タグ別アーカイブ: 坂井希久子

物語は進行する。けれど謎は深まる — 坂井希久子「居酒屋ぜんや ころころ手鞠ずし」(時代小説文庫)

「ほかほか蕗ご飯」「ふんわり穴子天」に続いての「居酒屋 ぜんや」シリーズの三作目。
 
収録は
 
「大嵐」
「賽の目」
「紅葉の手」
「蒸し蕎麦」
「煤払い」
 
 の五話。
 
林只次郎も「ぜんや」の馴染となってきて、そろそろ女将の「お妙」との仲が心配になるあたりなのだが、男女の仲はそう簡単にはいかないのが、今のご時勢と違う所。
 
ざっくりとレビューすると
 
最初の「大嵐」で只次郎と鶯仲間であった「又三」が殺されるのだが、その犯人探しは、また後で。ということで、貸本屋もやっている大家の失せ物探し。雨を避けるため、あちこちに避難させた草双紙の一冊がない、とぜんやが疑いをかけられる。そんなに貴重なものか、と皆が色めきたつのだが・・・、というのが主筋。
 
「賽の目」はお妙を襲った駄染め屋の行方を捜すため、只次郎が、旗本屋敷で開帳される賭場に潜入する話。
 
その賭場で食う「具は烏賊だ。衣は分厚く目いっぱい油を吸い、身は恐ろしく硬い」という屋台の天麩羅と、ぜんやで供される「細めのサクに衣をつけて揚げたものを三切れ皿の載せてある。衣と身の間には、くるりと海苔が巻かれていた。・・・断面の繊維に沿って、地艶やかな脂が滲み出ている。さくりと歯を立てるとたちまち、それが、口の中に広がった」という戻り鰹の天麩羅の対比が絶妙ではある。
 
三話目の「紅葉の手」は、ひさびさに升川屋のご新造・お志乃の妊娠にまつわる騒動。姑と旦那が冷たいと、奥座敷に篭ってしまったお志乃と姑の和解をとりもつ話。双方に悪意がなくても、行き違うと人間関係拗れるよね、というもの。今回の表題の「手鞠ずし」は、この三話目出て来るのだが、押し寿司が主流であったこの頃に、寿司が食べたいというお志乃の希望をかなえ
 
お志乃のおちょぼ口にあの大きな寿司は不粋ではないかと思われた。ゆえに茶巾絞りの要領で、たねと飯をひつつずつ。キュキュッと小さくまとめたみた。
たねは小鰭、海老、烏賊、鯖、甘鯛、平目、鮪。薄焼き卵で包んだものは、多産を祈って酢蓮根の薄切りを乗せてある。
甘いものが好きなお志乃のために、蒸した南京を潰し、茶巾絞りにしたのも用意した
 
という、お妙が用意した手の込んだもの。現代でもこういうのが出す料理屋があると通いづめになるよね。
 
4話目の「蒸し蕎麦」では、あれほど探しての見つからなかった駄染め屋がお縄になる。さらには、林家の上役である「佐々木」が絡んでいる模様。彼がどういう自白をするか、が気になりつつも、今回の料理は茹でるものと決まっている切り蕎麦を昔は蒸したということだ、という話からそれを復元しようという話。で、又三を殺したのも駄染め屋であることが判明する所で次の話に続く。
 
最後の「煤払い」は、駄染め屋が捕まり、又三殺しとか諸々を白状したのだが、真実のところを誤魔化して「お妙」に伝えていた只次郎が窮地に陥る話。惚れた女が傷つかないように、と慮ったのが裏目に出たんですな。
 
さて、物語は進展していくのだが、お妙が佐々木によって監視されていた理由とか、お妙の亭主が本当に事故死したのか、といった諸々の謎はまだ解けてこないので、消化不良の感がありますな。次の4巻目ですっきりとするのでありましょうか。
 

「ぜんや」は今日も大賑わい — 坂井希久子「居酒屋ぜんや ふんわり穴子天」(時代小説文庫)

江戸の町中の居酒屋を舞台に繰り広げる、人情時代もの「ぜん屋」シリーズの第2弾
 
今回の収録は
「花の宴」
「鮎売り」
「立葵」
「翡翠蛸」
「送り火」
となっていて、第1巻を読んだ方は、その最後のほうの「お妙さん」を妾にしようという企みのその後を知りたいとは思うのだが、残念ながらそれは持ち越し。
代わりに、第1作の設定をさらに掘り下げてあるのが第二巻。
 
まず「花の宴」は文字通り、「花見」が舞台。ここに只次郎の兄嫁・お葉の実父で、与力の「柳井殿」が紛れ込んできたところで座が複雑化する。ご存知のように、江戸のモテ男は町火消しか与力かといったところであったそうだから、只次郎としても心穏やかでないといった設定。そして、話をリードする料理は「桜鯛」で、黒胡麻であえて黒い刺し身になっていたものが、「花見」の宴にふさわしくあでやかに模様替えするところが爽快感を与えるとともに、粋で通している「柳井様」の意外な家族思いなところにおもわず「ほう」と微笑ませる
 
「鮎売り」は、お妙さんが、多摩の奥から鮎を売りに来ている娘から傷物の鮎を全部買い上げるという豪気な仕業から始まる話。お妙の姉・お勝の亭主が登場。リードする料理は、表題にあるように「鮎」なのだが、炙った鮎だけだはなく、風邪をひいてしまったお勝のためにつくる
 
炙っておいた賄い用の鮎を、土鍋に入れて鮎と煮る。
柔らかくなったころに頭を持ち、箸で身をこそげて骨を抜き取った。味をみて軽く塩を振り、身もワタも一緒にざっくりと混ぜる
 
という「鮎粥」が珍しい。そして話のオチは「鮎」にちなんで「蓼」。
 
「立葵」はひさびさに只次郎の生家にまつわる話。発端は、甥の乙松が父親に厳しくしつけられるところから始まり、途中、体調を崩している只次郎の母親の養生用に「鴨」が調理されるところが話の中ほど。並行して、いま育てている鶯の雛が鳴かない理由が明らかになるのだが、この雛がメスであることと、才能溢れているのだが、江戸時代に生まれた女性である、姪のお栄の将来がオーバーラップして少し悲しくなりつつも、逆に「お栄」にエールを贈りたくなる。
 
「翡翠蛸」は、「ぜんや」のなじみ客の酒問屋升川屋と若女将の「お志乃」の夫婦喧嘩が最初は主に語られる。ただ升川屋の浮気話がメインではなくて、口ではそっけないが若女将にぞっこんの升川屋とお志乃の、まあ痴話喧嘩をネタに、「お妙」が再婚を勧めれるも死んだ亭主のことが忘れられず、それを間近に見る只次郎が嫉妬まじりにやきもきし、といったところが本筋か。ちなみに「翡翠蛸」は蛸ときゅうりをおろしたものとの酢の和物で、創作料理っぽいですね。
 
「送り火」は盂蘭盆会の頃の話。この頃江戸市中で評判になっている「髪切り」の話が伏線。この話で、2巻目の表題となっている「穴子」がやっと登場。しかし、表題に「穴子」と出ているのに収録話の表題にかけらもでてこないのはどういうことか。
ただまあ
 
口からほくりと湯気が上がる。
さくりとした衣と、淡白な白身のふわりとした食感がたまらない。
じゅわっとにじみ出るごま油の風味。衣が軽く、大きめに頬張ったひと口が瞬く間に消えてしまった。
穴子の天麩羅である。
(中略)
鰹出汁に、味醂と醤油を利かせたつゆだ。浸すと熱々の天麩羅がしゅわっと音を立てた。
 
といったところで”良し”としようか。
そして、第1巻目と同じく、次に続く謎が披露されていて、送り火の煙の向かうに「お妙」が男の人影を見る。どうやら、彼女にはその姿が・・、といったところで思わせぶりに終わるのである。
 
次巻を待て、ということか。

「奢侈禁止」でも美味いものは食いたいのが人情というもの — 坂井希久子「居酒屋ぜんや ほかほか蕗ご飯」(時代小説文庫)

時代小説の主人公は二色に分かれる。一つは、剣客小説や捕物帳に描かれる、風采は別にして剣術などに秀でたマッチョなタイプと、市井の人情ものに描かれる、力仕事は頼りにならないが、変わった特技や温厚な人柄の主である。
本書は後者に属していて、主人公の「林只次郎」は貧乏旗本の次男坊で部屋住みながら、鶯の躾けで、実家の生計を担っているという仕立てで、「ほう、こういう主人公設定があったか」と著者の着想に脱帽した次第。
 
時代は「寛政時代」で田沼意次が失脚し、松平忠信の執政が始まり、奢侈禁止やらなにかと暮らしが窮屈になっている頃。
 
収録は
「笹鳴き」
「六花」
「冬の蝶」
「梅見」
「なずなの花」
の5編。
 
ざっくりとレビューすると
「笹鳴き」はシリーズの最初の話で、鶯の鳴き声のしつけという内職をしている主人公である只次郎の登場と、「ぜん屋」という居酒屋兼飯屋の女主人「お妙」さんやその店の手伝い兼お目付けの「お勝」との出会いから。話の本筋は、只次郎が父の上役から預かっている鶯が、猫に襲われたのか行方をくらました話。犯人は猫ならぬ意外ななところにいるのだが、詳しくは本編で。
 
「六花」とは「雪」のこと。霜月とあるので、今なら11月の寒くなり始めたころであるのだが、旧暦でいえば雪もちらほらする季節であろう。酒問屋の「升川屋」の上方出身の若奥さん(ご新造さん)の食が細っているのをなんとかしようというところから始まる。ただ、このご新造さん、お嬢さん育ちで気が強い上、お妙が旦那の囲い者ではないかという疑いをかけているので、話がややこしくなって・・・、といった話。まあ、最後は大団円となるのが、新婚さんの喧嘩というものか。
 
「冬の蝶」は、只次郎の実家の実兄との諍い、軋轢がメインとなる。次男坊ながら家計を支える只次郎に、武張った実兄はいつも辛く当たってくる。そんな折、実家のげなんが只次郎の監視を命じられ、「ぜん屋」で彼を見張っているのが見つかり・・・、という話。貧乏旗本の家の「寒さ」のようなものが伝わって物悲しくなるのだが、「理不尽に堪えるのも、武士の務めなれば」という言葉に、生まれながらに家をすぐ運命の武家の長男の「潔さ」が感じられるのも確か。
 
「梅見」は「ぜん屋」に子供の居候がくる話。もともとは「お妙」の巾着を盗もうとした子供の掏摸であるらしいのだが、それ以上に町で浮浪児となったにはワケアリのよう。加えて、ぜん屋に近所の「染め物屋」が(夜這い目的なのか)忍び込んできたり、といった事件が重なるうちに、小僧っこの出奔元が判明するが、出奔の理由は意外にも・・・、といった筋。
 
「なずなの花」は只次郎が世話をしていた鶯の飼い主(父の上役)からの降ってわいたような縁談・婿入り話が発端。只次郎の「鶯仲間」で「ぜん屋仲間」でもある又三の過去の話が、摘み菜料理が発端になって、明らかになっていく。ところが、そのうちに「お妙」を妾にしたい者がいるだのと話が飛んでいき・・といったところで、次巻以降に謎を放り投げて、この巻の話を終結。
 
まあ、謎解きや敵討ち、お家騒動といった、昔ながらの時代物にありがちな道具立てはでてこないが、「寛政期」という、どちらかといえば、地味で、暗めの時代に、生活を精一杯楽しむ市井の人々の脈動が伝わる小説である。加えて、「正月の元旦の訪問者に鶯の鳴き声を聞かせるために、日没前から灯火をつけ鶯に見せ、体内時計を狂わせて早めに鳴くようにしかけることを「あぶり」という」といった、鶯道楽にまつわるTipsが楽しめる。
 
そしてなにより
 
一夜干しの鯖の切り身が、皮に脂の爆ぜたあとを残し、ほくほくと湯気を上げている。箸を入れるとパリッと音がし、ふっくらとした身に皮ぎしの脂が染みていく。
 
といった、「ぜん屋」で供される「料理」がたのしめるのが、このシリーズの楽しみでありますな。