科学捜査の新米三人の使命は「元科警研の天才の復帰」ー喜多喜久「科警研のホームズ」

警察庁の附属機関として科学捜査の手法や、犯罪予防といった研究活動や都道府県警察から依頼された証拠物の鑑識・検査を行っている、いわば犯罪の科学捜査研究の「本拠」ともいえる科学警察研究所に突然できた「本郷分室」を舞台に、かつて「科警研のホームズ」と呼ばれ、その切れ味鋭い観察力と推理力で事件解決に大きな功績をあげつつも、1回の鑑定ミスで科警研を去った「土屋」と彼のもとに道県警察から派遣されてきた科捜研のエース研修生たちが、捜査本部の手を焼く難事件の謎を解いていく、科学捜査の倒叙型ミステリ―が「科警研のホームズ」シリーズです。

このシリーズの第一弾となるのが本書『喜多喜久「科警研のホームズ」(宝島社文庫)』です。

「科警研のホームズ」の構成と注目ポイント

構成は

プロローグ
第一話 残光のメッセージ
第二話 楽園へのナビゲーター
第三話 惜別へのロマンチシズム
第四話 伝播するエクスタシー

となっていて、埼玉県警の伊達洋平、兵庫県警の安岡愛美、北海道警の北上純也が、東京の本郷四丁目のビル内にある科学警察研究所の本郷分室に集合してくるところから始まります。

この分室は、かつて「科警研のホームズ」と呼ばれていたのですが、鑑定ミスがもとで退職し、今は「東啓大学」(花崗岩でつくられた白い門の先の銀杏並木の向こうに大きな時計を据えた赤レンガの大講堂があって、文京区本郷にある大学、ということなので、モデルはT大学でしょう)の教授をしている「土屋」を科警研に呼び戻すための科警研の出雲所長が独断でつくったという所属です。

ここに各県警察から派遣されたそれぞれの科捜研のエリートを集め、さらに、科警研でももてあます難事件の鑑識や分析をさせて、彼の関心を引こうという戦略のようです。

ただ、土屋のほうは、復帰に全く関心はなく、三人の研修生の指導もほとんどなく、分室のほうにもほとんど顔を見せません。業を煮やした研修生たちが自分たちで調べたデータを持ち込んで、土屋に説明すると、彼はたちどころに事件解決のヒントをひねり出して・・・というの大筋の展開です。

まず第一話「残光のメッセージ」では、渋谷の松濤の住宅街に住む美術商が頭をブロンズ像で殴られて殺されてるのが見つかります。容疑者としては、この美術商に出入りしていたイラストレイタ―の男が捕まっているのですが、彼の動機がわかりません。

現場に残されていた「青い破片」をもとにそれを探ってくれという警視庁からの要請なおですが、といった筋立てです。このシリーズは倒叙型のミステリ―でもあって、でだしのところで、犯人が恋人が描いた絵を人質にして、贋作の協力を迫る美術商を殺したことがわかってはいます。しかし、その絵には、恋人の「秘密」が隠されているらしいのですが・・という伏線ですね。

第二話の「楽園へのナビゲーター」では、目黒区碑文谷にあるマンションでビジネス雑誌の編集者が、ペットショップを経営している知人・長門との電話中に突然応答がなくなったということで、かけつけた知人が死んでいるのを発見します。彼には心臓や脳の疾病はなく、突然死した死因が不明、ということで「本郷分室」へまわってきたわけですね。

疾病による突然死ではないとすると、毒殺かということで血液サンプルを調べるのですが検出されず、ただ、危険ドラッグとして指定されている薬物の組成ににな成分が検出されているので、それが手がかりになりそうです。被害者は、水槽で何かを飼っていたようなのですが、それがこの薬物と関係しているのでしょうか・・といった展開です。

話の冒頭のところで犯人のペットショップの経営者・長門が、被害者を殺した「凶器」をゴム手袋をして回収している姿が描かれているのですが・・・という展開です。

第三話の「惜別へのロマンチシズム」では、世田谷にあるアパートの一室で、女性が刺殺されているのが発見され、その容疑者として双子の兄弟が浮かび上がります。

この女性は、双子の兄弟それぞれと交際、つまりは二股をかけていたわけで、この人間関係のもつれからの殺人と推理されたわけですね。二人をうちどちらが女性を殺したのかつきとめるため、二人を同時にポリグラフにかけると、兄のほうの動揺が大きい状況です。

さらに、その兄はある恋愛映画で、病で亡くなった恋人にキスをするシーンを熱っぽく論評していたことがわかります。そうすると被害者の顔にかけられていたハンカチに、犯人がキスした時についた唾液が検出されるかも、と分析にかかるのですが・・・といった展開。
少しネタバレしておくと、今回は倒叙の中にトリックが仕掛けられているので作者の罠にひっかからないようにしましょう。

第四話は、都内でおきている4件の連続通り魔事件の犯人捜しです。

いずれも雨の日におきていて、日本刀で胸を切り裂くか心臓を突くといった犯行で、一件は未遂に終わっているものの、三件は被害者が死亡しています。このうち一人は、元剣道部の医学部死亡の男子浪人生で、犯人と揉み合ってアスファルトに叩きつけられてできたと思われる痣が残っているのが特徴。

そして、未遂に終わっている一件は、元柔道のオリンピック選手で、試合中の怪我がもとで現役引退した女性です。この二人が今回の通り魔事件の謎解きの有力な鍵となっていきますので注目しておきましょう。

科警研のホームズ (宝島社文庫) | 喜多喜久 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
Amazonで喜多喜久の科警研のホームズ (宝島社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

レビュアーの一言

今シリーズの名目のメインキャストは「科警研のホームズ」と呼ばれた「土屋」なのですが、読み進めると、実は三人の研修生が本当の「主役」であることがわかってきます。
科警研入りを目指して上昇志向バリバリの「伊達」、病気の母親に成長した姿を凱旋して見せたい元気娘「安岡」、分析だけできればいいや、という分析オタクから徐々に捜査に目覚めてくる「北上」と個性バラバラな彼らが、互いに牽制しあいながら科学捜査に挑んでいく姿は、ちょっと風変わりな警察ミステリ―といっていいかもしれません。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました