カテゴリー別アーカイブ: PC・Web

「売却」という視点から「ウェブサイト」を考える ー 福田拓哉「30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却するまで」

M&Aの対象となるのは、ほとんどの場合、「会社」「組織」が中心で、「ウェブ・サイト」はそのM&Aに従って移管することがほとんど、という当方も含め多くの人の常識を覆してくれるのが、本書『福田拓哉「30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却するまで」(幻冬社)』。ただ、本書は「サイトの売り方」についてだけでなく、「売れるサイトの作り方」という点での言及も多いので、多くのサイト運営者も読んでおいて損はない。

【構成は】

はじめに

第1章 キュレーションメディア、マッチングサイト・・。活況を呈するサイトM&A

第2章 9割のアフィリエイターが誤解。サイトの価値と運営の技術は無関係

第3章 運営歴の浅いサイトでも超高値で売却。ウェブサイトの「作り方・売り方」15のマル秘ノウハウ

第4章 短時間で高収入を実現。サイト売却は新たなビジネスを次々と創造できる可能性を秘めている

第5章 大きなビジネスを動かせるようになるためには影響力を持つこと。成功者に共通する行動規範とマインド

おわりに

となっていて、第1章から第2章が、「サイトを売る」ということについて、第3章が、「売れる」サイトの作り方、第4章から第5章が、サイト売却、ウェゔ・ビジネスを通じた著者のビジネス論、といった形になっている。

【注目ポイント】

◯まずは、「サイトの売買」ということ。

筆者は「資金調達プロ」という、経営者が会社の運営資金を調達する際のサポートを立ち上げ、人気サイトにし、さらにはそれを高額で売却する、という、アメリカのシリコンバレーのスタートアップさながらのことをやってのけた人物で、「サイト」ってのは売るものでもあったんだ、ということを教えてくれている。 で、筆者による、高価で売れるサイトの条件は

では、どういうサイトに価値があるのでしょうか。 PVが多いサイトでしょうか。検索結果の上位にあるサイトでしょうか。コンテンツの多いサイトでしょうか。 高く売れるサイトはこれら条件を満たしています。しかし年間1000万PVのサイトが年間100万PVのサイトよりも必ずしも高額で売れるとは限りません。 私が考える「超高値」で売れるサイトとは「オーナーに収益をもたらす、情報の信頼性が高い、潜在的ニーズを促す」サイトです。

であるとか、売れる「サイトづくり」としてアドバイスしている

私が「資金調達プロ」でやったことは、それほどの才能や能力を必要とすることではありません。ただし、「愚直」さだけを必要とします。つまり、普通の人が「愚直」にやり続ければできること、多くの人にチャンスがあるやり方まのです。 また、ユーザーの役に立つ情報を載せるということが根底にあります。きれいごとではなく、そうしないとサイトの価値が高まらないからです

といったところには、サイト売却に限定せず、若いスタートアップ経営者からの助言としてかんがえておくべきであろう。

◯「買ってもらえる」サイトの作り方

もちろん、「売れるサイト」になるためには、人気のある「優良サイト」であることが大前提であるので、そうしたサイトに育てる工夫やテクニックについても多くのページが割いてあるのが、本書の特徴で

例えば、サイトのテーマ設定での

実は私も、当初は検索エンジンアルゴリズムの変更には悩まされました。・・・また試行錯誤してSEO対策を打つ。こうした「いたちごっこ」で貴重な時間をSEO対策に使ってばかりです。 こうした悪循環から抜けるためには、小手先で稼ごうとしてはダメだと気づきました。 そうではなくて、「最低でも10年はなくならない価値をつくること」に注力すべきだと考えたのです。

とか

ニッチ(隙間)を狙いましょう。できるだけ大きなニッチを探すのです。その意味では、「資金調達」はかなりの大きなニッチでした。 ニッチでも、ニーズが少なかったり、単価が低かったりすると苦労します。お金という、潜在的に大きな欲求がある分野で、企業の資金調達という単価の大きなビジネスだったから「資金調達プロ」は高い価値が認められたのです。 サイスとしては、中規模メデイアを目指しましょう。それ以上になると、大企業の領域に踏み込むことになり、得策ではありません。

といったアドバイスは説得力があるし、

「第3章 運営歴の浅いサイトでも超高値で売却。ウェブサイトの「作り方・売り方」15のマル秘ノウハウ」のいくつかを紹介すると

10年以上の長期間にわたって収益を上げ続けるサイトにするために最も重要なことは、ポジショニングとブランディングです。 言い換えれば、他のサイトとは一線を画したサイトにするために注力するということです。 ここでいうポジショニングとは、あるカテゴリーで一番になろうということです。

という発想からでた「1000件の事業所データの掲載」であるとか

ユーザーが欲求し、実現したいことをコンテンツとして提供すればいいのです。そうすれば、自然と資料請求や個人情報登録、そして購入が行われます。 どういうコンテンツを提供するかは、何度も述べている5W2Hで考えればいいでしょう。ここでは、提供するコンテンツの大原則を教えましょう。 それは「ハウツーを公開する」ということです。 (略) ただ「情報を教える」のではなく、「手取り足取りやり方を教える」ことが必要なのです。

などなど、サイト売却を目指さなくても、サイト運営、サイト構築に向けてのかなり良質のアドバイスが豊富で、当方も、「ふむふむ」と頷いたり、自らのサイトを顧みて赤面したり、といったところでありました。

【まとめ】

表題だけみると、「サイト売却で大儲け」といった、「濡れ手で泡」的な、ちょっといかがわしいイメージを抱きがちなのだが、けしてそんなところはなく、「サイト運営」(売却も含めて)の真面目なアドバイス本である。もちろん、「サイトを作って、育て、売った」という、いわば、ベンチャー企業を立ち上げて売却した「経営者」という視点を中心に書かれたものなので、一般の「アフィリエイター」「ブロガー」のスタンスとはちょっと違ったところはあるが、多くの「サイト運営」の肝がすくい取れる一冊であります。

iPad Pro 10.5インチを買ったぞ

長らくの間、主として読書端末+仕事ファイル格納庫として使ってきたiPad Air2なのであるが、製品ラインナップからはずれたことでもあり、iPad Proに買い替えた。

今までも買い替えの誘惑にかられてはいたのだが、12インチはデカすぎるし、9.7インチだと今使っているiPad Air2と画面変わらないしね・・・といったことで、昨年9.7インチ版がリリースされてもするしていたところである。

チョイスしたのは、AppleのSimフリー版のシルバー、256GでWifi+Cellularというスペック。Simフリー版にしたのは、今使っているOCN-ONEのSimを使いたいのと、近いうちに海外出張があるので、海外の現地Simに対応するためでもある。

で、届いたのがこれ。

まずは外箱。以前のiPadの外装箱より華やいでいる

 

さらに上蓋をあけるとこんなのが出現。この瞬間が一番ワクワクしますな

いままでの9.7インチ版と比較する。タテが少々出っ張ってますな。ただ大きさがそんなに拡大していないのに、画面は広く感じます

あわせて買ったのがiPencil

早速、「Note」という手書きアプリでメモってみる

メモの最中は、画面をたたく、カチカチいう音がするので、会議やセミナーの時は傍迷惑になるが、機能的には十分な気がする。テレワーク中のオンライン会議などで一人のときはこのほうが、あとの使いまわしがよいかもしれない。

さらに一人ブレストなんかで、あれこれと思いつくままに書きなぐるときは、今までは使用済みのA4コピーの反故紙の裏面を使っていたがこれに切り替えてもいいような気がしてきた。電話などのメモは、アプリを立ち上げる手間がいるからちょっと実用的では無い気がするけどね。

仕事の処遇関係で、ちょっとクサクサしていたのだが、こういうガジェットが手に入ると、途端に機嫌がよくなってしまうのが、そこらの”ガキ”と同じであるのだな〜。

そろそろPebbleに別れを告げる時かな

Fitbitへの買収となり、スマートウォッチとしての存在感をすっかりなくしてしまったPebble.

こうしたガジェットは新しい機種や新しい機能がアップデートされていってこそ存在感があるもので、そこは「ウォッチ」とはいっても、通常の時計とは違って、走り続けないと転んでしまうような哀しさがある。

で、そのPebbleなのだが、同期エラーとかあれこれ出はじめて、そろそろ、こうしたガジェットとして使い続けていくことの限界を感じ始めている。やはりこうした機械は、絶え間ないシステムメンテナンスが裏打ちとなってはじめて常用できるのだな、とデジタルの裏で動いているアナログの大事さというものを感じる次第。

スタートアップの成功例として数々の話題になったPebbleなのだが、なんとも早い幕切れでは有りましたな。

「Fitbit」が「Pebble」を買収するという話に思う、お前もか・・・

英語のニュースサイトは英語力がないのでとんとわからないが、Giamodeやネタフルさんによれば「Fibit」が「 Pebble」を買収する見込みが強いそうで、そうなれば、Pebbleのスマートウォッチは姿を消すことになりそうである。

Pebbleは今使用中であるし、Fibitも試着してみたことがあるのでどちらが贔屓というわけはないのだが、AppleとかMotolora、Samsungとかメジャーでないところで頑張っている所同士なので、合体は喜ばしいところなのではあるが、Pebbleウォッチが消えてしまうのは寂しい。

このあたり当方は運がよいというか大当たりというところで、今まで愛用していたモバイル機器のPalm,CLIE、ZAURUS、Willcomなどなど、一世を風靡しながらも、何かの拍子に急激に廃れていったものたちが思い起こされる。

ただ、iPhoneやAndroidにしても当初は玩具扱いされていて、とてもヒットするとは思われていたような気がするので、それらと彼らとを分けるのは資本力だけというわけではないという思いがある。

双方の違いを見るとすれば、何か尖ったところが強いかどうかという辺りにあるような気がして、前者は世間の思うところのドンピシャをやっていたから隆盛となるのも早かったが、世間が追い抜くのも早く、後者は世間の思い描く所との遠い先にあるためになかなか世間が追いつけないから堕ちないんだ、というあたりであるのかも。

もっとも、後者の場合は世間が結局は見向きもしなかったなんてことがありうるから一筋縄ではいかないものであるんでしょうなあ。

CanonのMAC対応に失望し始めている

MacOS Sieeraがリリースされてほぼ一ケ月少々経過した、と思うのだが、Canonのスキャナ対応が妙に遅い気がしてならない。

一応、最近の機首には対応するように出ているのだが、9月29日以降、ページが更新された気配もなく、「対応時期未定」となっているのみである。古い機首の切り捨て的対応がよくあるPFUのScanSnapはiX500に不具合が出たのだが、フラッグシップが流石にこれではまずいということか10月初めには対応を完了していて、今のところトラブルなく使えているのとは対象的である。

製品のラインナップの違いがこうさせるのかもしれないが、サポートの体制が追い付いていないのだろう。なんとか対応を進めてもらえないと失望感が広がるばかりなのである。

 

もっとも、付言すると、「対応しない機種」とされているCanonのドキュメントスキャナのDR-150はどういうわけか使えているので、最近の機能UPが何か悪さしているのかもしれませんね

M/B交換後のライセンス認証のトラブルが解消できた

突然、PCの電源が入らなくなって、電源やグラボがおかしくなったのかとあれこれやってみて、とうとうマザーボードがいかれてしまったのがわかったのが1週間半前。

使っていたのがLGA1155というかなり古い型式のものなのだが、カンタンに新品のマザーボードの値頃品がみつかるのがAmazonのエライところ。

Prime会員なので2日ほどで到着し、早速に交換したのだが、ここでおきまりのライセンス認証の問題が発生。すぐさま設定を開いて認証をしろ、と警告がでたまま。

ところが、マザーボード交換など大幅なパーツ変更をした場合に定番の「トラブルシューティング」を試みるも認証できない。しばらくあれこれ試してみたのだが、どれも失敗。

このPCのOSはWindows7→Windows8(マイクロソフトのサービスパッケージを購入)→Windows8.1(無償アップデート)→Windows10(無償アップデート)と年季が入っているので、そのせいなのかもと、新しいOSを買わんといかんのかな、と半ば諦めぎみになる。

でもまあ、ダメ元でと、アカウントに登録されているPCを削除し、Windows8のプロダクトキーを入力・・・

なぜなのか原因は不明なれど、認証が通りました・・・。全ての場合に有効かどうかは不明なれど、ライセンス認証でトラブったときは試してみてくださいな。

Tayの停止で改めて「教育」の大事さを考えた。

Techcrnchで「MicrosoftがAIチャットボット、Tayを停止―人種差別ジョークで機械学習の問題点が明らかに」という記事がエントリーされていた。

Microsoftは昨日(米国時間3/23)、ユーザーのメッセージに返事をする人工知能ボット、Tayをリリースした。Twitterに加えてチャット・サービスのGroupMeとKikが対象だ。しかしMicrosoftはこのTayをスタート早々停止してしまった。問題はこの人工知能が侮辱的ないし人種差別主義的メッセージをそれと認識できないところにあった。

ということで、まあMicrosoftの技術者の方はお気の毒であるのだが、ある意味面白がって絡んできそうである、Twitterで実権してみようと思うのが無茶であったことの実証でも有る。

AIであるから知能や学習機能は高いといっても、ある意味赤ん坊状態であるのだから、世間の悪い風にさらされたら染まってしまうのも当然でしょ、と何やら昭和世代の青春ストーリーを復習しているような思いでもある。

なにより今回の事例で心せねばならないのは、AIであるからといって潜在的に善悪をわきまえているわけではなくて後天的にそれを知るのだ、ということで、古来からの「タブラ・ラーサ」の概念の正当性を思う次第でもある。

なんにせよ、これからあらゆる場所や機械に導入されて、私達の暮らしの多くの部分のイニシアティブをとるであろうAIであろうから、「教育」はしっかりしてほしいですね、と願うばかりである

「AIに奪われる職業」で「教育現場もAIに」と妄想してみる

最近再び、Aiに仕事を奪われる、という種類の記事(「AIに負ける仕事は公務員事務職、政治家、会計士、金融、記者・・・」(週刊朝日))がでていて、それによるとAiに負ける職業は経理や出張の手続きなどを行う事務職、ルーティーンワークが中心の公務員・秘書、会計士、税理士といった職業も負けてしまう可能性大であるそうだ。

当然、表題は大げさなところもあって、正確なところは、こうした仕事の多くの部分に単純作業的なところも含んでおり、そこが集約されて人数が減るだろう、ということであるのだが、学校現場で起こる教師が要因の事件などの記事を読む度に、学校現場でこそAIの積極導入が必要なのでは、といったことを感じる。

特に、生徒の病気などへの配慮不足や過去の事件の記録ミスなど、どうにも人為ミスとして言えないような事件がおこるたびに、である。

例えば、ごく最近の生徒の白血病と授業中の体調不良とが即座に結びつかなかったり、といったケースでも確かに教師は忙しいかもしれないが、生徒の個人的に重要な情報はきちんと把握しておかないとな、と残念な気持ちになりつつも、生徒全体の情報や様子に気を気張りながら「それぞれの個人の進度や学習環境にあわせて教える」という行為は、そろそろ「人」の手に余ってきたのかな、と思ってもしまう。

もっとも、この記事では「人口知能やロボット等による代替可能性が低い100種の職業」として「教員」はあがっているので、今のところ代替可能性は困難そうなので、教員の方々が安心して仕事に励んでもらっていいのだが、あわせてAIの記事をみると、大学教師などでもカメラ認識で生徒の反応とかを見ながら抗議の様子をAiなら適宜対応できるとかの技術開発も進みつつあるようはある。

囲碁の世界もAIがプロ棋士に勝つのはまだまだ、と言われていながら先日のような結果でもあったし、意外に早く、教師という職業のメインの「教える」という行為はAiに変えていき、「人格教育」とかカウンセリングとか人間がやったほうがいいともろの部分を「人」が受け持つといった役割分担が進むのかも、と思ってみるのである。

Pebble Timeのファームウェアがアップグレードしたんだが・・

アナログウォッチに代えてPebble Classicを使い始めて一月ちょっとになって便利に使っているのだが、人間というのは欲が強いもので、SMSやLINEの通知が返信できたらいいな、とかあれこれ思い始めるもの。

今回、ファームウェアがアップグレードして3.9となりPebble Healthの新しい文字盤ができたり、キロメーター表示が可能になったり、ということおあるのだが、何より嬉しいのは、iOSでSMSへの返信が可能になったらしいこと。

この機能、すでに Andoridでは実装されていて、結構垂涎の思いであった機能である。

で、早速、アップグレードしたのだが、どいうわけかその機能を設定をする、母艦のNotificationの設定の項が出て来ないのである。

これは今回のアップグレードがPebble CLassicに対応していないのか、あるいは返信機能が日本のキャリアに対応していないのか・・・、今少し調べてみたいと思います。

 

PogoplugでのMP4ファイル鑑賞が意外に使える

家族の入院があって、病院の家族控え室に寝泊まりする日が連続しているのだが、本もそうそう続けて読むほどの気力もなく、かといってTVなどの映像環境があるわけでもなし、ということで、家族の状態が安定している時は無聊をかこつことがある。

で、不謹慎かと思いつつも、家庭内LANで今はあまり人気ないPogoplugを外部アクセス用に使っているので、これにMP4の動画ファイルを放り込んで、視聴できないか試みた。

幸い、控え室には無線LANが入っていて、近くの控え室で待機している家族がほとんどいないせいかかなり速度も安定していている。どうやら、無線LANでそこそこの環境であれば、外部から映画などの動画ファイルが、そこそこストレスなく視聴できそうな印象、これはかなり使えるか、と思っていると、数分経つと、ダウンロードのためにしばし固まることが判明。

しばらくするとまた再開するので、どうやらデータをストリーミング的にダウンロードするのでなく、一定量づつダウンロードしている気配である。これがPogoplugの仕様なのか、はたまた使っている無線LAN環境の故なのかは不明だが、ストレスフリーでないことは確か。

PogoplugはDropboxなどに押されて影を潜めてしまったオンラインストレージなのだが、私はWebのストレージでなく、HDDをつないでオンラインストレージとして利用できるものを使っているので、あまり容量を気にせず使えるのがメリットではある。ただ、上述のことやiPadのAVPlayerとかのソフトもダウンロード先にデフォルトで対応していないなど、あちこちに不満の種があるのも確か

やはりこうしたストレージサービスは、利用者にとっては適切な競争状態にあって、常に機能のアップデートがあるのが理想でありますね。Dropbox寡占状態はどうかなー、と考えたのでありました。

ー追記ー

Dropboxで試したところ同じような現象に遭遇。どうやら無線LANでストリーミング的に使う際によく出くわす現象のようですね。再びPogoplugで視聴したところ、さほどフリーズもなく視聴できたのでありました。