カテゴリー別アーカイブ: 西條奈加

「日常」には”忘れたい過去”が隠れているー西條奈加「いつもが消えた日」

神楽坂に住む、祖母と一緒に住む中学3年生の滝本望が、ワトソン役になって、祖母である「お蔦さん」とともに事件を解決するシリーズの第2弾が、本書の『西條奈加「いつもが消えた日」(創元推理文庫)』。

【構成は】

第1章 いつもが消えた日
第2章 寂しい寓話
第3章 知らない理由
第4章 サイレントホイール
第5章 四次元のサヤ
第6章 やさしい沈黙
第7章 ハイドンの爪痕
第8章 いつもの幸福

となっていて、望の同級生でサッカー部の彰彦、幼馴染の洋平、下級生でサッカー部の有斗が、神楽坂の望に家で、賑やかに夕食をとるところからはじまる。

【人のつながりの暖かさは健在】

事件は、はじめの方で唐突に始まる。「有斗」が食事後、帰宅すると、家には、同居している両親・姉もいない。しかもキッチンには血溜まりがひろがっいて、というのが始まりで、ネタばらしを少しすると、起きる事件はこの家族の失踪事件がほとんどなので、まあ、本格もののミステリーファンからすると物足りないかもしれない。

ただ、このシリーズの魅力は謎解きの部分というよりも、一番は、望を中心とする祖母や神楽坂の商店街の人々、同級生とのつながりの深さと暖かさを堪能するということにあるので、事件の多い少ないは関係ないといっていい。その点は、第一作以上に濃厚で、サッカー部の先輩・後輩のつながりや、顧問の教師の教え子をかばうあたりであるとか、裏金融の強面の業者を、商店街一同が撃退しようとするところなど、若干の空回り的なところはあるのだが、読んでいて、どことなくホッと暖かくなるのは間違いない。

【本書を彩る料理の数々】

そして、本書の魅力のもう一つは、主人公の望がつくって、披瀝する料理の数々で、事件が起きた後、後輩の有斗やお蔦さんに夜食としてつくる

大鍋で湯を沸かしながら、具の調理をする、豚肉とキャベツという焼きそば風の具に、風味付けに天かすをたっぷり加えた。紅ショウガがなかったから、代わりに目玉焼きをのせる

「焼きうどん」とか、心配して訪ねてきた、望が好意を抱いている女の子「楓」につくる

パスタを茹でながら、となりのコンロでクリームソースをつくる。多めのバターと小麦粉を弱火でかるく炒め、だまにならないように気をつけながら、少しづつ牛乳を加える。グラタンのホワイトソースと同じ手順だが、心持ちとろみをゆるくするのがこつだ。
別のフライパンで、たっぷりの舞茸とシメジを炒め、ホワイトソースには、茹でたパスタと皮をとった明太子を投入する。明太子は火の通りが早いから、ここから先は手早さが勝負となる。火を通しすぎると、ぼそぼそした食感になるんだ。ピンクの粒々が麺にまんべんなく行き渡ったら皿に盛り、炒めたキノコを上に載せた

という「キノコと明太子のクリームパスタ」などなど、事件の合間合間に登場する料理の美味そうなところも、前作に続いて健在である。

【まとめ】

事件の謎は、少々ネタバレすると、有斗の「謹厳実直」な父親が若かりし頃、携わっていた職業に関連していて、その仕事で手を染めた悪業が原因になるのだが、それに関係してくる人物が意外な広がりを見せるのがポイント。当方も、そこまでの広がりは考えつきませんでしたな。

なんにせよ、本格ものを読む時のように「謎解き」にしゃかりきになったり、社会派もののように、社会の不合理の教訓を得ようとしたりといった読み方は、このシリーズでは厳禁。「神楽坂」に住む人々の人情のつながりや、地域のまとまりにほっこりしたり、「望」と「お蔦さん」の信頼関係であるとかの、「人情噺」を読むのが、本シリーズのお決まりである。しばし、多くのところで失われた「あったかさ」を存分に味わってみてくださいな。

【ほかの「お蔦さんの神楽坂」シリーズ】

主人公の「お末」ちゃん、頑張れと声援をおくってしまう時代小説 — 西條奈加「上野池之端 鱗や繁盛記」(新潮文庫)

時代は、田沼意次が威勢をふるってから50年ぐらい後、徳川十代将軍家斉の治世も最後のほうに差し掛かった頃、半分以上騙されて、田舎から上野池之端の料理茶屋「鱗や」へ奉公にだされた「お末」を主人公にした時代小説である。
 
収録は
 
蛤鍋の客
桜楼の女将
千両役者
師走の雑煮
春の幽霊
八年桜
 
の六編。いずれも、一話完結型のミステリー仕立てである。
半ば、騙されて、というのは、お末が奉公にでる原因は、従姉妹で、先にその店へ奉公に出ていた「お軽」が持ち逃げした金の責任をとらせるためであったのだが、そのことを知らされずに奉公にだされたからなのであるが、その「お軽」の話も、「鱗や」の店のもっと大きな謎へ結びついているので、読者の方も、あまり信用し過ぎて読み進むと、作者の仕掛けるどんでん返しに、嵌ってしまうのでご注意を。
 
一話ごとの「謎」は、料理茶屋とか名ばかりで、連れ込み宿代わりに使われる店でおきることなので、例えば、「蛤鍋の客」の二人連れの客の煙草入れが盗まれる話であるとか、二話目の「桜楼の女将」での浅草今戸の料亭「桜楼」での病身の主人殺しで、女将が疑われる話など、けして社会全体を揺るがす大事件はない。だが、それに巻き込まれたり、女将の濡れ衣を心配する「お末」の健気さに感情移入させていくに十分な仕立てではある。
 
もう一つの愉しみは、話にでてくる料理。「桜楼の女将」の「桜めし」であったり、「師走の雑煮」の鮟鱇を使った「白雪雑煮」であるとか、描写は控えめながら、その料理の姿と旨味を想像しながら読んでいくところであろう。
 
バリバリの時代小説というより、時代小説の枠を借りたミステリーというイメージが強い本書なので、あれこれと筋立てをレビューするとネタバレがすぎてしまうが、最後の方で明らかになる「鱗や」の先代にまつわる謎や「お軽」が逃げ出した顛末は、ちょっと陰惨な風が漂うのだが、時代小説の大定番である「勧善懲悪」の原理原則はちゃんと守られているので、大安堵でる。
 
 
主人公の「お末」が奉公に出たての頃は、あらゆるものに怯える田舎娘であったのが、鱗やの若旦那・八十八朗の助けを借りながら、同僚の女中・お甲や板長の軍平らとなじみ、成長していく姿は読んでいて、おもわず彼女を応援したくなる清々しさも覚える時代小説でありますね。
 

江戸の下町風味の庶民的ピカレスク・ロマン — 西條奈加「善人長屋」(新潮文庫)

騙りや情報屋、あるいは盗品故買といった裏稼業をもちながら、表面的には、「善人」として暮らしている輩が集まった長屋に、裏稼業のない「指物師」の加助という男が引っ越してくる。さて、何が起きるか・・・・。といった設定で始まるのが本書。
 
収録は
 
善人長屋
泥棒簪
抜けずの刀
嘘つき紅
源平蛍
犀の子守唄
冬の蝉
夜叉坊主の代之吉
野州屋の蔵
 
と、それぞれが独立した掌編なのだが、頭の先から爪先まで善人の「加助」が人助けで引き込んでくる「被害者」たちを長屋の面々が、その裏稼業の技を使いながら助けていく、というのが共通点。
 
もっとも、この長屋の住人の裏稼業というのがかなり魅力的なものが多くて、唐吉・文吉兄弟の裏稼業は「美人局」なのだが、その「美人」役の「おもん」は絶世の美女なのだが、その正体はなんと・・、といったあたりがその象徴。
 
そして、懲らしめる相手も、自らの許嫁を嫉妬から殺した同僚の侍であったり、男女の仲になっていることを隠すために、縁者のいない嫁をもらい、彼女を殺した義母と息子であったり、とか、表面は真っ当な風をしているが、一皮むけば邪悪さ極まりない輩であったり、人殺しをなんとも思わない盗賊であったり、であるので、作者の仕掛けにのっかって、長屋の小悪党たちの活躍を応援してしまうのである。
 
最初の話の「善人長屋」では、実家の質屋の商売(裏稼業の方だけど)を嫌っていた、「お縫」が、加助の持ち込む人助けの案件の数々を、長屋の住人たちの力を借りて解決していくうちに、自家と長屋の住人に誇りをもっていく姿が、ピカレスクものではあるが、ほんわりとした暖かさを感じさせる一作でありますな。
 

「天保の改革」の本当の姿はどうだったのか — 西條奈加「涅槃の雪」(光文社)

時代小説でよくある時代設定は、江戸時代では、武張ったものでは享保、幕末。町人ものでは、元禄、文化文政といったところが多いのだが、本書は、遠山の金さんこと、遠山北町奉行を登場人物に加えるとはいえ、時代的には少々暗い、天保時代である。

収録は

茶番白洲

雛の風

茂弥・勢登菊

山葵景気

涅槃の雪

落梅

風花

となっていて、遠山景元が北町奉行として登場するあたりから、天保の改革の嵐がう吹き荒れ、突然に水野忠邦の失脚と側近たちの処刑まで。主人公は、北町奉行所の吟味方与力の「高安門佑」で、彼が、端女郎の「お卯乃」に出会うところから物語は始まる。

その後、遠山景元の部下として市井の情報を入れる任務を与えられ・・といった形で、天保の改革によって、江戸の華である芝居や、商売の基礎であった「株仲間」の破壊の現場に立会うといった、”改革”による庶民の暮らしの大変化の集合体が本書である。

であるので、主たる読み方は、遠山景元、矢部定謙といった庶民派と、水野忠邦、鳥居耀蔵といった改革断行派とのせめぎあいが読みどころであるのだが、通常なら「悪役」としての色合いが強い「改革断行派」も実は、幕府の行く末を慮っての所作であり、しかも立脚点が、食を断って自死した矢部の死に方をめぐって、お卯乃の

どんなに泣いて頼んでも、常松は食わなかった……あたしら一家は、常松の命を食って生き延びたんだ!

という言葉と、鳥居耀蔵の

先の飢饉で餓死した民百姓のおうが、よほど無念というものだ

あの飢饉で、国中でどれほどの百姓が餓え死んだことか。それを承知であのような死に様は、ご政道を預かる者として言語道断だ

という言葉が重なる時、どちらが正か邪か、グラついてくる。

とはいうものの、こうした四角張った物語の読み方以外に、お卯乃が高安の家に「お預け」になって、同じ屋根の下で暮らし始め、彼女の越中での弟との悲しい思い出を聞いたり、江戸市中の見回りや芝居見物を一緒にしたりとか、くっつきそうでくっつかない二人の仲をやきもきしながら読み進める別の楽しみもある。

二人の仲がどうなるか、最後の方でおもわぬ仕掛け人によるどんでん返しがあるのだが、それは本書でお確かめあれ。

血湧き肉躍る活劇でもないし、胸がすっきりする捕物もないのだが、なにやらしっとりと読める時代小説でありますよ。

菓子の甘さに隠された江戸の「家族」の人情話 — 西條奈加「まるまるの毬」(講談社文庫)

親子三代で営む、小さな江戸の菓子屋「南星屋」を舞台にした時代小説。
 
収録は
 
「カスドース」
「若みどり」
「まるまるの毬(いが)」
「大鶉(おおうずら)」
「梅枝(うめがえ)」
「松の風」
「南天月(なんてんづき)」
 
の7編。
 
主人公は、五百石の旗本の次男でありながら、菓子屋となっている「治兵衛」、その娘の「お永」、孫娘の「お君」、そして治兵衛の弟で大刹・相典寺の大住職「石海」が主人公たち。「主人公たち」と書いたのは、解説でも触れられているように、一人ひとりではなく、彼ら「家族」が活躍する「ファミリー・ストーリー」として読みべきであるから。
 
そして、店の主「治兵衛」が実は高貴な武家の落し胤で、幼い頃、実の親から各地の銘菓が届けられていたことや、修行の過程で全国の菓子屋を渡り歩いて、諸国の名物といわれる菓子をつくることができる、というのが設定の肝。このために第1作目の「カスドース」では、平戸藩の門外不出のカステラ菓子の製法を盗んだ疑いをかけられるし、最終話の「南天月」で、次兵衛一家だけでなく、実家の岡本家が大きな災厄に見舞われる原因ともなる。
 
本来なら一話ごとにネタバレ寸前のレビューをするのが、この書評ブログの常であるのだが、この「まるまるの毬」は、一話一話が独立しているのだが、全体として、家族がまとまって危難に対応し危難を切り抜けていく物語であるんで、今回は一話ごとのレビューはパス。
それは、最終話で、南星屋を陥れようとした柑子屋の「あんたは何ひとつ失くしてなぞいないのだから」という捨て台詞にも現れていて、家族が一つであれば何も恐れることはない、という昔ながらの家族神話の物語として、この一冊を読むべきだろう。
 
そして、この話のキーになるのは「お菓子」。でてくるものをいくつかレビューすると「まるまるの毬」の
 
ゆでた栗を裏ごしし、砂糖をまぜて弱火で練る。手順は栗餡と一緒だが、水の加減を少なくして、粉ふき芋のようにぽろぽろとさせる。これを団子の上半分にまんべんなくまぶして、いが餅にするつもりであった。
 
とか、「松の風」の
 
小さめの歌留多の札にような、四角い薄焼きを手にとって、しげしげとながめる。・・・見てくれは煎餅に近いが、干菓子のひとつであった。
水に白砂糖を煮溶かし、麦粉を入れて、よく練って桶に寝かせておく。冬なら七日、夏なら三日で、表面にぷつぷつと泡が出てくる。そこへさらに白砂糖を加えてかきまぜて、薄くのばして焼いたもので、表にはたっぷりと白胡麻をかけてある
 
という「松風」という菓子であるとか、ちょっとお目にかかれない当時(?)の菓子の風情を楽しむのも一興。殺人事件とか盗みとかの物騒な話はでてこない、少々軽いタッチの人情時代小説でありますな。