カテゴリー別アーカイブ: ビジネス本

アメリカ流フロンティア精神で前へ前へと進んでいく方法論 — 「やり抜く人の9つの習慣ーコロンビア大学の成功の科学」(Discover)

アメリカの成功に向けたステップを解説するビジネス本は、日本のそれに比べて妙な説教臭さや求道精神がないのが好みである。
本書もそうしたアメリカ流ビジネス本のスタンダードのようなつくりで、一種の明るさをもって、これから仕事や人生にどう向うかってなことを考えさせてくれる。
 
構成は
 
第1章 目標に具体性を与える
第2章 目標達成への行動計画をつくる
第3章 目標までの距離を意識する
第4章 現実的楽観主義者になる
第5章 「成長すること」に集中する
第6章 「やり抜く力」を持つ
第7章 筋肉を鍛えるように意志力を鍛える
第8章 自分を追い込まない
第9章 「やめるべきこと」より「やるべきこと」に集中する
 
となっていて、目次を見てわかるように、人生ないしは仕事でどういう目標を設定し、それをどう達成するか、といったアメリカらしいプラグマティックなつくりである。
 
それは
 
目標について、私がいつも最初に教えることーそれは「具体的にしなさい」ということです。例えば、「やせたい」と思うのならば、目標は「やせる」ではなく「5キロやせる」とすべきです。
 
とか
 
「これから思考」を重視して、目標までの距離を測ると、モチベーヨンは維持されます。さらには、「これからやるべきこと」を意識することでモチベーションを高めることもできます。
 
「望むことは簡単にできる」「ほしいものは簡単に手に入る」と感上げると失敗の確立が高まるという研究があります。
 
といったところにも見て取れる。
 
目標を設定するときは「今、何ができるのか」ではなく「これから、何ができるようになりたいか」を考えるようにしてください。
 
 
「証明ゴール」の問題点は、まったく未知の課題や難しい課題に取り組むときに、逆効果になる可能性があることです。
 
「成長すること」にフォーカスすると「仕事の意味」が変わってきます。
 
といったところは、とかく求道的になって、新しい課題がでてくると縮んでしまう”日本”のやり方とは対象的におおしろい。
 
そして、こうした楽天的なビジネス本で嬉しいのは、打ちひしがれているときや、失敗して失意の中にいるときに、なんとか前へ立ち上がっていく力を注入してくれる所で
 
行動を変えたいのなら「やめたいこと」を考えるのではなく、「やりたいこと」「やるべきこと」を考えるのです。
 
成功とは「正しい選択」「正しい戦略」「正しい行動」によってつかむものです。決して生まれつきのDNAで決まるものではありません。
 
といったところは、とかく失敗を考えて縮みこんでしまいがちな我々の行動と精神を鼓舞してくれる一冊ですね。

手帳やノートは文字だけで構成するものではない — 「手帳で楽しむスケッチイラスト」(エムディエヌコーポレーション)

手帳術、ノート術ってものは、ちょっと深みにはいりかけたあたらりが一番面白いような気がしていて、はまりこむところは、人によってはスタンプであったり、シールであったりとい千差万別ではあるのだが、憧れつつもなかなか敷居の高いのが、「イラスト」というやつ。
 
本書は、そうした「イラスト)をノートや手帳にばりばり使っている人たちの実際の写真などを紹介しながら、レポートしてくれる。
 
構成は
 
第1章 達人の手帳を大公開
第2章 すぐに描ける・使えるイラストの描き方
第3章 スケッチ手帳を使いこなすためのヒント集102
第4章 相棒探しのために知っておきたい基本の「き」
 
となっているのだが、ボリューム的には第1章が一番多く、第2章以降は、まあ、技術論を少々プラスしました、といった感じで読んだほうがよさそうだ。
であるのだが、こうした手帳術とおいうものは、くだくだと理論編は続く、というのが一番退屈なもので、こうした実際の「達人」たちのノート、手帳がビジュアルに見えるものが最も楽しい「手帳本」になりうると確信している。
 
紹介されるのはイラストレーター、造形家といったところがメインなので、コクヨのノートシリーズや日経アソシエの手帳特集といったところとは一線を画すのであるが、やはりイラストのプロたちの手帳は、実際に真似できるかどうかは別として楽しいのは事実。
 
どこまで自分の手帳やノート術に取り込めるかは別として、「絵心」あふれる技の数々は見ていて楽しいですな。

「世間」から如何に逃れるか。といってもグローバリズムは鬼畜の仕業と心得るべし — 鴻上尚史「「空気」と「世間」」(講談社現代新書)

政策選択ではなく、どの「空気」を選択するのか?といった選挙が始まったところなのであるが、もともと日本の閉塞感を生み出したと思う人達に、あれこれ言われてもな、と思う反面、それを選択したのは我々だよな、と思うと、気が滅入ってくる昨今なのであるが、そうした「日本の閉塞感」とそれがもたらした新しい時代風景についての論述が本書。
 
構成は
 
はじめに
第一章 「空気を読め!」はなぜ無敵か
第二章 世間とは何か
第三章 「世間」と「空気」
第四章 「空気」に対抗する方法
第五章 「世間」が壊れ「空気」が流行る時代
第六章 あなたを支えるもの
第七章 「社会」と出会う方法
おわりに
 
となっていて、帯に「「空気」を読まずに、息苦しい日本を生き抜く方法」とあるのだが、そう単純化して語るものではないだろうと思う次第。
というのも、「空気読め」といった言葉が市民権を得たのは、いわゆるグローバル化信仰で、日本の雇用形態とかなにやらが、ぐずぐずに崩れたあたりと時期を同じくするようで、それは、ワーキングプアとか官製ワーキングプアとか、「働く」という美徳が崩れ去ったときと符合しているような気がしている。そして、その「空気」の正体は、筆者によると
 
僕は「空気」とは「世間」が流動化したものと考えていると書きました。
「世間」とは、あの「世間体が悪い」とか「世間を騒がせた」とかの「世間」です。
その「世間」がカジュアル化し、簡単に出現するようになったのが、「空気」だと思っているのです。
けれど「世間」と「空気」を共に内側から支え、構成しているルールは同じだと考えています。(P32)
 
ということであるので、実は「日本的価値観」と同一視していいものであろう。
 
で、当然、この「旧来の日本的価値観」へのアンチテーゼとして論陣が張られるのであるが、残念ながら、その旧来の価値観がすでに崩壊寸前であることが少し異質ではある。ただ、いわゆる新自由主義者や渡航帰りのMBA取得者や声高の教条主義者のいうこととちょっと違って
 
あらかじめ言っておきますが、こうやって相対化できるからアメリカ人の方が成熟している、なんていう言い方を信じてはいけません、
彼らは、神のこと以外は、すべて相対化の視点で語ることができるのです。
 けれど、神のことに関しては、まったく相対化できません。(P126)
 
であったり、
 
相手を批判するうちに、批判する言葉が絶対的なものになってしまって、批判していた本人自信がにっちもさっちも動けなくなる、という状況が日本では普通の光景だということです。
(中略)
そして、結果は、相手に対する100%の勝利か0%の負けかという、相手を殺すか自分が死ぬか、という絶対的な選択しかないと思いこんでしまうのです。(P132)
 
 
「空気」の支配は、議論を拒否するのです。それが自分にとって都合がいいと思っていても、必ず、都合の悪い「空気」が支配的になる時がきます。どんなに怒っていても、議論を放棄して「空気」の支配に身を任せてはまずいのです。いつかきっと、強烈なしっぺ返しが来るのですから(P134)
 
といったところに妙に信頼感を感じてしまうのは当方だけであろうか。
 
まあ、本書での「空気」の支配から逃れるには
 
日本人が「共同体」と「共同体の匂い」に怯えず、ほんの少し強い「個人」になることは、実は楽に生きる手助けになるだろうと僕は思っています(P213)
 
つまり、前向きに「世間」と「社会」を往復するのです。
それは「複数の『共同体』にゆるやかに所属する」ということです(P243)
 
不安ゆえに、ひとつの共同体にしがみつけば、それは「世間」となります。・・・不安だからこそ、複数の共同体に所属して、自分の不安を軽くするのです。(P247)
 
といった、身軽な所作が大事であるようだ。精神的に自らを拘束したり、どこかに縛ってしまうようなことはできるだけ切り離していくことが大事でありますかな。

「自分商店」化ってどういうこと? — 谷本真由美「日本人の働き方の9割がヤバい件について」(PHP)

2015年8月の著作であるので、今、政府が言い出して、選挙でチャラになりそうな「働き方改革」より前の出版。最近の「働き方」に関する議論は、ネットワーキング、在宅勤務といった「働き方のツール」に関するものが大半で、「働き方の理念」「働き方のスタイル」を扱うものが少ないように思うのだが、さすが辛口の論客の谷本真由美氏は真っ向からこのあたりに論陣をはるのが流石というところ。
 
構成は
 
第1章 働き方に悩みまくる日本のサラリーマン
第2章 あなたが悩むのはニッポンの「働き仕組み」がおかしいから
第3章 働き方の激変はグローバルな潮流
第4章 生き残りたければ「自分商店」を目指せ
第5章 来るべき時代に備えよ
 
となっているのだが、イギリス在住というアドバンスを活かして
 
イギリスでも1980年代に20代〜30代だった人々というのはバブル世代です。(P134 )
 
当時のサラリーマンはローリスク、ローリターンで、現在のように、ホワイトカラーの仕事までもが海外に外注されるとは夢にも思っていませんでした。また、サッチャー改革があったとはいえ、今よりも、製造業の仕事が多く、ロースキルの若い人でも安定した雇用にありつけた時代でした(P134)
 
と今の日本人の働き方だけが特殊だったのではなく、かなりの国に共通の働き方であったことを看破しながら、
 
親がバブル世代の子供たちは、誰もが「自分商店」、つまり、組織に頼らずに、知識やスキルを売りに、不安定な一雇用の中で生きていかなければならない世界で大人になりました。
彼らの競争相手は他国の人々であり、圏内の人々とだけ競争していればよかった時代は過ぎてしまったのです。
 
と日本の労働者の未来を予言するのであるが、その働き方の姿は
 
OECDの報告書によれば、多くの先進国で、労働規制の改革により、レイオフが簡単になったり、非正規雇用の社員を雇いやすくなったりしています。一方で、働く人の流動性が高まったので、能力がある人は以前より高収入を得るようになっています。
つまり、組織に依存するのではなく、スキルを売りにする個人が、自分の都合に合わせて、様々な組織を渡り歩いて働く、という形態が増えているのです。(P188)
 
というスタイルであるらしい。
 
もっとも、このスタイル、氏が指摘するように
 
一方で、日本やインドのようなハイコンテクストカルチャーは、その反対です。
この文化圏では、社会の基本単位は集団です。
ハイコンテクストとは、同じ集団の中であれば、はっきりとものを言わなくても意味が通じることを指します。
つまり、それだけ、集団の中における個人の距離が近いのです。
このような文化閣では、個人は、その人の考え方よりも、どこに所属するかで判断されます
 
といった社会で、スムーズに浸透するかどうかは、今の「働き方」議論が「働くツール」や「働く場所(しかも会社か家か)」の議論が中心となっている現状をみると「黒船」的にどっと変化の波に襲われるという状況が一番ありうるかもしれない。
 
まあ、筆者によれば
 
働く人の自分商店化は、50年前の状態に回帰しただけであり、そもそも、終身届用や働く人の多くが、正社員として、新卒で一括採用される仕組みの方が異常であった、ということがいえるでしょう。
たかだか50年程度しか歴史のない仕組みが、「日本固有の雇用体系」といえるかどうかは疑わしいですし、戦後の高度成長期の産業構造に合わせて、最適化された雇用体系にすぎなかったというわけです
 
であるらしいから、ここらで無理やりにでも自分なりに意識を変えて、来そうな未来に備えたほうがよろしいかもしれんですね。

”PR”の真髄とは? — 殿村美樹「ブームをつくる ー 人がみずから動く仕組み」(集英社新書)

当方のような公的セクターの勤め人は、以前は謹厳実直が基本であったのだが、最近は観光の売り込みなどなど、不慣れなことをやる部分は当然増えているわけで、その時に、こうした”PR”についての手引書は結構ありがたいもの。
 
ただ、構成の
 
第1章 人が自ら動くーPRにおける「ムーブメント思考」とは何か
第2章 個人の単位から社会的な動きへ
第3章 クライアントを納得させるプレゼン術
第4章 メディアを動かす
第5章 狙いどおりに永続的に動かす
 
を見てもわかるように、いわゆる広告やPRのノウハウ本というわけではなくて、PRに関する”思想本”という位置づけてとらえるべきであろう。
 
そのあたりは「PR業務」は
 
商品の存在を人に伝え、価値を理解してもらいだけでなく、商品を知った人に何らかの行動を起こしてもらう。それも出来る限り長くその行動を続けてもらう
 
PR活動を通じて「ひとつの文化」をつくりあげていく(P9)
 
といった出だしのところや
 
PRの専門家がもっていなければならないのは、奇抜なアイデアを生む独創性ではなく、「みんなが何を求めているか」を正確に把握するための庶民感覚(P104)
 
といったところでも明らかであろう。
もっとも、PRに関する本として、
 
現在の日本社会が1億人のスケールだとすれば200万人に伝えることができれば、そこから先は拡散されることで生命をもったかのように情報そのものがPRを新たな次元へ導いてくれる(P52)
 
の「限界点」は2%の原則とか
 
遷宮のように特別な価値をもった行事であっても、それだけで集客力を持つわけではなく、メディアを通じた”露出”(P177)
 
が重要といったところは素人がPR業務を行う上での貴重な道標になる。
というのも、公的セクターのPRは観光的なことであっても、一発的に集客して、あとは野となれ、は一番慎むべきことと思われて、
 
「永続性を生むPR」では予算的にも短期集中ではなく、継続できる範囲の予算を確保し続けることで成果を出していけるようにプランニングの段階から考えていくことが必要
 
といった気構えがなによりも大切なんであろう。
なんにせよ、このご時勢、ほとんどの仕事が”PR”とは切っても切れない仲となっている。苦手意識をもったり、敷居高く考えずに
 
かつては大都市からマスメディアを通じて発信されたトレンドに地方が追随するというケースが多く見られました。
しかし、インターネットが普及した現在はそうではありません。
インターネットの世界には、中央も、地方も、上も下もないのです。いま、文化を発信する力を持っているのは、大都市ではなく地方だといったいいでしょう
 
という気概で、意気高くいきますか。

昔の定年ノウハウ本を、マイルドな「組織からの逃げ方」の仕方として読む — 江坂 彰「あと2年」(PHP研究所)

2005年の出版で、Amazonでも新刊の紹介はなく中古でしか手に入らないようであるし、直接には「団塊の世代」へ向けた「定年を迎える書」である。定年への手引書としては少々古びているのかもしれないのだが、当方的には、定年を前にした「仕事」や「組織」への向き合い方、という感じで読ませてもらった。
 
構成は
 
プロローグ 人生八十年時代の定年の迎え方
一 「妻と二人生活」が基本スタイル
二 モノより思い出
三 定年までに捨てるもの
四 あなたの住処はどこにする
五 熱中できる趣味を最低二つ
六 旅は定年後の必修科目
七 自分の健康法を持っている?
八 最後には貯金通帳をゼロに
九 仕事意外の友人をつくろう
十 好みの外食店を見つける
十一 物事を好きか嫌いかで決める
十二 しっかりと認めよう、体の衰え
十三 ゲートボールより若い友人
十四 親の世話をそうするか
十五 人生は起承転々で進むべし
エピローグ 団塊の世代へのメッセージ
 
となっているのだが、先述のように、今の若い世代のようにドライに「組織」に向き合えない「旧世代」に属する身としては
 
人によってはむずかしい立場にいる場合もある。
サラリーマンでソフト・ランディングに失敗した人たちを兄ると、役員直前で「はい、お終い」とやられた人が多い。
こういう人は自分も嫁さんも、会社を離れて生きる準備ができていない。
 
 
自分がもしもそんな立場になってしまったら、役貝と定年のどちらでも行けるようにしておくのがよい。
好き嫌いをはっきりさせながら、それをあまり目立たせない
 
といったあたりは、我が身に結構堪える言葉で、おもわず「そうか」と頷いた次第。
もともとサラリーマンを長くしてきた当方と同じような年代・環境の方は、高度成長の後のバブルとその後の冷え切った経済環境のどちらも経験してはいるものの、やはり組織の中で働いてきた人が多いはず、今の若い世代のようにフリーランスにもなかなかなる勇気もないが、それなりの一所懸命働いてきた、というところである。
ところが、年金の支給も心もとなく、働く期間だけは長くなりそうな気配であって、「うむむ」という思いにかられる時は、組織との付き合い方を、本書のようにソフトに替えていくというところが精神的にもハードルが低い。
 
それは
 
嫌いなほうは意思を明らかにせず、やらなければいいというだけの話である。
大事なことは、「好きか嫌いか」「自分がやりたいことか、やりたくないことか」の価価尺度を自分の中に持つという一点だ。
 
 
人生とはこういうものだと妙な結論をつけないで、起承転々で流れていけばいいではないか。
六十歳で人生の「結」に入ったなどと考えなくてもよろしい。
会社の定年と自分の定年は関係ない。
定年は人生が終わったのではなくて、階段で言えば「踊り場」だ。
 
といった風。どうです、これなら人目を気にするあなたもデキそうな気がしませんか。
なんにせよ、組織に属し、組織内で働くことが常態であった、当方と同じような団塊アフターの世代こそ、こういうソフトトランディング的な「組織からの逃走」の仕方が精神的にも楽でありそうですね

ポスト・イットを使った仕事の作法。適材適所でね。 — 嶋ひろゆき「仕事はすべて「ポスト・イット」で片づく」(かんき出版)

仕事の効率化のアナログ・ツールは、綴じられているものとそうでないものとに分けられるのだが、そのうち「綴じられていないもの」の主流は、十数年前は情報カードであったようだが、今はポスト・イットがその地位を継承している。しかも。ポスト・イットはサイズから色、フォーマットまで多種多様なものが販売されるようになっているせいか、「綴じられているもの」の主要勢力であるメモ帳の地位も脅かしそうな勢いであるような気がしている。
 
構成は
 
プロローグ ポスト・イット仕事術の仕組み
PART1 グチャグチャの頭を整理する「1分ポスト・イット 思考術」
PART2 どんどん時間と結果を生み出す「ポスト・イット 時間術」
PART3 コンサル思考が身につく「ポスト・イット 問題解決術」
PART4 高い目標も難なくクリア「ポスト・イット 目標達成術」
PART5 利益を生み出す黄金の「ポスト・イット アイデア術」
PART6 仕事が10倍速になる「ポスト・イット デジタル活用術」
エピローグ 読書、会議、資料作成にも使える「ポスト・イット応用術」
 
となっていて、メインは、アイデア出し、時間管理、タスク管理、資料作成といったビジネスの「肝」のところをポスト・イットで片付けていこうというもので、分類的的には「テンミニッツ」をはじめとする「フセン仕事術」の一族といっていい。
 
いくつか「ふむふむ」と思ったものを簡単にレビューすると
 
まずは「長期のプロジェクトの管理・スケジュール立て」
①まず、日付の一番下にプロジェクトのゴールを設定
②次にゴールを達成するのに必要な作業をさかのぼってポスト・イットに書き出す。それとは別のその作業の締切の日時をポストイットに書き出す
③それをA3ないしA4用紙に、貼り付ける。
Post it 01
④次に自分だけでなく、プロジェクトに関係する他者、他部門の作業もポストイットに書き出し、貼り付ける。
⑤ポスト・イットでつくったスケジュール表をコピーして情報共有
 Post it 02
⑥コピーが終わったポストイットははがして、手帳の該当する日付のところにToDoとして貼る
 
といったものや
 
①気がついたこと、役に立つと思ったことを、ポストイット1枚に1項目づつ書き出す
②読み終わったら、全体を眺めて、ダブっていたり意味が同じものは1枚にまとめる
③ポストイットを手帳やノートに貼る
④これを写真にとるか、コピーして読書録にする
⑤このリーディングメモのうち最も大切だと思うものを手帳に貼っておく
 
という「ポスト・イット読書術」や
 
エピローグのところの
 
①ポストイットに目次(資料の骨組み)を書き出す
②見出しや図表の位置をポスト・イットで決める
③PCで資料を作成
 
といった「ポストイット資料作成術」のあたり。
 
いずれも、ポストイットの利点である「張り替え自由」「追加・廃棄自由」といったメリットを活かした仕事術であるといえる。
ポスト・イットを使っての仕事術やメモ術は、散らかって散逸することがある、とか、保存をどうするか、といった課題があって、ノートにかわる汎用性が獲得できているとは言えない状況のように思う。ある程度、利用シーンを考えながら、PCやノートと併用するのが一番良いと思えていて、例えば「頭の中の散らかったアイデアなどを整理する」といったバラバラなものの重複をなくしてまとめあげていく、といった作業、仕事に向いているように思う。
 
ともあれ、こうした仕事のTipsは一つの方法で絞りこむというよりは、様々な利用シーンに応じて、一番適したTipsを使えば良いと思っているので、ポスト・イットだけにツールを限定して、ノートやメモはゴミ箱へ、といった急進に走らず、適材適所で楽しみながらツールを使い分けるのがよろしい気がいたしますな。その意味で「すべて」ポスト・イットで対応できるかもしれないが、「全て」やる必要もないような気がいたしますな。

トヨタ流の仕事術である”紙一枚”の「思想」のところが学べるビジネス本 — 浅田すぐる「トヨタで学んだ「紙1枚」にまとめる技術」(サンマーク出版)

ひと頃、仕事術は「猫も杓子もトヨタ、トヨタ」の時があって、それは、「猫も杓子もアップル、アップル」「猫も杓子もGoogle、Google」「猫も杓子もサムスン、サムスン」と同じ「流行り廃りもの」であるのだが、少なくとも、このA3ないしはA41枚で仕事の書類をまとめるという手法は、なかなか真似出来ない「カイゼン」に比べ、個人レベルでも導入できる、仕事術のスキルとして評価してよい。

 

本書の構成は
 
 
Chapter1 なぜ、トヨタはナンバーワンなのか
 
Chapter2 トヨタで学んだ「紙一枚」にまとめる技術〜基本編〜
 
Chapter3 トヨタで学んだ「紙一枚」にまとめる技術〜応用編〜
 
 
となっていて、Chapter1は、仕事のもろもろを「1枚の紙」にまとめるメリットが説明され、Chapter2では「エクセル1」というフォーマット、Chapter3では、エキセル1の応用形でもある「ロジック3」のフォーマットと実際の活用方法が解説されるという構成。
 

 

先だってレビューした「高橋政史「すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術」」と少々被るところもあるのだが、そこは同じ「紙一枚にまとめる」というコンセプトを扱ったビジネス書ゆえ致し方ないところか。
 

 

ちょっと意外だったのは
 
トヨタでは通常、A3用紙を横にシて使います。ふだんお業務ではA4サイズの用紙を使うことが大半でしたが、企画症やスケジュール管理等の複雑な案件に関しては、より一覧性に優れたA3サイズを用いました
 

 

というところで、トヨタ式の書類作成というと必ず「A3」ということが喧伝されているのだが、そこはやはり柔軟に場合・状況に応じてだよな、と安心してみる。
 

 

で、ちょっと注意を要するのは、「まとめる技術」とあるように、本書は、トヨタのプレゼン資料のまとめ方とか、ビジュアルな構成の仕方をレクチャーするものではなく、あくまでも発想を「トヨタの紙一枚にまとめる方式」の理念にそってまとめる方法のレクチャーである。

 

「エクセル1」にしろ、「ロジック」3」にしろ、フォーマットそのものは複雑なものではなく、その使い方が「ほぉ」とうならせるもので、しかもいくつかのビジネスシーンでの実際の使い方が紹介されているところが肝である。

 

その意味で、本書を読んだだけでは、あくまで手法の知識を得たというレベルに留まるので、実戦で磨きをかけないと本物にはならんわな、と「畳の上の水練」にならないよう気をつけねばなるまい。
 

 

ま、「エクセル1」や「ロジック3」のフォーマットを細かくレビューするのは、営業妨害になろうから、詳しくは原書で確認願いたいのだが、特に「エクセル1」はちょっと試してみようかなと思わせる、手軽でありながら実効のありそうな仕事術である。お試しあれ。

「努力」はアメリカ・日本共通の処世訓 — アンジェラ・ダックワース「GRIT やり抜く力ー人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける」(ダイヤモンド社)

きらびやかな才能の磨き方や、パンチのあるプレゼンの力の伸ばし方など、キラキラ光るビジネスの能力の鍛え方をコーチするビジネス本は多いのだが、今回、本書で注目し推奨するのjは「古くて良き」能力である。

構成は

PART1 「やり抜く力」とは何か?なぜそれが重要なのか
 第1章 「やり抜く力」の秘密ーなぜ彼らはそこまでがんばれるのか
 第2章 「才能」では成功できないー「成功する者」と「失敗する者」を分けるもの
 第3章 努力と才能の「達成の方程式」ー 一流の人がしている当たり前のこと
 第4章 あなたには「やり抜く力」がどれだけあるか?―「情熱」と「粘り強さ」がわかるテスト
 第5章 「やり抜く力」は伸ばせる―自分をつくる「遺伝子と経験のミックス」
 
PART2 「やり抜く力」を内側から伸ばす
 第6章 「興味」を結びつける―情熱を抱き、没頭する技術
 第7章 成功する「練習」の法則―やってもムダな方法、やっただけ成果の出る方法
 第8章 「目的」を見出すー鉄人は必ず「他者」を目的にする
 第9章 この「希望」が背中を押す―「もう一度立ち上がれる」考え方をつくる
 
PART3 「やり抜く力」を外側から伸ばす
 第10章 「やり抜く力」を伸ばす効果的な方法―科学では「賢明な子育て」の答えは出ている
 第11章 「課外活動」を絶対にすべしー「1年以上継続」と「進歩経験」の衝撃的な効果
 第12章 まわりに「やり抜く力」を伸ばしてもらうー人が大きく変わる「もっとも確実な条件」
 第13章 最後にー人生のマラソンで真に成功する
 
となっていて、後段のPART3でわかるように、自分で自分の能力を伸ばすビジネスノウハウ本ではなく、もともと教育書として書かれたもの。
 
本書で説かれる一番大事なものとは、表題のとおり「GRTIT やり抜く力」であるのだが、それがなぜかというあたりは
 
ウェストポイントの入学審査では、志願者総合評価スコアがもっとも重要な決め手となっていたが、「ビースト」の厳しい訓練に耐え抜けるかどうかを予想するには、残念ながらあまり役に立たなかった。
それどころか、志願者総合評価スコアで最高評価を獲得した士官候補生たちは、なぜか最低スコアの候補生たちと同じくらい、中退する確率が高かった。
 
といったように、アメリカの名だたる陸軍士官学校の実例などの実例やインタビューで実証していくのが、アメリカの論文らしいところ。
 
アメリカのビジネス書といえば、GoogleやFacebookなどなど若くて才能あるアントレプレナーをとりあげた「天才」「タレント」のビジネス手法を紹介して、そのうち少しばかりでも真似出来ないか、といったものが目立つのだが、こうした「努力」「積み重ね」「たゆまない力」といったところを強調するものが評価される場面もあるのだな、とアメリカの多様な評価を見直してみる。

 
そういえば、ハリウッドのヒット映画のパターンの一つは「外敵に対し、才能のない(若い)人が、努力・修行の末、敵を倒す」ってのがあることを思えば不思議でもないのかもしれない。
 
一方で、
 
偉業を成し遂げた人たちに、「成功するために必要なものは何ですか?」とたずねると、「夢中でやること」や「熱中すること」と答える人はほとんどいない。
多くの人が口にするのは「熱心さ」ではなく、「ひとつのことにじっくりと長いあいだ取り組む姿勢」なのだ。
とか
時間の長さよりも「どんな練習をしているか」が決め手になることだった。
ほかのどんな練習よりも「意図的な練習」が、大会を勝ち進むための要因になっていることがわかったのだ。
と「努力の大事さ」と「特別な練習」を強調するとともに
自分の興味があることを掘り下げるにしても、練習に励み、研究を怠らず、つねに学ぶなど、やるべきことは山ほどある。
だからこそ言っておきたいのは、好きでもないことは、なおさらうまくなれるはずがないということだ。
保護者や、これから親になる人や、年齢を問わず親以外の人たちにも、伝えたいことがある。
それは、「必死に努力する以前に、まずは楽しむことが大事」ということだ
と「刻苦勉励」ばかりを主張しないところが現代的であるところかな。
 
もっとも、
おそらくパットナムには想像に難くないはずだが、家庭所得とグリット・グリッドのスコアには、懸念すべき相関関係が見られる。
私の研究に参加した高校3年生のうち、国から給食費の援助を受けている生徒たちは、恵まれた家庭の生徒たちにくらべて、平均でグリット・グリッドのスコアが1ポイント低いことがわかった
といったように、「才能」が成功の秘訣ではないにせよ、「やり抜く力」をつくるには「環境」が影響するところも大きいといったところも指摘されているので、あらゆる環境に人に平等の理論ではない(所得の低い環境の人たちは、そうでない人よりGRITを身につけるに一層のちからが必要になるということだな)のは注意が要る所。
 
なんにせよ。成功の決め手は「才能」だけではない、という提案は、キラキラした輝きを見せる同僚の横で、力を落としているフツーの人達への一つの光明ではある。さらには失敗して落ち込んでいるフツーの子どもたちにどうアドバイスしていくかの道標にもなるだろう。
 
「努力」というのは日本もアメリカも共通の処世訓であるのですね。

「最速」「Google」という言葉に弱いビジネスマンに捧げるビジネス書 — ジェイク・ナップ「SPRINTー最速仕事術 あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法」(ダイヤモンド社)

「最速」という言葉は、常日頃、タスクに追われているビジネスマンには、一種の「キラー・フレーズ」で、この言葉がチラとでも見えると、思わず手に取ってしまうのは、一人二人ではあるまい。
本書はGoogleのデザインパートナーをしていた人たちによるもので、「スプリント」とは「個別の作業、プロトタイプ作成の時間、逃れられない締切をワークショップに加えて、開発したプロセス」「アイデアをプロトタイプのかたちにすばやく落とし込み、それを顧客としてテストすることによって、たった5日間で重要な問題に答えを出す手法」で「デザインの短距離走(スプリント)」として名付けられたもの。
 
本書の構成は
 
INTRODUCTION スプリントとは何か?
SET THE STAGE 準備をする
 第1章 「課題を見抜く」
 第2章 「オーシャンズ7」を決める
 第3章 「時間」と「場所」を確保する
MONDAY 目標を固める
 第4章 「終わり」から始める
 第5章 「マップ」をつくる
 第6章 「専門家」に聞こう
 第7章 「ターゲット」を決める
TUESDAY 思考を発散させる
 第8章 「組み替え」と「改良」に徹する
 第9章 「スケッチ」する
WEDNESDAY ベストを決める
 第10章 「決定」する
 第12章 「ガチンコ対決」をする
 第13章 「ストーリー」を固める
THURSDAY 幻想をつくる
 第13章 「フェイク」する
 第14章 「プロトタイプ」をつくる
FRIDAY テストをする
 第15章 「現実」を知る
 第16章 「インタビュー」をする
 第17章 「学習」する
おわりにー「仕事のやり方」が根本的に変わる
 
となっていて、1週間で製品開発ないしは既存の製品・サービスの改善を仕上げるといった内容。
 
ただ、
 
過去のワークショップの結果を見直してみると、ある問題に気づいた。ワークショップのあとで実行に移され、成功したアイデアは、喧々囂々のブレーンストーミングで生み出されやものではなかったのだ。最良のアイデアはちがう場所で生まれていた。
 
といった刺激的な言葉で始まるように、ここで提案される手法も結構刺激的である。
 
それは
 
普通に考えれば、自分のソリューションを紹介し、そのねらいを説明する機会を、誰もが公平に与えられるべきだ。
たしかにその通りだが、スプリントではそうしない。
アイデアを説明することには、いろんな弊害がある。
感動的な主張をした人や、カリスマ性のある人の意見に流されがちだ
 
とか
 
民主主義は国をまとめるにはいいが、スプリントには向かない
 
とか
 
優れているが相容れない2つのアイデアがあるとき、どちらか一方を選ぶ必要はまったくない。
両方のプロトタイプをつくって、金曜日のテストで顧客の反応を見ればいい
 
などといったフレーズでも明らかで、結構小気味いいのは確か。
 
もっとも、本書で取り上げられている例は、ブルーボトルコーヒーの販売成績UP、「スラック」というグループウェアの販促といったものであるし、短期間に、ひとつのプロジェクトを発端からある程度の仕上げ(顧客テストまで)をするまでの仕事の手法として応用範囲は広いことは間違いない。
 
ただ、この「スプリント」という手法、筆者群はGoogleベンチャーの出身ということもあって、IT企業色が強いし、「ドット投票」など、当方の属するような古いタイプの企業組織では、導入にはかなり説得作業が要るよなと思わせるものもある。さらには1週間の間、プロジェクトメンバーの拘束を職場風土が許容してくれるかな、といった懸念がでるのも事実。全ての企業に、本書の全ての提案が適用可能ではないだろうなということを考慮すると、まあ、翻案しながらやってみたら面白そう、といった感じでまずは進めるのがよいかもしれない。
 
なんにせよ、本書によれば
 
スプリントは当たれば大きい、リスクの多いソリューションをテストするのに一番向いている。
だから普段とは優先順位を逆にして考えよう。
成功まちがいなしの小さなチャレンジなら、わざわざプロトタイプをつくる必要もない。
そういう楽勝案はパスして、大きく大胆な賭けを選ぽう。
とのこと。
 
食わず嫌いせずに、どんな課題解決でもいいので、あれこれ試してみるのが一番本書の目的に沿うのかもしれませんね。
 
 
ー追記ー
 
大きなプロジェクトだけでなく、巻末のQ&Aによれば、会議での小さな決定や問題が行き詰った時でも「どうすればメモ」(P111)、「4段階スケッチ」(P159)、「メモって投票」(P207)、「顧客インタビュー」(P273〜)が有効であるそうなので、詳しくは原書で確認の上、試してみてくださいな。