タグ別アーカイブ: アトキンソン

かなり辛口のアングロサクソン流「文化財論」 — デービッド・アトキンソン「国宝消滅ーイギリス人アナリストが警告する「文化」と「経済」の危機」

「新観光立国論」で一般の人や地方の観光関係者にも超有名となったアトキンソン氏による「文化財」論。

構成は

はじめにーなぜ今、「文化財の大転換」が必要なのか

第1章 経済から見た「文化財」が変わらなくてはいけない必要性

第2章 文化財で「若者の日本文化離れ」を食い止める方法

第3章 文化財行政を大転換するため、まず「意識」を変える

第4章 文化財指定の「幅」が狭い

第5章 文化財の入場料は高いか安いか

第6章 文化財の予算75億円は高いか安いか

第7章 職人文化の崩壊

第8章 なぜ日本の「伝統文化」は衰退していくのか

第9章 補助金で支えるのは「職人」か「社長」か

となっていて、最初の第1章~第2章と「おわりに」のあたりは、他の著作でも共通の主張である、「人口減少時代に日本の繁栄は観光立国化がキー」「日本は文化財で観光立国するべき」、しかし、「日本人の生活から日本文化が消えているのでなんとかしないと」「日本の特有性の多くは幻想」といったところなので、前著の読者にはおなじみであろう。

本書で前著あたりとちょっと違った論調があるのは、第5章から第9章あたりの、文化財の拝観料や「職人の育成」といったところで、例えば

拝観料が安いということは、ユーザーメリットがあるように思われますが、むしろ文化財に関わる人たちにとっての恩恵のほうが大きいのです。一見消費者主義に見えますが、実はこれは供給者主義的な考え方だと思います。

入場料を挙げたくないと強弁するのは、利用者のことを考えてのことではなく、今の価格設定がサービスをしなくてもよい最低ラインだからではないか、と思えます。それ以上に高くして、たとえば600円を1500円なりに挙げてしまうと、余計な仕事が増えてしまいます。「入場料を上げるな」というのは、「余計な仕事をしたくない」という言葉の言い換えではないか、と真剣に考えています。

とか

今は時代が変わってしまいました。家庭や地域から伝統工法を使った仕事が消えると、職人が生きる道は文化財しかないのです。

そこではやはり、発想を変えないといけません。職人の技術が消えないようにするためには、文化財の補修だけで職人を1年中養えるだけの仕事を、文化財行政が要ししないといけません。

といった感じで一読すると、職人文化の衰退を単純に憂いているようではあるが、いやいやアングロサクソンの辛口は侮ってはいけなくて

「プロ」と呼ばれる仕事ならば、一人前になるのに時間がかかるのが当たり前であって、何も職人だけが特別なわけではない、ということがいいたいのです。・・・全体的に見れば「職人」だからといって何か特別なわけではなく、他の産業と同様の人材育成上の問題を抱えているのです。

職人側もまだまだすべき「努力」があるということであり、それを阻害しているのが、職人だけは他の職業や産業で当たり前のように行われていることをやらなくていいという「特権意識」であり、さらにそのような勘違いを助長しているのが(職人が少ない」「職人は一人前になるのに10年かかる」というステレオタイプの職人イメージだと言うことです

と一般的に言われる「職人文化擁護論」では手厳しくて

伝統技術の世界ではこれまで申し上げてきたように、個人経営の「家業」なので、合併や買収は簡単には起きません。みな経営が苦しくても、息子や娘が跡を継いで、完全に事業が続けられなくなるまで、最後の最後まで歯を食いしばって頑張ります。そのなかで、家族ではない第三者の職人がいれば、簡単に首を切って中国人に外注します。職人が経営者を助けるための犠牲になるという、きわめて非効率的な事態が起きるのです。

私にとって、守るべきものは「職人」です。日本の職人が行う「ほんまもん」の伝統技術を残すのであれば、分業制という生産ラインを見直さなくてはならない

宣伝をして余計な仕事は増やしたくないという思いが強くなると、やがて自分は日本の文化を守っている特別な存在だという「驕り」が生まれます。しかし、それで食えないとなると、税金で支えられるのが当然だという「勘違い」が始まります

と、職人の世界もきちんとビジネスということを考えろよ、とかなり辛口の結論に至ってしまうのだが、さて、これを耳障りと思うか、うむうむと思うかはそれぞれが立脚するスタンスでの違いがでるということか。

黒船効果ではありますが、こういった辛いものを戴くと、しゃっきりしますな

デービッド・アトキンソン「イギリス人アナリストだからわかった日本の「強み」「弱み」」

おなじみ、日本の文化財を活用した観光論の辛口評論のデービッド・アトキンソンの日本文化論。

構成は

第1章 確かに優秀な「日本人労働者」という強み

第2章 「長い会議が象徴する効率の悪さ」という「伸びしろ」

第3章 「数字を重視しない刑死者」という「弱み」

第4章 「面倒くさい文化」は「強み」か「弱み」か

第5章 インテレ層のち的レベry、woolly thinkingの問題

第6章 古いものと新しいものが「共存」しているという「強み」

第7章「解決能力」と「強すぎる個人主義」

となっていて、表題見る限り、我々の常識の裏筋をもってきてあるのは確かである。ただ、よくある日本と外国の比較論とは違って、「強み、弱みは経済の周期によって、時代によって強みが弱みになる」と相対論のもとで語られるところはさすが慧眼。

 

(日本の観光は)日本人の考える「おもてなし」を気に入ってくれた外国人だけを歓迎しますよ、というような姿勢になっている(P57)

とか

「終身雇用」というのが日本人の勤勉さと礎なんだというのはすべて後付け。その根底にあるのは「面倒くさい」を避ける気質なのではないか(P105)

異国の文化を取り入れて、自国の文化にマッチするようにアレンジするのは、どこの国でも当たり前のようにやっていること(P123)

といったあたりは、よくある日本文化いちばんの酒に酔ったような議論にお冷をみってくるようで小気味よいのであるが、日本人としてはむむっとくるのも確かではある。

まあ、最後のほうはさすが日本に長く住んでいる外国人だけあって、日本人をくすぐって締めては会って、日本の文化財を活用した観光の可能性とか

日本が得意なのは「新しいものを取り入れて自分たちのものにする」という世界で一般的に行われていることではなく、「新しいものを取り入れつつも古いものを残していく」ということ

といった日本人の独自性に及んでくるのは嬉しいところ。辛口なところもあるが読ませる「日本文化論」でありますな

デビット・アトキンソン「イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る」(講談社+α新書)

「新・観光立国論」で大ヒットし、日本遺産や国立公園関係の政府のプロジェクトでも枢要な立場となっている、アナスリスト出身の文化財保護会社の社長でもあるアトキンソン氏の2014年の著作。

「新・観光立国論」ではほんのりと出ていたとは思うのだが、けして根っからの日本フリークではなかったイギリス人による日本分析と日本応援ということを念頭に読んでいったほうが、原も立てずの最後まできちんと読めると思う。

構成は

第一章 外国人が理解できない「ミステリス・ジャパニーズ現象」
第二章 日本の「効率の悪さ」を改善する方法
第三章 日本の経営者には「サイエンス」が足りない
第四章 日本は本当に「おもてなし」が得意なのか
第五章 「文化財保護」で日本はまだまだ成長できる
第六章 「観光立国」日本が真の経済復活を果たす

となっていて、日本文化の賛美といったことはあまり期待しないほうがよい。

論調が小気味よいのは確かで、日本の経済成長が日本人の勤勉さや日本人の特性といったことではなくて、人口ボーナスによるところをきちんと踏まえないといけないところとか、近頃よく言われる「シンガポールに倣え」は人口スケールの面でちょっと的外れなこと、日本人が誇る「おもてなし」は実は生産者優位の延長にあるとこと、といった風に、最近の主流の論調に冷水をかける態であって、そこは結構妙な爽快感がある。

ただまあ、その主張を、欧米のエライ方がといった感じで丸のまま受け入れてしまうのは、よくある外国通のなせる技である。そこらをほうほうと受け止めながら、でもな、と違う側面を見出してくるのが正当な反応と考える訳で、sこらは各自がそれぞれの分野で実践いただきたいところではある。

とはいうものの「良薬は口に苦し」という言葉もある。25年にわたって日本に住んで、直截な批評をしてくれるイギリス人の話に耳を傾け、あちこち反省して対応案を考えてみるべきでありましょうな。