の1巻が提供されている。

いすれも、当方のような唱和30年代世代には、懐かしいものばかりなのだが、その後のエヴァンゲリオンなどより、ずっと以前に、機械(マシン)との融合について描いたものとして、シンボル的な価値があると思っている。

そして、共通しているのが、けして本人が志願してではなく、強制されて、あるいは意識を失った状態で、機械化されているところで、このあたり、当時は機械が自分の身近にあるものではなく、他者として自分の外部にあるという認識が時代的通念であったといっていい。そして、主人公は、そうした機械との混合体となってしまったことに悩み、公開しているといったシチュエーションがそこここに見られる。

そして、このあたりの感覚は、脳の古い皮質に刻まれた「種」の基本的な認識であるかもしれず、現在スマホやPCが身近にあって自分の器官のように使っているように見えて、これからAIとかロボットとかが我々のごく近いところにきた途端、拒否反応を示す原因となるのかもしれない。

まあ、なにはともあれ、古き良きサイボーグものも風情があるもの。お試しあれ。

「数寄」と「政治」のすれ違いは昔から根深いもの — 山田芳裕「へうげもの 十服」(講談社文庫)

さて十巻は、加藤・福島らの石田三成を除こうとする反乱に始まる1599年閏3月3日に始まり、関ヶ原(1600年10月21日)の直近の1600年9月8日まで。
反乱騒ぎで、石田三成は五奉行を辞し、前田利家の亡くなり、いよいよ世の実権は「徳川へ」というご時勢での数寄大名の振る舞いは如何に、というところが
上杉、毛利が徳川に歯向かいたいという意思の背中を押したのが、小堀作助の手がけた真っ白の天守閣であるとなっているのだが、すいません、ここの暗喩は解けませんでした。
本書では「直江状は家康の改作」となっていて、古田織部は、この直江状に、石田・上杉方の数寄への冷たい態度をみて上杉への味方をやめるし、味方に入るよう口説く石田三成に大谷刑部が
その方の強がる姿も今は見えぬ。なれど眼に焼きついて離れぬ姿がある。
頭に茶碗をかぶりし真の姿が・・・
人間誰しも笑うて死にたいもの。
徳川様とその方、いずれに就かば面白がって死ねると思う・・?
と三成に加勢を決めたり、
佐竹義宣を徳川方に引き入れるために、家康から「銅」と「徳川の数寄の差配」を代償に提示され、古田織部が佐竹方の説得に赴くのだが、佐竹が徳川方に翻ったのも、織部の演奏と声明(歌)といった感じで、「数寄」「風流」「粋」といったことが要因で物事が決まるのである。
一方で、石田三成は兄・石田正澄に形の良い「瓢」を渡されるが「いかに努めようと、何をどうあがいても、私にはわからぬのだ。かような物に惹かれる心が」と無粋者であることを認めているし、徳川家康は家康で、利休所蔵であった「尻膨の茶入れ」を細川忠興に進呈した後で、「茶入れなぞ茶が湿気ねば何でもよい」と数寄へ興味がこれっぽっちもないことを白状している。
どうも、この時代の大大名の多くは利休居士の薫陶を受けた数寄大名が多いのだが、どうやら、関ヶ原の戦の勝敗がどうであろうと「数寄」「安土桃山文化」は風前の灯火であったのか、と現在でも様々なところでおこっている「文化」と「政治」のすれ違いを嘆息して見るんであるな。
細川ガラシャが石田方で攻めら敗死するのだが、史実と異なり、レオナルド・ダ・ヴィンチ考案のマシンガンを連射して石田方と華々しく戦った末の敗死という筋立て。明智の娘であるガラシャへの筆者ならではの高評価であろう。
このへんから曲者ぶりが如実にでてくるのが、茶々の方。徳川にも石田にもどっちつかずで豊臣秀頼の母としての地位の確立を目指し、織田政権の再興を狙う。たしか8巻あたりで、秀頼が秀吉の種でないことを茶々の方自ら白状しているのだが、その種の主は織田有楽斎ではないことだけは、その時のやりとりで明らかになっている。物語の今後の展開で明らかになるや否やというのも楽しみではある。

巨星が堕ちるときには大振動があちこちでおきるもの — 山田芳裕「へうげもの 九服」(講談社文庫)

第9巻で、とりあげられる時代は、慶長の役が始まる1956年から石田三成を除こうとする加藤・福島の反乱(?)が起きた1599年3月2日まで
冒頭、禁教令が発布され、高山右近を見せしめとして処刑しようとする石田三成に対し古田織部は九州であった三成の兄の話を持ち出し
冷徹に務めを果たすのみでなく、今後は人情というものを解しなされ。
恨みを持つ者を増やせば、ついには豊臣が世を危のうしますぞ
と諭し、右近の命を助ける。これが織部にとって吉なのか凶なのかはこの時点では不明だが、後に大谷刑部との仲立ちをさせられ、これが石田三成の力を強めることになるのだから、徳川政権下での家の存続にはあまりプラスにはならなかっただろうな、と推測。
この巻では、豊臣秀吉が没する。没する時に、織部正の仕立ての余興があって、筆者のフィクションではあるのだろうが、絢爛好きの秀吉が逝く時はこのぐらいのことがあってもよいな、と思わせるエピソードがつくってある。秀吉の死はしばらく秘匿されていたので、暗殺説やらひっそりと誰にも看取られず死んだなど様々あるのだが、土民から成り上がって豪華絢爛な世を創り上げた人物の死であるし、これぐらいは手向けとしてもよかろう。
さて、秀吉の死後、朝鮮の役は中止されるのだが、朝鮮の役の収束にあたって石田三成が威張って諸将の不興と怒りをかったのも、秀吉没後に豊臣家に抗いそうな武将のあぶり出しであったとの解釈。本書の三成はのぺっとした顔の、能吏ではあるが人情を解さない人物として描かれていて、こういう奴ならこれぐらい謀らむよなと思わせる書きぶりは見事。
巻の最後は、加藤清正、福島正則らが石田三成を除こうと反乱(?)を起こすところで次巻へ。反乱というのは異論あろうが、この時期、政権の中枢は石田三成が握っていたのだから、やはり反乱、クーデター騒ぎというのが正しいだろう。ただクーデターを起こしたにもかかわらず首謀者の加藤、福島、細川といった面々が無傷なのも、この時代の勢力構図の複雑さのなせる技ではあるな。
本巻の名シーンと思えるのは、石田三成が大谷刑部懐柔のため茶を被ったシーンではなく、石田三成が朝鮮の役終了の申し渡しを諸将にした同じ頃、織部・中川・小堀の数寄大名たちが茶室で語り合っているところで
何故、戦が起きるか考えてみよ
皆、領地が欲しいからぞ・・・
領地とは武人としての評価・・面子・・
それを阻む者を是が非でも排したいのだ。・・・
されど私を含め貴殿らにそこまで領地を欲する気はあるか?
我らは戦を斜めに見ておればよいのだ。
今より勝ち馬に乗らんと焦ることもない
その場その場で己が都合の良い方につき、領地ならぬ欲しいものを頂くのだ。
これが新しき乙将の生き方ぞ
と織部がこれからの数寄大名の方向をしゃべるあたり。うむ、と感心しつつも、これでは謹厳実直がメインで、忠義を重んじる「徳川の世」では生きづらいよな、と嘆息してみるのであった。

熟すれば「数寄」と「統治」は袂を分かち始めるのだね — 山田芳裕「へうげもの 八服」(講談社文庫)

第8服の「へうげもの」文庫版は。1595年2月伏見邸の完成から1596年伏見城の山里丸が建築される頃まで

ざっくりと、この巻で筋をレビューすると

前巻で、伊達政宗と大騒ぎをした、蒲生氏郷は病死している。

織部は唐津務めを良いことに朝鮮に渡り焼き物の窯探しをする。秘密の渡朝ゆえ松浦党の世話になるが、これが後で裏切られて難渋することになるのだが、事を逸るといろいろ問題が起きるという典型であろうか・

朝鮮では、慶尚道の今の梁山市で両班の妾の子で、女性陶芸家の柳英子(ヨンジャ)と出会う。

この英子が、日本へ渡り、唐津焼の窯を起こす、といった筋立てに成っていて、この時期多くの陶工が朝鮮から日本へ連れてこられたらしいのだが、その象徴として描かれているような気がする。

朝鮮国の義勇兵軍に攻められ退却。途中、難破しそうな船の中で英子とまぐあう。これを妻の「おせん」に正直に感想を込めて打ち明けたために別居になりつつも、

織部は茶頭筆頭として、新しい茶室や茶碗の考案と作成、伏見酒の育成といったことで、数寄の道と利殖の道双方をずんずんと歩む。ところが1596年閏7月の伏見大地震で茶碗も酒もみなひしゃげ、破産の瀬戸際といった事態に。

ところがこれが、妻おせんとの仲がもどったのは不幸中の大幸であろう。ちなみに、加藤清正も秀吉のもとにいち早く駆けつけ、蟄居を解かれている。

1596年は慶長の役の1年前、関ヶ原(1600年)の4年前、古田織部の「数寄」の姿が見えつつあるのと、徳川家康が朝鮮の役で兵役の費用捻出に困る大名に金を融通して勢力を広げるといった、徳川幕府の礎石が着々と敷かれていっている時代風景でありますな。

この巻で特徴的なのは、徳川家と織部の歩むところの違いというか、齟齬が如実に鳴り始めるところ。

それは徳川秀忠が。淀君の妹である「お江」と婚姻するときに、家康と伏見の徳川屋敷で語り合うところが顕著で

(家康)

賢き者は爪を隠してでも己を前へ田さんとするもの・・・

出さんとすればまた争いが起こる・・・

この流れを止めねばならん

(秀忠)

民に余計な思案は不要・・・

要るのは忠義・・・

清廉潔白なる心のみと、申されるのですな・・・

といったやりとりがあるのだが、秀忠は古田織部がパトロンをしている美濃焼きの茶碗を割ろうとするのだが、まだオーソドックスな風情のある美濃焼きですら「数寄が過ぎる」という感覚なのであるから、織部が唐津で創ろうとしている「めぎゅわ」のような茶碗なんてのは言語道断であろうな、と徳川政権と古田織部の将来の暗雲を感じてみるのである。

謹厳実直が大本の徳川幕府と「数寄」が命の織部では、もともと折り合うことは困難であったのであろうが、これは、文化が爛熟した時にお決まりの事態ではありますかな。

時代の文化的象徴の壁が崩れる時は、かくも劇的か — 山田芳裕「へうげもの 七服」(講談社文庫)

武人にして茶人である数寄大名・古田織部を描いたコミックの文庫版の第7巻。

年代は1991年2月24日から1595年9月。

秀吉が刺客に襲われ千鳥の香炉が鳴いて危難を逃れたエピソードから、利休の処刑を経て、伊達政宗と蒲生氏郷が和解するまで。

前の巻で利休の娘「吟」が秀吉の側室となるが、彼女は松永弾正の娘でという設定になっているのだが、どうもここは作者のフィクションぽい。

利休の解釈を織部が命じられることなるのだが、切腹を命じられた上杉家で大暴れというエピソードに仕立て上げてあるのだが、ちょっと暴れようが過ぎますかな、といった感想。介錯人は織部ではなく、蒔田淡路守という説が主流であるようで、まあこの辺りは織部が主人公のコミックだよね、と読んでおけばよいか。

ただ、この巻の1/3までは利休の処刑が一大テーマではあるのだが、世の中の流れは無情なもので、処刑後はどんどんと時代が動いていく。というか、時代の激流を幾分かせき止めていた利休という堰がなくなったせいで、どうどうと流れ始めた、というところか。

この巻の途中から、織部は亡き利休の後を襲って茶頭筆頭となるのだが、その際に秀吉から

茶の湯においては、未だ利休の・・・町人の型が流布しておる・・・

これでは世は治まらん・・・

武人が町人に倣うようではふたたび下克上を招きかねん・・・

茶の湯を町人がものから武人がものに改めよ

お前の創る新しき価値を以ってな

と命じられ、その答えが

ひずみを待つでなく、自らゆがませるのだ

ということであるのだが、「わざとゆがませる」というところは、時代が安定を超えて「熟れ」てきたということであろうか。

そして「熟れすぎて」堕ちていく状態が「関ヶ原」であるのか、と思うんでありますな。