カテゴリー別アーカイブ: 佐々木裕一

美人の女盗賊は処刑後もいろいろ騒ぎをおこすのであった — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 8 黄泉の女」(二見時代小説文庫)

公家武者シリーズの第8巻目は、前巻の女盗賊の話の後日談。
収録は
 
第一話 黄泉の女
第二話 雷鳴
第三話 駆け落ち
第四話 追い出された大名
 
となっていて、後日談は第一話、第二話。
大筋は、処刑されたはずの女盗賊「蛇の権六」が蘇ったのか、そっくりの盗賊が彼女の取り調べと処刑に関わった役人たちへの復讐を始まる。当然、権六の捕縛と彼女の鼻柱を潰した「お初」にもその手は及び、さらには信平も襲われるのだが、その陰で盗賊たちを操るものは・・・、といったもの。
悪党とはいえ、美人には弱いのが本書のお決まりで、権六が盗賊を始めたのには、彼女の家と弟に絡んだ秘密が・・、といったことが根底にあって、そこに、その思惑を利用する悪い武家、といった設定。
 
第三話、第四話は、「蛇の権六」騒ぎの口直しといったところ。
 
第三話の「駆け落ち」は信平が自分の家中に迎え入れたい浪人者とその妻の話。発端は、奥平家に出入りする風間という浪人者が、前話で、権六一派に襲われたお初を助けたことに始まる。その剣の腕と人柄に信平ほかが惚れ込んで家臣にと申し出るのだが、彼とその妻の静江には何か仕官できないワケアリの様子。どうやら、風間が以前滞在していた遠州の藩に関わりがありそうなのだが・・というもの。
 
第四話は、水戸家から嫁さんをもらったがために、その嫁さんと家臣に軽んじれるようになってしまった殿さんの話。いつの世も、なまじ名家から嫁さんをもらってしまうと苦労が絶えないようなのだが、この話は家臣も嫁さん方についてしまうんで、なおさら質が悪い。まあ、最後は、旦那さんの価値が見直されてメデタシメデタシなのだが、嫁さんに加担していた家老は遠ざけるか罰を与えたないとこれからの災いの種を引きずるぞ、と老婆心ながら思うところ。
 
公家武者シリーズも、松姫との暮らしも落ち着いてきて、話の展開も落ち着きをみせて円熟してきた。後口良く、さっくりと読める時代物として貴重でありますな。

いずれの時代も、大災害の後は事件が多数発生 — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 7 十万石の誘い」(二見時代小説文庫)

さて、公家武者シリーズの第7巻は、「振り袖火事」の後、まだ災害の余波が治まっていない江戸での様々な騒ぎや悪行を鷹司松平信平が平らかにしていく、といった構成。
 
第一話 信平、大名屋敷に乗り込む
第二話 十万石の誘い
第三話 土地争い
第四話 酔いどれ兵部
 
どことなく若手水戸黄門といった風情の出てきているのは、「良家の若様」の活躍物語というおおもとの筋立てゆえしょうがないところか。
 
まず第一話は、寺津藩の国家老の放蕩息子の悪行を、信平が懲らしめる話。この男、火事後の屋敷の建て直しで、人足の目付けに国元から派遣されたのだが、下屋敷で暮らすうちに賭場に出入りし、女遊びにふけり、といったところで、「遊蕩」の血はなかなか治まらないというわけか。で、この国家老の息子が、前作で長屋作りに世話になった弥三郎の想い人に懸想して、妾にしようと狼藉をはたらこうとするので、しっかりと懲らしめられるという筋。
 
第二話の「十万石の誘い」は、今回の火事で跡取り息子を亡くした大名家の跡取りに、信平が望まれる話。本来なら、紀伊大納言の娘を娶っているので、こんな話にはならないのだが、所望した相手方が、名門結城家ゆかりとあって、ことが面倒になる話。
 
第三話の「土地争い」は、火事の後にお決まりの「土地の境界争い」。争いの主は、父親同士は仲が良かったのだが、息子・娘の代になってから反目ばかりをしている蝋燭問屋と油問屋。ただ、諍いの主の片方の油問屋の娘は、相手が嫌いというわけでは・・、といった、よくある恋愛ものでもありますな。
なお、この話から、信平と松姫は晴れて同居。家臣も増えるのだが、幕府の監視の目に加えて、隣屋敷の紀伊大納言の監視の目もきついようですな。
 
最終話は、酔っ払うと剣豪になる浪人者と善右衛門の交流を書いた話。浪人の息子の仕官に絡んで、その息子の通う剣術道場の先輩たちや盗賊たちとの大立ち回りは、この話のお決まり。盗賊の頭の名は「蛇の権六」といわれる執念深い、忍び崩れの盗賊なのだが、「蛇の権六は、抱いていた若い男の裸体から離れると、襦袢を腰に巻いて手下どものもとへ出て来た。・・・徳利の酒をぐびぐびと呑んだ権六は、怯えた目を向ける門弟の前に立つと、鉄漿に染めた歯を見せて、不気味に笑った」という記述に出くわして、「盗賊は男」と決めてかかる、当方の考えの固さに反省いたす。
 
さて、今回のシリーズとしてのトピックは、晴れて松姫と同居を始めたといったところだけで、今巻の主たるところは、江戸の火事後の信平の活躍譚。もともと、肩の凝るシリーズではないので、さくさくと信平の活躍をお愉しみあれ。
 

江戸は大火事に見舞われるが、信平が男気を示して声望を高めるのであった — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 6 妖し火」(二見時代小説文庫)

明暦三年のいわゆる振り袖火事が舞台。折角、松姫との新婚生活に備えて建てた新居も焼失。もっとも江戸城の天守も焼け、御三家の屋敷も焼け、江戸市中が大焼けに焼けた大火であるから致し方ないか。
 
構成は
 
第一話 妖し火
第二話 狙われた四千両
第三話 材木騒動
第四話 記憶
 
となっていて、今回は、振り袖火事で焼け出されてから、江戸市中が復興に向かって動き始め、そして、信平が紀州家の上屋敷のそばに屋敷地を拝領するといったのが大筋ではあるんだが、お決まりの、信平に妙な意地悪を仕掛けるヤツ(今回は作事奉行)は出て来るし、信平は、幕府の考えは放っといて、自分の屋敷の建て替えに幕府から提供された資金を出して、庶民が住む長屋を造るといったことを始めるし、とまあ、物語はてんやわんやではあるが、明るく進んでいくのが、このシリーズの良さでありますな。
 
途中、松姫の怪我の具合がぼかしてあって、さてはかなりの重症かと思わせるのだが、まあ、ここは安心してよいところ。このシリーズは後をひくようなエピソードは似合わないですよね。
 
まあ、今回は、江戸を襲った未曾有の災害をネタに儲けようとする材木問屋などが登場するにせよ、あまり悩まずにわはわは読んでいけば良い。
 
もうすぐ、信平と松姫と新婚生活が始まるのですね、と慶賀の念をお示しして、今回は了としましょうか

念願の千石超えまで、あと少し — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 5 千石の夢」(二見時代文庫)

加増を重ねて、松姫と同居できる千石にはあと三百石届かない。さて、最後のハードルを、どうクリアするかな、というところが、この第5巻
 
構成は
 
第一話 桜の花びら
第二話 千石の夢
第三話 妖しき女
第四話 盗賊
 
となっていて、今巻では、京都へ父親の病気見舞へ行くのだが、出発の時から、信平が都に行ったところで、京に留め置かれて、鷹司松平家はお取り潰しという噂が流れてくるので、どうも、信平に対しての嫉妬の渦が巻いているらしいね、と思わせる滑り出し。
 
第一話は、信平に会うために屋敷を抜け出す松姫の行動を制するため、父親の頼宣があれこれと(悪)知恵を絞る話。ここで、父親の病気見舞のために京都へ行く話が出てくるのだが、そのへんが妙に絡まって、なんとも話が複雑になる。
 
第二話は、見舞いのための江戸立ちまでと、京に着いて父親を見舞うといったところ。旅立ち間際の松姫との逢引が初々しい。幸いに父親の病気は、幸いなことにすぐさま命にかかわる状態ではなく、しかも、官位のほかに加増をされて晴れて・・・、となる。この話は、次の話での急転直下も知らずのめでたしめでたしまで。
 
第三話で突然の危機がやってくる。意外に生臭な剣の旧師に再会したのはいいのだが、昔のいじめっ子の囲い者である佐間一族という山の衆の女の操る幻術にかかって、あやうく命を落としそうになる。
 
第四話では、千石を超えて知行地を与えられることになるのだが、そこは盗賊の巣窟で、年貢が千石に見合う年貢が得られない地であるらしい。知行が千石を超えても実入りの少ないうちは、姫を添わすわけにはいかないと、紀伊大納言が横槍を入れる中、盗賊退治に乗り出す話。そして、本当の盗賊が誰か。本編を読んでくださいな。
 
巻も5つを重ねて、晴れて紀伊大納言の姫君・松姫と正式に結婚するお膳立ては整ったのだが、はてさて素直にそうなりますかどうか。

とんとん拍子のレベルアップ。ステージクリアも間近か? — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 4 暴れ公卿」(二見時代文庫)

この公家武者シリーズは、一冊の中にいくつか小さな話はあるが、一つのまとまったストーリ展開というのが多いのだが、今回は久々にそれぞれが独立した物語に成っている。
 
収録は
 
第一話 子連れ善衛門
第二話 湯島天神参り
第三話 女剣士
第四話 暴れ公卿
 
の四話。ざっくりとレビューすると
 
まず「子連れ善衛門」は高座藩のお家騒動に巻き込まれる話。高座藩の嫡男・彦丸が侍女と襲われているのを善衛門が助ける。彦丸はこのショックで声を失う、というおまけつき。お家騒動は、江戸家老と国家老、江戸家老の家臣、正室が入り乱れての勢力争い、跡目争いで、騙し騙されと結構複雑な展開。
 
第二話の「湯島天神参り」は遊び人を襲って逆に右腕を切り落とされた侍を助けることが発端。侍に襲われた遊び人・四郎の正体は、武家や大店の女房や娘を騙して関係をもち、これをネタに脅して売春をさせる悪どい売春ブローカー。途中、登場する
武家の妻女の姿がなんとも切ない。最終的には、悪人は栄えず、はいつものことなのだが、一寸の虫にも五分の魂的展開は、悲しいが、なんとなく腑に落ちる展開
 
第三話の「女剣士」では、信平の臣下となった佐吉に弟子入り志願の侍が現れる。五千石の旗本の家臣という紛れもない「武士」なのだが、剣術がからっきし(と本人が思い込んでいて)、家中の剣術師範だけでなく、自分の妻に稽古をつけられる始末。しかも、妻は以前、剣術師範に試合で勝った経歴もあり・・・、といった設定。最終的には、能ある鷹は、でなく自覚していない能ある鷹といった具合で、夫婦円満となるのがこのシリーズの良いところ。
 
最終の第四話では、40年前、京都で公卿が起こした宮中を巻き込んだ乱交事件の復讐を、その公卿の息子が企むものを、信平がどう阻止するかが見もの。そして、RPGと同じように、信平のレベルがあがると敵方もだんだんと進化してきていて、第一作のときほど油断もしないし、簡単にやられもしないという造りになっているので、少しハラハラしながら読ませるあたりは、作者の技の見せ所である。
 
ということで、今巻は着々と信平が加増されて、松姫との新婚生活も間近か?といった準備編。もっとも、智慧伊豆や酒井大老など幕閣の目線は冷たいままなので、次巻以降の波乱も期待させて次巻へ続くのであった。
 

信平の剣の技に憧れた、臣下志願が登場 — 佐々木裕一「公家武者 松平信平3 四谷の弁慶」(二見時代文庫)

由比正雪の残党の陰謀を阻止して、加増の上、四谷に屋敷を拝領し、松平信平の新しいステージ突入である。
 
収録は
 第一話 侍の嫉妬
 第二話 姉の心遣い
 第三話 荒武者の涙
 第四話 四谷の弁慶
 第五話 葵の旦那
となっていて、話的には第一話、第二話+第三話、第四話+第五話がグルーピングされている。
 
まず第一話は、信平の「四谷デビュー」。ただ、四谷というところ、当時は大名屋敷、旗本屋敷が満載で武家の天下の地であったらしいので、開拓まもない深川とはうって違って、寂しい割に面倒くさいところであったらしい。そこで、狩衣姿の公家出身であるから、まあ軋轢はあるには違いないのだが、若いゴロツキの一掃というのが四谷デビュー戦としては結構爽快なもの。
 
第二話+第三話は、信平と松姫の中を、信平の姉で家光の正妻であった本理院が間を取り持とうとする話と、松姫に憧れていた加藤清正の曾孫とのいさかいの話。まあ、このあたりは箸休めとして、ふわと読んでお行けば良いかな。
 
第四話+第五話は、信平に新しい臣下ができる話。話の大筋は、四谷で武家から刀を奪う「弁慶」まがいの辻斬りが出没して、その解決に信平が乗り出す話。まあ、「弁慶」を懲らしめるあたりではとまらず、盗まれた刀がまた騒ぎを起こすのだが、そこは本編で。公方様からの拝領刀の威力や、武家が刀に抱く特別な感情ってのは、廃刀令が出てから時がたって、もはや意識の片隅に欠片も残っていないのであるが、この物語はまだ「武家」ってものが信頼を得ていた時代の欠片を残していた頃の古の話であるよね。
 
家綱の治世は由比正雪の乱の後、保科、坂井、知恵伊豆といった宿老たちに囲まれて30年近く安定した時代という評価であるから、後の元禄の頃よりも、勃興期の清々しさと躍動があった頃と個人的には思っている。そんな時代の、「夢」物語、脂が乗ってきましたな〜。