カテゴリー別アーカイブ: 本田直之

ビジネス本の新しい「読書術」「読書論」の原点 — 本田直之「レバレッジ・リーディング」(東洋経済新報社)

「レバリッジ」という言葉が初お目見えしたのは、本書であっただろうか。2006年の初出であるので、10年以上前の書籍ではある。ただ、「読書」が古びた感じがあった風潮があった中で、実用の「テクニック」としての視点から「読書」を取り上げ、新風を送り込んだことは確か。
 
構成は
 
第1章 ビジネス書の多読とは何か?
 ー100倍のリターンをもたらす究極の読書術
第2章 本探しは投資物件選び
 ービジネス書の効率的スクリーニング術
第3章 一日一冊、ビジネス余を戦略的に読破する
 ー訓練扶養であなたの読み方が劇的に変わる
第4章 読んだままで終わらせるな!
 ー反復と実践によって100倍のリターンを獲得せよ
 
となっていて、冒頭のほうで
 
汗水たらし、血のにじむような努力をした他の人の数十年分の試行錯誤の軌跡が、ほんの数時間で理解できるよう、本の中には情報が整理されている(P22)
 
とあるのだが、本書の良いところは、その「軌跡」を効率よく我が物にするテクニックが披瀝されていること。
 
読書メモをつくっての手法はすでに、このブログの「読んだ本でマーキングした箇所を自分の血肉にする、効果的な方法はこれ」で紹介したので、省略するが、それ以外にも
 
一冊のみを読んで、この著者の意見がすべてだと思う込んでしまう危険を避けるために、多読をする(P48)
 
 
読み始める前にもう一度その本をよむ目的を明確にしておくと、重要なところと、そうでないところの見極めがはっきりつくようになります。したがって、どうでもいいところは捨てることができるので、読むスピードが速くなります。そのうえで目的を意識しながら読むと、内容をよく理解できるのです(P99)
 
といったところは、この本の出版以後、多くの「読書術」の本で言われていることの原点でもあるし、
 
複数の本を読むからこそ、重要なポイントがわかる。つまり、どの本にも同じことが書いてあれば、それは誰もが認める重要なポイントだと判断できるのです(P65)
 
といったところは、斜め目線から見た「多読のススメ」でもある。
 
「斜め読みがレバリッジ・リーディングでは正解(P129)」と、それまでの「精読を最上」とする読書術とは、少々趣を異にする本書の論点は「読書術」を議論する上では、おさえておきたいですね
 

「勤勉さ」だけが正当性を持っているわけではない — 本田直之「なまけもののあなたがうまくいく57の法則」(だいわ文庫)

レバリッジもので一世を風靡した本田直之氏による、「なまけもの」への「提案書」で、筆者によれば、なまけものは「堕落型のなまけもの」「幸福型のなまけもの」「前進型のなまけもの」の三種あって、本書はそのうちの「前進型のなまけもの」を目指そうと提案している。
構成は
1 発想をかえてみる
2 毎日の生活を変えてみる
3 仕事のやり方を変えてみる
となっていて、第1次世界大戦後、ドイツ陸軍を再建したドイツ軍人ハンス・ゼークトによれば有能ななまけものは、自分が怠けるため部下の力を最大限に活用し、いかにたやすく成果を挙げるかを工夫するため、「プロジェクトリーダー」の素質があるらしいし、無能ななまけものは「自ら考えようとしないため、参謀のいうことをそのまま実行するため、「経営者やエリアマネージャー」の素質があるということで、「なまけもの」も意外と使いみちがあるようだ。
もっとも、日本では、「勤勉」であることが一般的に推奨されているので、「なまけもの」であることは褒め言葉ではない。著者が、あえて「なまけもの」という言葉を持ち出したのは、「有能な働き者」さが時にして弊害を生み出してしまうことのある現代を諷してのことであろう。なので、「なまけもの」へのアドバイスも
出発点が「自分はなまけものなんだ」という人は違います。
彼らは、自分が正攻法で臨んでも簡単にギブアップしてしまうことがわかっているので、なんらかの工夫を考えます。
そして工夫によって結果が出ると、大きな達成感や喜びを得ることができます。
と「なまけもの」の自覚を持つ大事さから始まって、
実際にわたしの周りにいる「有能ななまけもの」たちは、ほぼ例外なく優先順位など考えず、思いついた順に仕事をこなしています。
実際、それでうまくいっているから面白いものです。
なまけものにとって大切なのは、とにかく「仕事をためない」ことです。
であったり
自分の持ち時間を把握していない」というなまけもの共通の欠点です。
週末なら週末、自分にどれくらいの持ち時間が与えられているのか、うまく把握していない。
(中略)
そこで賢いいなまけものたちは「時間配分表」をつくります。
毎日使っている時間割・スケジュール帳とは別に、旅行先や週末などの「限られた時間」をいかに過ごすべきかを目に見える形にしていくのです。
わたしが実際にお会いして「この人は時間の使い方がうまい」と思う人は、ほぼ例外なくこの時間配分表をつくっています。
といったように、「勤勉」でないことを自覚することにより、「勤勉さ」を上回るパフォーマンスの可能性を教えてくれるのである。
そして、
何事も「続けること」に力を注いではいけません。
そんな動機付けで続けられるのは勤勉な努力家だけで、われわれなまけものには到底無理なのです。
われわれなまけものが力を注ぐべきは「習慣にすること」です。
といったように、勤勉さに拘るあまりの「三日坊主」を向こうに押しやるアイデアも教えてくれるのである。
まあ、「真面目さ」とか「謹厳さ」を考えるあまり、思考形態も行動も「硬直化」そいてしまうのが一番最悪なこと。「なまけもの」であることを自覚して、より柔軟な人生を歩んでみるのがよいかもしれんですね。

中高年世代ほど「レバレッジ」を利かせた人生が必要かもしれない — 本田直之「レバレッジ・シンキング」(東洋経済新報社)

ビジネス・ノウハウの世界で「レバレッジをきかす」という言葉が、流行語のようになった時があったのだが、どうかすると「最小の努力で最大の効果」が「ほろんど努力しないで成果は最大」といった趣旨で語られることが多かったように思う。そのせいか、最近「レバレッジ」という言葉が使われることが少なくなったように思うのだが、著者のいう「レバリッジ」とは、けして、「濡れ手で粟」といったことを言っているんじゃない、と当方的に思うので、ここらで「レバリッジ」を再読して再評価しておきたい。
 
本書の構成は
 
第1章 常にレバリッジを意識せよ
第2章 労力のレバレッジ
第3章 時間のレバレッジ
第4章 知識のレバレッジ
第5章 人脈のレバレッジ
 
となっているのだが、最初の「濡れ手で・・」的な誤解を産んだのは
 
レバレッジ・シンキングでは、「労力・時間1に対して成果は無限大」にまで高めることが可能になります。そして、さらに不労所得的なリターンを得ることができ、労働時間や労力が半分になっても、収入が倍になるといったことが可能になるの
 
といったところが原因なのであろうが、筆者の言いたいのは
 
一つは、少ない労力がいいというと、楽をすることだけを考えてしまう人がいるということです。 DMWL(”Doing more with less”(少ない労力と時間で大きな成果を獲得する。)は手を抜くとか、単純に楽をすることではありません
 
 
時間で一の成果を上げられるようになったら、八時間仕事をすれば八倍の成果が上がります。そう考えてほしい
 
と行った所で明らかで、けして「手抜き」のススメではない。
 
むしろ、「労力のレバレッジ」での
 
労力のレバレッジでは、一つの物事をするときに、同時に何かできないかを考えます。それが二毛作という考え方
 
であったり、「時間のレバレッジ」の
 
時間もそれと同じです。 時間割をつくってブロックして、自己投資の時間を決めてしまえば、残った時間で仕事をしようという発想になります。わたしの場合、朝の二時間は本を読むという自己投資の時間にあてているので、確実に本を読めます
 
 
先に自由時間をつくることに専念せず、まずは投資をすることが時間を生み出すコツなのです。投資して時間資産ができたところで、不労所得的に時間を生み出してくれます
 
であったり、「知識のレバレッジ」で、一日一冊以上のビジネス書を読むことを自分に課し、できるだけたくさんの本を効率よく読み、多くの人の成功のプリセスを吸収することが必要だとした上で
 
読み終わったら、線を引いたり、印をつけた部分をパソコンに入力します。ワープロソフトで体裁を整える必要などありません。私はいつもプレーンテキストです。  それをA4判サイズのコピー用紙にプリントアウトします。このメモはさまざまな本の中で、自分の問題解決につながる重要ポイントを集めた「究極の本」となります。  私はそれを「レバレッジ・メモ」と呼んでいます。
(中略)
このメモを常に持ち歩き、電車がホームに入ってくるのを待つ間、タクシーに乗っている間、アポイントの相手が現れるまでの時間など、ちょっとした時間にパラパラめくって眺めています。そうして内容を頭に焼きつけ、実践して自分の身につけていきます
(中略)
大事なのは、本から得たノウハウをレバレッジ・メモにまとめ、繰り返し読んで条件反射的に行動できるようにし、実践でどんどん活用していくこと
 
といった風に、人頼みでなく、自らの力で、効果が拡大してくことを考え、実戦していくことが、「レバレッジ」の思考・行動の基本であるように思う。
 
まあ、見方によれば、「ハードワーク」のすすめでもあるのだが、彼の考え方の基礎には、「自らが」ということがキーになっていて
 
投資とは、何かを事前に差し出すことによってリターンを得ることです。本書ですすめる自己投資は、日々仕事に追われる生活の中で、いったん立ち止まって自分自身に懸けてみるのです。
 
というように、とかく現実の惰性の中で埋没してしまう「自分のやりたいこと」への新たな自己投資の勧めでもあるようだ。
人生100年時代と言われる今、若い人だでなく、当方のような中高年世代も、いま一度、自分の夢に立ち返って、「レバレッジを利かせて」何かに取り組むべきなのかもしれんですね。