恵平はバラバラ殺人被害者の凶悪な本性を暴くー内藤了「PUZZLE」

信州の山間の村から東京へ上京し、警視庁に就職した「東京駅」大好きの、新米女性警察官・堀北恵平(通称「ケッペー」)が、東京駅近くの丸の内西署で研修中に遭遇する怪奇事件の謎を、50年以上前の「うら交番」の警察官のアドバイスを受けながら解いていく「東京駅おもてうら交番」シリーズの第3弾が『内藤了「PUZZLE 東京駅うらおもて交番・堀北恵平」(角川ホラー文庫)』です。

地域課での交番勤務の研修を終わったケッペーは、前巻に引き続き刑事課で鑑識の研修中です。東京駅丸の内北口そばで靴磨きをしている「ぺいさん」や老舗和菓子店の現役女主人なのだが、亡き夫の姿を探して東京駅でホームレスをしている「メリーさん」という交番勤務の時に仲良くなった人々の助けを借りながら、今巻でははバラバラ殺人事件の謎に挑みます。

【構成と注目ポイント】

構成は

プロローグ
第一章 自首してきた置き引き犯
第二章 呉服橋通りスーツケースバラバラ事件
第三章 東京駅うら交番
第四章 ペイさんの名推理
第五章 パズル
エピローグ

となっていて、今巻でも、プロローグのところでは、昭和20年代に起きた少年をバラバラにして保存していた猟奇事件に関わった永田刑事が容疑者と面会するシーンから始まります。この事件については、前ニ巻でもプロローグのところで挿入されていて、「うら交番」に勤務する柏村巡査部長との関わりがあるのですが、「本編」とのどう関わってくるのかはまだ明らかになっていませんね。

本編のほうは、「ケッペー」が勤務を終えての帰り道、靴磨きのペイさんが、小さなスーツケースを持った老人と一緒のところに出くわすところから開幕します。
その老人は、東京駅近くのホテルの茂みからスーツケースを置き引きしきたとのことです。どうやら自首しようと思っていたのだが、なかなか決心がつかずにウロウロ歩き回っていたところを、「ペイさん」が見つけて話し相手になっていた、ということのようです。
その老人は今までも置き引きの前科があって、その前の年も、その前も、置き引きをして年末を留置場で過ごしていて、どうやら、常習的に留置場に「泊まって」いて、今回も仕事がなくなる時期の年越しを暖かいところで過ごすための、確信犯的な「置き引き」の気配が強いです。

ただ、そうはいっても、置き引きしてきた荷物の中身をを確かめないと、と警察でスーツケースを開けると中からは、男性の胸の部分の死体の一部が発見されて・・ということで、突然に「バラバラ死体遺棄事件」へと発展していきます。死体は冷凍してガチガチにしたところを、機械で切断したもののようで、その後、皇居のお堀から被害者のものらしい足とかが遺棄されているのが次々と発見されます。さらには、女性の白骨化した手首も同時に発見されて、複数の被害者の殺人事件の様相を呈してきます。

被害者の男性は、外資系証券会社のやり手の営業マンで、二度離婚して現在独身中ながら複数のマンションを所有しているお金持ち、金銭的なトラブルや男女間のトラブルも見当たらないという人物です。警察は、彼が殺された原因を捜査するのですが手がかりはないまま。さらに、一緒にみつかった女性の手首のほうも手がかりなく・・、といった感じで展開します。被害者の身元の探り出しには「ペイさん」の靴磨きで得た顧客情報が、そして死体遺棄の画像解析では、ケッペーと最近仲のいい丸の内西署の鑑識部員・桃田の技術が光りますので、ここらは原書でしっかり確認しましょう。

そして、事件の謎を解く鍵となるのは、ケッペーと同僚の新米刑事・平野が「うら交番」の柏村巡査部長に聞いた「おはぐろドブのバラバラ殺人事件」の被害者は加害者でもあったという謎解きと、ケッペーが捜査の途上で母親と出会って相談を受けた、自宅アパートから行方不明になった女子学生失踪事件ですね。この女子学生が軽井沢で着の身着のままで発見されたあたりから、この事件の被害者が実は・・・、といったバラバラ事件の真相が明らかになってきます。

【レビュアーから一言】

陰惨な事件が連続してでてくるこのシリーズなのですが、間に時折挟まってくる「食べ物」の描写が心をを慰めてくれます。今巻で、僕が気に入ったのは、「ケッペーちゃん」が贔屓にしている焼き鳥屋「ダミちゃん」で、クリスマスの夜にたった一人で、酔客にまじりながら食事をする

「カウンターにごはんーっ」
と叫んだ、お客さんたちの喧騒は止まず、空間に声がひしめいている。恵平は箸を取り、マグロ納豆に載せられた卵を崩した。黄身が納豆とネギにしみていき、赤みのマグロに絡みつく。一切れ口に運んだところで目の前にお猪口が現れ、ダミさんが一杯目をお酌してくれた。キュッと呑むと熱燗が喉を焼き、マグロの旨味が広がった。

といったシーンを読むと、彼女の隣で、この店名物の「ポンジリ」と「ハツ」を注文して、一献傾けたくなってしまいますね。

PUZZLE 東京駅おもてうら交番・堀北恵平 (角川ホラー文庫) | 内藤 了 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
Amazonで内藤 了のPUZZLE 東京駅おもてうら交番・堀北恵平 (角川ホラー文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

【スポンサードリンク】

コメント

タイトルとURLをコピーしました