タグ別アーカイブ: 落語

愛川 晶「芝浜謎噺」(創元推理文庫)

中堅落語家の寿笑亭福の助と、その奥さんの亮子さんをワトソン役に、ホームズ役に福の助の元師匠で病気療養中の山桜亭馬春をすえての、落語ミステリーの第二弾である。

収録は

野ざらし死体遺棄事件

芝浜謎噺

試酒試

の三作で、下敷きの落語はかなりの名題ばかりで、このシリーズのおきまりで、話の最初あたりや肝要なところで、落語の引用があるのだが、そこが謎解きに関連するかどうかは少々「?」がつくところ。

ざっと筋立てをレビューすると、

「野ざらし死体遺棄事件」は、落語好きで足袋の老舗の「桔梗屋」の主人の甥が売れない役者で、彼に「野ざらし・の展開が腑に落ちない、それどころかいいかげんだ、とケチをつけられて憤慨した福の助がその役者の難癖を解決しようと試みる話と、奥さんの亮子さんの厳格な伯父さんが、「野ざらし」さながらに河原で「骨」の発見を偽装する話と交錯して進む。

「芝浜謎話」は福の助の弟弟子の万年亭亀吉が、大それたことに、「芝浜」という大ネタをかけて故郷で独演会をやるという、身の程知らずなことから始まる話。もちろん、独演会をやる理由や独演会がハプニングなしに終わるわけではないのだが、ここでは紅梅亭の席亭の遠縁のお嬢さんで紅梅亭の中売りをしているお嬢さんへのストーカーっぽい事件やらが並行話として進行しながら、「芝浜」自体が大ネタである上に話に辻褄をあわせるのが難しい噺であるため、弟弟子が少しでも演りやすくするために、兄弟子の福の助が奮闘する筋立て。かなりおなじみの噺であるはずの「芝浜」が

「試酒試」は、その独演会本番。当然、横槍ありありなのがミステリーの定番で、亀吉の実の兄やその差金で動く男たちによって独演会がぶち壊しにされるところを、馬春師匠がきわどく防ぐ筋立てであるのだが、この顛末でおそらく、筆者はこのシリーズを長く書き続こうと決心したのかな、といらぬ憶測をする。

このシリーズ、落語の引用は多出するは、事件の展開や謎解きの肝心なところに落語のサゲやらが関係してきたり、落語が嫌いな向きにはちょっと手強いかもしれないが、お笑いブームが続く昨今、落語のことも少し勉強しながら読んでみてもよい。

さらには、

「どんぶり勘定」の「どんぶり」とは、「その昔、職人が着ていた前かけについていた大きなポケット」のことで「そこにお金を入れておいて、無造作に出し入れすること」に由来するそうで、けして「丼」ではないらしい

といった薀蓄もそこかしこに散りばめてあるので、ちょっとしたネタ探しに読んでみてもよいかもしれないですな。

 

落語フリークのミステリーここにあり — 愛川 晶「神田紅梅亭寄席物帳 道具屋殺人事件」(創元推理文庫)

落語がテーマで、主人公ないしは主要人物が落語家というミステリーといえば、北村薫の「わたしと円紫さん」シリーズが有名ではあるのだが、愛川晶の「神田紅梅亭」シリーズも、病気療養中の落語家の師匠をアームチェア・ディクティティブに仕立てて、弟子の落語家のおかみさんがワトソン役になって、落語家や落語がからんだ事件を解決していくという仕立てで、これもなかなか粋な出来上がりのミステリー。

収録は

 

道具屋殺人事件
らくだのサゲ
勘定板の亀吉

 

となっていて、おおまかな筋立てをレビューすると

 

「道具屋殺人事件」は、「紅梅亭」シリーズのデビュー作で、作者が親の介護で作家業のほうが閑古鳥が鳴いている状態の時の作品、とあとがきにある。そうしてみると、作者が妙に自分の趣味の赴くままに書いている感があるのは気のせいか。大筋は紅梅亭で前座が「道具屋」を演じているのだが、最後のサゲで扇子から、血糊のついた仕込みの小刀が飛びだしことに始まる、女性から金をだまし取っていた男の殺人の謎解き。二重三重に男女の因縁が交差して、ちょいと生臭い謎解き。

 

「らくだのサゲ」はワトソン役の亮子の旦那で落語家の福の助が、兄弟子福太夫の奸計で「らくだ」の新しいサゲを披露させられるというのが発端。「らくだ」という噺は、葬式の酒をせしめるため大家のところで死体にかんかんのうを踊らせたり、弔い酒で酒乱の屑屋が管を巻いたりと賑やかなせいかサゲ(落ち)が難しい話らしい。事件は、福の助の弟弟子が交際していた女性を殺したという嫌疑をかけられるもの。

 

「勘定板の亀吉」は、福の助の弟弟子の亀吉の噺が下ネタが多いのをみかねてのあれこれが伏線ではあるのだが、メインは亮子の務める学校の教師が、紅梅亭のネタ帳のコピーが欲しいといったことに秘められた内緒事の謎解き。

 

このシリーズ、探偵役は福の助の師匠の馬春師匠なのだが、脳血栓で言葉と体が不自由になっているので、片言の筆談しかできないので、アームチェア。ディクティティブとはいえヒントをいくつか出してくれるところまで。後は福の助と亮子が判じ物のように解いていくという筋なので探偵役はホントは誰かは渾然としているのは確かではある。

 

さらに、このシリーズの特徴として作者の落語フリークが如何なく発揮されていて、落語の引用はさかんに出るし、師匠の謎解きのヒントも落語という、かなりの落語色にベタ塗りされている。ミステリーを楽しむ底地に、興津要氏の落語の口述本や古屋三敏の「寄席芸人伝」、雲田はるこの「昭和元禄落語心中」あたりを一緒に読むと一層味が深まること請け合います。