豊臣の先手部隊撤退。しかし、センゴクは居残り戦を挑む ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 18」

美濃・斎藤家の落ち武者から国持大名にまで出世したのに、自らの突出によって島津との戦に敗戦して改易。一家離散のどん底から再び国持大名まで出世。さらには徳川二代将軍のときには「秀忠付」に任命されるなど徳川幕府の重鎮となった「仙石久秀」のジェットコースター人生を描く「センゴク」シリーズの第4Seasonの第18巻。

北條攻めを始めた上方勢の徳川家康に陣借りし、集まった浪人衆とともに手柄を立てようと小田原城攻めの先手として攻めかかるのだが、北條勢の鉄壁の守りに阻まれ、さらには堀秀政の負傷による堀軍や大型船の撤退の後、殿軍を務めるセンゴクたちが必死の城に攻め入ろうと奮戦する姿が描かれるのが本巻。

【構成と注目ポイント】

構成は

Vol.145 大事なモン
Vol.146 突入作戦
Vol.147 大手へ進め
Vol.148 運命の門
Vol.149 早川の計
Vol.150 挽回の刻
Vol.151 猛者ども
Vol.152 鈴の音
Vol.153 猪武者再び

となっていて、まずは堀久秀が重傷を負ったため、豊臣勢の先手部隊が退却を決めるところからスタート。

しかし、センゴクと浪人衆の部隊は、

と、ここで他の部隊と一緒に退却していたのでは、手柄も立てられず、わざわざ東国へ来た意味がない、とばかりに殿軍として退却するのではなく、北条勢に攻めかかることを決意します。ここらは、守るもののない「強み」ですね。
ここで、センゴクの幸運は、守る北条勢の武将が過去に大きな失敗した「笠原政晴」であることで、

ここでセンゴクの攻めをかちっと受け止めてくれることがセンゴクの未来につながっていったような気がします。

そして、センゴクの立てた戦略は、小田原城の正面の虎口(こぐち)とは別の入り口から出てくる北条方の奇襲部隊に紛れ込んで城内に入り込もうという「付け入り」の策です。この作戦では、センゴクが囮となり奇襲部隊を引きずり出すことと、その奇襲部隊を迎撃する味方の軍が大事になるのですが、これを慎重派の牢人衆の物頭・本間左近に託すのですが、慎重すぎるのを非難する味方を制して、本間を信頼して任せるセンゴクの度量が、後でよい結果を引き寄せるようです。

このあたり、高野山での修行の日々が活きてきているのでしょう。

しかし、守って守って、守りきった後に逆襲して、多くの強敵を退けてきた北条方の守りは固く、そう簡単にセンゴクの策が通用するものではありません。大手門を目指すセンゴク隊へは大筒による攻撃や、それをかいくぐって大手門へ向かう横っ腹を、第二の門(搦手門)から出現した旗本の部隊と鉄砲隊が襲撃。

そして、センゴクと牢人衆の部隊の救援に向かう本間の部隊を、第三の門から出撃した奇襲部隊が迎え撃つという鉄壁の構えです。

センゴクや牢人衆の頭の中には、過去の敗戦の記憶が蘇るのですが、ここでセンゴクの採った作戦は、彼らの敗北の経歴を逆に利用すること。大将自ら、陣羽織につけた鈴の音を響かせながら退却し、敵を釣り出しにかかります。

そして、救援に駆けつけた可児才蔵とともに、北条方の笠原勢の猛攻を迎え撃つのですが。・・・、ということで、これからのアクションシーンは原書の方でどうぞ。

【レビュアーから一言】

小田原城の虎口を攻めるセンゴクと牢人衆の部隊の戦闘の様子を聞いた秀吉は

といった感じで、冷酷な一面を見せます。ここらには、信長の天下統一の進軍を、センゴクとともに駆けていた「藤吉郎」の姿はもうありませんね。このあたりが、これからセンゴクが秀吉を離れ、徳川方、特に秀忠に接近していく原因ともいえるのではないでしょうか。

【関連記事】

センゴクのジェットコースター人生いよいよクライマックスへ ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 1」

根来の里滅ぶ。妙算はセンゴクと根来、どちらを選ぶ? ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 2」

熊野山中での「削り合い」の戦をセンゴクは凌げるか? ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 3」

紀州攻略は和睦で終わる。そして舞台は四国へ ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 4」

「四国」と「京都」。「武」と「文」。豊臣を取り巻く二つの「戦」に勝利せよ ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 5」

四国攻めの後、センゴクは大加増。そして、彼を待ち受ける島津家とは? ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 6」

島津四兄弟は九州の大勢力となり、秀吉と対峙する。そしてセンゴクは・・ ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 7」

センゴクは、大友勢と合流し守りを固めるつもりなのだが・・・ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 8」

島津家久との戦闘始まる。突出するセンゴクと信親の運命は? ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 9」

「神がかり」の家久軍の前に、センゴク・長宗我部軍屈する ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 10」ネタバレ

仙石家改易。家臣もバラバラになる中、センゴクの行動は? ー宮下英樹「センゴク権兵衛 11」ネタバレ

(新しいタブで開く)センゴクは高野山で人が変わる。そして西国平定間近の秀吉は・・ ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 12」ネタバレ

世の中は泰平に向かい、センゴクは未だ「浪人中」 ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 13」ネタバレ

秀吉は対外戦略を諦め、その矛先は小田原の「北条」へ ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 14」

北条五代の統治は、籠城による徹底抗戦を選ぶ ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 15」

センゴクは幼い秀忠と偶然に出会う。戦国一の復活劇が、ここから幕開け ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 16」

徳川への陣借りで、センゴクは復活へ一歩前進 ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 17」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です