カテゴリー別アーカイブ: 出口治明

「51対49で勝利できれば御の字」と肩を押してくれる先達のアドバイスは嬉しい — 出口治明「本物の思考力」(小学館新書)

最初に乱暴な感想をいうならば、「また叱られたけど、頑張れよ、肩を押してもらったな」というところ

なにせ、昨今の、「日本人エライ」の論調の向こうをはって「誤解を恐れずに言ってしまうなら、僕は「日本人の特性」など存在しないとさえ思っています。」から始まるんである。

構成は

第1章 根拠なき「常識」が蔓延する日本

第2章 日本の教育を再考する

第3章 腹に落ちるまで考え抜く

第4章 怠け癖には「仕組み化」

第5章 構想する力

となっていて、ライフネット生命に会長から、今は環太平洋大学の学長に就任された出口治明氏の、考えることを放棄している日本人への警鐘と辛口のエールが本書。

 

警鐘というあたりは

日本の戦後復興は「ルートが目の前に一本道でハッキリと見えていた状態で臨む登山」だったわけです。

日本人の「考える力」が弱いのは、キャッチアップモデルによる戦後経済の価値観がそのまま続いていることも一因ではないでしょうか。

といったところに明らかで、工業モデルに特化してうまくいっていた日本の戦後復興。高度成長の思考形態・行動形態が制度疲労を起こしているということを認識しなればいけないようで、このあたり、地域振興といえば工業誘致と求人確保がすべてといった、地方政府の役人たちはこの人の声に耳を傾けたほうがよい。

かといって、成長モデルを小馬鹿にして、精神的な豊かさを偏重する輩に対して

「酸っぱいブドウ」の心理は、ある種の退行現象といえます。経済成長を目指さなくてもいい、と唱える人は、これからの日本をどう生き長らえさせていくつもりなのでしょうか。精神的な豊かさを追求すれば、これからの時代を生きる子どもたちに素晴らしい社会を残していけるのでしょうか。

といった論調は切れ味が尖すぎて、怪我人が出そうではある。

 

とはいいつつも、辛口のエールであるのは、日本人の工業モデルに偏した思考形態の硬直性や、英語ができても「話すべきコンテンツ」が「少ない」といった教養不足を批判したり

日本社会の不幸な点は、社長は偉い、部長は偉い、課長は偉い……といった具合に、単なる機能にすぎない組織内でのポストが、社会的評価と同一視されていること

と断じる一方で、「人間はみんなチョボチョボである」という視点を提示しながら

人間、「おもしろそうだ」と思えたら、勝手に手が出てしまうもの。それなら、楽しく仕事ができるように、自分で設計図をつくってしまえばいいのです。

どうしても納得いかないのであれば、その場所にこだわる必要はありません。「この職場は、自分の能力を評価できない人々の集まりだ」と考えて、他の職場を探せばいいのです。置かれた場所で咲くことにこだわる必要は、まったくないと思います。置かれた場所で咲ければそれでいい。でも、頑張っても咲けないのであれば、咲ける場所を探せば、それでいいのです。世界は広いのですから。

自分のことを評価してくれない組織であれば、他に自分のことを評価してくれる組織を探せばいい

といった単方向ではない、複線的な道筋をすすめてくれるあたりで、この辺は、日本生命時代に出世競争で涙を飲みながら、その後ライフネット生命の立ち上げなどの飛躍をした氏ならではの説得力がある。

しかも、こうしたエールは、普通なら次世代を担う「若者」に向けてされることが多く、当方のような定年間近に年配者は放っておかれることが多いのだが、氏の著述の場合は

僕は医師に「どうすれば健康寿命を延ばせますか」と尋ね歩いたことがあります。答えは全員「働くこと」でした。

働く元気があるお年寄りには、できるだけ長く働き続けてもらうほうがいいのです。  そうであれば、政府がまず着手すべきは「定年制の廃止」です。それを政策として打ち出し、法定すれば、それだけで状況は一気に好転すると考えます。

人間は誰でもいまがいちばん若いのです。明日になれば1日分歳をとります。やりたいことや、おもしろいことに、みなさんもっともっとチャレンジしましょう。 「環境が、あなたの行動にブレーキをかけるのではありません。  あなたの行動にブレーキをかけるのは、ただ一つ、あなたの心だけなのです」

といったところが嬉しいところである。

さて、本書によれば「51対49で勝利できれば御の字です。」とのこと。若者を助ける意味で、年配者もひと頑張りしましょうかね。

 

「教養」という言葉で何を連想しますか? — 出口治明「人生を面白くする 本物の教養 」(幻冬舎新書)

「教養」という言葉ほど、日本の近現代の中で、明治から昭和初期の頂上のあたりから、バブル崩壊後グローバリズム全盛期の底辺期まで、毀誉褒貶のアップダウンが激しかった言葉もないような気がしている。
 そして、現在の混沌期も「教養」というものに対するう胡散臭そうに見る目は衰えていないように思えるのだが、そんな時に「教養」の価値を高らかに訴える「出口治明さんの言説は小気味いい。
構成は
第1章 教養とは何か
第2章 日本のリーダー層は勉強が足りない
第3章 出口流・知的生産の方法
第4章 本を読む
第5章 人に会う
第6章 旅に出る
第7章 教養としての時事問題ー国内編ー
第8章 教養としての時事問題ー世界の中に日本編ー
第9章 英語はあなたの人生を変える
第10章 自分の頭で考える生き方
となっているのだが、この順番のとらわれず、出口流の「教養主義」と思って自由に楽しんで読んだほうが良い気がする。
で、そういう読み方をする場合、気になった言葉、フレーズをあちらこちら書き散らのも許されるはずと勝手に思ってレビューしてみよう。
最初に「うっく」となるのは冒頭の方の
教養」とは生き方の問題ではないでしょうか(P18)
といったところで、ひさびさに「教養」というものをここまで持ち上げる話は見ないですね〜、と驚かされる。
さらには、アメリカの学生の
米の大学生が在学中にどのくらい本を読んでいるかを調べた調査がありました。
それによると、日本の大学生が平均約一○○冊の本を読んでいるのに対して、アメリカの大学生は平均約四○○冊という結果が出ていました。
じっに日本の四倍、勉強量に圧倒的な差があります。
とか、イギリスの
「インドを失った連合王国はもはや今後大きく成長することができない国家です。
いわば、没落が運命づけられている国です。学生たちには、そのことをしっかり認識してほしいと思っています。オックスフォードは明日の連合王国を担っていくエリートを輩出する学校ですから、未来のリーダーたちに、連合王国の現実を過不足なくしっかり理解してもらいたいのです。そして、没落を止めることはできないまでも、そのスピードを緩めることが、いかにチャレンジングな難しい仕事であるかを理解し、納得してもらいたいと考えています。」
といったところに世界帝国である(あった)国の矜持に感嘆するとともに、留学生の状況や今までの歴史的蓄積から、日本は中国に抜かれ離されるのであろうかな、という危機感と、「あぁ、やはり日本は武辺のくにであったのか・・」と嘆息してしまうのである。
まあ、こんな偏屈な読み方はしなくても、一つの分野を極める方法として
たとえば、何か新しい分野を勉強しようとするときは、まず図詳館で、その分野の厚い本を五、六冊借りてきて読み始めます。
分厚い本から読み始め、だんだん薄い本へと読み進んでいく。
これが新しい分野を勉強しようとするときの私の読み方のルールです。
分厚い本には詳しく商度なことがたくさん評かれていますから、岐初は何が沸いてあるのか分からず、読むのが大変です。しかし、「この分野について勉強しよう」と決めているのですから、辛抱してていねいに読みます。それでも、たいていは部分的にしか理解できませんので、岐初の一冊は「点の即解」にとどまります。
二冊目を読むと、こんどは少しずつ点と点が結びついてこれまで理解したことがつながり始めます。「線の理解」、すなわち線が浮かんでくるのです。分厚い本を五冊ぐらい読んでから薄い本を読むと、それまでの点がすべて線になってつながり、さらには「なるほど、この分野はこういうことなのか」と全体像が見えてきて、一挙に「面の理解」に広がります。
極論すると、いままで読んだ本すべてが、同時に脈に落ちるのです。
一カ月ぐらい時間をかけて一○冊ほど読むと、もう大丈夫です。
その分野に詳しい人と話をしても、何を言っているのかが分かり、会祇が楽しくなります。私はこのようなやり方で、新しい分野を開拓してきました。
といった一種の実用的なテクニックも披瀝されているので、その点はご安心を。
ただまあ、本書の効用は、「生産性」あるいは「効率」だけの議論で、心が荒れてきた時に
どのような問題であれ、「幹」と「枝葉」を峻別して考えていくことが必要です。
どんな事例でも一○○%メリットだけという話は存在しません。
必ずメリットとデメリットが混在しています。
まだら状のなかにあって肝心なことは何か、何が「幹」で、何が「枝葉」かを見極めていくことが、大局的な判断を謝らないために求められているのです。
(P200)
といったことを胸において、書物とともに着々と人生の「歩」進めていくべきことが大事であること教えてくれるところなのかもしれんですね。

我々の血肉は「歴史」でできている — 出口治明『仕事に効く、教養としての「世界史」』(祥伝社)

ライフネット生命の社長である出口治明氏による世界史。

もともとは日本生命の重役で、ネットによる生命保険という革命的ともいえるビジネスモデルを創造したビジネスマンが「なぜ世界史の執筆?」という疑問が当然生じるわけで、詳しくは、本書の最後の「おわりに」のところを参照願いたいのだが、子会社への出向、本社での出世をあきらめたあたりが発端とは、当方も含め仕事面での不遇感にかられている向きには沁みる動機ではある。

さて構成は

第1章 世界史から日本史だけを切り出せるだろうか

ーペリーが日本に来た本当の目的は何だろうか

第2章 歴史はなぜ中国で発達したのか

ー始皇帝が完成させた文書行政、孟子の革命思想

第3章 神は、なぜ生まれたのか。なぜ宗教はできたのか。

ーキリスト教と仏教は「いかにして誕生したのか

第4章 中国を理解する四つの鍵

ー難解で大きな隣国を誤解なく知るために

第5章 キリスト教とローマ協会、ローマ教皇について

ー成り立ちと特徴を考えるとヨーロッパが見えてくる

第6章 ドイツ、フランス、イングランド

ー三国は一緒に考えるとよくわかる

第7章 交易の重要性

ー地中海、ロンドン、ハンザ同盟、天才クビライ

第8章 中央ユーラシアを駆け抜けたトゥルクマン

ーヨーロッパが生まれる前の大活劇

第9章 アメリカとフランスの特異性

ー人工国家と保守と革新

第10章 アヘン戦争

ー東洋の没落と西洋の勃興の分水嶺

終章 世界史の視点から日本を眺めてみよう

ということで、中心はヨーロッパ、アジア、アメリカの建国あたりの歴史書であるのだが、通史というわけではなく、出口氏の視点による歴史観といった風情で、例えば

当時の日本(倭)は中世のスイスのような一種の傭兵国家であったのではないか。そして、当時の韓半島や中国は分裂状態で傭兵のニーズが高い、特に九州に近い百済からのリクルートは強く、絶え間ない傭兵出撃に備えて、韓半島に傭兵たちの駐屯集落が会っても不思議ではない。それが後にいう任那の日本であったのでは

とか

続きを読む