タグ別アーカイブ: 堀江貴文

”閉塞感漂う時代”の「ホリエモン」流生き方指南 — 堀江貴文「多動力」(幻冬社)

もともとは若い人向けの人生の羅針盤的な思いで書かれたものであるとは思うのだが、

当方のような、勤め人暮らしが長くなり、組織内の月旦や、組織内の人事序列が意識の中心になっている中高年世代でも、(自己評価は他者の評価の3割増しであるそうだから)高望みもあって、昇進も自分の思うようにはならず、うちしおれている時に、前へグイッと押し出すのが本書。

構成は

第1章 一つの仕事をコツコツやる時代は終わった

第2章 バカ真面目の洗脳を解け

第3章 サルのようにハマり、鳩のように飽きよ

第4章 「自分の時間」を取り戻そう

第5章 自分の分身に働かせる裏技

第6章 世界最速仕事術

第7章 最強メンタルの育て方

第8章 人生に目的なんていらない

となっていて、印象としては、ライブドア事件の服役後、「ゼロ」で一新したものが、ここに至って、新たな段階に移ったというところ。で、その方向性は、「かなりの速度で」「関係性を増やすこと」。それは、”人間関係”においてもであるし、”仕事”においてもであり、同時に「多くの関係性」をもつことでもある。

それは

もはや産業ごとの壁がすべて崩壊していくのだ。  そんな時代に、イチロー選手やカズさんのような才能をもたない人が、一つの仕事にとらわれてしまっていては、価値あるものは生み出せなくなっていくだろう。

というところでも明らかであろう。

さらに仕事のやり方、関係性の持ち方も

「全部自分でやらなきゃいけない症候群」にかかっている人が多すぎる。  自分の貴重な時間は、自分の強みが一番発揮できる仕事に集中させるべきだ。

時間をかければクオリティが上がる、真心をこめれば人に伝わるというのは、妄想にすぎない。  何百もの仕事を同時にこなすためには、「自分でやらないこと」を決めるのが大切だ。自分にしかできない仕事以外は、他人に思いっきり任せよう。

といった風に、「自分でやること」と「自分でやらないこと」の明確化が一つのキーであって、そのあたりは、最近聞く「やらないことリスト」の考えと共通するところでもある。

そして、「自分でやること」を決めたら、

自分の時間は「ワクワクすること」で埋め尽くすのだ。  僕もあなたも1日の持ち時間は同じ24時間。にもかかわらず、なぜ僕は好きなことばかりやっていられるのか。それは、自分がワクワク、ゾクゾクしないことは、すべて他人に任せてしまっているからだ

他人の目を気にするのをやめないと、「自分の時間」は生きられない

という感じで、1日24時間を埋め尽くし、

「自分の時間」を生きるためには、仕事を選ぶ側にならなくてはいけない。  食べていくためにやめることができないと追いこまれながらやっている仕事は、いつだってその仕事の発注主の都合に振り回されてしまう。 「嫌だと思ったらやめればいい」と割り切ったほうが自分の人生を生きることができる

といった「能動性」「自己決定性」を持つ、というフィールドを創り上げ、

生きている時間、この瞬間を楽しまず、ただ歯を食いしばって努力したところで、思うような成果なんて得られない。

今がすべてであり、「将来の夢」や「目標」なんて必要ない。 「想定の範囲外」の新しいプロジェクトが次から次へと頭に浮かび、毎日がおもしろくてたまらない。僕はそんな人生を送っていきたい。

人生にゴールや終着点なんてあってたまるか。

僕は今日、明日、あさってと、常に自分を捨てながら新しい自分に生まれ変わっていきたい。 「多動力」こそ、僕が僕であり続けるための最大の原動力

というところが肝要であるようで、老若男女を問わず、生き方の指針の一つとなるといっていい。前を見て、アグレッシブに動く。ふたたびの閉塞感が漂いつつ有る昨今、見直すべき生き方であるのかも。

”人生”は「ゼロ」に「イチ」を足していくこと — 堀江貴文「ゼロ」(ダイヤモンド社)

ち込んでいるが、這い上がりたいときには、堀江貴文氏の著作は、かなり特効薬的な効果があっって、特に仕事で不遇感にかられている時なぞは、薬が効きすぎて、「別にこの会社に拘らなくてもいいんだ」というような違った効用が出ることもあるのだが、まあ、そこは個々人が咀嚼していかざるをえないだろうし、「ここだけが居場所ではないよ」という言葉にはかなりの真実があるのも確か。

本書は、氏がライブドア事件で服獄し、刑があけてから最初の著作というだけあって、罪に問われる前にくらべて、論述も良い意味で変化を遂げ、大きな影響力をもつインフルエンサーとして再デビューしたかっきてきなものという印象が強い。

構成は

第0章 それでも僕は働きたい

第1章 働きなさい、と母は言ったー仕事との出会い

第2章 仕事を選び、自分を選ぶー迷い、そして選択

第3章 カネのために働くのか?ー「もらう」から「稼ぐ」へ

第4章 自立の先にあるつながりー孤独と向き合う強さ

第5章 僕が働くほんとうの理由ー未来には希望しかない

となっていて、氏の幼少期の家族のことから始まって、ライブドア事件を経て、執筆当時(2013年)までの半生記である 。

で、本書で一貫して語られるのは「働く」ということで、それは、「金」とか「地位」とかの追及ではなくて、「誰かとつながっていること、社会とつながっていられこと」という、およそ「ネット時代の寵児」の頃には語れなかった言葉であるところに特徴があると言っていい。

とはいうものの、当方が堀江氏の著作を読むのは、出世争いに負けた時とか、不遇感を抱いている時の「カンフル剤」として読むことが多いので

チャンスとは、あらゆる人の前に流れてくる。大きな桃じゃないかもしれない。

葉っぱ一枚のこともあるだろう。そrでも、目の前に流れてきたチャンスに躊躇なく飛びつくことができるか、そこが問題なのである。(p100)

僕はこの「チャンスに飛びつく力」のことを、向上心とか目的意識とか、そんな堅苦しい言葉で語りたくない。もっとシンプルな、人ととしての「ノリのよさ」だと思っている。

チャンスを見極める目なんて、必要ない。少しでも面白いと思ったら躊躇せず飛び込む。そうしないと、せっかくやってきたチャンスは流れる桃のように過ぎ去ってしまう。(p101)

ゼロからイチへの足し算を繰り返し、自分に自身が持てるようになる。

何事に対しても「できる」という前提に立って、「できる理由」を考えていく。

そうすると、目の前にたくさんの「やりたいこと」が出て来るようになる。あれもやりたい、これもやりたい、という状態だ。自分がほんとうにやりたいことは何なのか、道に迷うこともあるだろう。

僕からのアドバイスはひとつ「全部やれ」だ。(P154)

といったあたりが、とても力強く感じるのはいたしかたないであろう。

さらには

僕らは「自分の時間」を生きるのか。それとも「他人の時間」を生かされるのか、を常に意識化しておく必要がある。(P208)

僕らの人生には「いま」しか存在しない(P211)

といったところでは、他人の評価を気にするあまり、「自分」というものが小さくなっている我が身を反省するのである。

本書の最後のメッセージは「はたらこう」だ。

年齢や、今の地位がどうであれ、大事なことは「前へ出ること」「やりたいことは全部やること」が本書のメッセージであるようだ。

さて、その声に後押ししてもらって、踏み出しませんか。