カテゴリー別アーカイブ: 心理学

「角(つの)」を矯めない生き方もある — 泉谷閑示「「普通がいい」という病」(講談社現代新書)

我々はいつの間にか、自分が生きている意味を、周囲の「目」で判断するようになっている、と感じたことはないだろうか。本書の「はじめに」冒頭に
 
自分が自分らしくあること、その大切な中心である「角」、それを自分自身で憎み、邪魔にして隠しながら生きるようになってしまうと、生きること自体が色あせはじめ、無意味なものになってきます。
 
とあるように、本書は「周囲の目」で判断することによって色あせている我々の「生き方」を、「自分」に取り戻すためのアドバイスである。
 
構成は
 
第1講 不幸印のギフト〜病苦しみの持つメッセージ
第2講 言葉の手垢を落とす
第3講 失楽園〜人間の苦しみの起源
第4講 捻じ曲げられる人間〜コントロールという病
第5講 精神の成熟過程〜駱駝・獅子・小児
第6講 愛と欲望
第7講 内なる太陽〜自家発電する愛
第8講 生きているもの、死んでいるもの
第9講 小径を行く〜マイノリティを生きる
第10講 螺旋の旅路〜自分を求め、自分を手放す
 
となっていて、もとはカウンセラーや医療職を目指す人向けの講座や講義のりライト版であるようで、そのアドバイスも多岐にわたるのだが、当方的に注目したのは
 
「普通」という言葉には、平凡で皆と同じが良いことなんだとか、「普通」に生きることが幸せに違いない、という偏った価値観がベッタリとくっついています。つまり、「普通」になれば「普通」に幸せになれると思い込んでいるわけです。しかし、幸せというものには、「普通」はない。なぜなら、「普通」ではないのが、幸せの本賛だからです。
 
といったように、今の世間で流布している「横並び」の思想に疑問を呈しつつも、選ばれた者よろしく高所からの目線ではないところと、
 
つまり、われわれが「現実」と呼んでいるものも、実のところ、数あるファンタジーの中のひとつに過ぎないのです。より多くの人が信奉しているファンタジーが「現実」として特別扱いをされているに過ぎないわけです。
 
といった、「価値観」の相対化を示してくるところである。
というのも、こういうカウンセリング本やノウハウ本の多くは、価値観の相対化を迫るふりをして、他の価値観への鞍替えを誘導してくるものが多いのだが、メンテルナ悩みの多くは、自らが「端っこ」であること、非主流であることを「悪いこと」と思うあたりに端を発していることが多いので、異なる主流への帰依では解決しないこと多いと思っている。そのへんは、
 
多数派をマジョリティ、それに属さない少数派をマイノリティと言いますが、クライアントの苦しみは多かれ少なかれ、何がしかの資質において、それがマイノリティであるために起こっているものだと考えられます。
しかし、彼らがマイノリティの部分で感じ取っているさまざまな違和感は、マジョリティの人間が気付かずにやり過ごしている問題を敏感に感じ取っていることが多く、聞いていてなるほどと思わされることがよくあります。
 
という筆者の主張には頷けることが多くて、いわゆる「炭鉱のカナリヤ)的な人びとへのアドバイスとしても、これなら参考にしておようかな、と思えるのである。
 
とまあ、とりとめもないレビューになってきたのだが、最後に、長年溜まった不満を周囲に迷惑をかけずに解消するには
 
そこで私は、文字に書いて怒りを出すことを噛めています。
つまり、「心の吐き出しノート」のようなものを一冊用意して、何かモヤモヤしたりイライラわだかまったりしている時には、必ずこのノートに書いてもらうのです。ただしこれは日記ではないので、毎日律儀に書く必要はありません。
書きたい時には何ページ書いてもよいし、どんなに大きな字で殴り書きしてもよいし、絵やイラスト入りで描いてもよい。とにかくスッキリするまで書くことがコツです。それから、このノートは決して誰にも見せないこと。もちろんセラピストにもです。
 
といったのが有効らしいので、筆者に代わってお薦めしておきましょう。
 

円滑な人間関係のコツは「タイプ別」に異なる対応をすることにあり — 坪田信貴「人間は9タイプー仕事と対人関係がはかどる人間説明書」(アスキー・メディアワークス)

「学生ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話」、通称「ビリギャル」の著者による、人の性格・性向のタイプ別分析と生かし方の本。

「人間は9タイプ 子供とあなたの伸ばし方説明書」と違って、今回は「仕事編」。

人をいくつかのカテゴリーに分けてその性格やら特徴やらを考えるのは古来より人の大好物で、「星座」や「血液型」に始まって、多種に及ぶのだが、本書のような心理分析に基づくものがまあ、一番使用できるというもの。(もっとも、当方の感覚では、血液型の性格分析は結構、自分や家族に当てはまっているので妙に信用はしていますが・・・)

構成は

序章 タイプ別で仕事の”悩み”が消える

第一章 タイプ別・取扱説明書

第二章 ”働く”ことにまつわる苦痛の解消法

となっているのだが、多くの方が本書を買おうという動機になるのは、タイプ別の判定とその性向。特徴のところであろう。

まず第一章で、タイプ別の判定。本書の同封されている90項目の質問に◎(とてもあてはまる)、◯(あてはまる)、(あてはまらない)で回答して、タイプ別の得点で、どれにあてはまるかを見極める。

そして、本書で提案される9タイプ、「完璧主義者タイプ」「献身家タイプ」「「達成者タイプ」「芸術家タイプ」「研究者タイプ」「堅実家タイプ」「楽天家タイプ」「統率者タイプ」「調停者タイプ」なのだが、まあ、そのタイトルで、おおよそそのタイプの特徴は想像ができるよね。

本書では、第一章では、タイプ別の「プラス面とマイナス面」、「向かない行動」、「そのタイプが上司・部下・同僚の場合の対応方法」、「タイプの異性に好かれるには」、といった定番のものに加えて、自分の取扱説明と恋愛体質のアドバイスがされ、第二章では、タイプ別の「おすすめの職種や職業」が提案されるのだが、あわせてタイプ別「転職&起業のアドバイス」があるのは、今の世情を反映している。

ただ、本書の「良いな」と思うのは、タイプ別の様々な診断やアドバイスの合間合間に

「自分のためではなく、他人のために尽くし、何らかの価値を提供できる人」こそが「成功し、幸せになりやすい」

「働くこと」とは「社会の課題を解決し、多くのファンをつくること」

といった、筆者のコメントや職業感がはさまれているのが、単なる「星占い本」のような「タイプ別診断」と一線を画すところ。

筆者のこの本の執筆動機は

各々のタイプの人間にはそれぞれ違った役割があります。各タイプが補い合い、お互いに助け合ってうまく運ぶようになります。

なのに、世の親御さんも教師も、会社の上司も先輩も、ご自身の中の不安心理から、”良かれと思って”概して「各タイプの弱点」にばかり目がいきがちになっています。「各タイプに足りないところ」ばかりを指摘しがちになっています。

それでは、人材は育ちません。むしろ、脱落者をどんどん生み出しかねないのです。

というところにあるように見受ける。予備校で、成績もやる気も家庭環境も様々に違う生徒に直接接してきた経験やベンチャー起業で多士済済の社員に接してきた経験が随所に紹介されていて、エッジのたった、「人間分析」の本でありますな。

私は「他者」のために存在しない。他者も「私」のために存在しない — 岸見一郎「嫌われる勇気」(ダイヤモンド社)

カウンセリング、心理学といえば、まずはフロイト、すこし変わったところでユングといったところがメジャーで、正直、岸見先生のアドラー本が出た初っ端は、一時の流行ものかなとも思っていたのだが、どうしてどうして、その人気が衰えない。さらには、「本音で生きる」で、堀江貴文氏も賛辞をおくっていて、どうやら、「多動力」型の人たちには親和性の高い思想のようだ。

構成は

第一夜 トラウマを否定せよ

第二夜 すべての悩みは人間関係

第三夜 他者の課題を切り捨てる

第四夜 世界の中心はどこにあるか

第五夜 「いま、ここ」を真剣に生きる

となっていて、芝居にもなったように、”哲学者と人生に悩んでいる青年との対話の形で、アドラー心理学が語られる”といった形式。アメリカのビジネス書にはよくある形だが、好みが分かれるところかもしれないが、フロイトなどの学識ばった心理学とはちょっと経路が違うので、こういう形式をとるのは、一種の執筆上の戦略であるかもしれないね。

で、その中身は、哲学者でもある岸見先生らしく、アドラー心理学をその成り立ちから本論まで、かなり丁寧に追ってあって、読みやすいものに仕上がっている。

とはいうものの、アドラー心理学の特徴である「トラウマの否定」、例えば『「経験それ自体」ではなく、「経験に与える意味」によって自らを決定する』といったところや『「怒りに駆られて大声を出した」のではない。ひとえに「大声を出すために、「怒った」』とし、「目的が先にあって、その目的を達成する手段として、不安や恐怖といった感情をこしらえている」という「目的論」のあたりは、乗れる人と乗れない人に別れそうだ。

さらには

「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」

とか

アドラー心理学では、他者から承認を求めることを否定します。・・・他者から承認される必要などありません、むしろ、承認を求めてはいけない。

といったところは、二重三重に意味が畳まれていて、ここらあたりが、アドラー本の解り難さかもしれない。ただ、このへんにも、先述の堀江氏であるとか、世の中を尖って生きている人が共感する糸口は現れていて、当方的に見ると、

われわれは「他者の期待を満たすために生きているのではない」

(中略)

もしもあなたが、「他者の期待を満たすために生きているのではない」のだとしたら、他者もまた「あなたの期待を満たすために生きているのではない」のです。相手が自分の思うとおりに動いてくれなくても、怒ってはいけません。それが当たり前なのです

自分の生について、あなたにできるのは「自分の信じる最善の道を選ぶこと」、それだけです。一方で、その選択について他者がどのような評価を下すのか。これは他者の課題であって、あなたにはどうにもできない話です。

とか

たとえ組織を飛び出したところでほんとうの自由は得られません。他者の評価を気にかけず、他者から嫌われることを恐れず、承認されないかもしれないというコストを支払わない限り、自分の生き方を貫くことはできない。

といったところが、その真髄であろか。

さて、当方的に岸見流アドラー心理学の興味を惹かれたところを切り取ってみたが、レビューの限界は、万人向けの切り取りなどできないというところ。あなたなりに「アドラー心理学」を切り取ってみてはいかがであろうか