新米監察医・真琴が追加検死に暴走するー中山七里「ヒポクラテスの憂鬱」

埼玉県にある浦和医大の法医学教室の偏屈な解剖フリークで、かつ法医学の権威・光崎藤次郎教授、アメリカ人で光崎をリスペクトしつつ、帰国後は検視官となることを目標としているキャシー・ペンデドルトン准教授。そして新米医師の栂野真琴、法医学教室に検死をもちこんでくる埼玉県警の古手川和也刑事をメインキャストにして、警察や監察医から事故死や病死と判断されている死亡事案に隠された「事件」と「犯罪」を明らかにしていく法医学ミステリーの第二弾が本書『中山七里「ヒポクラテスの憂鬱」(祥伝社文庫)』。

前巻で、内科の主任教官の教授の命令で、光崎教授の法医学教室に入り込み、彼が検死数を急増させている秘密を探っているうちに、この内科教授が隠していた医療事故を見つけ出してしまった真琴なのですが、今巻では、晴れて法医学教室の助教となったところに、埼玉県警に不審死情報が相次ぎ、大量の「検死」に謀殺されることとなります。

構成と注目ポイント

構成は

一 堕ちる
二 熱中(のぼ)せる
三 焼ける
四 停まる
五 吊るす
六 暴く

となっていて、今巻では、事故死や病死として判定されているものを「コレクター」と名乗る人物から、犯罪ではないか、という指摘する書き込みが埼玉県警のHPの掲示板に書き込まれ、そのタレコミによって検死の数が急増していくこととなります。ここで、「コレクター」というのは収集を意味する「collection」ではなくて、「correction」の「修正」のほうですね。

一 堕ちる

第一の事件は、人気アイドルのステージからの転落事故死に隠された事件です。被害者となる「佐倉亜由美」は、3万人余を動員したスプリングコンサートの会場で、ステージのぎりぎりのところで踊る予定がよろけてそのまま転がり、奈落の底におちて転落死してしまいます。
これは単なる足を滑らしたことによる事故と思われていたのですが、転落の時、自殺でもないのに顔を庇わなかったのが録画に残っていたことから、検死をすることとなります。そこで見つかったのは彼女の妊娠、しかもその父親はDNA鑑定で彼女のマネージャーであることが判明し、単純な事故とは思えない状況となり・・という展開です。

二 熱中する

第二の事件は、三歳の女の子の熱中死事故です。その女の子はベランダに倒れていたのが発見されたのですが、父親はベランダで遊ばせていて、気がついたら熱中死ししていたと主張します。しかし、死亡時刻頃、両親とも近くのパチンコ屋でパチンコをしている姿が防犯カメラに撮影されていて、自動車の中に放置した末に熱中死させ、これを誤魔化すための偽装工作が疑われることになります。
これを裏付けるために、女の子を検死すると、胃の中から茶色い紙片が見つかります。この紙片が、熱中死偽装に隠した本当の死因が隠されていて・・・という展開です。

三 焼ける

第三話は新興宗教の「教会」が火事となり、ここから教祖らしい硝子体が発見されるという事件です。この新興宗教は最近急速に信者を増やしていて、中には親族が金を騙し取られたと訴える者もいるし、恋人を寝取られた人物もいて、怨恨絡みの殺人が疑われます。
本来なら検死で死亡原因などを調べるところですが、この教団はキリストばりの「復活の教義」を信じていて、解剖には教団全体で反対してきます。
そして、教団のナンバー2が自分が教祖を殺したと自首してくるのですが、教祖の検死結果で明らかになったのは意外にも・・・という展開です。

四 停まる

第四話は路上で老人が突然倒れて死亡するという事故。老人が死亡する時、ちょうど小学生の男の子が高圧線にとまっている
鳩をおいはらおうと大声を出した瞬間の死亡だったので、この男の子が自分のせいでは悩んで警察に自首してくる、というおまけつきです。
死亡事故のほうは、老人の妻が認知症にかかっていて他害行為がひどい状況であることがわかったり、老人のかけられて保険金が増額されていることがわかったり、と妻の関与を疑わせる事実が次々でてくるのですが、少々ネタバレすると、奇妙な「夫婦愛」というところです。

五 吊るす

第五話は銀行員をしていた姉の突然の「自殺」の謎を高校生の妹が不審を抱いて「真琴」に検死をさせて、調べ直しを画策する話です。
彼女の姉は、銀行の預金者の預金を使い込んで自殺したということになっているのですが、姉の性格や普段の生活の様子、使い込んだはずの金銭がどこにも見つからないことから、黒幕がいるのでは、という疑いをもったわけですね。
そして、この自殺を調べ始めた「真琴」と「古手川」は、この自殺に類似した事件をみつけるのですが、そこには「赤塚」という男の存在があります。しかし、この男は犯罪の証拠となりそうなものをキレイに隠していて、これを突き崩すため真琴たちのとった手は・・・という展開です。この赤塚という男を追い詰めていく、古手川と上司の渡瀬の乱暴なやり方がかなり爽快です。

六 暴く

前話の終わりのところで、コレクターがOL自殺事件の被害者の弟らしいような情報がでてくるのですが、これは半分あたりで半分フェイクなので要注意です。
本当のコレクターが誰で、何の目的か、は第六話の事件となる古手川の動機となる交通課に勤務する姫川巡査の投身自殺の真相によって明らかになっていくのですが、少しネタバレすると、第1巻から登場してきている人物で、そういうタイプであったとは思いもよらない人物ですね。

レビュアーから一言

本シリーズの主人公・栂野真琴は、第一巻ではアクの強いメンバーに押され気味であったのですが、晴れて正式の「助教」となってからは、フライング気味の追加検死など、古手川刑事とコンビを組んだ、両方がアクセスを踏みあう暴走行為が目立ってくるのですが、これが新たな魅力になってきています。
この巻で、二人が互いに意識し合う雰囲気もでてきているのですが、さて次巻以降で何かそういう展開があるのでしょうか。

ヒポクラテスの憂鬱 法医学ミステリー「ヒポクラテス」 (祥伝社文庫)
埼玉県警のホームページの掲示板に“修正者”を名乗る書き込みがあった。今後、&...

コメント

タイトルとURLをコピーしました