山陰プチ旅行 その1 コナン博物館、倉吉赤瓦

連休も最後の方に近づいてきて、家にこもっているのにも飽いてきたのと、弟家族がやってきたのを幸いに日帰りのプチ山陰旅行に出かけた。「プチ」ということで鳥取県の中部〜鳥取砂丘という限られた範囲での物見遊山。

まずはコナン博物館。さすがに連休とあって子供連れが多い。ほとんどの子どもたちがクイズの解答用紙を片手にあちこちを走っている姿が印象的。
以前来た時と外観はあまり変わっていないので、内装の一部だけを撮影
konan.jpg
さすがに大人の集団なのであまり時間は潰せず、昼食をとることも兼ねて倉吉赤瓦へ。
ここは古い街並みの土蔵群を再利用した、鳥取県のリノベーションの発祥の地と言っていいのだが、最近あまり新しい話題が聞けなかったのだが、行って見るとどうしてどうして新しい食事処が増えていたり、完全に定着した感がある。
まずは赤瓦の各館を散策。
akagawara-1.jpg
水路沿いにはこんな感じで土蔵群が続く。
akagawara-2.jpg


akagawara-3.1.jpg

アジア系の外国語も多く聞こえて結構、国際的な観光地になっている様子
akagawara-3_3.jpg

蔵にはこんな入口から入る。ここでは豆腐の燻製を買った。昨日から燻製づいているのである
ということで、落ち着いた街並みは健在で、人出も結構あれど騒々しくない観光地は健在でありました。
akagawara-5.jpg

コメント

タイトルとURLをコピーしました