Kindle  「幻冬社 50%ポイント還元」、「すばる社 50%ポイント還元」から気になる本をピックアップ

まずは6月8日から6月21日まで、幻冬社の50%ポイント還元が実施されているので、気になる本をピックアップ。

幻冬社は、社長さんのポリシーゆえか、かなり尖ったビジネス本が出されるイメージがあるのだが、今回も、若手のビジネス界のオピニオン・リーダーたちの本が多数リリース。落合陽一「日本再興戦略」、佐藤航陽「お金2.0」、前田裕二「人生の勝算」堀江貴史「多動力」、西野亮廣「革命のファンファーレ」、尾腹和啓「モチベーション革命」といったところは、既製の権力構造に抗うように新しいビジネスの潮流を起こしている面々の著作であるので、おじさん層も読んでおいたほうがベター。

特に、組織内で仕事をきちんとやってきた多くのサラリーマン層には「ガリッ」と」くるところもあるが、「副職の自由化」や「人生100年時代」など、今までの「組織中心」の就業構造を、それを推奨してきた体制側から変化させようという時代背景の中では、今まで従順に働いてきた我々も、自衛のために備えることも必要ではないかな。

 

 

さらには、そうした働く環境の変化の根底には、人と人とのつながりの変化、仕事への意識の変化ということが当然ある。そのあたりを「佐々木俊尚「広く弱くつながって生きる」、中野信子「シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感」、斎藤和紀「シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件」、本田直之「レバリッジ時間術 ノーリスク・ハイリターンの成功原則」といったところでおさらいをしておくか。

 

 

とはいうものの、ビジネス環境がどう変わろうと、あるいは若手にどう凌駕されようと、「不変」「不動」の精神は大事にしたい。批判はあれども、中高年世代には「失われた10年」と言われようと、バブル崩壊後の日本を背負ってきた「歴史」はある。改めて、半藤一利「歴史と戦争」、出口治明「人生を面白くする本物の教養」といったところで、今までを振り返りつつ、残りの数十年へ向かう「進む力」を養いたいもの。

 

 

今回はビジネス書を中心にピックアップしたのだが、「ビジネス」の面では、幻冬社の社長の「見城徹」氏そのものが。「熱いビジネス」の典型のようなもの。氏をとりあげた「ザ・ラスト・エンペラー」「たった一人の熱狂」もちゃっかり対象になってますな。

 

 

 

<スポンサード・リンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です