タグ別アーカイブ: 近藤史恵

小味のきいた短編集をどうぞ — 近藤史恵「土蛍」(光文社時代小説文庫)

堅物同心・玉島千蔭を中心とする「猿若町捕物帳」も第5弾となった。
先んじる4冊(もっとも梅ケ枝の登場する第1作をその中にいれてはいけないかもしれないが)では、千蔭に周辺の、その巻をリードする形の女性が登場したのだが、この5作目は登場しない。まあ、シリーズを通して千蔭に絡む花魁・梅ケ枝がそうといえばいえなくもない。
 
収録は
 
「むじな菊」
「だんまり」
「土蛍」
「はずれくじ」
 
の4作
 
それぞれを簡単にレビューすると
 
まず、「むじな菊」は吉原の茶屋で火が出て、それで火傷を負った「梅ケ枝」が市中の旗本屋敷で朋輩と一緒に養生するところpから始まる。まあ、この旗本屋敷のことは、後の「土蛍」の伏線にもなっているのだが、それは置いといて、本筋は貧乏長屋に住む、妹・良江のところに博打好きの兄・作次郎が訪ねてきて金をせびっていく。そのうちに、この長屋の差配が殺される。この差配は兄を説教して諍いに成ったこともあるのだが、果たして犯人は・・、という話。「むじな菊」とは着物の柄で、八重菊の細かな花弁にも見えるが、一方で狢の毛並みにも見える柄のこと。見方によって、まったく異なる様相を見せる「人」の相と同じでありますな。
 
「だんまり」は辻斬りならぬ「辻の髷切り」の話。兄の借金の片に、吉原に売られそうになった、「お鈴」という巴之丞の一座の芝居作者・利吉の兄弟子の妹にまつわり話。博打と辻斬りの共通点がキーになるんだが、「ほう」と読むべきは、兄に依存していた妹が一連の騒ぎで逞しくなるあたりか。
 
「土蛍」は降って湧いたような梅ケ枝の身請け話を並行話としながらの、巴之丞と同じ芝居小屋で「新八」という役者が首を吊った事件の真相の話。新八は、師匠の杉蔵が孕ませた女性を女房にしているのだが、この杉蔵という役者、女を孕せては弟子に押し付けるという素行の悪さで有名なのだが・・、という話。で、梅ケ枝の身請け話の真相が、1作目の彼女たちが火事に焼け出されて世話になった旗本の家の奥方に関係するのだが、貞淑で従順な女性の怖さってのに底冷えしそうな感じがしますな。
 
「はずれくじ」は貧乏長屋でくすぶっている「直吉」という男が殺される事件。直吉は大工の息子に生まれるが、高所が苦手。それでも大工になろうとしてすぐに落下事故をして怪我をしてから、ケチのつき放題という男。彼は同じ長屋に住む「はる坊」に横恋慕している。そんな時、同じ長屋の後家に富くじをかてもらえないかと頼まれ、寺へ出かけたのだが、その途中に殺害されるとだが、犯人は・・という話。美しく育った「はる坊」というところに綺麗な女性好きの読者である当方は騙されてしまってのでありますな。
 
ということで、第5弾は、梅ケ枝と千蔭との仲が進展するわけでもなく、また二人の間に入る女性が登場するわけでもなく、ちょっと箸休めといった風なのであるが、箸休めで呑む酒が結構いけるように、風味が利いた話が多くて楽しめる一冊でありました。

またさらに堅物同心に誘惑がやってきた — 近藤久惠「寒椿ゆれる」(光文社文庫)

堅物同心・玉島千蔭と売れっ子の女形役者・水木巴之丞、売れっ子花魁・梅ケ枝の三者が繰り広げる捕物帳の第4弾。
 
収録は
 
「猪鍋」
「清姫」
「寒椿」
 
の三編。
 
このシリーズは、一冊ごとに千蔭に関係する「女性」が現れる筋立てになっていて、1作目は「梅ケ枝」、2作目は千蔭の親父の千次郎の内儀になってしまう、跳ねっ返りの「お駒」、三作目は、お駒の幼馴染の商家のお嬢様の「おふく」といった具合で
千蔭と良い仲になりそうで、離れていってしまうのであるのだが、今回は、どうも結納までいってしまいそうな、祐筆家のお嬢様の「おろく」という女性。
ただ、大身のお嬢様らしからぬ大柄で、やたら「数字」にこだわるという行き遅れでもある。
 
ざっくりとレビューすると
 
「猪鍋」は千蔭の若い母親となったお駒が妊娠し、つわりが酷いため、体が弱っている。そんな時に巴之丞に勧められた猪鍋屋にまつわる事件。この猪鍋屋、上方帰りの若主人によって大繁盛店になったんもだが、この若主人が上方で修行した見せの若旦那が敵で狙っているし、若主人は若主人で繁盛店の驕りか、女道楽が・・、といった事件の種満載の設定。さて、この店が急に繁盛店となった理由は?
 
 
「清姫」は、ご想像どおり「安珍清姫」が下敷きであるのだが、襲いかかられた巴之丞には見に覚えもなく、さらには犯人らしき娘にも覚えがないという筋。さらには、この犯人らしい娘が、「蛇」らしきあやしさではなく、「猫」に似てるとはあまり粋ではない。
 
三話目の「寒椿」は、今までの二話で千蔭と結納までいきそうになっている「おろく」嬢との仲が、案の定と言うか、大波乱、大破綻となる。もともと、祐筆の家の6女で、町奉行の同心の千蔭とは家格がまったく釣り合わないにもかかわらず、なぜにこうトントン拍子に縁談が進むのか、といったところの謎が解けると、千蔭のライバルの北町奉行所の大石の実直さが生きるというところであるか。ついでにいうと、「椿」はこの話でも首が落ちるということで忌み嫌われていることになっているのだが、他の説によれば、ポトンと落ちるところが「潔い」と実は評価されていたという話もあって、一筋から物事を捉えててはいけないということか。
 
さてさて、このシリーズも4作目となると、これからどう展開するか、とりわけ、千蔭と梅ケ枝との仲がどうなるか、が気になるところなのだが、ここまで、いろんな女性を登場させておい、最後にまさかのドンデンてなことがあるのかもしれんですね。

「買い物依存症」の女性に仕掛けられた罠とは? — 近藤史恵「カナリアは眠れない」(祥伝社)

近藤史恵氏については、時代物を最近レビューしてきていたのだが、久々にミステリーについてレビュー。
 
今回は書き下ろし作品で初版は平成11年であるので、時代風景、あるいは主人公たちの持つデバイスは少々古いのは間違いないのだが、この作品で描かれる「依存症」は現代に至っても消して解決しているとは思えず、むしろ当たり前の病理として深く我々の精神性の中に浸透してしまっている気がする。
 
筋立ては、筆者の得意な複数の流れがそれぞれに進行し、それが合流する所で、一曲に大団円、事件の解決、といったもの。
 
そして、その流れの一つは、大阪の三流雑誌の記者が、場末の整骨院で乱暴で風変わりの院長と、そのアシスタントの美人姉妹に出会う。彼女たちも、なにかしら精神的なトラウマを抱えているのだが・・・。というものと、かつてカード破産をした女性が見合い結婚を経た、今は若手実業家の奥さんにおさまっている。しかし、その買い物癖は治まらず、それどころか彼女の高級ブテックを経営する同級生にであったことで加速化し・・・、という二つの流れがどんとぶつかる。
 
今回の解くべき謎は、もちろん、雑誌記者の方ではなく、買い物中毒の女性に仕掛けられた罠であるのだが、その仕掛け人は・・というところは本書で。
 
こうした「依存症」を扱うものは、ミステリーであっても重くなりがちで、患者たちが陥った原因であるとか環境であるとかが深掘りされがちであるのだが、本書は、そういう事象は事象として扱っていて、いつの間にか、物語の主役の一人で、罠を仕掛けられる被害者であるんだが、買い物依存症の「内山茜」に、同調して彼女がなんとか助からないか、と思わせてしまうのは、筆者の筆の冴えであろうか。
 
まあ、本書は難しいことは考えず、買い物依存症の過去の女性に仕掛けられたサスペンス。ミステリーととらえて気楽に楽しむべきでありますね。

吉原と芝居小屋は「謎」の宝庫 — 近藤史恵「にわか大根」(光文社文庫)

堅物同心+(女形の人気役者+人気花魁)のトリオの捕物帳の第3弾。

今回は、短編集なのであるが、それぞれの短編をつなぐ筋が流れているので、それなりの統一感があるという凝ったつくりの短編集である。

収録は

吉原雀

にわか大根

片陰

の三編。

ざっくりとレビューすると

「吉原雀」は、第2作で千蔭をさんざん引き回した挙句、千蔭の父親と祝言をあげたお駒と父親の千次郎が旅行に出かけるところから始まる。旅行に出ていて、お駒が家にいないという設定が、三作目を通じて展開される「平野屋のおふく」をめぐる騒動の発端となる。

本筋は、吉原で三人も遊女が立て続けに変死する。流行病が吉原に流行っているということないのだが、共通するのは、かかった医者が「小川幻角」という町医者にかかっていたことと「雀」。三人の遊女は皆死因が異なっているようなのだが・・・、といったところ。

「にわか大根」は役者話。先回に登場した「おふく」(お駒の稚馴染み)が継母に邪険にされて塞いでいるのをなぐさめるために、市村座の芝居を見に行くことにうる。ここは、この物語のもうひとりの主人公である水木巴之丞の、向こうを張る「村山達之助」という役者がいるのだが、どうも上方から帰ってから、芝居がやけに下手になっている。その理由は、とさぐっているうちに彼の一人息子が芝居小屋から転落死する、という事件

「片蔭」はスリの茂吉が擦りとった財布を投げ込んだ天水桶から水死体が発見される。水死体は、船芝居の役者・片岡円蔵。彼の芝居は、船芝居ではありながら出来の良いものであるし、円蔵はまじめで人当たりもよく、人に恨まれることもおよそない。おまけに円蔵の相手方の谷与四郎は、巴之丞の上方時代の知り合いでもある。さて、円蔵はどういう理由で殺されたのか、という筋。

三作ともそれぞれの関連はないのだが、三作を通じて、お駒の幼馴染「平野屋のおふく」が、タイミングよく玉島家に逃げ込んでみたり、駆け落ち騒動を起こしたり、と、堅物同心の玉島千蔭も、そろそろ年貢の収め時か、と思うのだが、作者のデウス・エクス・マキナは、そう簡単には許さないらしい。

となると、千蔭と梅が枝の行く末は・・・、といった予測も出るのだが、され、次作以降、この二人の関係をどうするか気になるところではありますな。

 

「堅物同心」+瓜二つの「女形役者と花魁」、幽霊に出会う — 近藤史恵「猿若町捕物帳ーほおずき地獄」(光文社時代小説文庫)

「巴之丞鹿の子」で歴史ミステリー・デビューした近藤史恵さんの、堅物同心・玉島千蔭+女形の人気役者・水木巴之丞+花魁・梅が枝のトリオ・シリーズの第2弾。
今回は、お茶屋に出る「幽霊騒動」事件がメインなのであるが、千蔭の上役の与力の孫娘「お駒」との縁談話が並行話として進行する。
メインの幽霊騒動は、侍客がお茶屋・叶屋で洗い髪の女の幽霊を見た、という騒ぎが起き、幽霊が消えた後には、古い縮緬細工の「ほおずき」が落ちていた、というのが発端。
千蔭の縁談とは別に、事件の伏線のような女郎屋の2階に監禁されている「お玉」という娘の話も途中から並行し始めるので、筋立て的には、3つの話がそれぞれ別個に流れていく、といった構成。
「お玉」の話というのは、どうも昔の話のようで、女郎屋に監禁されている美人らしい「お玉」という娘と「徳さん」という男との出会いが語られ、果ては、徳さんと駆け落ちするが捕まえられ、手足を縛られて監禁を続けられる、といったもの。今回の幽霊話となにかしら因縁がありそうな風情で進行する。これは、筆者の術中に誘いこんで、人を混乱させたり、惑わせようとするのだな、と思いつつ、術中にはまってしまう自分が情けない。
もう一人、キーとなる人物は「花子」という白髪の夜鷹。白髪ではあるが、本当の老婆というわけではなく40過ぎぐらいの年齢であるようで、幽霊の出現に呼応するかのように出没する。これも当方の拙い推理を混乱させたのであるが、その正体と白髪になった理由は原本で。
千蔭の縁談は、というと、案の定まとまらず「梅が枝」との仲は次巻以降に期待というところだが、「お駒」の嫁入り先は、ちょっとやりすぎじゃないの、と思うのだが、これもまた原本で確認いただきたい。
込み入ったトリックとかはなく、語り口で読ませるタイプの時代ミステリーであるので、あれこれと詮索せず、うかうかと作者の手の内で転がされるように読んでいくのが一番でありますな。

下町のレストラン・ミステリー その2 — 近藤史恵「ヴァン・ショーをあなたに」(創元推理文庫)

レストランものミステリーが発展展開していくのに難しいのは、その場所の限界にもある。というのも、レストランという限られた場所・登場人物に縛られて、どうしてもその幅が拡充しないということあるからだ。この「ビストロ・デ・マル」シリーズもそうしたところに陥らないかな、と思っていたのだが、二作目では、レストランの外のミステリーを散りばめて、そこのところを回避しようとしているようだ。


構成は


錆びないスキレット
憂さ晴らしのピストゥ
ブーランジュリーのメロンパン
マドモワゼル・ブイヤベースにご用心
氷姫
天空の泉
ヴァン・ショーをあなたに


となっていて、例えば、「天空の泉」や「ヴァン・ショーをあなたに」はシェフのフランス修行・放浪時代にエピソードであったりする。
ただ、菜食主義者の突然の来訪に豆腐をつかったフレンチで対応したり、最近店に頻繁に訪れるようになった女性客がブイヤベースを好んで注文するわけとか、このレストランを舞台にした、誰も死ななない、というこのミステリー特有のほっこりしたところは健在であるのでご安心を。


一作目に引き続き「飽きのこない味」と表現しておきましょうか

下町のレストラン・ミステリー — 近藤史恵「タルト・タタンの夢」(創元社推理文庫)

美食モノのミステリーといえば、ネオ・ウルフものとかがあるのだが、レストランを舞台にした連作ミステリーというのは、場所が固定されているし、登場人物も之押されがちということで結構難しいものだと思うのだが、そのあたりをそつなく押さえたミステリーが、この「ビストロ・デ・マル」シリーズ。

構成は

タルト・タタンの夢
ロニョン・ド・ヴォーの決意
ガレット・デ・ロワの秘密
オッソ・イラティをめぐる不和
理不尽な酔っ払い
ぬけがらのカスレ
割り切れないチョコレート

 

となっていて、ほとんどが料理名とかお菓子の名前とかが表題に入っているのだが、かなりの部分が具体的に頭に浮かばない”フランス料理」音痴なので、それらの料理の講釈はご勘弁を願いたい。
で、ミステリーは、そのレストランで起こる、ちょっとした謎がほとんで、例えば、「タルト・タタンの夢」では、歌劇団の人気女優と結婚することになった男性の体調が急に悪くなった理由であるとか、「ガレット・デ・ロワに秘密」のように、店のサブ・シェフの志村さんが、奥さんと親しくなり、結婚した陰のちょっとした犯罪とか、謎が解けると、少しほっこりするようなお話が収録されており、最近、少し凝っている「ほんわり」系のミステリーである。
心が少し弱っていたり、逡巡することがある時に、ひと時、「憂きこと」を忘れされてくれるによろしいミステリーであります。

”自転車ロードレース”は戦略ゲームと捉えるべきか? — 近藤史恵「エデン」(新潮文庫)

前作「サクリファイス」で、日本ではあまり馴染みの無い「自転車ロードレース」というスポーツの世界を描き出されたのだが、本書は「サクリファイス」の主人公であった「白石 誓」の続編。

「サクリファイス」の最後の方で、スペインのチームからスカウトがかかっていたのだが、本作では、そのスペインのチームでアシストとしての実績をあげ、フランスのアミアンを本拠地とする”パート・ピカルディ”に移籍して、相変わらずクライマーでアシストというチーム内の位置関係にあるところは前作と引き続き。

本書の構成は

第1章 前夜

第2章 一日目

第3章 四日目

第4章 タイムトライアル

第5章 ピレネー

第6章 暗雲

第7章 包囲網

第8章 王者

第9章 パレード

となっていて、ツール・ド・フランスでの三週間あまりのチームの競技の様子がメインで、主人公の”誓(チカ)”は、チームのエースである、フィンランド人のミッコのアシストが役目なのだが、実はチームが解散の瀬戸際にいて、フランスの別チーム”クレディ・ブルターニュ”のエース”ニコラ”のアシストも、監督命令としてさせられる、という複雑なお役目も追加される、というのが今回のバックグラウンド。

自転車ロードレースというのは、自転車競技であるから当然、体を使うことがメインであるのだが、このシリーズを読んだら解るように、決してマッチョなだけのスポーツではない。むしろ、レースの駆け引き、それは相手を打ちのめすだけでなく、他チームを倒すために、時に敵と組んだり、一部のレースは手を抜いたり、といった複雑なものであるらしく、このあたりは、真っ向一本勝負の大好きな日本人には少し苦手な類であることは確か。

ただ、それは”スポーツ”、”記録競争”と見るからそうなのであって、”戦略ゲーム”の種類と思えば、レースで風除けともなる先頭を複数チームで代わりあったり、エースを勝たせるために”逃げ”てペースを撹乱したり、レースの速度コントロールを共同でやったり、とかあれこれとした作為も、作戦の一つ一つとして楽しめる。実際のところ、本書のレースの記述は、ほとんどがそうしたレース上の駆け引きと、エースを勝たせるため、そして、その隙間を縫って自分の成績をどう上げ、どうアピールするか、といったことがほとんどで、読んでいるうちに感情移入してしまうのは、作者の手練れの故か。

で、結局の所”パート・ピカルディ”は解散するようなのだが、レースの結果のせいか、主人公は、なんとかヨーロッパの別チームに移籍が叶いそうで、これからも”チカ”のロードレース参戦記が読めそうなのは嬉しいところでありましょうか。

”アシスト”という生き方 — 近藤史恵「サクリファイス」(新潮文庫)

もっぱら「モップの魔女」シリーズや「フレンチ・レストラン ビストロ・ド・マル」シリーズが中心で、何やら気が滅入りそうな気がして、自転車ロードレースのシリーズは食わず嫌いであったのだが、「食わず嫌い」の例にもれず、読んでみるとあっという間に引き込まれたミステリーであった。

構成は

第1章 チーム・オッジ

第2章 ツール・ド・ジャポン

第3章 南信州

第4章 富士山

第5章 伊豆

インターバル

第6章 リエージュ

第7章 リエージョ・ルクセンブルグ

第8章 惨劇

第9章 喪失

第10章 サクリファイス

となっていて、大まかに言えば、高校時代は陸上で注目されていたが、今は自転車のロードレース選手に転向している「白石 誓」(しらいし ちかう)を中心に、彼が所属する「チーム・オッズ」のツール・ド・ジャポン、そしてリエージュ・ルクセンブルグという二つのロードレースの参戦記録と、アシスト役である白石誓が記録を残し、それが思いもかけないステップアップに結びつく、といったのが大筋ではあるのだが、そこにチームのエースである「石尾豪」が過去、一人の有望選手を”潰した”と言われる事件と、「オッズ」の新エースを狙う白石の同僚の「伊庭」の動きが絡んで話が展開する。

途中から、白石の幼馴染で若い頃の恋人であった「初野香乃」という女性と、石尾に”潰された”とされ、今は車椅子ラグビーの選手となっている「袴田一平」という伏兵も登場して、少し錯綜気味になるのだが、そこは”大筋”の話の大事なスパイスと思っておけばよく、石尾が起こした事故(事件)の動機と、彼の事故との共通する謎をどう説くか、がミステリーとしての中心。

で、表題の「サクリファイス」というのは”犠牲”といった意味らしく、この言葉がシンボライズするものが、この物語の大事なキーとなっていて(これ以上は”ネタバレ”が過ぎるのでここらあたりでお茶を濁すのだが)、

チームのエースがパンクすれば、エースをアシストするチームメイトはホイールを差し出す。それがロードレースの定石

ロードレースにはエースとアシストという役割分担があるのだ、

個人競技には見えるが、実は団体競技に近く、ひとりひとりが勝利を目指すのではなく、アシストの選手は、エースを勝たせるために走る。その結果、自分の順位を下げることになっても

といったことを基本にしながらも、展開によっては”エース”が交代する。といった複雑な性格を持つ「自転車のロードレース」をうまく料理して、見事な皿に仕上がっている。

さらには、こうしミステリーそのものの楽しみとともに、アシストに自分の役割を見出だし、それが評価される「白石 誓」の姿に、何やら古武士の風合いを見る感じもして、エースかアシストか、といった人の生き方を考えさせれくれるところが欲張りなところ。

最後に、話の中心とはそれるが、アシスト役を務める白石に自分の姿を投影する、いわゆる”傭兵”的な仕事をする向きに

サントス・カンタンが欲しがっているのは、エースになる人材じゃない。エースのために身を粉にして働くアシストだ。・・・スペインのチームが欲しがっているのはスペイン人のエースだ。

彼は知っていたのだ。サントス・カンタンが求めているのは、ひたすら自分の勝ちのみを求める選手ではなく、チームのために喜んで身を投げ出すこともできる選手だと。

知っていたからこそ、あのとき僕も一緒に止まらせた。

(中略)

アクシデントは必要だ。そのとき、どういう行動を取るかで、選手の真髄が見える。

といった言葉を贈って、その働き方を讃えるとするか。