カテゴリー別アーカイブ: 歴史・時代物

「天保の改革」の本当の姿はどうだったのか — 西條奈加「涅槃の雪」(光文社)

時代小説でよくある時代設定は、江戸時代では、武張ったものでは享保、幕末。町人ものでは、元禄、文化文政といったところが多いのだが、本書は、遠山の金さんこと、遠山北町奉行を登場人物に加えるとはいえ、時代的には少々暗い、天保時代である。

収録は

茶番白洲

雛の風

茂弥・勢登菊

山葵景気

涅槃の雪

落梅

風花

となっていて、遠山景元が北町奉行として登場するあたりから、天保の改革の嵐がう吹き荒れ、突然に水野忠邦の失脚と側近たちの処刑まで。主人公は、北町奉行所の吟味方与力の「高安門佑」で、彼が、端女郎の「お卯乃」に出会うところから物語は始まる。

その後、遠山景元の部下として市井の情報を入れる任務を与えられ・・といった形で、天保の改革によって、江戸の華である芝居や、商売の基礎であった「株仲間」の破壊の現場に立会うといった、”改革”による庶民の暮らしの大変化の集合体が本書である。

であるので、主たる読み方は、遠山景元、矢部定謙といった庶民派と、水野忠邦、鳥居耀蔵といった改革断行派とのせめぎあいが読みどころであるのだが、通常なら「悪役」としての色合いが強い「改革断行派」も実は、幕府の行く末を慮っての所作であり、しかも立脚点が、食を断って自死した矢部の死に方をめぐって、お卯乃の

どんなに泣いて頼んでも、常松は食わなかった……あたしら一家は、常松の命を食って生き延びたんだ!

という言葉と、鳥居耀蔵の

先の飢饉で餓死した民百姓のおうが、よほど無念というものだ

あの飢饉で、国中でどれほどの百姓が餓え死んだことか。それを承知であのような死に様は、ご政道を預かる者として言語道断だ

という言葉が重なる時、どちらが正か邪か、グラついてくる。

とはいうものの、こうした四角張った物語の読み方以外に、お卯乃が高安の家に「お預け」になって、同じ屋根の下で暮らし始め、彼女の越中での弟との悲しい思い出を聞いたり、江戸市中の見回りや芝居見物を一緒にしたりとか、くっつきそうでくっつかない二人の仲をやきもきしながら読み進める別の楽しみもある。

二人の仲がどうなるか、最後の方でおもわぬ仕掛け人によるどんでん返しがあるのだが、それは本書でお確かめあれ。

血湧き肉躍る活劇でもないし、胸がすっきりする捕物もないのだが、なにやらしっとりと読める時代小説でありますよ。

とんとん拍子のレベルアップ。ステージクリアも間近か? — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 4 暴れ公卿」(二見時代文庫)

この公家武者シリーズは、一冊の中にいくつか小さな話はあるが、一つのまとまったストーリ展開というのが多いのだが、今回は久々にそれぞれが独立した物語に成っている。
 
収録は
 
第一話 子連れ善衛門
第二話 湯島天神参り
第三話 女剣士
第四話 暴れ公卿
 
の四話。ざっくりとレビューすると
 
まず「子連れ善衛門」は高座藩のお家騒動に巻き込まれる話。高座藩の嫡男・彦丸が侍女と襲われているのを善衛門が助ける。彦丸はこのショックで声を失う、というおまけつき。お家騒動は、江戸家老と国家老、江戸家老の家臣、正室が入り乱れての勢力争い、跡目争いで、騙し騙されと結構複雑な展開。
 
第二話の「湯島天神参り」は遊び人を襲って逆に右腕を切り落とされた侍を助けることが発端。侍に襲われた遊び人・四郎の正体は、武家や大店の女房や娘を騙して関係をもち、これをネタに脅して売春をさせる悪どい売春ブローカー。途中、登場する
武家の妻女の姿がなんとも切ない。最終的には、悪人は栄えず、はいつものことなのだが、一寸の虫にも五分の魂的展開は、悲しいが、なんとなく腑に落ちる展開
 
第三話の「女剣士」では、信平の臣下となった佐吉に弟子入り志願の侍が現れる。五千石の旗本の家臣という紛れもない「武士」なのだが、剣術がからっきし(と本人が思い込んでいて)、家中の剣術師範だけでなく、自分の妻に稽古をつけられる始末。しかも、妻は以前、剣術師範に試合で勝った経歴もあり・・・、といった設定。最終的には、能ある鷹は、でなく自覚していない能ある鷹といった具合で、夫婦円満となるのがこのシリーズの良いところ。
 
最終の第四話では、40年前、京都で公卿が起こした宮中を巻き込んだ乱交事件の復讐を、その公卿の息子が企むものを、信平がどう阻止するかが見もの。そして、RPGと同じように、信平のレベルがあがると敵方もだんだんと進化してきていて、第一作のときほど油断もしないし、簡単にやられもしないという造りになっているので、少しハラハラしながら読ませるあたりは、作者の技の見せ所である。
 
ということで、今巻は着々と信平が加増されて、松姫との新婚生活も間近か?といった準備編。もっとも、智慧伊豆や酒井大老など幕閣の目線は冷たいままなので、次巻以降の波乱も期待させて次巻へ続くのであった。
 

信平の剣の技に憧れた、臣下志願が登場 — 佐々木裕一「公家武者 松平信平3 四谷の弁慶」(二見時代文庫)

由比正雪の残党の陰謀を阻止して、加増の上、四谷に屋敷を拝領し、松平信平の新しいステージ突入である。
 
収録は
 第一話 侍の嫉妬
 第二話 姉の心遣い
 第三話 荒武者の涙
 第四話 四谷の弁慶
 第五話 葵の旦那
となっていて、話的には第一話、第二話+第三話、第四話+第五話がグルーピングされている。
 
まず第一話は、信平の「四谷デビュー」。ただ、四谷というところ、当時は大名屋敷、旗本屋敷が満載で武家の天下の地であったらしいので、開拓まもない深川とはうって違って、寂しい割に面倒くさいところであったらしい。そこで、狩衣姿の公家出身であるから、まあ軋轢はあるには違いないのだが、若いゴロツキの一掃というのが四谷デビュー戦としては結構爽快なもの。
 
第二話+第三話は、信平と松姫の中を、信平の姉で家光の正妻であった本理院が間を取り持とうとする話と、松姫に憧れていた加藤清正の曾孫とのいさかいの話。まあ、このあたりは箸休めとして、ふわと読んでお行けば良いかな。
 
第四話+第五話は、信平に新しい臣下ができる話。話の大筋は、四谷で武家から刀を奪う「弁慶」まがいの辻斬りが出没して、その解決に信平が乗り出す話。まあ、「弁慶」を懲らしめるあたりではとまらず、盗まれた刀がまた騒ぎを起こすのだが、そこは本編で。公方様からの拝領刀の威力や、武家が刀に抱く特別な感情ってのは、廃刀令が出てから時がたって、もはや意識の片隅に欠片も残っていないのであるが、この物語はまだ「武家」ってものが信頼を得ていた時代の欠片を残していた頃の古の話であるよね。
 
家綱の治世は由比正雪の乱の後、保科、坂井、知恵伊豆といった宿老たちに囲まれて30年近く安定した時代という評価であるから、後の元禄の頃よりも、勃興期の清々しさと躍動があった頃と個人的には思っている。そんな時代の、「夢」物語、脂が乗ってきましたな〜。
 

天下騒乱の騒ぎの陰で、松姫と信平の恋が育つのでありました — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 姫のため息」(二見時代小説文庫)

関白鷹司家の四男で、将軍・徳川家光の義弟の松平信平が、紀伊大納言家の松姫と結婚するために、千石取りの旗本を目指す物語の第二弾。
 
収録は
 
第一話 浪人狩り
第二話 姫のため息
第三話 再会
第四話 陰謀
 
となっていて、今回の時代設定は、幕府転覆を謀らんだ由比正雪の乱の後、騒然の風が治まっていない頃である。
 
物語の始まりは、浪人狩りで怪我をした浪人を助けるところから始まる。ここで、以後も登場する、先手組与力の筒井が初お目見え。そして、大筋は、由比正雪の残党が、裏切り者として、紀伊の殿様・徳川頼宣の暗殺を謀む。
未だ同居できぬ、紀伊徳川家の姫・松姫の舅の危機を救うため、信平が立ち上がるのであった・・、っていうのがこの巻。
 
とはいうものの、途中、松姫が信平に会うために、屋敷を抜け出す冒険譚があったり、紀州候暗殺は由比一派の復讐譚といった単純なものではなくて、裏に将軍位を争っての陰謀があったり、と道具立ては各種取り揃えてあるので、最後まで楽しめる筋立てである。
 
そして、危難が起きた時の信平の剣の技は相変わらず秀逸で、悪人どもをばったばったとなぎ倒す爽快さは健在。はらはらしながら安心して楽しめるという時代劇の勘所はきちんとおさえてあるのでありました。
 

江戸城御用達の甘い罠。一番悪どいのは「御上」かも — 和田はつ子「料理人季蔵捕物控 大江戸料理競べ」(時代劇文庫)

さて、調理人季蔵シリーズの第14弾は、江戸城への料理御用を独占している有名料亭「八百良」と並んで、江戸城へ料理を納入する店を決める料理勝負がメインテーマ。
 
収録は
 
第一話 新年福茶話
第二話 大江戸料理競べ
第三話 ごちそう大根
第四話 千両役者菓子
 
となっていて、第一話は季節が正月なので、鮑の身を細長く切り、薄く打ち伸ばして干した打鮑を、ぱらりと載せた雑煮とかといった料理も良いのだが、メインは質屋の大黒屋の黄金仕立ての仏像が元旦に消え失せてしまった謎をとくというもの。ただ、話の最初に出てくる、寺子屋で神童と言われる子供の噂話が、名料亭「八百良」が茶漬けに使う水をはるばる玉川の取水口から汲んできたという話や、初春狂言で人気の歌舞伎役者・中村春雷の噂とかとかがでてくるのだが、最終話でぐるりとつながってくるのでご記憶のほどを。
 
第二話と第三話は、この巻のメインストーリーで、江戸城の出入りを三料理店が競う料理比べなのだが、季蔵はこの競争には参加せず、監視人という役割。
競われるのは大根の料理で披瀝されるのは、漬物の大根を小指の先ほどの厚さに切り、水にさらして塩出しした後、出汁で煮合わせた「大根のぜいたく煮」、細かく叩かれた鶉肉を鍋にいれ、ひたひたに酒を注いでそぼろに炊き、これを小口に切った大根と交互に重ね出汁を注いで炊き上げた「そぼろと大根の重ね煮」、開いた穴子を湯通しして、鍋に入れ、酒、砂糖、味醂で煮含めたものに、皮を剥いて縦半分のして、小指の長さほどに切った大根を入れてやわらかく煮た「穴子大根」の三品。
さて、どれが一番?といった野暮なことは、この勝負に参加している「酔壽楼」の主人・又兵衛が変死して、どっかにいってしまう。さらには、第三話で、同じく勝負に参加した富士屋の女将・お美菜も毒殺され、この催しそのものが彼方にいってしまうという筋立てで、話の本筋は、この二つの変死・殺人事件の謎解きであるのだが、時代ものらしく、男女の仲が絡むのはいつものことか。
 
最終話の「千両役者菓子」で第一話の伏線が生きてきて、歌舞伎役者の中村春雷が、季蔵に菓子を注文する話が登場するのだが、本筋は、第二話・第三話の事件の犯人が明らかになるところ。それにも増して、驚くのは、この料理競べが催された幕府の意図なのだが、御公儀ってのは悪どい者の集まりなんでげすな、と思わず嘆息するのでありました。

プリニウスを通して描かれる「ローマ帝国」の健全さと退廃 — ヤマザキマリ「プリニウス」(新潮社)1〜6

テルマエ・ロマエで一挙に人気作家となった、ヤマザキマリ氏がとり・みき氏と組んでのローマもの。
個性ある二人の合作で、しかも題材が、稀代の博物学者プリニウスである。
 
物語はヴェスヴィオ火山の噴火の場面から始まるのだが、これは全体のプロローグ。第一巻は、プリニウスの書記官となるエウクレスと、噴火直後のエトナ山の麓で出会うところから始まる。
 
いまのところ、6巻までしか出版されていないので、全体の展開をどうこういえないのだが、プリニウスの諸国遍歴の旅の物語というよりも、プリニウスの歩く、特にポンペイを廃墟にしたヴェスヴィオ山の噴火をはじめとするローマとその周辺地域の自然と、皇帝ネロに代表される都市国家ローマの退廃が、このシリーズの主人公であるような感じ。
 
ただ、それらを演ずる役者たちが、プリニウスとその護衛官フェリクス、書記官エウレクスをはじめとして、哲学者にして大金持ちのセネカ、皇帝ネロ、その妻のポッペイアなどなど。塩野七生氏が火をつけた「ローマ好き」の人々には、とんでもなく垂涎モノには違いない。しかも、山や野原、街の佇まいなど、背景描写が、もう本当に精緻で唸らせられること多し。
さらには、ウニコルズス(ユニコーン)や頭がなく口と目が胸についているブレミュアエ族とか革の紐のようなヒマントポデス族とか、妙ちきりんなものもでてくるので、諸星大二郎ファンにも向いているのかもしれない。
 
なにはともあれ、「アナザー・ローマ人の物語」的な奇妙な魅力に溢れたシリーズであることには間違いないですな。

菓子の甘さに隠された江戸の「家族」の人情話 — 西條奈加「まるまるの毬」(講談社文庫)

親子三代で営む、小さな江戸の菓子屋「南星屋」を舞台にした時代小説。
 
収録は
 
「カスドース」
「若みどり」
「まるまるの毬(いが)」
「大鶉(おおうずら)」
「梅枝(うめがえ)」
「松の風」
「南天月(なんてんづき)」
 
の7編。
 
主人公は、五百石の旗本の次男でありながら、菓子屋となっている「治兵衛」、その娘の「お永」、孫娘の「お君」、そして治兵衛の弟で大刹・相典寺の大住職「石海」が主人公たち。「主人公たち」と書いたのは、解説でも触れられているように、一人ひとりではなく、彼ら「家族」が活躍する「ファミリー・ストーリー」として読みべきであるから。
 
そして、店の主「治兵衛」が実は高貴な武家の落し胤で、幼い頃、実の親から各地の銘菓が届けられていたことや、修行の過程で全国の菓子屋を渡り歩いて、諸国の名物といわれる菓子をつくることができる、というのが設定の肝。このために第1作目の「カスドース」では、平戸藩の門外不出のカステラ菓子の製法を盗んだ疑いをかけられるし、最終話の「南天月」で、次兵衛一家だけでなく、実家の岡本家が大きな災厄に見舞われる原因ともなる。
 
本来なら一話ごとにネタバレ寸前のレビューをするのが、この書評ブログの常であるのだが、この「まるまるの毬」は、一話一話が独立しているのだが、全体として、家族がまとまって危難に対応し危難を切り抜けていく物語であるんで、今回は一話ごとのレビューはパス。
それは、最終話で、南星屋を陥れようとした柑子屋の「あんたは何ひとつ失くしてなぞいないのだから」という捨て台詞にも現れていて、家族が一つであれば何も恐れることはない、という昔ながらの家族神話の物語として、この一冊を読むべきだろう。
 
そして、この話のキーになるのは「お菓子」。でてくるものをいくつかレビューすると「まるまるの毬」の
 
ゆでた栗を裏ごしし、砂糖をまぜて弱火で練る。手順は栗餡と一緒だが、水の加減を少なくして、粉ふき芋のようにぽろぽろとさせる。これを団子の上半分にまんべんなくまぶして、いが餅にするつもりであった。
 
とか、「松の風」の
 
小さめの歌留多の札にような、四角い薄焼きを手にとって、しげしげとながめる。・・・見てくれは煎餅に近いが、干菓子のひとつであった。
水に白砂糖を煮溶かし、麦粉を入れて、よく練って桶に寝かせておく。冬なら七日、夏なら三日で、表面にぷつぷつと泡が出てくる。そこへさらに白砂糖を加えてかきまぜて、薄くのばして焼いたもので、表にはたっぷりと白胡麻をかけてある
 
という「松風」という菓子であるとか、ちょっとお目にかかれない当時(?)の菓子の風情を楽しむのも一興。殺人事件とか盗みとかの物騒な話はでてこない、少々軽いタッチの人情時代小説でありますな。

怪談落語の影には、昔の未解決事件あり — 和田はつ子「料理人季蔵捕物控 へっつい飯」(時代小説文庫)

シリーズ8作目の季節は夏で、6作目と同じ趣向で、落語仕立てである。ただ、6作目と少々異なるのは、収録されているそれぞれの話が完全に独立ということではなくで、太い筋を基本において、一つの話としてまとまりをもっていること。
 
収録は
「へっつい飯」
「三年桃」
「イナお化け」
「一眼国豆腐」
の4話
 
おおまかな展開は、夏の盛りの暑さを忘れる趣向で、落語の怪談会が開かれることになる。もちろん、落語にちなんだ季蔵の料理が供されることになるのだが、怪談会の進行に併せて殺人事件が起き、昔の盗賊の事件の解決に繋がっていくというもの。
 

語られる怪談は、「へっつい飯」が”へっつい幽霊”、「三年桃」が”三年目”、「イナお化け」が”お化け長屋”、「一眼国豆腐」が”一眼国”で、それぞれ供される料理は、それぞれ、熱いかけ汁をかける丼飯、桃の白酒かけ、イナ(ボラの小さいの)尽くしであらいと梅和え・竜田揚げ・押し寿司・イナ饅頭、江戸と上方の豆腐料理で、木綿豆腐を使った田楽と冷やうどん豆腐。

 
中でも聞いたことがないのが「イナ饅頭」で
 
(イナのワタをとり、背骨まで取り除いたものに)甘味噌の八丁味噌に、戻した干し椎茸と葱、人参のみじん切り、麻の実を加えて練ったもの・・を腹からたっぷりと腹に詰め
 
焼いたもので、本書によると「尾張」に伝わる料理らしい。
 
もうひとつは「冷やうどん豆腐」で
 
きしめんのように切った豆腐を、汲み立ての井戸水で冷やし・・煎り酒で煮付けに使う、味醂風味以外のもの、梅風味、鰹風味、昆布風味を倍に薄めてつゆに
 
したもの。どちらも、夏には気を引きそうなものではある。
 
本書で気になるのは、殺された岡っ引きの娘、美代吉親分と同心・田端の中なのであるが、その結末は素ご想像どおりではあるが、最後の方で明らかになる。一方で、最後でどんでんをくらわせられるのが、親切そうな顔に隠された、旧悪の顔というやつなのだが、このシリーズの悪人には珍しく、人間、年齢を重ねて守るべきものができると、骨の髄まで悪に染まっているのが、幾分か抜けていくのかね、というところ。

物語は進行する。けれど謎は深まる — 坂井希久子「居酒屋ぜんや ころころ手鞠ずし」(時代小説文庫)

「ほかほか蕗ご飯」「ふんわり穴子天」に続いての「居酒屋 ぜんや」シリーズの三作目。
 
収録は
 
「大嵐」
「賽の目」
「紅葉の手」
「蒸し蕎麦」
「煤払い」
 
 の五話。
 
林只次郎も「ぜんや」の馴染となってきて、そろそろ女将の「お妙」との仲が心配になるあたりなのだが、男女の仲はそう簡単にはいかないのが、今のご時勢と違う所。
 
ざっくりとレビューすると
 
最初の「大嵐」で只次郎と鶯仲間であった「又三」が殺されるのだが、その犯人探しは、また後で。ということで、貸本屋もやっている大家の失せ物探し。雨を避けるため、あちこちに避難させた草双紙の一冊がない、とぜんやが疑いをかけられる。そんなに貴重なものか、と皆が色めきたつのだが・・・、というのが主筋。
 
「賽の目」はお妙を襲った駄染め屋の行方を捜すため、只次郎が、旗本屋敷で開帳される賭場に潜入する話。
 
その賭場で食う「具は烏賊だ。衣は分厚く目いっぱい油を吸い、身は恐ろしく硬い」という屋台の天麩羅と、ぜんやで供される「細めのサクに衣をつけて揚げたものを三切れ皿の載せてある。衣と身の間には、くるりと海苔が巻かれていた。・・・断面の繊維に沿って、地艶やかな脂が滲み出ている。さくりと歯を立てるとたちまち、それが、口の中に広がった」という戻り鰹の天麩羅の対比が絶妙ではある。
 
三話目の「紅葉の手」は、ひさびさに升川屋のご新造・お志乃の妊娠にまつわる騒動。姑と旦那が冷たいと、奥座敷に篭ってしまったお志乃と姑の和解をとりもつ話。双方に悪意がなくても、行き違うと人間関係拗れるよね、というもの。今回の表題の「手鞠ずし」は、この三話目出て来るのだが、押し寿司が主流であったこの頃に、寿司が食べたいというお志乃の希望をかなえ
 
お志乃のおちょぼ口にあの大きな寿司は不粋ではないかと思われた。ゆえに茶巾絞りの要領で、たねと飯をひつつずつ。キュキュッと小さくまとめたみた。
たねは小鰭、海老、烏賊、鯖、甘鯛、平目、鮪。薄焼き卵で包んだものは、多産を祈って酢蓮根の薄切りを乗せてある。
甘いものが好きなお志乃のために、蒸した南京を潰し、茶巾絞りにしたのも用意した
 
という、お妙が用意した手の込んだもの。現代でもこういうのが出す料理屋があると通いづめになるよね。
 
4話目の「蒸し蕎麦」では、あれほど探しての見つからなかった駄染め屋がお縄になる。さらには、林家の上役である「佐々木」が絡んでいる模様。彼がどういう自白をするか、が気になりつつも、今回の料理は茹でるものと決まっている切り蕎麦を昔は蒸したということだ、という話からそれを復元しようという話。で、又三を殺したのも駄染め屋であることが判明する所で次の話に続く。
 
最後の「煤払い」は、駄染め屋が捕まり、又三殺しとか諸々を白状したのだが、真実のところを誤魔化して「お妙」に伝えていた只次郎が窮地に陥る話。惚れた女が傷つかないように、と慮ったのが裏目に出たんですな。
 
さて、物語は進展していくのだが、お妙が佐々木によって監視されていた理由とか、お妙の亭主が本当に事故死したのか、といった諸々の謎はまだ解けてこないので、消化不良の感がありますな。次の4巻目ですっきりとするのでありましょうか。
 

幕末の落語家の周辺で起きる事件の数々 — 和田はつ子「円朝なぞ解きばなし」(時代小説文庫)

料理人季蔵シリーズとは同じ作者の噺家の三遊亭円朝を主人公にした推理譚。今回の主人公は岡っ引きでもなく、裏稼業をしているわけでもないので、日々の暮らしの周辺で起きる事件なのだが、物語が進行するにつれ、有名な盗賊が絡んでくるのが捕物譚の所以。
 
収録は
 
「幽霊師匠」
「怪談泥棒」
「黄金往生」
 
の三話。
 
ざっくりとレビューすると、最初の「幽霊師匠」は円朝の師匠の二代目円生が幽霊となって家族の住む家のあたりに現れるという話。円生は、自分より芸達者な円朝に嫉妬して数々の意地悪をいたが、まだ恨みが残っていて、この世の現れるらしい。円生の家族の家の近くでは、その噂を嫌ってか、引っ越しが相次ぎ、今や1〜2軒を残すばかりなおだが、その幽霊話の裏で企まれていたのは・・・、という話。少々、シャーロック・ホームズものを思い起こさせますな。
 
「怪談泥棒」は、円朝が、おとうと弟子の遊太を助けるために、遊太の知り合いの金持ちの隠居のところで、四谷怪談を音曲無しで演じるというもの。ところが、この席で隠居が所蔵する高価な茶道具が盗まれ、円朝がその嫌疑をかけらっれる話。謎は謎として、円朝の自分でも気づかなかった「恋心」に気付くのが、次の三話目の伏線となる。
 
最後の「黄金往生」は、円生の娘のお園と円朝を添わさせようという、円生の妻「おりん」の動きと並行するように、知り合いの岡っ引きやら、隣家の番頭やらが変死する。いずれも有名な盗賊が関わっているようなのだが・・・、という話で、ネタバレっぽくいうと、犯人は身内にいるっていうオーソドクスな仕立てではある。
 
三遊亭円朝はWikipediaで調べると、江戸末期から明治時代の噺家で人情噺や怪談話の名手。真景累ケ淵や牡丹燈籠の創作者でもあるらしい 。本書でも、その名人ぶりや真面目な暮らしぶりは、丁寧に描写されている。ただ師匠の二代目円生にひどく嫌がらせされたり、師匠の奥さんの「おりん」に岡惚れしているなんてことはWikiには出てこないので、この辺は”お話”として読んでおくところか。
 
どちらかと言えば、捕物風が強くて、江戸末期の寄席ものの風情があまりないののは残念だが、円朝の真面目な人柄が良い味を出している。また、当時の落語家の楽屋裏、ネタ裏みたいならところも感じられて、変わり種の芸人ミステリーといったところでありましょうか。ただ、シリーズものにはなっていないようで、この辺は、円朝や師匠の円生遺族の近辺でおきる事件の謎解きまでで、広めに物語が展開で行きなかったせいもあるかと推察。激動の時代を生きた噺家なので、この一冊で終わるのはちょっと惜しい気がしますな。