カテゴリー別アーカイブ: スマートスピーカー

スマートスピーカーの進化は、「火星年代記」の「優しく雨ぞ降りしきる」の世界を思い起こさせた

GizmodeでIKEAのスマートスピーカー「SYMFONISK」のプロトタイプの記事が掲載されていた。
IKEA☓Sonos初のプロダクトは、家具に溶け込むスマートスピーカーでした。
プロトタイプということで、まだ完成されたデザインではないものの、いずれもIKEAらしい、インテリアとしての洗練を目指す方向であるようだ。
当方も、Amazon EhoやEufy Genieを使っているのだが、デザイン的には部屋の中に溶け込むという感じではないので、こういう方向性は大歓迎。中でも注目すべきなのは、キッチンのキャビネットに取り付ける形式も提案されていることであろう。
この方向へと進んでいくと、今は単体で機能している、冷蔵庫やエアコンなどのスマートホーム的な機能が、スマートスピーカーを中心に結ばれ、「声」で家中の家電を始めとした機能が操作できる上に、そうした機能を持っていることを全く意識させない「家」が誕生するのだろうが、この家の中には「ヒト」の気配がなんとも希薄で、レイ・ブラッドベリの「火星年代記」の「優しく雨ぞ降りしきる」に出てくる家を思い起こさせた。
「優しく雨ぞ振りしきる」の話自体は、火星から人類が引き上げた後、火星に残された「スマートハウス」の話で、住人がいなくなっても、時間が来ると、朝食をつくろうとし、家の掃除をし、葉巻に火をつけて用意し、といった行動を続けるというものである。最後は、キッチンからでた家事で家は焼け落ちるが、応答する機能は生き残っていて、朝になると住人を起床させようと朝のアナウンスを始め・・・、といった筋立てである。
「声」を軸にしたスマートハウスは、スマートスピーカーの登場と進化によって、このブラッドベリが描く「家」よりももっと手軽な感じで実用化するのであろうが、その時、「人」と「物」の関係ではなく、服をきているかのようなウェアラブルな方向に進化してほしいな、と思う次第。
今、スマホなどの普及は凄まじいが、未だに「モノ」を操作しているという感覚から抜けきることができない。これがスマートスピーカーを通じた「スマートハウス」化によって、家電の操作だけでなく、ネットからの様々な情報の入手やあるいは本を読むと言った行為も、「声」「音」によって身にまとうことができるようになる。生活感の滲む「スマートハウス」が実現できると嬉しいですな。
ー火星年代記のブックレビューはこちらー

Amazon Echoの一般販売開始でスマートスピーカー利用の奔流が起きることを期待

いままでずっと招待制であったので、申し込んでいてもなかなか招待されなかったAmazon Echoなのであるが、明日から一挙に一般販売開始は、まずは目出度い。
当方も、数月待ちで先日やっとEchoを手に入れて、単身赴任先のEnfy、実家にAmazon Ehoという2台体制を構築したところ。
なのであるが、スマート家電とかが整備できていない状況なので、Alexaにやらせることが、天気予報を聞いたり、スケジュールを聞いたりといったところと、バックグラウンド・ミュージックをかけさせるといったところで、なんとも頼りがない。
もちろん、これは当方のスキル不足のところもあるのだが、日常的に「こう使うとすごく便利」とかの使うアイデアがまだ沸き立っていない、ということもあるように思う。さらには昨年の11月時点(発売開始時点だね)には100〜265のスキルが、今では600以上になっているようにスキル自体も増えていくだろう。そして、使う人が増えていくに従って、Alexaが「賢く」なるという副次的な効果もありそうだ。
スマートフォンにしてもiPhone3GからiPhone4で小進化し、iPhone4S、IPhone5あたりで、爆発的に普及。Androidを含めれば、誰でも持っているデバイスとなり、それに伴って、我々の「暮らし」そのものが大変化したという実例が身近にある。
これから、スマートスピーカーと連動する、様々なデバイスが生まれてくれば、そうした「生活の大変化」が現実のものになるかもしれない、と少し期待をしているのである。
ただ、寂しいことに、日本メーカーはLINEとかのものはあるものの、ほとんどのものが国内未発売。今のところ、Google、Amazonといった海外メーカーに席巻されている状態である。日本の「ものづくり」は「部品づくり」になってしまったのですかね〜。

スマートスピーカー「eufy」の設定

eufyで音楽やらスケージュールを聞くための設定をする。

設定はAmazon Alexaンのアプリから行う。

アプリを立ち上げて、「三」のところをタッチして、次の画面を呼び出して「設定」をタッチ

すると、次の「Alexa Preferenes」の画面が出てくるので、ここで各種の設定をする

続きを読む

我が家にスマートスピーカー Ankerの「EuFy」がやってきた

先だって注文したAnkerの「EuFy」が到着した。先週の金曜日に注文して到着は日曜日。招待メールがくるまでは少々時間がかかったが、いったん注文するとAmazon Primeの配達は早い。

とはいうものの、セッテイングは単身赴任崎にレオパレスなので、実際にセットしたのは昨日の月曜日の夜。それでは、久々の開封の儀というやつをレポート。

まずはパッケージの外観

開封すると、こういうシンプルな梱包。

取り出すとこんな風。本体とマイクロUSBの電源コードだけというこれまたシンプルなもの

電源につないで、セッティングした後は、スマホにまず、「EufyHomme」をインストール。その後、アカウントをつくり、使用するスマートスピーカーを選定し、Wifiにつなぐ。ここで「EufyHomme」の役目はひとまず終了。

スマートスピーカーの機能はAlexaのシステムを使う。「Amazon Alexa」のアプリをインストールし、Amazonのアカウントでログイン。と、これだけで使えるようになりました〜。

こうしたデバイスは当方の場合、説明書もろくに読まずに、勝手に変な箇所をいじったり、余計な操作をして、はまってしまったりということが多いのだが、アプリのガイダンスに従うとほとんど悩まずに設定できた。このあたりは、熟練者を期待しないアメリカのシステムの素晴らしいところですな。

ひとまず、時刻を尋ねたり、お天気を聞いたり、Amazon musicで音楽をかけてもらったりといったところで、夜も更けてきたので昨夜のお遊びは、ひとまず終了。本日からは東京へ出張、明日は実家泊なので、あれこれいじるのは明後日以降になりますな。

AnkerのEufy Genieを注文した。スマートスピーカーのデビュー間近。

AmzonのEchoやEcho Dotの招待メールを送るのだが、一向に招待がかえって来ないので、欲求不満が溜まってたところなので、AnkerのEufy Genieの招待メールを出していたら、ありがたいことに許可されました。感謝、感謝。

そんなにスマートスピーカーが欲しければ、Goolge Homeでもいいのだが(AppleのHome Padは日本ではまだ手に入らないしね)、「OK Google」と呼ぶのはちょっと違和感があるし、申しわけないがLineの物は食手が動かなくて、Echoの招待を待っていたのであるが、「待ちかねた〜」という次第。

もっとも、単身赴任中の部屋はスマートホーム化してみるかってな欲望にかられて、Urantのスマートコントロールを購入していて、エアコンとかテレビのONOFFとかチャンネル替えとかは、スマホで出来るようにしているのだが(Wifeが切れがちであはあるのだが、これはガジェットのせいななのか、レオパレスのWifiの容量がいっぱいいっぱいのせいなのかはわからない)、スマートスピーカーには、これとは違ったちょっと違った期待感がある。

それは、「IoT」「Ai」が身近に感じられる生活というのはどんなものか体感できるかな、というところ。スマートコントロールといったガジェットはスマホを介してのものになるし、例えばIoTにしても冷蔵庫やテレビやそこらの家電が勝手にネットにつながって何をしてようが、まあ知らねえよ、ってなものなのだが、もっとも肉質的である「言葉」で反応してもらえるってのが気を引くのである。

ここらあたり、日本人の鉄腕アトムに代表されるロボット好きなところかもしれない。最近、Aiについて、そのブラックボックス的なところを懸念する声がだんだん拡張してきているようで、これはPCとかスマホが生活の中に入ってきた時と同じような感じがして、こうした心理的な尻込み感のせいで変化が起きていかないのは寂しい感じがする。

まあ、そんなに「生活に変化」といったことはないのかもしれないが、Eufy Genieが届いたらまたレポートいたしますね。