タグ別アーカイブ: 戦国時代

巨木が倒れる時、周辺の草花は — 伊東 潤「戦国鬼譚 惨」(講談社文庫)

戦国ものの小説やドラマ、はては歴史講座などは、どうしても景気のよい勝者の立場からのものが多いのだが、その際、敗者となった者は、ことさらに無能力や傲慢を指弾されたりするもの。特に、織田、豊臣。徳川といった戦国の代ヒーローたちに攻め滅ぼされたものは、そうした憂き目にあうことが多い。

本書は、そういうものの典型で、長篠の戦の後、織田軍の攻め込まれ、滅亡へと進む「武田」家の物語。しかも、滅亡の主役である武田勝頼を始めとする「武田家本家」ではなく、その周辺の物語である。

収録は

木曾谷の証人

要らぬ駒

画竜点睛

温もりいまだ冷めやらず

表裏者

となっていて、概括すると、織田勢から攻め込まれる木曾谷に始まり、武田家滅亡後、本能寺の変を経て、穴山梅雪が土民(本書では、土民ではないのですがね)に討ち取られるまで。

 

もっとも、本書の著者の伊東 潤氏は、「敗れた者」を描いたら手練の小説家。織田ー武田家の争いの中で、翻弄され、sるものは人質のカ家族を思いつつも織田に転じたり、信玄死後、勝家によって疎んじられた鬱憤から主家を裏切ったり、とか、滅びる時はかくあるかな、と思わせるような、武門の家が「崩れていく姿」を描いてくれるのである。

 

で、本書がおすすめなのは、失意の最中ではないがまだ傷をおっている時で、天下をとるために駆け上がっていく物語ではないので、精神を鼓舞されることはないのだは、心の傷口がまだひりひりしているときに、家の滅亡を取り巻く様々な生き方を見て、なんとなく慰められるところであろう。

「勝ち抜いていく」ことばかりが、おすすめの生き方ではないようであるような気がしてくる短編集でありますな。

 

こういう類の忍者の話は今までなかった — 和田 竜「忍びの国」(新潮社文庫)

しばらくは歴史・時代小説から離れていたのだが、映画化がされるということで久々に読んでみたのが、この「忍びの国」

時代背景は、織田信長が天下統一に乗り出している時で、場所は「伊賀」。

伊賀は、当方のような年代にとっては、横山光輝氏の「伊賀の影丸」であったり、白戸三平の「サスケ」の故郷、甲賀の敵方であったりとか、忍者者の舞台として、史実は別として馴染みの深い国名ではある。

筋立ては、伊賀の国の隣国「伊勢」の名門、北畠家の当主で、織田信長の息子、信雄を養子にさせられている北畠具教が、譜代の部下たち、長野左京亮、日置大膳らによって誅殺されるところから始まる。

この長野、日置は物語の重要な相手方の役割を果たしていて、いわば、伊賀の国に代表される「忍び」の対極にある存在といっていい。

で、話を大筋は、これをきっかけにして、織田信雄が伊賀の国に攻め込まざるをえないように仕向けられるのだが、伊賀の忍者たちが、どうやって伊勢の大軍を退けたかというもので、「のぼうの国」と同じような感じではあるのだが、主人公が手練の忍者「無門」であるせいか、伸びやかな感じは薄い。その一方で、忍びの技を伴う戦闘の迫力や、権謀術数の数々は、本書の方が上手で、このへんは好みがわかれるところであろうか。

もう一つ言うと、「銭」しか信用しないはずの下忍が一人の女性の歓心をかうために、我が身を賭け、戦争をリードするようになるあたりは、フィクションとはいえ、「男」の哀しさが滲み出ている感がある。

史書も物語の随所に引用されていて、どこまでがフィクションなのか定かではなくする工夫も十分生きてはいるのだが、まあ、難しく詮索せず、筆者の掌で、お話を楽しんだほうがよいですな。

さらには、「天正伊賀の乱」という、通常の国盗り物語の中では、殆ど語られることのない、忍者宇野国の戦争譚は、ウンチクの種としても使えそうな気がいたします。