北条五代の統治は、籠城による徹底抗戦を選ぶ ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 15」

 

美濃・斎藤家の落ち武者から国持大名にまで出世したのに、自らの突出によって島津との戦に敗戦して改易。一家離散のどん底から再び国持大名まで出世。さらには徳川二代将軍のときには「秀忠付」に任命されるなど徳川幕府の重鎮となった「仙石久秀」のジェットコースター人生を描く「センゴク」シリーズの第4Seasonの第15巻。

 

海外雄飛による貿易で経済政策を活性化しようと考えていたのだが、造船技術の未熟さで断念した秀吉が、帳尻を合わすための策が「北条攻め」であったのだが、その「後北条家」の二代目・氏綱から四代目・氏政までの「後北条史」そしてそれを受け、五代目・氏直は、秀吉に北条攻めに対し、どんな戦術を選択したのかが描かれるのが本巻。

 

【構成と注目ポイント】

 

構成は

 

VOL.118 後北条氏初代
VOL.119 不可思議なる御仁
VOL.120 三国同盟
VOL.121 若殿様
VOL.122 城前
VOL.123 立派な国
VOL.124 北条のために
VOL.125 合戦仕度
VOL.126 馴染み

 

となっていて、後北条氏の初代・伊勢宗瑞から二代目・北条氏綱へ代替わりしての本巻のスタート。名字のところを見ての通り、

 

 

「北条」と名乗り始めたのは二代目・氏綱からで、地味ながら版図を拡大し、関東管領の職を獲得しています。

 

 

そして、さらに三代目・氏康のときには「河越の戦」で

 

 

扇谷上杉、山内上杉を圧倒し、最大版図をつくりあげるのですが、これが、軍神・上杉謙信が北条家を宿敵と挑んでくるキッカケともなりますね。

 

そして、上杉謙信(当時は長尾景虎ですかね)の台頭を予測した、今川義元の提案で、武田信玄、北条氏康の間で、駿河・甲斐・相模の三国同盟が成立します。

 

 

今川義元は、桶狭間で織田信長に奇襲で敗れ、その後今川氏が急速に衰えたので、油断の多いお歯黒武者のようにTVドラマでは扱われることが多いのですが、一族同志に争いに勝って家督を相続し、領国の軍事改革と領国経営を刷新し、領土も、駿河・遠江に加えて三河・尾張まで拡大するなど、かなりの傑物であるので誤解なきように。(このへんは同じ筆者の「センゴク外伝 桶狭間戦記」あたりがオススメかもしれんですね。

 

この三人から見て、戦に勝つことだけを考えて領土の拡大をしない上杉謙信はまさに「異星人」のようなものなのですが、

 

 

といったように、謙信の外征は、農閑期・厳冬期の農村の「口減らし」の意図が強かったためでありましょう。
そして、この謙信が永禄三年に、準備万端で関東に攻め込んでくるのですが、その時の北条の戦術は

 

 

ということで、これ以降、「籠城戦」による徹底抗戦が北条氏の戦の十八番のようになってきます。この北条氏の戦い方を方向づけた上杉謙信との戦の詳細は原書のほうでどうぞ。

 

そして、秀吉の攻めに対し、四代目氏政が五代目氏直に進言する戦術は「籠城」なのですが、氏直は民衆に過大な負担をかけることになると、臣従と抗戦への間で悩みます。そして、そんな氏直に対して、氏政は民衆の声を聞けとアドバイスします。身分を隠して城の外に出て、聞いたのは

 

 

ということで、氏直の予想外のもの。小田原の民衆が「戦やむなし」というその理由のところは、原書のほうで読んでいただきたいのですが、明智光秀がつくろうとした「民衆の国」が象徴する「国民国家」が、この小田原では実現していたのかもしれません。

 

【レビュアーから一言】

 

秀吉の戦略と、それを受ける北条家の思惑は複雑に交差するのですが、変わらないのはセンゴクとその部下たちで、北条攻めが始まるということで

 

 

と集まってきます。ここらがセンゴクの人徳というか、人気のあるところなのでしょうが、その根源は「戦国時代」のもつなにやらキラキラした魅力なのかもしれません。

 

センゴク権兵衛(15) (ヤンマガKCスペシャル)
センゴク権兵衛(15) (ヤンマガKCスペシャル)
posted with amazlet at 19.10.20
宮下 英樹
講談社 (2019-05-07)
売り上げランキング: 32,662

 

【関連記事】

 

センゴクのジェットコースター人生いよいよクライマックスへ ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 1」

根来の里滅ぶ。妙算はセンゴクと根来、どちらを選ぶ? ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 2」

熊野山中での「削り合い」の戦をセンゴクは凌げるか? ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 3」

紀州攻略は和睦で終わる。そして舞台は四国へ ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 4」

「四国」と「京都」。「武」と「文」。豊臣を取り巻く二つの「戦」に勝利せよ ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 5」

四国攻めの後、センゴクは大加増。そして、彼を待ち受ける島津家とは? ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 6」

島津四兄弟は九州の大勢力となり、秀吉と対峙する。そしてセンゴクは・・ ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 7」

センゴクは、大友勢と合流し守りを固めるつもりなのだが・・・ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 8」

島津家久との戦闘始まる。突出するセンゴクと信親の運命は? ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 9」

「神がかり」の家久軍の前に、センゴク・長宗我部軍屈する ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 10」ネタバレ仙石家改易。家臣もバラバラになる中、センゴクの行動は? ー宮下英樹「センゴク権兵衛 11」ネタバレ

(新しいタブで開く)センゴクは高野山で人が変わる。そして西国平定間近の秀吉は・・ ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 12」ネタバレ

世の中は泰平に向かい、センゴクは未だ「浪人中」 ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 13」ネタバレ

秀吉は対外戦略を諦め、その矛先は小田原の「北条」へ ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 14」

 

<センゴクの第1Seasonはこちらから> 

戦国時代随一のジェットコースター人生をおくった男の物語始まる ー 宮下英樹「センゴク 1・2」ネタバレ

 

【後北条氏関係の関連記事】

 

とかく侮られる「後北条氏」は本当は立派な武家だった。 ー 伊東潤・板嶋恒明「北条氏康 」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です