生物」カテゴリーアーカイブ

サイモン・コンウェイ・モリス 「カンブリア紀の怪物たち」 (講談社現代新書)

珍しく、古生物学の本を読んだ。
古生物といっても、恐竜とかマンモスとか剣齒虎といったメジャーで人気のあるものではなく、もっと昔、 カンブリア紀 である。
私が、まだ若い頃は、カンブリア紀といえば、茫漠とした太古の時代で、三葉虫が主役。そんな虫みたいなわらじみたいなのが、泥の中や海底の砂の上を這い回ったり、潜り込んだりしている、妙に平和な時代と教えられていたように思う。
ところが、カナダのバージェス頁岩や中国の澄江とか、グリーンランドのシリウス・パセットとかの発掘が進むに従って、捕食動物、もっと平たく言うと肉食動物というか肉食の生き物が出現し、食われる方の生き物も硬い殻をつけたりして防御にいそしみはじめた時代で、のどかどころではなかったようだ。
しかも、「カンブリアの大爆発」といわれるように生命の形態のとんでもなくたくさんの姿が、まるで実験室かアイデアのブレーンストーミングのように出現した、なんとも賑やかな時代だったらしい。
これは、本書の口絵をみるだけでもよくわかる。(というか口絵を見て、あやしげな進化モノかと思って読んだら、真面目な古生物学の本であった。)

anomarokarisu.jpg







ゴカイみたいな「セルカーキア」

紐で編んだ筒みたいな格好をしている「ヴォーキシア」
三葉虫に5つの目をつけて、象の鼻のような触手をつけた「オパピビア」
二枚貝とイカを合体したような「オダライア」
そして、カンブリア紀の怪物。大きな葉っぱに、デカイエビの頭のような顔と二本の角みたいなカギ爪をつけたアノマロカリス
(アノマロカリスの画像をググッたら、かなりの数がヒットした。なかには、萌え系のアノマロカリスもあったぞ。なんか勘違いしてないか・・・)
などなど
しかし、子供がもし、こんな動物を書いていたら、「もっと真面目に考えなさい」と言いそうな生き物ばかりだが、こうした奇想のデパートみたいな生き物群も、収斂するというか、一定のデザインに落ち着いていたのだろう、こうした奇妙な生き物を見かけることはない。
本書の最後の方に書いてあるように、生き物のデザインは限られるというか、ほぼ、同じパターンが繰り返されることはよくあるようだ。
哺乳類の剣歯トラと有袋類の剣歯ネコ(ネコとはいってもカンガルーやオポッサムの仲間らしいが)
イクチオサウルスなどの魚竜と哺乳類のイルカ
そういえば、生き物は、何度もプロトタイプというか、試作品を重ねて完成品になっていく。
たった一種類、先行するプロトタイプもなしに生まれたのが人類。
もしかしたら人類は、きたるべき生き物のプロトタイプか・・・といったSFもあったような。
人が生き物として試作品かどうかは別として、子供の頃の奇想が、いつしか平凡なものに修練していくのも、こうした生き物の法則なのだろうか。また、どんな大人も子供の頃は同じような夢をもつのも生き物の法則なのだろうか・・・

ロバート・シルヴァーバーグ「地上から消えた動物たち」ハヤカワ文庫

地上から消えていった動物たち、ドードー、ステラーカイギュウ、リョコウバトなどの絶滅の記録を綴った「絶滅本」の古典といってよい作品。筆者は「夜の翼」などでおなじみの、あのシルヴァーバーグ。
太古からの生物の進化・絶滅の歴史をみれば、種の絶滅は珍しいことではないのだが、この本でとりあげられているのは、「人間の手」による絶滅である。「人間の手」による絶滅の何が問題なのかということについて、筆者は、それが、自然ではなく人間の意図や無知によって大量に、効率よく絶滅させられるからにあると言う。
航海中の貯蔵肉にも使われたが、主には植民者の連れてきた犬や勝手についてきたネズミに雛や卵を食われて絶滅したドードー
貴族たちの狩猟の獲物や農民の手軽な肉源として狩られつくされたヨーロッパのオーロックスとアメリカインディアンの貴重な食料源であったため、インディアンを滅ぼす対策として狩られたアメリカバイソン
動作が鈍いために手軽に手に入る毛皮として狩られつくされたステラーカイギュウ
ホッテントットの食料用の肉と農民の丈夫な穀物袋のために絶滅したクアッガ
有史以前の人類によって絶滅したらしい(?)モアやオオナマケモノ
そして一時は北アメリカ大陸を埋め尽くすほどいたためハンティングの格好の対象となり、気が付くと、一羽もいなくなっていたアメリカリョコウバト
あやうく絶滅の危機から逃れた動物がいないわけではない、クイナの一種のノトルニス、氷河期の野生馬の末裔のブルフェワルスキーウマ、亜熱帯に住むガンのハワイガン などなど
しかし、こうした絶滅から免れた動物たちもいつ再び絶滅の淵につきおとされてしまうかわからない不安定なものであることには間違いない。
筆者は、「われわれが「多種多様の香味深くかつ珍しい動物たちにとってあんまりよい管理人でなかった」ことを自覚し、「後世の人々が20世紀を語る時、その(絶滅の)リストがさらに長いものにならぬようにわれわれが食い止めたのだといってもらえるようにしたい」でしめている点には物足りなさを覚えるが、1980年代半ばに刊行されたもので、あればやむをえないか。
その後の自然保護運動の高まり(行き過ぎも含めて)の大きな流れを作り出すもとともなった一冊といってよい。
犯人探しをするわけではないが、私たち人間がこの世界から消してしまった動物たちの多さ、多様さにあらためて気が付いて、ちょっと気がめいるのは確か
「誰がコックロビンを殺したの」・・・「それは私」と人間が言った。