カテゴリー別アーカイブ: コミュニケーション

「コミュニケーション」は「言葉」に頼ると失敗するかも — 竹内一郎「人は見た目が9割」(新潮新書)

「見た目が・・」という表題から、イケメン、美女礼賛の本ととらえててはいけない。言葉によらない「コミュニケーション」について、多方面から光をあてているのが本書である。
 
構成は
 
第1話 人は見た目で判断する
第2話 仕草の法則
第3話 女の嘘が見破れない理由
第4話 マンガの伝達力
第5話 日本人は無口なおしゃべり
第6話 色と匂いに出にけり
第7話 良い間、悪い間、抜けてる間
第8話 トイレの距離、恋愛の距離
第9話 舞台は人生だ
第10話 行儀作法もメッセージ
第11話 顔色をうかがおう
 
となっていて、「言葉によらない」と言ったのは、最初のほうで
 
アメリカの心理学者アルバート・マレービアン博士は人が他人から受け取る情報(感情や態度など)の割合について次のような実験結果を発表している
◯顔の表情 55%
◯声の質(高低)、大きさ、テンポ 38%
◯話す言葉の内容 7%
 
といったことに依拠している。
 
で、この実験が「アメリカ」で行われたものであるということは、「言葉」「弁論」がコミュニケーションの主体である印象の強い欧米ですら既往言う状態であれば、「目は口ほどにものをいい」に日本では、その度合は高まりそすれ、弱まることはないと言っていい。
 
そして、本書の引用によれば
 
芳賀 氏は「日本人の表現心理」(中公叢書)のなかで、日本人のコミュニケーションの特徴を「語らぬ」「わからせぬ」「いたわる」「ひかえる」「修める」「ささやかな」「流れる」「まかせる」の8つにまとめている(P91)
 
であるらしいので、日本人の生来のコミュニケーションは「非言語」によるのが中心といっていい。
ただ、その「非言語」のコミュニケーションも、「身振り手振り」といった欧米的なそれではなくて
 
「相手に、わからせ、自分を通す」のがヨーロッパ流、「お互いに、語らずに、察する」のが日本流(P93)
 
といったところが特殊で、面倒なところで、それは、「方程式的」「マニュアル的」なコミュニケーションの手法がない、といったことを意味しているように当方には思えた。
 
まあ、難しいことは考えないで、弁論術や交渉・説得のテクニックを学ぶ前に
 
大好きなお母さんや、それに準ずる親しい人が読む場合、技術がなくても、子供は喜んで聞くというのである。
(略)
子供は、自分の好きな人の読み方、間のとり方にあわせて感情移入していくのである。
つまるところ、「伝える技術」の最大の目的は、「好き、好かれる」の関係をつくることである(P137)
 
といったところを基本にしていくことが、コミュニケーションが円滑化するマスターキーなのかもしれんですね。
 

2メートル以内のコミュニケーションの重要性

ASCII.JPで「組織を腐らせる「ダメリモートワーク」」と題して、プラネットウェイ社のリモートワークでの失敗と公然方法がリモートされている。

要点は

・社員はお互い一度も会ったことのない人がほとんどで、リモートワークが中心。

・こういう組織で、会社の方針を理解させないまま、外注と同じ感覚で人を雇っていくと組織が腐っていく

・このため、社員全員を勤務地とは違う国につれていき、会社のビジョンを共有させる1週間程度かかる研修を、1000万規模の予算をかけて行っている。

というもの。

リモートワークが中心の会社で、フェイス・トゥ・フェイスで社のビジョンを検討・確認し合う研修の効用が言われるのも面白いのだが、これは、「強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」」でも

リモートワークをしていると、気づかないうちに孤独に陥っていることが多い。表面的には、たくさんの人と一緒にいるような気がするからだ。

メールはどんどんやってくるし、同僚とはチャットで雑談ができる。ネット上ではさまざまな議論が白熱している。でも、それらはやはり、バーチャルだ。本当に人とふれあうことの代わりにはならない

というくだりがあって、人と人とが直に接する機会というものは、「ヒト」が集団生活を営む生物である以上必然的に必要となるものであるようだ。さらに、この「接する機会」というものは、プラネットウェイ社の例をみれば、単に距離的に近くいるということではなく、心理的に「近くいる」ということが必要のようだ。

 

そして、これはオフィスワークでも共通するようで、ちょうど今、読んでいる「鉄客商売 JR九州大躍進の極意」でも、国鉄バスの労務環境を改善したコツとして「二メートル以内で語り合うとその人の本質が伝わってくる」というところがある。これは、筆者が旧国鉄時代に労使対立の厳しい国鉄バスの職場で、朝の挨拶を繰り返すことで、拒絶されていた職場に受け入れられるようになった経験を披瀝したものなのだが、やはり、近い距離でコミュニケーションをとろうと何度も試みたことが、対立の厳しい「荒んだ職場」で人間関係を構築できた要因であるようだ。

 

勢力が拡大していくにつれ、自然と戦闘の範囲や守るべき範囲が拡大していって、物理的に会う機会が減っていき、その結果、段々と気持ちや意思が離れていき、ついには分断してしまった例は歴史上数限りない。かといって、一箇所にまとまって勤務していては、情報が偏って大企業病に陥る例もまた、枚挙に暇ない。

 

「オフィスワーク」でも「リモートワーク」でも、いかに「2メートルの範囲」で意思疎通をする状況をつくることができるか。そこがコミュニケーションをよくして、靭やかで強靭な組織をつくるコツの一つであるように思いますね。

「コミュニケーション」って、そもそも何だ? — 平田オリザ「わかりあえないことから 」(講談社学術新書)

昔に比べて、やたらと頻出してきたな、と思う言葉が「コミュニケーション」というやつで、あちこちで使われる割には、なんとも掴みどころのない言葉でもある。
本書は、平田オリザ氏による「コミュニケーション」の解釈であるとともに、いわゆる「コミュニケーション不足」に悩む人への処方箋でもある。
 
構成は
 
第1章 コミュニケーション能力とは何か?
第2章 喋らないという表現
第3章 ランダムをプログラミングする
第4章 冗長率を操作する
第5章 「対話」の言葉を作る
第6章 コンテクストの「ずれ」
第7章 コミュニケーションデザインという視点
第8章 協調性から社交性へ
 
となっていて、「まえがき」で
 
「世間では、ただ漠然と「コミュニケーション能力」が、やみくもに求められている。
いったい、人々は、そこに何を欲しているのだろうか?(P3)
 
とビーンボールまがいの危険球がくる刺激的なはじまり。
 
そして、「コミュニケーション能力」の曖昧さが
 
いま、企業が求めるコミュニケーション能力は、完全にダブルバインド(二重拘束)の状態にある。(P15)
 
日本社会は、社会全体が、「異文化理解能力」と、日本型の「同調圧力」のダブルバインドにあっている。
一つの小さな家庭の中でも、ダブルバインドが繰り返されれば、それが統合失調症や引きこもりの原因となる。
だとすれば、社会全体がダブルバインドの状態にあるいまの日本で、ニートや引きこもりが増えるのは当然ではないか。
いや、そのような個別具体の現象面だけではなく、日本社会全体が内向きになっているとされる理由も、おそらくはここに日本社会全体が、コミュニケーション能力に関するダブルバインドが原因で、内向きになり、引きこもってしまっている。(P19)
 
といったところには、「コミュニケーション」を曖昧なままに重要視したための、今の社会の「息苦しさ」の原因が提示されたような気がする。
 
で、おそらく、その根本原因は、我々の社会が工業型の社会からきしみながら変異しているせいであるのだろうが、西欧型の「ディベート」を楽しむ社会には、個人的な性向の部分で、馴染めない人がたくさんいる、ということが話を拡大している。そして、その特効薬が「コミュニケーション能力」を身につけることだ、と、薬の成分もよくわかっていない段階で服用して、中毒症状がでている、といったところであるのだろう。
 
で、そんな時に筆者の
 
この「冗長率」という考え方を導入すると、これまでの国語教育、コミュニケーション教育の問題点がより明瞭になる。
日本の国語教育は、この冗長率について、低くする方向だけを教えてきたのではなかったか。
 
 
「コミュニケーション教育、異文化理解能力が大事だと世間では言うが、それは別に、日本人が西洋人、白人のように喋れるようになれということではない。
 
といったところにおもわず膝を叩いて賛同の意を現してしまうのであるし、そんなこんなを踏まえて
 
いままでは、遠くで誰かが決めていることを何となく理解する能力、空気を読むといった能力、あるいは集団論でいえば「心を一つに」「一致団結」といった「価値観を一つにする方向のコミュニケーション能力」が求められてきた。
しかし、もう日本人はバラバラなのだ。(P206)
 
だから、この新しい時代には、「バラバラな人間が、価値観はバラバラなままで、どうにかしてうまくやっていく能力」が求められている。(P207)
 
といったところに安心感を覚える。
そして、
 
日本では、「演じる」という言葉には常にマイナスのイメージがつきまとう。演じることは、自分を偽ることであり、相手を弱すことのように思われている。
 
演じることが悪いのではない。
「演じさせられる」と感じてしまったときに、問題が起こる。
ならばまず、主体的に「演じる」子どもたちを作ろう。(P221)
 
といったところに、ディベートのテクニカルな側面のみで語られたり、相手の気持ちを推測することがメインの旧来の居心地の悪い「コミュニケーション」論から逃れる道を示してもらっているような気がする。
 
まあ、価値観も目指す方向も志向性を失い、バラバラになりつつも、依然として旧来の価値観、流れは自分のほうへ引き寄せようとうねって来る。そんな時代である。「みんなちがって、たいへんだ」(P216)と認識して、「演じる」方法論をみにつける。こんなあたりが「コミュニケーション」力の磨き方の、今のところの「解」なのかもしれませんね。