タグ別アーカイブ: 定食

鳥取県鳥取市・中村食堂で「おひるごはん」を食す

ひさびさに鳥取県鳥取市に出張。ちょうどお昼ごはんのじきになったので、鳥取市立図書館や鳥取市立福祉文化会館近くにある「中村食堂」でお昼ごはん。

ここは夕方から居酒屋になるお店で、締めに「ホルそば」が美味しいところであるな。

お昼は「おひるごはん」というワンコインのランチメニュー一択で営業しているとのこと。

現物はこんな感じ

20161129123232

いかがであろうか。かなりの豪華版である。そのせいか6人ほど入れる座敷、10人ほどのカウンターも一杯である。ハンバーグもあって重い印象をうけるかもしれないが、あっさりめの味付けで昼ごはんとしてはほどよい感じ。

駅から少し離れているのだが、鳥取裁判所とか鳥取県庁の近くで昼どきをむかえたらオススメではあるな

大戸屋「チキン味噌カツ煮定食」を食す

ブログの食レポは変わった店とか、評判の店とかをとりあげるのが通例ではあるのだが、「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている」よろしく日常の食事は、チェーン店で食したほうがメニューがバラエティに富むのと、味に間違いがないのが現実である。

当方の住まう辺境も以前は、一応の人口集積地・商都であったので、一膳飯屋ぽい定食屋、食堂が多数あったはずなのだが、今は居酒屋に席巻されていてほとんど見ない状態。

 

そういった時に、チェーン店の牛丼屋、定食屋というのは単身赴任者にはありがたい存在で、できうれば街の中心部に位置してほしいところであるのだが、残念ながら郊外店のケースが多い。ということで、今回も郊外店の大戸屋で「チキン味噌カツ煮定食」。

 

この定食は、大戸屋の人気度ランキングでも結構上位にあるような記事をネットで見るのだが、家ではおよそ作ることが難しいところがその要因ではないかと推測する次第。

で、現物はこんな感じ

20161103202150

このチキン味噌カツ煮の肝は、熱々で提供されることと、たっぷりの味噌ダレと半熟卵。チキンカツを味噌ダレにたっぷり絡めながら食すと、ハフハフしながらも満足感に溢れていくというもの。

定食屋の肝はこうした熱々感でありますな〜。

食べ物で知る「今」と「昔」の隔たり ー 今 柊二「定食と文学」(本の雑誌社)

文学の主要テーマは、恋愛(SEX)、諍い(戦争)、食べ物で大概のものは分類できると思うのだが、今回の定食シリーズは「文学」の中の「定食」を取り上げようという乱暴なもの。
構成は
第一章 二大定食作家 林芙美子と獅子文六
 コラム 林芙美子と牛めし
     横浜で獅子文六を歩く
第二章 三大定食映画監督 小津安二郎、山本嘉次郎、伊丹十三
 コラム タンポポオムライスの「たいめいけん」に行く
第三章 大阪定食彷徨 はるき悦巳、宮本輝、織田作之助
 コラム 定食屋でうどん定食を食べる
     大阪中華 酢豚定食エビフライつき
     「自由軒」でオムライス
第四章 児童文学と定食「いやいやえん」から宮崎県へ
 コラム 工業食品の極致・ちくわパン
     「千と千尋の紙隠し」制作日誌を読む
第五章 漱石の朝食と鴎外の青魚味噌煮
 コラム 京都の名店「今井食堂」
第六章 ブラジル定食 石川達三「蒼氓」から北杜夫「輝ける蒼き空の下で」まで
 コラム 「蒼氓」を歩く
     渋谷でフェイジョアーダ
となっていて、「文学」とあるせいか、昭和初期から戦後にかけての少々「権威」がでた作品が多い。
だが、その作品の選択がまた良い味を出していて、「食べ物」がこうした「ノベル」の味を深める効果というものを知らしめてくれる。

続きを読む