カテゴリー別アーカイブ: スポーツ

スポーツチームの組織づくりはビジネスに応用できるか — 岩本真弥『「脱・管理」のチームづくり 駅伝日本一、世羅高校に学ぶ』(光文社新書)

高校駅伝の名門「世羅高校」の陸上競技部監督で、2010年には、師走の都大路で男女アベック優勝を成し遂げた岩本氏の著書。

構成は

第1区 都大路、運命の一日

第2区 速い選手よりも強い選手を

第3区 どうやってチームを再生させたのか?

第4区 苦しみ続けた日々が教えてくれたもの

第5区 人口17000任の町が日本一になれた理由

第6区 タスキを次世代へつなぐ

第7区 日本陸上界、改革のための提言~青山学院大学陸上競技部・原晋監督対談

となっていて、男女アベック優勝のふりかえりが「第1区」「第2区」、成績が地に堕ちた世羅高校を、いかに再生したのかというあたりが「第3区」「第4区」「第5区」という仕立てである。

こうしたスポーツもの、スポーツチームの育て方として読むか、教育論として読むか、はたまた、営業組織を含むビジネスの組織づくりとして読むかは、それぞれの自由であるのだが、読むポジションをきちっとしておかないと妙な小道に入り込んでしまうことがあって、一般的に、スポーツを題材にした組織論を読む際に「注意がいるな」と思っているのは、日本人の「スポーツ好き」のせいか、スポーツチームを強くする方法論、組織論が、すべての場面で通用するかのような錯覚を抱いてしまうことで、その辺は、読者がいろいろ忖度しながら読まないといけないところであろう。

個人的に、一般社会での組織運営に活かせるよね、と思ったのは

優勝した翌年というのは難しいのだ。優勝という偉業を成し遂げたことで、選手はどうしても緩んでしまう。・・特に前年結果を遺した選手ほど成長が鈍り、チームの中心にならなければいけないはずが逆にブレーキになってしまいがちである。(P22)

といったところは、業績が急に伸びたり、プロジェクトがバカ当たりした時の戒めとして読めるし、

すべてのベースは生活にある(P54)

強さというのは何だろう?私は心がブレないことだと思う。どんな状況にもあわてないこと。想像していない事態にぶつかっても、あきらめず、腐らず、自分の頭で考えて冷静に対処できること。私が言う強さとは、つまり”心の強さ” ”メンタルの強さ”であり。そういう選手が最終的には結果を残せると思っている。

強い選手というのは失敗しない選手という意味ではない。彼ら、彼女たちはちょくちょくミスをする。しかしそこでズルズル崩れていかないのが強い選手だ。彼らは失敗を失敗で終わらせないリバウンド・メンタリティを持っているのだ。(P57)

といったところは、社員の育成の基礎的な指針として共通項は多いような気がする。

続きを読む

近藤史恵「キアズマ」(新潮社)

「キアズマ」とは染色体の交換が起こった部位をさす、といったことは本書の冒頭にあって、ちょっと面食らうのだが、どうやら「他者との交流」とか「人と人との接点」といったことと考えればよいらしい。

 

で、本書は近藤史恵のライフワークっぽくなってきた「自転車小説」の中で、謎解きやレースのどろっとしたかけひきとかがかなり少ない、自転車スポーツの青春小説といったもので、読む口は結構爽やか。

 

粗筋はというと、大学に入りたてのフランスからの帰国子女である「岸田正樹」が、大学へモペット(原付きにペダルがついている「原動機月自転車」といったものらしい)で通学途上に、大学の自転車部のロードバイクと事故ってしまう。それが縁で、自転車部に勧誘され、意外とロードバイクの才能があることが発見され、レースに出、といった筋立て。

そして、こういうスポーツ青春小説は、というと、クラブ内の確執があって、他校のライバルとの切磋琢磨があって、はてまたほぼ同い年か少し年上の、どういうわけか美人との恋愛っぽいやりとりがあって、といったものだが、残念ながら、そういったものはほとんどない。

かといって、ストイックな求道風かというと、そこは「ロードバイク」という今風なものを題材にしているだけあってそういうわけでもない。「ロードバイク」と「ロードレース」の魅力に順々と引き寄せられながら、自らの精神も脱皮・成長していくという、青春小説の「髄」のところはきちんとおさえてあるので、むしろ余計な不純物のない、削ぎ落とされた風合いで、良質の「スピリッツ」をキンと冷やして飲み干すような心地ではある。

 

するすると読めるスポーツ青春小説でありますな。気分がクサクサしている時の良薬でありますかも。

”自転車ロードレース”は戦略ゲームと捉えるべきか? — 近藤史恵「エデン」(新潮文庫)

前作「サクリファイス」で、日本ではあまり馴染みの無い「自転車ロードレース」というスポーツの世界を描き出されたのだが、本書は「サクリファイス」の主人公であった「白石 誓」の続編。

「サクリファイス」の最後の方で、スペインのチームからスカウトがかかっていたのだが、本作では、そのスペインのチームでアシストとしての実績をあげ、フランスのアミアンを本拠地とする”パート・ピカルディ”に移籍して、相変わらずクライマーでアシストというチーム内の位置関係にあるところは前作と引き続き。

本書の構成は

第1章 前夜

第2章 一日目

第3章 四日目

第4章 タイムトライアル

第5章 ピレネー

第6章 暗雲

第7章 包囲網

第8章 王者

第9章 パレード

となっていて、ツール・ド・フランスでの三週間あまりのチームの競技の様子がメインで、主人公の”誓(チカ)”は、チームのエースである、フィンランド人のミッコのアシストが役目なのだが、実はチームが解散の瀬戸際にいて、フランスの別チーム”クレディ・ブルターニュ”のエース”ニコラ”のアシストも、監督命令としてさせられる、という複雑なお役目も追加される、というのが今回のバックグラウンド。

自転車ロードレースというのは、自転車競技であるから当然、体を使うことがメインであるのだが、このシリーズを読んだら解るように、決してマッチョなだけのスポーツではない。むしろ、レースの駆け引き、それは相手を打ちのめすだけでなく、他チームを倒すために、時に敵と組んだり、一部のレースは手を抜いたり、といった複雑なものであるらしく、このあたりは、真っ向一本勝負の大好きな日本人には少し苦手な類であることは確か。

ただ、それは”スポーツ”、”記録競争”と見るからそうなのであって、”戦略ゲーム”の種類と思えば、レースで風除けともなる先頭を複数チームで代わりあったり、エースを勝たせるために”逃げ”てペースを撹乱したり、レースの速度コントロールを共同でやったり、とかあれこれとした作為も、作戦の一つ一つとして楽しめる。実際のところ、本書のレースの記述は、ほとんどがそうしたレース上の駆け引きと、エースを勝たせるため、そして、その隙間を縫って自分の成績をどう上げ、どうアピールするか、といったことがほとんどで、読んでいるうちに感情移入してしまうのは、作者の手練れの故か。

で、結局の所”パート・ピカルディ”は解散するようなのだが、レースの結果のせいか、主人公は、なんとかヨーロッパの別チームに移籍が叶いそうで、これからも”チカ”のロードレース参戦記が読めそうなのは嬉しいところでありましょうか。

”アシスト”という生き方 — 近藤史恵「サクリファイス」(新潮文庫)

もっぱら「モップの魔女」シリーズや「フレンチ・レストラン ビストロ・ド・マル」シリーズが中心で、何やら気が滅入りそうな気がして、自転車ロードレースのシリーズは食わず嫌いであったのだが、「食わず嫌い」の例にもれず、読んでみるとあっという間に引き込まれたミステリーであった。

構成は

第1章 チーム・オッジ

第2章 ツール・ド・ジャポン

第3章 南信州

第4章 富士山

第5章 伊豆

インターバル

第6章 リエージュ

第7章 リエージョ・ルクセンブルグ

第8章 惨劇

第9章 喪失

第10章 サクリファイス

となっていて、大まかに言えば、高校時代は陸上で注目されていたが、今は自転車のロードレース選手に転向している「白石 誓」(しらいし ちかう)を中心に、彼が所属する「チーム・オッズ」のツール・ド・ジャポン、そしてリエージュ・ルクセンブルグという二つのロードレースの参戦記録と、アシスト役である白石誓が記録を残し、それが思いもかけないステップアップに結びつく、といったのが大筋ではあるのだが、そこにチームのエースである「石尾豪」が過去、一人の有望選手を”潰した”と言われる事件と、「オッズ」の新エースを狙う白石の同僚の「伊庭」の動きが絡んで話が展開する。

途中から、白石の幼馴染で若い頃の恋人であった「初野香乃」という女性と、石尾に”潰された”とされ、今は車椅子ラグビーの選手となっている「袴田一平」という伏兵も登場して、少し錯綜気味になるのだが、そこは”大筋”の話の大事なスパイスと思っておけばよく、石尾が起こした事故(事件)の動機と、彼の事故との共通する謎をどう説くか、がミステリーとしての中心。

で、表題の「サクリファイス」というのは”犠牲”といった意味らしく、この言葉がシンボライズするものが、この物語の大事なキーとなっていて(これ以上は”ネタバレ”が過ぎるのでここらあたりでお茶を濁すのだが)、

チームのエースがパンクすれば、エースをアシストするチームメイトはホイールを差し出す。それがロードレースの定石

ロードレースにはエースとアシストという役割分担があるのだ、

個人競技には見えるが、実は団体競技に近く、ひとりひとりが勝利を目指すのではなく、アシストの選手は、エースを勝たせるために走る。その結果、自分の順位を下げることになっても

といったことを基本にしながらも、展開によっては”エース”が交代する。といった複雑な性格を持つ「自転車のロードレース」をうまく料理して、見事な皿に仕上がっている。

さらには、こうしミステリーそのものの楽しみとともに、アシストに自分の役割を見出だし、それが評価される「白石 誓」の姿に、何やら古武士の風合いを見る感じもして、エースかアシストか、といった人の生き方を考えさせれくれるところが欲張りなところ。

最後に、話の中心とはそれるが、アシスト役を務める白石に自分の姿を投影する、いわゆる”傭兵”的な仕事をする向きに

サントス・カンタンが欲しがっているのは、エースになる人材じゃない。エースのために身を粉にして働くアシストだ。・・・スペインのチームが欲しがっているのはスペイン人のエースだ。

彼は知っていたのだ。サントス・カンタンが求めているのは、ひたすら自分の勝ちのみを求める選手ではなく、チームのために喜んで身を投げ出すこともできる選手だと。

知っていたからこそ、あのとき僕も一緒に止まらせた。

(中略)

アクシデントは必要だ。そのとき、どういう行動を取るかで、選手の真髄が見える。

といった言葉を贈って、その働き方を讃えるとするか。