カテゴリー別アーカイブ: 近藤史恵

小味のきいた短編集をどうぞ — 近藤史恵「土蛍」(光文社時代小説文庫)

堅物同心・玉島千蔭を中心とする「猿若町捕物帳」も第5弾となった。
先んじる4冊(もっとも梅ケ枝の登場する第1作をその中にいれてはいけないかもしれないが)では、千蔭に周辺の、その巻をリードする形の女性が登場したのだが、この5作目は登場しない。まあ、シリーズを通して千蔭に絡む花魁・梅ケ枝がそうといえばいえなくもない。
 
収録は
 
「むじな菊」
「だんまり」
「土蛍」
「はずれくじ」
 
の4作
 
それぞれを簡単にレビューすると
 
まず、「むじな菊」は吉原の茶屋で火が出て、それで火傷を負った「梅ケ枝」が市中の旗本屋敷で朋輩と一緒に養生するところpから始まる。まあ、この旗本屋敷のことは、後の「土蛍」の伏線にもなっているのだが、それは置いといて、本筋は貧乏長屋に住む、妹・良江のところに博打好きの兄・作次郎が訪ねてきて金をせびっていく。そのうちに、この長屋の差配が殺される。この差配は兄を説教して諍いに成ったこともあるのだが、果たして犯人は・・、という話。「むじな菊」とは着物の柄で、八重菊の細かな花弁にも見えるが、一方で狢の毛並みにも見える柄のこと。見方によって、まったく異なる様相を見せる「人」の相と同じでありますな。
 
「だんまり」は辻斬りならぬ「辻の髷切り」の話。兄の借金の片に、吉原に売られそうになった、「お鈴」という巴之丞の一座の芝居作者・利吉の兄弟子の妹にまつわり話。博打と辻斬りの共通点がキーになるんだが、「ほう」と読むべきは、兄に依存していた妹が一連の騒ぎで逞しくなるあたりか。
 
「土蛍」は降って湧いたような梅ケ枝の身請け話を並行話としながらの、巴之丞と同じ芝居小屋で「新八」という役者が首を吊った事件の真相の話。新八は、師匠の杉蔵が孕ませた女性を女房にしているのだが、この杉蔵という役者、女を孕せては弟子に押し付けるという素行の悪さで有名なのだが・・、という話。で、梅ケ枝の身請け話の真相が、1作目の彼女たちが火事に焼け出されて世話になった旗本の家の奥方に関係するのだが、貞淑で従順な女性の怖さってのに底冷えしそうな感じがしますな。
 
「はずれくじ」は貧乏長屋でくすぶっている「直吉」という男が殺される事件。直吉は大工の息子に生まれるが、高所が苦手。それでも大工になろうとしてすぐに落下事故をして怪我をしてから、ケチのつき放題という男。彼は同じ長屋に住む「はる坊」に横恋慕している。そんな時、同じ長屋の後家に富くじをかてもらえないかと頼まれ、寺へ出かけたのだが、その途中に殺害されるとだが、犯人は・・という話。美しく育った「はる坊」というところに綺麗な女性好きの読者である当方は騙されてしまってのでありますな。
 
ということで、第5弾は、梅ケ枝と千蔭との仲が進展するわけでもなく、また二人の間に入る女性が登場するわけでもなく、ちょっと箸休めといった風なのであるが、箸休めで呑む酒が結構いけるように、風味が利いた話が多くて楽しめる一冊でありました。

またさらに堅物同心に誘惑がやってきた — 近藤久惠「寒椿ゆれる」(光文社文庫)

堅物同心・玉島千蔭と売れっ子の女形役者・水木巴之丞、売れっ子花魁・梅ケ枝の三者が繰り広げる捕物帳の第4弾。
 
収録は
 
「猪鍋」
「清姫」
「寒椿」
 
の三編。
 
このシリーズは、一冊ごとに千蔭に関係する「女性」が現れる筋立てになっていて、1作目は「梅ケ枝」、2作目は千蔭の親父の千次郎の内儀になってしまう、跳ねっ返りの「お駒」、三作目は、お駒の幼馴染の商家のお嬢様の「おふく」といった具合で
千蔭と良い仲になりそうで、離れていってしまうのであるのだが、今回は、どうも結納までいってしまいそうな、祐筆家のお嬢様の「おろく」という女性。
ただ、大身のお嬢様らしからぬ大柄で、やたら「数字」にこだわるという行き遅れでもある。
 
ざっくりとレビューすると
 
「猪鍋」は千蔭の若い母親となったお駒が妊娠し、つわりが酷いため、体が弱っている。そんな時に巴之丞に勧められた猪鍋屋にまつわる事件。この猪鍋屋、上方帰りの若主人によって大繁盛店になったんもだが、この若主人が上方で修行した見せの若旦那が敵で狙っているし、若主人は若主人で繁盛店の驕りか、女道楽が・・、といった事件の種満載の設定。さて、この店が急に繁盛店となった理由は?
 
 
「清姫」は、ご想像どおり「安珍清姫」が下敷きであるのだが、襲いかかられた巴之丞には見に覚えもなく、さらには犯人らしき娘にも覚えがないという筋。さらには、この犯人らしい娘が、「蛇」らしきあやしさではなく、「猫」に似てるとはあまり粋ではない。
 
三話目の「寒椿」は、今までの二話で千蔭と結納までいきそうになっている「おろく」嬢との仲が、案の定と言うか、大波乱、大破綻となる。もともと、祐筆の家の6女で、町奉行の同心の千蔭とは家格がまったく釣り合わないにもかかわらず、なぜにこうトントン拍子に縁談が進むのか、といったところの謎が解けると、千蔭のライバルの北町奉行所の大石の実直さが生きるというところであるか。ついでにいうと、「椿」はこの話でも首が落ちるということで忌み嫌われていることになっているのだが、他の説によれば、ポトンと落ちるところが「潔い」と実は評価されていたという話もあって、一筋から物事を捉えててはいけないということか。
 
さてさて、このシリーズも4作目となると、これからどう展開するか、とりわけ、千蔭と梅ケ枝との仲がどうなるか、が気になるところなのだが、ここまで、いろんな女性を登場させておい、最後にまさかのドンデンてなことがあるのかもしれんですね。

「買い物依存症」の女性に仕掛けられた罠とは? — 近藤史恵「カナリアは眠れない」(祥伝社)

近藤史恵氏については、時代物を最近レビューしてきていたのだが、久々にミステリーについてレビュー。
 
今回は書き下ろし作品で初版は平成11年であるので、時代風景、あるいは主人公たちの持つデバイスは少々古いのは間違いないのだが、この作品で描かれる「依存症」は現代に至っても消して解決しているとは思えず、むしろ当たり前の病理として深く我々の精神性の中に浸透してしまっている気がする。
 
筋立ては、筆者の得意な複数の流れがそれぞれに進行し、それが合流する所で、一曲に大団円、事件の解決、といったもの。
 
そして、その流れの一つは、大阪の三流雑誌の記者が、場末の整骨院で乱暴で風変わりの院長と、そのアシスタントの美人姉妹に出会う。彼女たちも、なにかしら精神的なトラウマを抱えているのだが・・・。というものと、かつてカード破産をした女性が見合い結婚を経た、今は若手実業家の奥さんにおさまっている。しかし、その買い物癖は治まらず、それどころか彼女の高級ブテックを経営する同級生にであったことで加速化し・・・、という二つの流れがどんとぶつかる。
 
今回の解くべき謎は、もちろん、雑誌記者の方ではなく、買い物中毒の女性に仕掛けられた罠であるのだが、その仕掛け人は・・というところは本書で。
 
こうした「依存症」を扱うものは、ミステリーであっても重くなりがちで、患者たちが陥った原因であるとか環境であるとかが深掘りされがちであるのだが、本書は、そういう事象は事象として扱っていて、いつの間にか、物語の主役の一人で、罠を仕掛けられる被害者であるんだが、買い物依存症の「内山茜」に、同調して彼女がなんとか助からないか、と思わせてしまうのは、筆者の筆の冴えであろうか。
 
まあ、本書は難しいことは考えず、買い物依存症の過去の女性に仕掛けられたサスペンス。ミステリーととらえて気楽に楽しむべきでありますね。

吉原と芝居小屋は「謎」の宝庫 — 近藤史恵「にわか大根」(光文社文庫)

堅物同心+(女形の人気役者+人気花魁)のトリオの捕物帳の第3弾。

今回は、短編集なのであるが、それぞれの短編をつなぐ筋が流れているので、それなりの統一感があるという凝ったつくりの短編集である。

収録は

吉原雀

にわか大根

片陰

の三編。

ざっくりとレビューすると

「吉原雀」は、第2作で千蔭をさんざん引き回した挙句、千蔭の父親と祝言をあげたお駒と父親の千次郎が旅行に出かけるところから始まる。旅行に出ていて、お駒が家にいないという設定が、三作目を通じて展開される「平野屋のおふく」をめぐる騒動の発端となる。

本筋は、吉原で三人も遊女が立て続けに変死する。流行病が吉原に流行っているということないのだが、共通するのは、かかった医者が「小川幻角」という町医者にかかっていたことと「雀」。三人の遊女は皆死因が異なっているようなのだが・・・、といったところ。

「にわか大根」は役者話。先回に登場した「おふく」(お駒の稚馴染み)が継母に邪険にされて塞いでいるのをなぐさめるために、市村座の芝居を見に行くことにうる。ここは、この物語のもうひとりの主人公である水木巴之丞の、向こうを張る「村山達之助」という役者がいるのだが、どうも上方から帰ってから、芝居がやけに下手になっている。その理由は、とさぐっているうちに彼の一人息子が芝居小屋から転落死する、という事件

「片蔭」はスリの茂吉が擦りとった財布を投げ込んだ天水桶から水死体が発見される。水死体は、船芝居の役者・片岡円蔵。彼の芝居は、船芝居ではありながら出来の良いものであるし、円蔵はまじめで人当たりもよく、人に恨まれることもおよそない。おまけに円蔵の相手方の谷与四郎は、巴之丞の上方時代の知り合いでもある。さて、円蔵はどういう理由で殺されたのか、という筋。

三作ともそれぞれの関連はないのだが、三作を通じて、お駒の幼馴染「平野屋のおふく」が、タイミングよく玉島家に逃げ込んでみたり、駆け落ち騒動を起こしたり、と、堅物同心の玉島千蔭も、そろそろ年貢の収め時か、と思うのだが、作者のデウス・エクス・マキナは、そう簡単には許さないらしい。

となると、千蔭と梅が枝の行く末は・・・、といった予測も出るのだが、され、次作以降、この二人の関係をどうするか気になるところではありますな。

 

「堅物同心」+瓜二つの「女形役者と花魁」、幽霊に出会う — 近藤史恵「猿若町捕物帳ーほおずき地獄」(光文社時代小説文庫)

「巴之丞鹿の子」で歴史ミステリー・デビューした近藤史恵さんの、堅物同心・玉島千蔭+女形の人気役者・水木巴之丞+花魁・梅が枝のトリオ・シリーズの第2弾。
今回は、お茶屋に出る「幽霊騒動」事件がメインなのであるが、千蔭の上役の与力の孫娘「お駒」との縁談話が並行話として進行する。
メインの幽霊騒動は、侍客がお茶屋・叶屋で洗い髪の女の幽霊を見た、という騒ぎが起き、幽霊が消えた後には、古い縮緬細工の「ほおずき」が落ちていた、というのが発端。
千蔭の縁談とは別に、事件の伏線のような女郎屋の2階に監禁されている「お玉」という娘の話も途中から並行し始めるので、筋立て的には、3つの話がそれぞれ別個に流れていく、といった構成。
「お玉」の話というのは、どうも昔の話のようで、女郎屋に監禁されている美人らしい「お玉」という娘と「徳さん」という男との出会いが語られ、果ては、徳さんと駆け落ちするが捕まえられ、手足を縛られて監禁を続けられる、といったもの。今回の幽霊話となにかしら因縁がありそうな風情で進行する。これは、筆者の術中に誘いこんで、人を混乱させたり、惑わせようとするのだな、と思いつつ、術中にはまってしまう自分が情けない。
もう一人、キーとなる人物は「花子」という白髪の夜鷹。白髪ではあるが、本当の老婆というわけではなく40過ぎぐらいの年齢であるようで、幽霊の出現に呼応するかのように出没する。これも当方の拙い推理を混乱させたのであるが、その正体と白髪になった理由は原本で。
千蔭の縁談は、というと、案の定まとまらず「梅が枝」との仲は次巻以降に期待というところだが、「お駒」の嫁入り先は、ちょっとやりすぎじゃないの、と思うのだが、これもまた原本で確認いただきたい。
込み入ったトリックとかはなく、語り口で読ませるタイプの時代ミステリーであるので、あれこれと詮索せず、うかうかと作者の手の内で転がされるように読んでいくのが一番でありますな。

「堅物同心」+瓜二つの「女形役者と花魁」の異色トリオの捕物帳 — 近藤史恵「猿若町捕物帳ー巴之丞鹿の子」(光文社文庫)

時代小説、特に捕物帳の書き手には、ミステリーの出身者と大衆小説・純文学の出身者の二通りの流れがあるような気がしていて、ミステリー出身者の捕物帳の特徴は、人を驚かす仕掛けを放り込んでくるところと事件のディテールとか細部にこだわるところであろう。
「サクリファイス」などの自転車小説とあわせて「タルト・タタン」シリーズや「モップの魔女」シリーズなどのミステリーの著者、近藤史恵氏による本作も、その特徴を見せていて
「女が犬の子を孕んだそうだよ」
(中略)
くすくすと笑いながら、二人は夜具の上に倒れ込んだ。障子に映った影が重なる。
もし、この閨の出来事を影から覗くものがいたならば、驚いただろう。
女と男は、同じ姿形をしていた
といった書き出しや、
 
さらには、作中で起こる殺人の被害者の娘達がいずれも「巴之丞鹿の子」の帯揚げで絞殺されるという事件の凶器は、人気役者にちなんだ巴之丞鹿の子の偽物という設定や、矢場で働いているお袖とおそらくは貧乏旗本の四男坊・藤枝小吉が雨宿りのお寺の軒下で知り合い、やがて良い仲になっていくといった話が、主人公の同心・玉島千蔭を中心に、どことなく胡散臭い、女形役者の水木巴之丞と座付作者(見習い)の桜田利吉、巴之丞と幼馴染らしい、花魁の梅が枝、とクセのある登場人物を配しながら、二重三重に筋を走らせていくという手法はミステリーそのもので、捕物帳でも人情噺を中心に語られていくものとはちょっと毛色が異なっている。
事件そのものは、巴之丞にちなんだ「巴之丞鹿の子」の帯揚げで絞殺されると連続殺人の謎を解いていく設定で、謎解きの中心は、棒手振りの娘・お弓の殺人の謎解きを中心に進むのだが、あちこちに筋が散らばるところもなく、しつらえたような密室も登場しない、ごくまっとうな「捕物帳」といっていい。  
ネタバレすれすれでいうと、冒頭にでてくるお袖という娘が、事件のキーといて使われていたとは思わなかったのは、当方の不明の限り。事件の解決の糸口となる人物を詳細に描写しておくことは、ミステリーでよくあるのだが、それが犯人というのがよくあるので、彼女ないしは彼女の恋人が怪しいよね、とまんまと作者の罠にはまっていたのであった。
 
最後に、このシリーズの重要な副主人公である女形役者・水木巴之丞と彼の幼馴染の花魁・梅が枝は、主人公の同心・玉島千蔭の協力者になったようであるが、なんとなく次作以降で大ドンデンがありそうな気がするのは、当方だけであろうか。