タグ別アーカイブ: 柴田よしき

若き女性の鉄道”旅”ミステリー — 柴田よしき「夢より短い旅の果て」(角川文庫)

鉄道ミステリーといえば、時刻表片手にあれこれ乗り換えの可能性であるとか、列車のすれ違いの時間差であるとか、やけに細かなアリバイとそれを崩す刑事たちの捜査が中心となって、残念ながら時刻表のような細かな字にはできるだけ接したくない当方のような類いにとって妙に苦手な分野である。

その点、この「鉄道ミステリー」は、謎解き役が、むさ苦しい中年刑事でなく、うら若い女子大生で、どちらかといえば「鉄道旅」ミステリーであるのが好印象。

とは言っても、構成は

夢より短い旅に出る【横浜高速鉄道こどもの国線】

夜を走る【急行能登】

非行少女の時をゆく【北陸鉄道浅野川線】

絶景へと走りこむ【氷見線】

いつか終わる旅【JR日光線】

長い、長い、長い想い【飯田線】

新しい路【沖縄都市モノレールゆいレール】

旅の果て、空のかなた【JR常磐線】

となっていて、時刻表の隙間をついた殺人事件こそないものの、それぞれの鉄道の魅力もしっかり書いてあって、そこは女性にはまだまだ珍しい「鉄道オタク」である筆者面目躍如というところ。鉄道ファンにも十分楽しめるのでは、と鉄道にはほとんど興味のない当方が勝手に憶測してみる。

筋立ては(少しのネタバレをご容赦いただいて)東京聖華女子大旅行同好会会員で、西神奈川大学鉄道旅同好会の正式会員になりたがっている主人 四十九院香澄(「つるしいんかすみ」と読むらしいが、結局最後まで当方は覚えきらんかった)が、叔父の失踪の原因を探っていくという全話を通じた太い謎に、それぞれの小話の、「夢より短い旅に出る」の三駅しかない鉄道から改札を出ようとしない男の謎であるとか、「いつか終わる旅」の電車内で偶然同行することになった、どこか世間ずれしているワンピースにウエスタンブーツ、山姥メイクの少女が一人で日光まで旅している謎とかが絡まっていくという形式。

総じて「鉄道ミステリー」とりわけ「鉄道旅」のミステリーは、「旅」という非日常なものが入り込んでくるせいか、現実のドロドロしたものからちょっと離れたふわっとした風情があるもので、がっつりとした社会派が好きな人はどうか知らないが、万人向けに、後味軽く読めるものが多くて、「無聊をうっちゃる」というミステリーの目的に非常に適った存在で、本書もまさにそのもの。

香澄の叔父の失踪の謎は何なのか、は本書に直にあたってもらうとして、そうした謎解きを楽しむとともに、「鉄道旅」のワクワク感を味わせてくれる一冊であります。

タイムトラベラーネタを使った時代ミステリー — 柴田よしき「小袖日記」(文春文庫)

以前のエントリーで森谷明子さんの「源氏物語」のシリーズを取り上げたのだが、それとはまた違った風味の「源氏もの」のミステリーがこの「小袖日記」。
設定は、というと、森谷さんの「白の祝宴」「望月の後」といった作品が、紫式部ないしは、その侍女の阿手木が主人公であるのだが、この「小袖日記」は、雷によって、紫式部の侍女「小袖」と意識が入れ替わった、現代の不倫相手に捨てられたOLというSF仕立ての設定である。
で、そういう仕立てであるから、源氏物語のSF的解釈かというとそうではなく、源氏物語の各帖の裏にある隠された事件の解決ないしは、各帖の基となった事件を解決する、という形。
収録は
第一章 夕顔
第二章 末摘花
第三章 葵
第四章 明石
第五章 若紫
となっていて、源氏物語のメジャーな帖ばかりである。
で幾つか、さわりなりをレビューすると、
第一章の「夕顔」は、原作では、六条の御息所の生霊にとり殺される夕顔なのだが、「小袖日記」では、彼女はいつも袖の中に菓子を忍ばせていて、ある時、それを口にすると血を吐いて死ぬのだが、彼女がいつも菓子を持っていた理由と彼女を殺害したのは誰か、
といった謎解きであるし、
第四章の「明石」は、舞台を明石で、原作では源氏の流罪中に寵愛を受け、源氏が都に帰った後、都へ呼ばれる「明石の君」の真相で、紫式部と小袖が明石で出会った「明石の君」と、都で再会するあ「明石の君」が別人なのだが、そのわけは
といった感じである。
まあ、森谷明子の「源氏シリーズ」とは違い、「源氏物語」を本歌どりした「異譚」といて読むのがよろしいのではないかな。