新しいカプセルホテル「ファーストキャビン」に泊まってみた

最近の大量の中国人客の影響もあってか、本日の宿泊先で手頃な格安宿がみつからない事態に遭遇した。こんな時、やむを得ないと高めのホテルをとるか、とことん安宿へシフトするかの選択になるのだが、「飛行機のファーストクラスをイメージした新しいコンパクトホテル」という触れ込みの「ファーストキャビン」の「築地店」が運良く空いていた。といっても、「ファーストクラス」をイメージしたほうの「ファーストクラスキャビン」は空いていなく少し狭くて、椅子・机のない「ビジネスクラスキャビン」の方。といっても、ここが朝食込みで6000円なのだから格安であろう。
場所は、日比谷線の築地駅からほど近く。確かにすべてのキャビンが駅近5分以内という触れ込みは伊達ではない。
チェックインして、寝室のエリアに入るカードと貴重品ボックスのカギを受けとると、寝室のフロアに。寝室エリアにはカード認証して入るスタイル。
トイレと洗面所が寝室部分とが分けられていて、トイレの出入りにキーが要るのが面倒といえば面倒
部屋を外からみるとこんな感じ。
20151021211544
部屋はビジネスキャビンは上から下へ降ろすアコーディオンカーテンで仕切る。全部降ろしても、下のほうが少し空くが、部屋の中からはベッドの陰にうまく隠れて気にならない。
中は結構広い。
20151021211552
天井まではベッドの上に乗って180cmぐらいあるので、中位くらいの体格であれば立ち上がって着替えもできる。
テレビはカプセルホテルの常として、イヤホンで音は聞く。フロントでも貸してくれるが結構ごついやつなので、自前のものを持参したほうがいいだろう。

アメニティなどは、バスタオル、タオル、体洗い用のタオル、歯ブラシ、館内着。
櫛と髭剃りはフロントでもらう形。
20151021222218
貴重品入れはかなり大きくて深い。小さめのビジネスバックならすっぽり入るかな。
20151021212055
音がけっこうはいるのはカプセルホテルの性(さが)としてしょうがないが、キャビン内に入り込むと結構密室感はある。
このほか、Wifiは完備。階ごとにアクセスポイントがあるようで、末尾のナンバーが自分の階のものを選択すると一番電波が強い。
さらに、コンセントは100Vのものが二口。壁の上の方にあるので、充電ケーブルは長めのほうがよい。ケーブルはフロントで貸してくれるようだが、借りなかったので詳細は不明
難点は、空調は結構効いているが、アコーディオンカーテンを閉めるとさすがに暑い感じがするのと、アコーディオンカーテンの開け閉めのシュッと言う音はかなり響くあたりだが、そもそもはカプセルホテルなので、ここは我慢せざるをえないでありましょうな。
21:30頃にチェックインした時は結構空いていたが、23時を過ぎると続々と部屋が埋まってきて、結局は満室になっていた。
外国人、特に欧米人らしき人が多い。女性の欧米人二人連れもちらほら。日本人らしい女性も多い(大阪弁で話しかけられたから多分、日本人だろう)。男性と女性が階によって分けられているせいだろうか。
合宿所感がどことなく漂うので、プライバシーを極度に重視する方には向かないが、カプセルでもいいが、せめて、ちょっと洒落たところを、といったささやかな望みを抱く方には、仮に普通のビジネスがホテルが空いていても、充分、選択対象でありますな。
ついでに、お風呂は大浴場とシャワー室があって、大浴場は浴槽も大きく銭湯感覚で入れるのが好評価であります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました