武田信玄動く。センゴクは佐久間信盛とともに家康軍に参加 ー 宮下英樹「センゴク 9」

美濃・斎藤家の落ち武者から国持大名にまで出世したのに、自らの突出によって島津との戦に敗戦して改易。一家離散のどん底から再び国持大名まで出世。さらには徳川二代将軍のときには「秀忠付」に任命されるなど徳川幕府の重鎮となった「仙石久秀」のジェットコースター人生を描く「センゴク」シリーズの第1Seasonの第9巻。第1Seasonでは、稲葉山城落城から浅井家滅亡までが描かれるのだが、三方ヶ原の戦の前夜というところが本巻。

前巻の最後のほうで、浅井勢の攻略のため、織田軍が小谷城近くのトラ午前山に砦を構築、浅井の要請を受けて朝倉勢も後詰め(救援)に動いた様子を見て、戦国最強と言われた武田軍が上洛に向けて動き始めます。一方、センゴクのほうは、比叡山焼き討ちでお蝶を助けるために脱隊した罰を受け、佐久間信盛のもとへ預けられます。武田軍の猛攻を受ける中、新しい境地のセンゴクが到達するきっかけとなります。

【構成と注目ポイント】

第9巻の構成は

VOL.80 武田の四将
VOL.81 退き佐久間
VOL.82 馬場美濃守信春
VOL.83 甲府出陣
VOL.84 第一の寄せ
VOL.85 岩村城陥落
VOL.86 届けたい想い
VOL.87 次郎三郎の賭け
VOL.88 小山田兵衛尉信茂
VOL.89 信玄の初手

となっていて、まずは信玄の居城・躑躅ヶ崎館に、山県、馬場、高坂、秋山の武田の中心となる四将が集められ、四方から織田・徳川連合軍へ攻めかかることが信玄から宣言されます。上洛を虎視眈々と狙っていた信玄が、その年齢や織田勢の台頭から満を持して、の行動ですね。これによって、比叡山の焼き討ちで綻んでしまった「信長包囲網」ががっちりと再構成されることになります。

この「武田が動いた」というのは織田、徳川双方に驚愕の事態であったようで、信長は最初「武田とは戦わぬ」と徳川を見捨てるような言動に走りますし、家康は武田家の馬場美濃守の調略を受けて動揺したり、とかなり右往左往しています。
当時の「武田信玄」と「武田軍」の強さに皆が恐れていた様子がよくわかります。
ただ、後北条家びいきの伊東潤さんあたりは、信玄が野望を抱かず、北条との同盟を続けていたら日本の戦国史は違った様相になったのでは、と著書の「北条氏康 関東に王道楽土を築いた男」では辛口なことをいってます。

一方、センゴクは秀吉から佐久間信盛のところへ

修行しなおせ、とばかりに行かされるのですが、佐久間隊は

といった佐久間信盛の発言でもわかるように、直情径行のセンゴクとは真逆の「知性派」です。この佐久間隊に信玄の猛攻を受けようとしている徳川軍の加勢をするよう、信長の命令が下るところからセンゴクが新しいステージへと上がっていきます。

徳川の軍議で

と家康を元気づけたり、徳川が織田を裏切って、武田と内通しているのではと疑う佐久間たちに対して

と、その疑惑を晴らしたり、と織田・徳川連合軍のチーム固めに力を発揮しています。

後半部分、信長包囲陣をつくる朝倉義景の突然の越前帰還を聞いた信玄は、武田軍単独で浜松城に向けて進軍を開始。いよいよ徳川と武田の一騎打ち、ということで次巻に続きます。

【レビュアーから一言】

上洛を開始した、武田軍の矛先は、徳川本体へ向かう前に、まず、女性領主・お艶の方の治める岩村城攻略に取りかかります。お艶の方は、美人で有名で、当時は旦那を亡くして独身状態ですね。本書ではこんな感じで描かれていて、キリッとした美人です。

この美人城主は織田信長の叔母ということに史実ではなっているのですが、本書では信長と血の繋がりはなく、恋愛関係にあったという設定になってます。彼女を籠絡したのが、武田の秋山信友で、彼が採った作戦は、皆さんご存知のように「プロポーズ」。恋愛関係にあったとはいえ、積極的な行動に出ない信長にお艶の方が見切りをつけた、ということでしょうか。
この二人は、信玄亡き後、武田勝頼とともに武田家が滅んでいく中で、信長軍に攻められ、お艶・信友の城主夫妻の助命と領民の保護を条件に降伏するのですが、この城主夫妻助命の約束は反故にされて処刑されてしまいます。裏切られた恋の恨みは深かった、ということでしょうか。

センゴク(9) (ヤングマガジンコミックス)
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 39,320

【関連記事】

戦国時代随一のジェットコースター人生をおくった男の物語始まる ー 宮下英樹「センゴク 1・2」ネタバレ

浅井の裏切りによって織田勢、あわや全滅。秀吉とセンゴクは凌げるか ー 宮下英樹「センゴク 3〜4」ネタバレ

浅井軍の猛将を、捨て身の攻撃で打ち倒せ ー 宮下英樹「センゴク 5」ネタバレ

信長への第1次包囲網成立。強敵の本願寺が姿を表す ー 宮下英樹「センゴク 6」ネタバレ

悪夢の比叡山攻め始まる。センゴクは脱走し、お蝶のもとへ ー 宮下英樹「センゴク 7、8」

武田信玄動く。センゴクは佐久間信盛とともに家康軍に参加 ー 宮下英樹「センゴク 9」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です