ちょっと値段がハードル高いのだが、気になる端末「Pomera DM30」が発売になるらしい

キングジムから、ポメラの新作が発表され、6月初めから販売されるとのこと

ネタ元:C-net Japan 「ポメラ10周年記念—キングジム、E Inkを搭載した新・デジタルメモ「ポメラ」DM30」

まだ、スマホやMacbokk、あるいはタブレットが一般的でない頃、パソコンではない入力専用端末というのは、一種独特の吸引力があって、当方も、DM10、DM25まではお世話になった。

もっとも、DM100のあたりから折りたたみからストレート端末に変わって違和感があったのと、発売が2011年なのだが、2010年にMacbook Airの11.6インチモデルが発売され、Macbookへと走ってしまったので、ポメラ愛好者とはいい難いのだが、今回は、折りたたみ型への原点回帰ということで、ちょっと気になる存在である。

というのも、最近、持ち運ぶもののミニマル化に向かっていて、できるなら、手ぶらで動きつつも、アウトプットの環境は、Macbookを持ち歩くとの同じぐらいのパフォーマンスが確保できないかなと考えているせいでもある。

 スマホだけ、という選択肢もあるのだが、当方のような中高年は、どうしても「キーボード」の存在にこだわってしまうのだが、BlueToothのキーボードでは、正直ちょっと頼りないのが実感である。

さらに、スマホやタブレットというのjはどうしても他のアプリの湯涌があって、メモや原稿の入力がちょっと油断すると脇道へ逸れてしまうという弱点ももっている。

なので大きささえ手頃であれば、こうした入力専用端末というのは、がっつり物書きに専念したい時にはとても便利なので、ちょっと試してみたいのだが、問題は値段。iPadの廉価版を上回る状況であるので、ちょっとハードルが高いな〜、というのが実感である。なんとか2/3ぐらいにならんもんですかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です