タグ別アーカイブ: 佐藤優

新自由主義・新帝国主義のもとでの日本的資本主義論 — 佐藤 優「資本主義の極意」(NHK出版新書)

階級論争や、資本主義・社会主義論は、当方が大学時代には、少し以前の話になっていたのだが、新自由主義やグローバリズムへの反省から、再びあちこちで論じられるようになている気がするのだが、さて「資本主義とは何」って聞かれると、浅学非才の当方には・・・、の感が強い。

そして、そういう輩にも「日本型の資本主義」を明治期から戦後までの歴史を分析しながら解説してくれるのが本書。

構成は

序章 資本主義を日本近代史から読み解く

第1章 日本資本主義はいかに離陸したか

第2章 日本資本主義はいかに成熟したか

第3章 国家hあいかに資本に介入したか

第4章 資本主義はいかに変貌したか

となっているのだが、講学的な、難しいところは本書を読んでいただくとして、例えば

日本の資本主義の特徴は

重要なポイントは、日本のように後発で資本主義を導入する国ほど、純粋な資本主義すなわち原理論的状況とは異なるプロセスを踏んでいくということです(P72)

といったことを基礎にして、

日本の植民地は、食料の確保と工業製品の輸出市場という役割が中心であり、植民地に投資をして儲けるという資本輸出はあまり見られませんでした。

なぜか。資本輸出をするためには、国内に余剰資本がなければいけません。しかし日本は、日露戦争の戦費や戦後の軍事費のかなりの部分を外国債でまかなっており、国家財政に余裕がありません。(P129)

とか、日本の共産主義者の二つの流れについて

講座派を勉強した共産党系の人と、労農派を勉強した人の違いは、会うとだいたいわかります。労農派は、物事を相対的に見る視点を持っています。「ものごとを突き放してみる」と言ってもいいかもしれません。なにごともワンオブゼムで考える思考的習慣がついているのでしょう。

一方で講座派は、教条的で自分の考えに固執しやすい。前述のように「日本の伝統はほかの国にはない良さがある。だからこそ素晴らしい」というよな日本特殊論が大好きな人たちです。

さらに言えば、たとえ宇野経済学を学んでいなくても、日本人の思考は労農派と講座派に分かれる(P159)

といったところでは、知り合いのその系の人達の具体の顔が思い浮かぶことも、場合によってはあろう。(当方の場合は、「講座派」らしい人の顔は浮かびましたな)

さらには、前世紀以降、戦争が絶えないのは

現代の資本主義のもとでは、新自由主義と帝国主義とが同時に進行しているとみるべきでしょう。

では、そういった現代の資本主義の最大の課題は何でしょうか。

それは、資本の過剰をどう処理するかということです。(P180)

帝国主義になると、恐慌は周期性を失います。だからといって恐慌は完全にコントロールできるものではないので、起きる時は起きる。

ただ、同時にそれぞれの帝国主義は、貿易や資本輸出を強化することで、恐慌の必然性を排除しようとする。第三章で見たように、それが列強の対立を深め、戦争を招来するわけです。

したがって、帝国主義のもとでは、資本の過剰は恐慌か戦争のどちらかで処理されることになる(P181)

といったことかと新知識を得て、悦にいってみてもよい。

では、筆者は、こうした資本主義あ、あるいは現在の新自由主義+新帝国主義の世界を肯定しているかというとそうではなく、

キリスト教神学によれば、私たちはみな、終末にいたる「中間時」すなわち「時のあいだ」を生きています。中間時を生きる人間の社会構造には、悪が容易に忍び込んできてしまう。しかしこの悪の問題は、いつかは解消される。それが終末であり、この終末の日に備えて自らを律して生きるのがキリスト教徒の仕事です。

私はこの終末を、資本主義からのラディカルなシステム転換だと捉えています。いつかは資本主義も終焉するでしょう。でも、それはいつのことかわからない。

ならば、焦らずに待つ、待つことにおいて期待する。

これを神学者のカール・バルトは、「急ぎつつ待ち望む」と言いました。

その時がくるまで、私たちは高望みせず、しかしけっしてあきらめない。そして、その時が到来したときこそ、私たちは資本主義を超えた、良い社会をつくらなければならないのです。(P233)

が本旨で

高望みはせず、しかしあきらめないこと。飛び交う情報に踊らされず知識を蓄え、自分のアタマで考えること。平凡なようですが、これが資本主義とつきあうキモです(P228)

としたたかに生存の戦略を練らねばならないようだ。

日々のビジネスや、近くにある社会問題にどうしても時間と手間をとられてしまうのだが、たまには、こうした経済学の基礎的なものも読んでおいたほうが、雑談力も深くなるのかもしれないですね。

リーダー、組織の再生はどうすればよいか — 池上彰・佐藤優「新・リーダー論ー大格差時代のインテリジェンス」(文春新書)

現代日本屈指のジャーナリストと国際政治分析家の二人による「リーダー」の在り方についての論及である。

構成は

1 リーダー不在の時代ー新自由主義とポピュリズム

2 独裁者たちのリーダー論ープーチン・エルドアン・金正恩

3 トランプを生み出したものー米国大統領選1

4 エリートVS大衆ー米国大統領選2

5 世界最古の民主主義国のポピュリズムー英国EU離脱

6 国家VS資本ーパナマ文書と世界の富裕層

7 格差解消の経済学ー消費増税と教育の無償化

8 核をめぐるリーダーの言葉と決断ー核拡散の恐怖

9 リーダーはいかに育つか?

書かれた時期が少々古いので、トランプ大統領の誕生やイギリスのEU離脱などは、まだ可能性の段階で書かれているので、時事解説として読むのは適当ではないが、新帝国主義の時代と言われる現代の「リーダー論」としては最も最新の情勢を踏まえたものといっていい。

もっとも現代にでるべきリーダーについての対談として読むか、あるいは普遍のリーダー論として読むかは、各々の好み次第で、当方としては、後者の読み方のほうが、曲者的な読み方で好みにあう。

それは

世界的に見ても、民主主義は岐路に立っているようです。各地で「強いリーダー」を求める声が高まっています(P23)

強いリーダを育成しようとしても、これだけ個人が砂粒のようにバラバラにアトム化しているところでは、リーダーは出てきようもありません。(P24)

と「リーダー不在」ではなく「リーダー誕生」が難しい「個」の時代の特性をあぶり出し、

リーダーが現れているのは、宗教があるか、あるいは「敵」のイメージがあるところです。アトム化していない、耐エントロピー構造があるところだけに、リーダーが出てきている。イギリスには、リーダーはいないが、スコットランドにはいる。沖縄にもいる。何らかの差別を受けている集団、特殊なイデオロギーや特殊な宗教によってまとまっている集団の中にはリーダーがいる(P231)

とするあたりは、経済も文化も成熟した日本の国家情勢の難しさに嘆息させる。

もっとも、明確なリーダーがいた時代が幸福だったかといえば、日本の場合はむしろ、明確なリーダーではなく、リーダー群あるいは、小粒ではあるが厚みのあるリーダー層がいた時代の方が、江戸期をはじめとして”幸福”であったのが、余計にリーダー論を不毛にしている所以でもあろう。

とはいうものの、明確なリーダーもおらず、能天気で傲慢なリーダー層がいる時代がもっとも不幸であることは間違いなくて、そのあたりは現代が

会社という組織も、国家と同様に、業績が傾きかけてくるとトップの独裁権が強くなります。部門で言えば、総務部主導になる。(P32)

といった時代であることを考えれば、やはり一定のリーダーは必要だ、という結論にならざるをえない。

さて本書によれば

どの組織でも、下士官暮らすのリーダーがうまく育っていない、シールズにような運動では、下士官クラスのリーダーは生まれようがない。

日本でもう一度システムを活性化させるには、やはり企業が重要ではないでしょうか。中小企業でも大企業でも、何らかの形で終身雇用があって、帰属意識が生きている企業、そういうリーダーシップはある企業は生き残るし、その企業がある地域は強くねっていく。あるいは職能組合や地域活動がしっかりしているのなら、それでもいい。人間が成長するには、やはり何かに帰属することが大事です。(P238)

「リーダー」と「組織」は相互に補完的な関係にあります(P239)

とのことである。そろそろ「個」の偏重による組織運営論ではなく、かつての「集団」による組織運営論に立ち返らないと、リーダーはいつまでも不在で、かといって時代の変化に耐えて我々を守護してくれる「組織」も再生せぬままなのかもしれないですね。

曲者の組織論の奇妙な味 — 佐藤 優「組織の掟」(新潮新書)

鈴木宗男事件で連座して外務省を退職後、国際問題から現代政治、情報管理まで、守備範囲の広い文筆家として大成した、佐藤 優氏の組織論。

構成は

第1章 組織は自分を引き上げてくれる

第2章 上司には決して逆らうな

第3章 人材には適した場所がある

第4章 デキる部下を見極めよ

第5章 問題人物からは遠ざかる

第6章 人間関係はキレイに泳げ

第7章 ヤバい仕事からうまく逃げろ

第8章 斜め上の応援団をつくれ

となっていて、読む前の印象としては、事件によって組織を追われた氏の経歴から、組織には真っ向から批判的ではと思っていたのだが、

私は組織を嫌っているわけではない、なぜなら、組織には、独特の「人間を引き上げてくれる力」があるからだ。特に社会人になってからの最初の10年間は、どのようなlk医号や官庁に就職しても、新人が組織から吸収する内容のほうが、組織に貢献するよりも圧倒的に大きいのである(P4)

組織には、個人を強制的に鍛え、スキルを身につけさせる仕組みがある。中にはその組織にいるからこそ身につく専門的な技能もある(P19)

といった具合に、組織の有用性をきちんと認識しているところが流石というところではある。

ただ、素直な組織肯定の「組織論」かといえば、

もし上司の言うことがおかしいと思った場合には、3回まで反対意見を言ってもいい。3回意見を言っても、上司が同じ命令を下すときは、「わかりました」と答えて、命令を遂行することに全力を尽くす(P31)

とか

要は上司の方に、仕事を振らないほうがいいと判断してもらえばいいのだ。・・ただし、能力が低いことをアピールすると他の仕事にも支障をきたすので、個人の信条や性癖に基づいた理由のほうがいい。(P49)

会社も役所も競争社会だ、競争で勝つ人が出れば、必ず負ける人も出る。それだから処遇に不満がある人は必ず出てくる。このような状況で、処遇を改善するにおはどうしたらいいか。

有効な策としては、自分で文句を言うのではなく「あいつの処遇はちょっとひどいんじゃないか。能力をもっと活かすことができる場所に就けてやれ」ということを外部から言わせるというアプローチだ(P53)

などなど「一癖」ある組織論であることは間違いない。

元モサドの幹部から、外交官として仕事をしていたことが「カバー(インテリジェント・オフィサーが偽装する職業)」では言われたあたりのやりとりを振り返って

ごく一般的な仕事でも、仕事を辞めざるをえない状況が突然訪れる恐れは十分ある。組織がいつ個人を切り捨てるかもわからない。その時自分を助けてくれるのは、元いた業界や組織ではなく、複合的に身に着けた特殊なスキルやもうひとつの肩書ー、つまり・・「カバー」なのかもしれない

といったところは、氏の数奇な公務員人生を物語っていて、どちらかというと組織論としては「奇書」の類ではあろう。格式張ったものに飽きていて、奇妙な味をたまには、といった向きによろしいかな。

“情報の達人”に至る道に”王道”なし — 池上彰・佐藤優「僕らが毎日やっている最強の読み方」(東洋経済新報社)

知的生産活動で今一番定評がある池上彰、佐藤優両氏による情報収集の方法論の集大成がこの本。

構成は

序章 僕らが毎日やっている「読み方」を公開

第1章 僕らの新聞の読み方

ーどの新聞を、どう読むか。全国紙から地方紙まで

第2章 僕らの雑誌の読み方

ー週刊誌、月刊誌からビジネス誌、専門誌まで

第3章 僕らのネットの使い方

ー上級者のメディアをどう使いこなすか

第4章 僕らの書籍の読み方

ー速読、多読から難解な本、入門書の読み方まで

第5章 僕らの教科書・学習参考書の使い方

ー基礎知識をいっきに強化する

【特別付録1】「人から情報を得る」7つの極意

【特別付録2】本書に登場する「新聞」「雑誌」「ネット」「書籍」「映画・ドラマ」リスト

【特別付録3】池上✗佐藤式 70+7の極意を一挙公開

となっていて、両氏の「新聞」「雑誌」「ネット」「書籍」と、おおどころのほぼ全ての情報収集媒体の使い方、付き合い方が紹介されている。

もちろん、新聞は「紙」媒体と、どちらかといえばオーソドックスな媒体の多い池上氏に対し、購読新聞の多くをネットに変えていたり、Kindleも利用する佐藤氏の方法論が同じであるはずはないのだが、そこは読者が自分のスタイルに合わせて好きなようにチョイスすれば良いこと。ただ共通するのは、その「丁寧さ」と「ユニークさ」で、両氏とも朝・夜と同じ新聞に違う角度から付き合っているが、「新聞も雑誌も拾い読みが基本」というあたりや、一般の社会人は「数学」「歴史」のところで基礎的な知識力が堕ちているので教科書を使って補強するべき、といったあたりに表れている。

こういった本は、方法論を紹介した途端、ネタバレになってしまうので、方法論の比較論評は、本書が図書館などの書架にひっそりと鎮座するまで、もう少し時間をおいてからがよいと思うが、書籍の読み方を少し紹介すると

池上)まとめ買いした本を何冊か読んでいくと、それらの関連書籍の元となっている「タネ本」(基本書)がわかります。多くはそのテーマの初期に出版された本です、それがわかったら、そのタネ本はしっかり熟読します。どんなジャンルでもベースになる種本はせいぜい3冊なので、そこはしっかり読むといい

タネ本は情報の密度が一番濃い。発見した種本は内容がきちんと理解できるまで何度も読み込むと、それがそのジャンルに関する基礎知識になります

いすれにしてもいい本に出会うためのコツはひとつ。「本をたくさん買うこと」です。だから私は「迷ったら買う」を原則にしています

佐藤)月300冊に目を通すうち、熟読するのは月平均4~5冊です。月500冊の時でも、熟読する本は6~7冊。熟読する本を月2冊増やすのはそう簡単ではありませんから、残りの本は全て「超速読」か「普通の速読」のいずれかで処理します

といったところで、それぞれの知的巨人も緩急をきちんとつけているところがわかって興味深い所ではある。

本書の一部は雑誌の「東洋経済」に掲載されていたところもあるけれど、それはエッセンス。新聞~教科書まで、情報を入手する媒体全体に対する付き合い方がわかるので、この本でさらに方法論を拡大したほうがオススメである。