タグ別アーカイブ: 自己啓発

ガンガン前へ進んでいける劇薬的特効薬ですな — 堀江貴文「本音で生きるー一秒も後悔しない強い生き方」(SB新書)

堀江貴文さんという存在は、当方的には、アドバイスを生かす所、人生のどう行く局面で、「堀江氏」という薬を使うかということで、好き嫌いと効用の具合がはっきりしているように思う。

当方は、不遇感に苛まれている時とか、世間の低評価にしょげそうになっているときに、結構効き目がある「劇薬」で、場合によっては、生き方の体質改善効果をもたらすことすらある。

構成は

序章 なぜ、本音で生きられないのか

1章 言い訳をやめる

2章 バランスをとるな

3章 本音で生きられない理由は「自意識」と「プラウド」である

4章 すべてを最適化せよ

5章 本音で生きるために必要なこと

となっていて、表題をみるだけで、結構乱暴な処方箋であることが理解できるだろう。

その幾つかをレビューすると

誰かがあなたについてどう思おうが、それは自分の問題ではなく、相手の問題だ。  他人が誰を嫌おうと、何を考えようと、それはあなたの人生にはかかわりのないことだ。  一刻も早くそれに気づいて「放っておく」

とか

実現可能性をまず考えて尻込みするような人間は、リスクをとらないこと自体が最大のリスクだということに気づいていない。  こうして結局、小利口な人ほど、成功から遠ざかる。

といったあたりは、世間的な常識をゴンと壊すような音が聞こえて小気味いい。

かといって乱暴な言説ばかりかというと、そうではなくて

僕が見るところ、たいていの人は得意でないことまで無理に自分でやろうとして、パンクしてしまっている。あるいは、自分の持っているスキルや資格にこだわりすぎて、それに関係した仕事は全部自分でやらなければいけないと思い込んでいる。  自分がすべき本当の仕事、自分の持つ「コアバリュー」が見えなくなっている

自分のコアバリューが何かなど、頭で考えていてもわかりはしない。スキルや資格があるからといって、それがコアバリューとは限らないのである。

まずは、やりたいと思うことはすべてやろうとすること。そして、自分一人ではどうしようもなくなった時に、人に仕事を任せていき、そぎ落としたあとに残ったものがあなたのコアバリューだ。

とか

自分の意見をうまくアウトプットできないと悩む人もいるが、それはたんにインプットしている情報量が足りていないだけだ。インプットの量とスピードを増やせば、自然とアウトプットの量やスピードも増え、自分なりの考察が自然と湧き出てくるようになる。頭を使うべきは、自分の考察をどうひねり出すかではなく、インプットの量とスピードをいかにして向上させるかなのだ。

といったあたりは、ネットビジネスの世界に大旋風を巻き起こした、異能の経営者の姿が垣間見える。

続きを読む

ザクザク読める自己啓発本 — 神田昌典・宮島葉子「マンガでわかる 非常識な成功法則」(ぶんか社)

活字の原本でヒットしたものに、原本を底本にしたマンガをくっつけるという形は、人によって好悪が別れるようである。当方としては、マンガが結構読ませるものが多いのと、頑張っている女性のサクセス・ストーリーが多いせいもあった、もともと成り上がり物語の好きな方なので、結構好んで読む。本書もそういう類で

構成は

序章 成功は「悪の感情」から始まる

Comic1 凡人からの脱却

第1の習慣 やりたくないことを見つける

Comic2 潜在能力のスイッチ

第2の習慣 自分にかける催眠術

第3の習慣 自分に都合のいい肩書を持つ

Comic3 すべては小さな一歩から

第4の習慣 非常識的情報獲得術

Comic4 マイナス思考は情報収集で吹き飛ばせ

第5の習慣 殿様バッタのセールス

Comic5 「悪女」になって愛される

第6の習慣 お金を溺愛する

第7の習慣 決断は思いきらない

第8の習慣 成功のダークサイドを知る

Comic6 光と影を歩く

Comic7 TRUST YOURSELF

といった形。

マンガの方の物語の主人公は、システム会社のWebデザイナーをしている「恩田恵美」という34歳の女性が、人事異動でいけ好かない上司がやってきて干され始めたところで、社内起業のプランに応募して、イタリアの革小物とジェラートのショップを開店。いくつかの困難を乗り越えて独立、生涯の伴侶と一緒になる、ってな筋立て。

もともと原本の「非常識な成功法則」が結構乱暴なアドバイスが満載で

「いくら好きなことでも嫌なものは嫌。やりたくないことを無理にやるから悩んで挫折する」(P50)のだから「「嫌なことをやらなくてすむ」システムを考える

殿様バッタのセールス=相手から「お願いします」と頭を下げさせるセールスを目指し、「NO」のお客にムダな時間を使わない、まず相手に買う気があるかどうかを探る、自分にとってふさわしくない客は断る

といったあたりはその代表格であろう。

ただ、その根幹とするところは、「自分の目標を繰り返し、頭に刷り込む」「消極的なイメージはそれに引っ張られるので、それから極力避ける」といったメンタルの自己コントロールにあるといってよく、その意味で自己啓発本の本流といえば本流であろう。

ともあれ、こうした自己啓発本、しかもマンガでわかりやすくしてあるものは難しく考えずエッセンスだけを吸収するような気持ちで読むべきものであろうな。