カテゴリー別アーカイブ: 自然

田中淳夫「銀座ミツバチ物語」「銀座ミツバチ物語 Part2」(時事通信社)

銀座で「ミツバチ」を使って「養蜂」をするという、ちょっと聞いた限りでは危険なプロジェクトを、地域の住民の理解を得ながら軌道にのせ、多くの地域に広げていっている「ミツバチプロジェクト」の主宰者による集大成ともいえる2冊。

「銀座ミツバチ物語」の構成は

第一章 ミツバチとの出会い

第二章 日本ミツバチの大きな可能性

第三章 銀座教えてくれたこと

第四章 銀座の生産者としてできること

第五章 ミツバチが指し示すあるべき姿

 

「銀座ミツバチ物語 Part2」の構成は

第一章 銀座は世界最先端の「里山」だ

第二章 銀ぱちは地域おこしの震源地

第三章 急速に広がるミツバチプロジェクト

第四章 銀ぱちが結ぶ絆とソフトパワー

とそれぞれがなっていて、前者は銀座で養蜂を始める経緯から、地域おこしの代表例となるまで、後者はそれが、地元の学校をはじめ、日本全国の各地と交流を持ち始める発展編といったところ。

もっとも、銀座で養蜂を行う上での苦労とか楽しみとかそういうところばかりではないのは、この2冊の出版社が時事通信社であることでも明白で、銀座の街の現状と街おこしの話であるとか、2作目は東北大震災の被災地をはじめとした日本各地の過疎地との交流の件であるとか、地域振興の成功例といった感じで読んでもよいのだが、

ミツバチにとって熊とスズメバチは天敵で、目線上の黒くて光るものを見つけると警戒し、まとわりついてくる。そのため、カラスも追いかけるため、ミツバチを飼うと銀座の街でカラスがいなくなった(P110)

とか

8の字ダンスで蜜源の情報を集めたミツバチはまず往復分のハチミツ(燃料)を吸って飛んでいくが、蜜源を確かめた後は蜜源までの片道分だけのハチミツを吸って飛んでいく(P84)

銀座八丁堀交差点近く、佃公園、銀座6丁目の婦人服ブランドの会社の社長室テラスなどなどでのミツバチ・レスキューの活動。なかでも「みゆき通り」の街路樹で分蜂を始めたミツバチを救うため、脚立の上で頭の上に巣箱をのせて、仲間のフェロモンを感じて巣箱に入ってくるまでじっと待つ姿(P46)

などといった現場のエピソードを面白く感じてしまうのは、当方の個人的な趣味ではあるのだが、そこらの地域起こし本ではないもので、こうしたエピソードがないと「なんともね」と思ってしまうのはお許しを願いたいところ。

個人的な感想をいえば、都会の養蜂家あるいは都会でのアグリカルチャーこぼれ話として読んだほうが楽しく読めるような気がいたすのである。

「野生動物とともに」という「狩猟」のあり方 ー 狩猟始めました ー新しい自然派ハンターの世界へー

筆者の猟師、ハンターへのデビューは遠慮がちで
狩猟者になろうと準備を始めた7年前は、動物を殺す残酷な趣味だと、世間から否定的な空気を感じることが多かった。だから、「狩猟を始めたい」と、妻以外には打ち明けなかった。猟銃管理の心配もあって、世間に知られないように、ひっそりと楽しむことにした。

といった具合だったらしい。そうした猟師・ハンター生活の始まりが象徴しているように、本書は「狩猟生活」の記録というよりは、「野生動物とともにある生活」の柱の一つとして「猟」「ハンター生活」があるという感じの「猟師本」である。
構成は

続きを読む

「狩る」という根源的なこと  その6ー岡本健太郎「山賊ダイアリー 6」

「山賊ダイアリー」kindle版も6巻目となった。この巻は2010年12月から開始なので猟生活としてはまだまだこれからの頃か。
このマンガは、猟師生活のあれこれの実情といったことのほかに、狩った獲物を焼き肉やら鍋やらカレー、煮込みやらで食べるところが魅力の一つで、今まで、ズズメといった小物は当然、カラスにようなゲテモノ系も美味しく食してきたのだが、今回は始めて「不味い」獲物に出来わす。野生の鳥といってもすべてがウマイわけではないのですね、と自然の意外な厳しさを垣間見る。
収録は

続きを読む

「狩る」という根源的なこと  その5ー岡本健太郎「山賊ダイアリー 5」

さてさて、猟師マンガのエントリーの数を重ねてきたのだが、最初「猟」ネタがほとんどだった、このコミックも、「狩猟生活」だけでなく、「自然の中の暮らし」のイメージが強くなってきているのは先回もエントリーしたところ。


「猟」というのは、いろいろ関係書を読んできたが、動物を狩るということが楽しいものではなく、自然に取り囲まれながら生活する、自然の息吹を取り込みながら生活するっていうのが本旨のようで、どうも「ハンター生活」というものに対する世間の目線とはズレがあるのではと思い始めたところである。



この巻の収録は




続きを読む

「狩る」という根源的なこと  その4ー岡本健太郎「山賊ダイアリー 4」

岡山に住む猟師兼マンガ家である岡本健太郎の私小説的猟師マンガ「山賊ダイアリーの四巻である。
猟師生活も堂に行ってきていて、途中、先輩猟師からもう少し経験を積んだら「駆除隊」へ参加するか、と誘われるところまできている。ただ、銃の腕前は、猟を始めた頃と変わらないと謙遜なのかどうかわからないと言っているので、猟師としてのランクはよくわからないところであはある。
収録は

続きを読む

マタギ食堂へ迷い込んでみたー田中康弘「マタギとは山の恵みをいただく者なり」

前のエントリーに続いて、「マタギ」のレポートをしたい。


今年は、職場の異動もなく例年に競べて落ち着いてもいるので、何かテーマを決めて、数週間、それについての本やらブログエントリーやらなにやらを集中して学習してみようと思い立っているのだが、今のテーマは「猟」。



このテーマには「鳥獣駆除」やら「ジビエ料理」やら「狩りガール」やら種々の枝道があるのだが、その中でも結構太い枝道が「マタギ」というもので、その中でも「マタギの食べもの」を取り上げているのが、本書の田中康弘「マタギとは山の恵みをいただく者なり」である。
構成は、

続きを読む

「猟師」ではなく「料理人」であることー井口和泉「料理家ハンターガール奮戦記」(朝日新聞社出版)

始めに、筆者並びに筆者のファンの方に批判めいたブックレビューとなってしまったことをお詫びしておく。ただしかし、料理家にして猟師、女性という特徴的なものはあるにも関わらず、なんとなく猟師本としては薄いなー、という感はいなめない。この本は、「ハンターガール」という表題に惑わされることなく、ジビエの料理家として成功を目指した女性が、避けては通れない、「生きている鳥獣を絞める」、しかも料理家という職業柄、「恒常的に絞めなければならない」という行為を初めはどう考え、どう考えが変化し、どう向き合っていったか、といった「私的成長物語」といったものとして読むべきだろうと、読後は感じている。
「狩猟女子の暮らしづくりーわたし解体はじめました」と同じく、若い女性の「狩猟」への関わりを書いた本として読むべきであり、女性の猟師のルポといった先入観をもって読むのは良くなかったな、と自戒する次第である
こうしたことは、

続きを読む

マタギとは何者?ー田中康弘「マタギ 矛盾なき労働と食文化」

「マタギ」をネットで調べると「東北地方・北海道で古い方法を用いて集団で狩猟を行う人」「クマなどの大型獣を捕獲する技術と組織をもち、狩猟を生業としてきた人」なんていうのにぶつかるのだが、頭の中は矢口高雄の毛皮の上着を着て、猟銃を構えた猟師の姿で占領されてしまい、さて実態はとなると茫漠としてつかみどころがなくなる。
この「マタギ 矛盾なき労働と食文化」はそんな「マタギ」の残された本家本元らしい、秋田県の阿仁町(今は北秋田市)に住む人々の生活のルポである。



続きを読む

定番の猟師本ー千松信也「ぼくは猟師になった」(新潮文庫)

「山賊ダイアリー」がいわゆる猟師ブームを興したものといえるなら、そのブームを定着させたのが、この千松信也「ぼくは猟師になった」ではないかと個人的には思っている。山賊ダイアリーがどちらかというと「猟生活」の日常を淡々とレポートするに対し、アジア放浪、インドネシアなどの海外援助活動を経て、「猟師」となった記録である本書は、「猟」というものに「思想性」を持たせたという感がするのである。
構成は
第一章 ぼくはこうして猟師になった
 妖怪がいた故郷
 獣医になりたかった
 大学寮の生活とアジア放浪
 「ワナ」と「網」、ふたつの師匠
 飼育小屋のにおいがして・・・初めての獲物
 「街の中の無人島」へ引っ越す

続きを読む

女性の猟師本2冊を読み比べてみる。

最近、狩猟のことを調べている。仕事がらみで有害鳥獣駆除のことを調べる必要があって関係の本を読み進めているのだが、なかば必然的に、「マタギ」という脇道に迷いこんでしまっている。
その迷い込む過程で出会ったのが、この女性猟師のルポあるいは体験記である、田中康弘「女猟師ーわたしが猟師になったわけ」と畠山千春「狩猟女子の暮らしづくりーわたし解体はじめました」である。

続きを読む