タグ別アーカイブ: 高橋留美子

高橋留美子「高橋留美子劇場 4」(小学館 Kindle版)

とりあえず今のところリリースされている「高橋留美子劇場」の最終巻。

収録は

「ポジティブ・クッキング」

「年甲斐もなく」

「運命の鳥」

「しあわせリスト」

「隣家の悩み」

「事件の現場」

初出は2007年から2011年。長編連載としては「犬夜叉」の末期、「境界のRINNNE」の初期といったあたり(もっとも「境界のRINNE」はまだ連載中なので、初期という表現が適当がどうかはよくわからんが)。

時代的にはかなり今(2016年)に近づいているので、過去の思い出の世界というより、ついこの間の時代といっていい。ただ、動きの早い時代であるので、2007年の新型インフルエンザやタミフルといった話題や2010年のWindows8のリリースなどは、かなり遠い話になっているのは確か。

収録話のストーリー的に目立つのは、家族が意外な一面を発揮しててんやわんやになるもといったものや、社宅の隣家の上司の奥さんの浮気疑惑で浮き出る嫉妬の数々、とか。姉の突然の同居で揺さぶられる弟家族の平穏であったが、といったところで、騒動のあとの大団円というもの。

まあ、社会の不安が増して、行く末のわからない事態が増えれば増えるのであれば、それと反対に、フィクションの世界は予定調和の世界を描いてもらわないとやりきれないよね、というところで、これが世間が平和であればフィクションの世界では乱世、不安定を求めるのであるから、人間というのは気まぐれなものである。

高橋留美子「高橋留美子劇場 3」(小学館 Kindle版)

シリーズものでレビューしている「高橋留美子劇場」であるのだが、3巻目の収録は

「日帰りの夢」

「おやじグラフィティ」

「義理のバカンス」

「ヘルプ」

「赤い花束」

「パーマネント・ラブ」

初出は2000年から2004年。長編は「らんま1/2」が連載中。世情的には、21世紀が終わり、2001年は池田小事件、2002年は雪印の偽装事件、2003年はSARS、2004年は中越地震といった風に不安定な時代が始まった予感がする頃ではあるせいか、この巻は、初恋の中学校の同級生との再会とみせかけての夫婦の愛の確認(「日帰りの夢」)であったり、単身赴任が終わって実家へ帰ってきた父親と息子の関係修復(「おやじグラフィティ」)であったり、妻の入院で体の不自由になった父親とあらためて向き合うこととなった息子(「ヘルプ」)であったりと、家族の絆の「修復」や「結束の確認」といった筋立てが多い。

ざっくりとした感じで言うと、21世紀というのは、戦争の世紀であった20世紀から脱して夢のある世紀であるはずであったのだが、どうも災害は多いし、いままでグローバル化やらフラット化やらと世界は「一本化」の方向へ進むのかと思いきや、「局地化」と「分散」が始まって、どうも今までの離合集散の歴史と大差ないのではと思わせる。

そうした時に、回帰したくなるのが、やはり「人と人とのつながり」であるとか「紐帯」であるとかの、ごくパーソナルな関係の心地よさと大事さというのも一つの「解」であって、そのあたり高橋コミックはきっちりとおさえていて、流石といわざるをえない。

とはいうものの、やはり前近代の名残をとどめている「家族」というものは、どこまで機能が確保されるのでありましょうか。

高橋留美子「高橋留美子劇場 2」(小学館 Kindle版)

引き続いての「高橋留美子劇場」の第2巻をレビュー。収録作品の初出は1994年から1999年なので連載ものとしては「らんま1/2」の後期、「犬夜叉」の前期という時期。

 

収録作品は
「専務の犬」
「迷走家族F」
「君がいるだけで」
「茶の間のラブソング」
「おやじローティーン」
「お礼にかえて」

 

2巻目の中心は「家族」、しかも、どこにでもいそうな「中流サラリーマンの家族」である。「専務の犬」の主婦、「迷走家族F」の中1の女の子、「茶の間のラブソング」の幽霊の主婦ないしはその旦那、といったふうに語り手は変わるのだが、その中心は、グダグダに見えて、物悲しいが、紐帯はしっかりとしている昔ながらの「家族」である。

 

考えてみれば、昭和から平成に移る中で、我々が失ってきたのは、こうしただらしがないが、安心できる「家族」であるような気がしていて、そのあたりは、インターネットが家庭から個人へと推移する中で消えていったものであるような気がする。

 

もちろん、こうしたネットワークにどっぷり浸かるなかで、ぐだぐだではあるが居心地の良い家族関係というのもおそらくはあるはずなのだが、残念ながら、その発見者は、我々のようなインターネット草創期の人間ではなく、物心ついた時からネットワークの中にいた今のごく若い層であるのだろう。

 

まあ、我々のような中途半端なネットワーカーたちは、昭和の匂いのする、昔の自分達を懐かしみながら、わはわはと、高橋留美子の世界に浸るとしましょうか。

高橋留美子「高橋留美子劇場 1」

普通の場合は、長編の構想力はすごいが最近短編がね、といった風で、売れっ子になって連載が忙しくなると、短編のほうがどうしても切れが悪くなるのが通例であるようで、長編と短編の才能は別物であるような気がする。

そうしたところで、どちらもこなすという稀有の才能が小説界であれば宮部みゆき、コミック界では高橋留美子の右に出るものはいないな、と勝手に評価をしている。その高橋留美子の短編を集めているのが、この「高橋留美子劇場」。たしか他のシリーズ「るーみっくわーるど」のシリーズがあって、確かそれは氏の初期の短編が多かったような気がするが、この「劇場 1」は1987年から1991年の初出のものが収録されていて、「らんま1/2」の連載中でもあるので、まあ中堅期の作品集ということか

 

収録は

「Pの悲劇」

「浪漫の商人」

「鉢の中」

「百年の恋」

「Lサイズの幸せ」

となっていて、ミステリーやらの名作にちなんだような名前だが読む限り関連性はない。

で、高橋留美子氏の短編は、ホラー色の強いものと、パロディ・お笑い色の強いものとが印象が強いのだが、この短編集のような「お笑い」の衣をまといつつも、人生の一断面を切り取って、ほろっとさせるものがまた良い味。

例えば、「Pの悲劇」はペット飼育禁止の公団住まいのサラリーマンのが商談先の外国人(サンスター氏というらしい。おそらくペンギンにちなんで、こうしたキャラを思いついたに違いない)の依頼でペンギンを預かることとなったドタバタではあるのだが、執拗にペット飼育禁止を訴える同じ団地の隣人の本音を垣間見させるところや、「鉢の中」のように、義母と旦那に事故で先立たれた隣人から預かった植物の鉢の中から見つかった「人骨」の正体にあれこれ怯えるホラー仕立てのように見せて、実はその隣人の家の意外な実情といったところは、「ほぅ」と感嘆の声を上げてしまう。

 

どうも、ずぶずぶと入り込んでしまいそうな短編集のシリーズなので、Amazonさんには全巻買いの対象にしておいてもらいたいものでありますな。(私は単品買いで4巻まで買ってしまいました・・・)

高橋留美子「鏡が来た」

「うる星やつら」に始まって、「らんま1/2」「犬夜叉」などのミリオンセラーを輩出し、コミック界の大御所となった高橋留美子大人であるのだが、個人的には、コミック・ホラー(ちょっと矛盾した表現なのだがご容赦を)の掌編にその凄さが凝縮するような気がしている。

本書の収録は

鏡が来た
リベンジドール
星は千の顔
可愛い華
with CAT
MY SWEET SUNDAY

となっていて、本気のホラーは、表題作の「鏡が来た」で、後は、ホラーの匂いはあるがコミックの気配が強い作品が多い。
もっとも、「鏡が来た」にしても、鏡による人間の邪心の「浄化」の過程で、美少女と眼鏡少年が出会うという、Boy Meat Girlの典型といえばいえなくなく、恐怖だけをぐいぐいと押し付けてくる、ありきたりの「ホラーもの」と違ってあちこちに笑いが挟まるのが、「るーみっくわーるど」の心地よさでもある。

なお、最後の「MY SWEET SUNDAY」はあだち充とのコミック風味の交換日記で、手塚治虫、石森正太郎、藤子不二雄の次の次の世代がコミックの世界にどう憧れをいだき、どう漫画家を目指したか、といったところが日本の漫画の歴史の一幕を同時体験できて面白い。

高橋留美子のホラーはどうかすると、夜中に後ろを振り返ってしまうぐらい怖いものもあるのだが、ソフトホラーといったテイストで、あまり心臓に負担をかけずに読める短編集でありますな。