タグ別アーカイブ: 料理人季蔵捕物控

「炊き込みご飯」よろしく事件の種類がてんこ盛り — 和田はつ子「料理人季蔵捕物控 秋はまぐり」(時代小説文庫)

料理人季蔵シリーズの17弾目の「秋はまぐり」は、表題通り、季節は「秋」。前作の「夏まぐろ」を前編に、今巻を後編に、といった感じで読むとよい。収録は

第一話 長屋はぎ

第二話 さんま月

第三話 江戸粋丼

第四話 秋はまぐり

最初の「長屋はぎ」は旨いと評判なのだが限定100個しか売らないという「おはぎ」の名手の婆さんが誘拐される。そして解放の条件が「おはぎ」を500個作って売るという、ふざけた内容のもの。当然のように季蔵が手助けに乗り出すわけだが、誘拐の本当の理由に、とあるお武家の秘宝が・・・、といった筋。

残りの「さんま月」「江戸粋丼」「秋はまぐり」は最初の「長屋はぎ」を導入譚にして、石原屋という油問屋を主な舞台に事件が展開する。この店の15年前にかどわかされた娘・藤代が名乗り出てくるのだが、この娘の真贋の確認を縦糸に、死んだ主の遺した金の仏像の相続争いを横糸に話が展開。途中、この藤代を名乗る娘が変死したり、最後の「秋はまぐり」では死人の蘇りとその死人に殺された噺家も出て、と相も変わらず殺人事件がぽいぽいと起こるのもこのシリーズの特徴ではある。最後は、前作「夏まぐろ」で出てきた、死人づくりの黒幕も顔を出し、さらに、夏まぐろで謎のままになっていた別嬪の女の正体も明らかになって・・、といったところで、江戸の闇の黒幕退治、といったいつものところに収めて溜飲を下げる。

そして、今回の惹かれた料理は

刻み終えた秋刀魚には、生姜汁と醤油、酒、味醂少々で味をつけておく。

昆布で出汁を取った大鍋に、短冊に切り揃えた大根を入れて火が通るまで煮て、ここに、刻んだ秋刀魚をつみれのように丸めて加える。石づきをとってばらしたしめじは最後である。

という秋刀魚の「するもん汁」や

俎板の上のなまり節がほぐされ、大きめにほぐした身と細かな見が容易された。

牛蒡もまた、やや厚くそぎ切りにしたものと、薄く笹がきにされたものが必要だった。

酒、醤油、味醂、少々の砂糖、生姜汁の入った二つの小鍋に、大きめのなまり節と厚めのそぎ切り牛蒡、細かくほぐした身には笹がきが合わされ、各々別々に煮付けられる。

細かなほぐし身と笹がきのほうは、準備してあった米と合わせて鰹飯に炊き込まれた

という「かつお牛蒡ご飯」こと、名を改めて「江戸粋丼」。双方とも地味ではあるが、しっかりとした味わいがありそうで、酒の肴にはならずとも、腹の空いた時にがっつりと食いたい「飯」ものが登場する。

本巻は、誘拐事件あり、大店の財産争いあり、死人の蘇り話あり、とかなりの盛り沢山なのであるが、これは秋に旨い炊き込みご飯と同じで、それぞれの材料の旨味を味わいながら、最後は満腹になりつつもお代りをしてしまう、秋の味覚によく似合った構成ではありますな。

マグロ料理の陰に殺人劇あり — 和田はつ子「料理人季蔵捕物控 夏まぐろ」(角川時代小説文庫)

料理人季蔵シリーズの第16弾のメイン素材は「まぐろ」である。本書によると、「まぐろ」は江戸っ子が珍重しない魚の代名詞らしく、

一年を通して獲ることのできる鮪は、下魚とされる秋刀魚や鰯にくらべても、さらに格が低かった。冬場、鮪の赤身を角に切り、葱と一緒に鍋に放り込んで似て食べる葱鮪にして、珍しい鯨汁はもとより、浅蜊や蛤を同様に使った鍋に比べてお、ずっと人気がなかったのである。脂の多い鮪は犬も喰わないとされて、猪や鹿、牛等の薬食いにも列せられず、丸ごと埋められて肥料にされることもあった(P82)

とのことであるから、現代の「鮪」の禁漁まで起こることを考えると、なんとも羨ましい限り。

収録は

第一話 幽霊御膳

第二話 夏まぐろ

第三話 茶漬け屋古町

第四話 山姫糖

となっていて、今回は怪談ものと戯作者・樫本喜之助が、結婚する女の昔死に別れた妹を呼び出して一緒に祝言をあげる「幽霊婚」での殺人から始まって、老舗の骨董屋・山本屋光衛門の甥・姪の因果な所業というところでお終いになる、オムニパスではあるが、四話が繋がっているという展開。

このシリーズの特徴ともいえる「料理話」は、「千切りにされた浅草海苔と炒り立てで芳ばしい胡麻、赤穂の塩」で食する「お茶漬け」も気を引くのであるが、やはり、「かんかんに熱した小さな鉄鍋の底に、腹なかのサクを人差し指ほどに切った一切れを、箸で摘んで押しつける、じゅっと音がしたとたん、裏に返してまたじゅっと焼く」炙り鮪や、「炭火でさっと炙った鮪皮を千切りにして、横長のお沖合皿の手前に盛り付ける。梅風味の煎り酒を隠し味に用いた酢味噌は、別の小鉢に入れて鮪皮の上に置き、戻したワカメ、千切りにした胡瓜、蒸した葱の茎を色良く横に並べ、箸でそれぞれを酢味噌に浸して食べる」鮪皮の酢味噌和え、といった「鮪料理」に惹かれるのは、現代人ゆえか。

事件そのものは、結婚相手の毒殺あり、据え物斬りの材料として死体を横流しする医あり、果ては、金持ちの兄妹のきまぐれのような殺人とか、まあ想像力たくましくすると血生臭さで、うっぷとなりそうなのだが、数々の料理がその生臭さを和らげいるのが救いか。

まあ、ミステリーと料理というのは、「美食探偵もの」とか「ネロ・ウルフもの」とかで、その親和性は証明済みなのであるが、時代小説でも例えば、池波正太郎の「鬼平」シリーズとかの先例はあるのだが、この季蔵シリーズは、謎解きの複雑さよりも、出て来る料理の多彩さと旨そうなところがなによりに特徴であろう。

さて、少々がっつりと鮪丼を食うか。あっさりとお茶漬けにするか、久々に夜食に悩みそうですな。

季蔵が旅をすると目先が変わって新鮮ですな — 和田はつ子「料理人季蔵捕物控 春恋魚」(時代小説文庫)

「春恋魚」とは「はるこいうお」と読ませて秋刀魚の糠漬けのことらしく、本書で季蔵が旅する磐城平で、飢饉に備えるために、秋口に大量となる秋刀魚を長く食すための工夫の料理であるらしい。今回は「武家もの」の色合いが強く、捕物帳らしいのは良いのだが、読み下すには、武張った、固めの筋が多い。
収録は
第一話 煮豆売り吉次
第二話 鮟鱇武士
第三話 春恋魚
第四話 美し餅
となっていて、前半の二作が、「お助け小僧」という義賊にまつわる話で、「煮豆売り吉次」は、杉野屋という旅籠の道楽者の主夫妻を諌める話なのだが、これがきっかけで「お助け小僧」の正体がばれそうになる話。でてくる料理は「花まんじゅう」という雛節句の菓子は出てくるがどうもぱっとしない。第二話の「鮟鱇武士」は、人は殺さないはずの「お助け小僧」が磐城平藩の江戸屋敷の土蔵を破って、ついでに勘定方の中川という侍を殺害したという嫌疑がかかるもの。そしてここの江戸家老がまた食い意地の張った上に意地の悪い男なのだが、果たして土蔵破りと中川殺しの犯人は本書でお確かめあれ。微に入った料理は少ないのだが
鍋で乾煎りした肝に味噌を加え、火が通ったところで、付け根の食感が独特のヒレやアラ、身を加える、大根は細切りにして加え、煮込む。あんこうから汁が出るので瑞は必要ない
という「鮟鱇のどぶ汁」はちょっとそそられるね。
第三話と第四話は、磐城平藩の事件を解決した後、そこの若殿様に頼み事をされて、磐城平に出向く捕物話。頼まれたのは、城下一の海産物問屋いわき屋の若主人殺しの謎解き。謎の陰には、先代の殿様の女道楽があって、女にだらしない殿様はとかくお家騒動の元をつくるのは定番であろうか。
惹かれる料理は、途中の水戸の「白子屋」というしみったれた小店で食す、「ぶつ切りにした骨付きのあんこうの身と葱しか入っておらず、澄んだ汁の味付けは市をだけであった」という白子のはいらない「あんこうの白子汁」と「骨付きの白身のぶつ切りを唐揚げ」にした「白子揚げ」というもの。
こうした気取らない、ざっかけなものに惹かれるというのは、年齢をとって、油についていけなくなったせいか、と思い、少々寂しくなるのではあるのだが。
さて、このシリーズ、江戸市中での事件が主で、品川、新宿とかの近くの宿場にも行かないのが通例なのだが、今回は、出不精の季蔵も、お奉行と大名に頼まれるとそうもいかないのか、北関東へはるばる旅をする。ちょっとした変わり種として楽しめますよ。