読書」カテゴリーアーカイブ

効率よく「新書」の”エッセンス”を吸収する私の方法

多くの出版社から刊行されている「新書」の数々。新しい話題から、ちょっとコアな話題本まで多種多様で、知識やノウハウを手っ取り早く手に入れるには重宝するもの。

だが、
・じっくり精読する時間がない
・読んだ内容を忘れてしまう、覚えられない
・本代が高くて、たくさん購入できない
といった悩みを抱えている人は多いハズ。

今回はそんな方々に、効率よく、安価に、「新書」のエッセンスを吸収するコツを紹介しよう。

新書は、購入したものでもいいし、図書館の本でも可である。読書術の本では必ず自費で購入をするべし、というものあるが、たくさんの新書を読むには書籍代もバカにならないので、適宜、図書館を利用すれば良いと思う。

◯キモは2つ

さて、今回の肝は

①一回で精読して、内容をつかもうと思わない
②一度に内容を覚えようと思わない

ということ。つまりは、スピードをあげて、何回も読むことを基本に、抜書をつくって内容は、自分の頭の中に抱えない、というものである。

◯具体的なやり方

では具体的なやり方を紹介しよう。

①付箋を用意する。

百均で購入できる、小ぶりのもので十分。

②スピード重視で「新書」を読む。

 目次は、一応精読するのは、他の読書術と同じ。
 次に、新書を読むのだが、基本は、自分で気になる箇所、重要と思う箇所は、あまり深く考えずに、付箋をペタペタ貼る。どんどん貼る。
 そしてスピードを重視して、とにかく最後まで読み進んでいく。

③最後まで、読み進んだら、スキャンする

スキャンするのは
・表紙
・目次
・付箋のついているところで、抜書きをすべきところ
(自分で重要と思う所)
である。スキャナは通常の1万円弱で購入できる、A4対応のフラットヘッドで十分。

この段階で、スキャンしておくべきところかどうかをチェックするのだが、ここでも余り悩まないこと。とにかくスピード重視で、必要と少しでもおもったらスキャンしておくことがベター。

この段階でリアルの本は不要になる。付箋をとって図書館に返すなり、本棚に所蔵するなり、ブックオフに持っていくなりしてください。

④ここで、作業はひと休憩。少なくとも1〜2日、次の作業まで間をあけておく。

どんな本でも読了すると、一種の興奮状態にあるので、クールダウンするイメージですね。

なので、他の本を読むことに取り掛かってもよいですね。

⑤しばらく間をおいたら、新書をスキャンしたデータをOCRする。

当方が、一番精度が良いかなと思うのは、Adobe Acrobatなのだが、高価なのが玉に疵。以前はScanSnap i500を購入すると同梱されていたのだが、残念ながら今は同梱されていない。「読取革命」や「PDF Element」など見繕ってくださいな。

⑤最後にOCRデータの中で、抜書きしたいところをテキスト形式で抽出。

抽出データを、Evernoteなりエディターアプリにコピペし、保存して終了である。ここでは、再度、抜書きすべきかどうかセレクトするのが大事。
本を読んだ直後だと、その時の勢いで抜書きしてしまうことが多いので、冷静な目線に戻すために、1〜2日冷却期間を置くのがキモである。冷却期間後改めて見ると、なんであの時重要と思ったのかわからないところが多々出てくるものである。

ただし、必ずOCRしないといけない、というものではない。手作業で抜き出しても良いので、ここは、それぞれも持っているPC環境に応じてやってくださいな。

【まとめ】

大事なのは、本のエッセンスを頭の中に置いておこうなんていう大望は持たないこと。Evernoteやクラウドを、自分の外部脳と考えて、エッセンスはすべてそこに置く、といった感じでやったほうがいいですね。要は、必要な時にいつでも検索して読み出せればいいことですから。

「修行」「苦行」の読書はやめにしませんか — 印南敦史「読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術」(星海社新書)

LifeHacker Japanで多くの書評を発表している著者の手による「読書術」なのであるが、前作の「遅読家のための読書術ー情報洪水でも疲れない「フロー・リーディングの手法」でも、読書スピードが遅いことを明らかにした上での読書術を展開されていたように、本書も一味違った「読書術」となっている。
 
構成は
 
はじめに なぜ、「読んでも忘れてしまう」のか?
第1章 「忘れる」ことから読書は始まる
第2章 肩の力を抜いて読書するための心構え
第3章 それでも「忘れない」ための具体的な方法
第4章 楽しい読書を取り戻そう
 
となっていて、今回のテーマは「読んでも、内容が記憶に残らないこと」の対処法。「読書術」といえば、「早く読むこと」と「読んだら忘れないこと」についての方法論がお決まりになっている感があって、本書のように「忘れてしまうことを認める」ことからスタートするのは、かなり珍しい部類ではある。
ただ、よくある「読書術」の本の「速読」と「内容の記憶」のノウハウに浸っていると自らの能力不足を責められている気がしてきて、息苦しくなるのは間違いなくて、
 
重要なのは、覚える「量」ではなく「質」だからです。いいかえれば、自分にとって必要のないこよを機械的にたくさん記憶するよりも、「必要なこと」を積み上げていくことのほうが大切(P27)
 
といった風の、その呪縛から開放してくれるのはとても有り難い。
 
とはいっても、そうした「記憶」に留める技術の紹介が全く無いわけでなく、
 
「覚えられる読書」は「アクション」ありきなのです。汚すか汚さないかは、その一形態にすぎないのです。・・日常の自分自身の意識的な動きを読書と連動させることができれば、それは無理なく覚えられることにつながっていくのです(P122)
 
という観点からの
 
・室内でも屋外でも、集中しやすい場所で読書に集中する
・(可能な範囲で)周囲の状況にも関心をもつ
・印象的な場面、出来事、人などを、意識の裏側に貼り付けておく
・本の印象的な部分、感動的な部分、記憶した部分などに出会った場合は、特に「周囲でおこった何か」「いた場所」「通過した駅」「情景」などを覚えておく(P126)
 
といった「シチュエーション記憶法」であったり、速読法としての
 
目次よりも先に登場する序文は、著者の思いが凝縮されたその本の心臓部です。
(略)
この部分をじっくり読めば、本文にどんなことが書かれているのか、おおよそ見当をつけることができるのです。
(略)
まずは序文で概要をつかみ、その後は目次から必要な部分だけをチョイス。あとはそこを読んでいけば、求めている情報を得ることはできるわけです。・・ちなみに不明瞭な点があったら、そのパートの少し前の数ページを確認してみれば、おおよその流れはつかむことかできます(P163)
 
といったこともきちんと抑えてあるので、そこはご安心を。
 
ただ、本書の要点は
 
もしも、いまの読書に居心地の悪さを感じているのだとしたら、それはムダな決まりに縛られているからかもしれません。
でも、その読書は自分自身のためにあるのです。だからこそ、”自分なりの”価値をその本の中に見つけることができるのです。そしてその価値を見つけることができれば、覚えたいことは嫌でも覚えることができるはずです。(P185)
 
といったあたりと、当方的には思っていて、要は、自分にあった読書法を、あれやこれやのお節介な「読書術」本に惑わされずに探してくださいな、というところであろうと勝手に解釈した。
「読書は楽しくする」ものであるのが、第一でありますよね。
 

読んだ本でマーキングした箇所を自分の血肉にする、効果的な方法はこれ

幾冊か読書術に関する本を読んだのだが、悩ましいのは、たくさん本を読んでも、読んで感銘を受けたり、仕事とかに大事だなと思う所がザルに水を流すように抜け落ちてしまうことであろう。
ここらで、自分がマーキングしたりしたところや、本を読みながら思いついたアイデアを、自分のモノにする方法をピックアップしてみよう
 
本田直之氏の「レバレッジ・リーディング」
 
ご当人のやり方は
 
線を引いた部分をパソコンに打ち込んでメモを作ります。
このメモを常に持ち歩き、ちょっとすた隙間時間にパラパラめくって眺めることで頭の中に焼き付ける。本に線を引くだけでなく、本を読んでひらめいたアイデアや、その本に書かれたことを実践した結果なども、どんどん本に書き込み、それもパソコンにいれる
 
とされているほか、他の人のやり方として
 
熊谷正寿さんの
 
本の内容を自身の手書きで付箋に抜書きし、それを手帳に貼って離さず持ち歩き、読み返す
 
また、中谷彰宏さんの
 
アシスタントに本をコピーしてもらい、それを切り貼りして一冊の本を編んでしまう
 
というのが紹介されている。
 
角田和将さん「すごい読書術」
 
頭の中で思い出されている文章をイメージしながら、紐付く情報を思い出そうとしてもいいのですが、書き出した内容を紐付けながら思い出したほうが、関連する情報を思い出すことができる可能性が上がるので、紙に書き出すようにしましょう。 そして、思い出したことは先に書き出す
 
印南敦史さん「遅読家のための読書術」
 
本の内容を残すために、書評や感想を「書く」ということを取り入れ、その基礎としてそのためにはA4用紙を用紙して、「読みながら気になった箇所をどんどん書き写していく」、それもなるべき記事書く、数行に収まるように(1ライン・サンプリング)
 
池上彰さん「僕らが毎日やっている最強の読み方」
 
読んでいて触発されることが出てくれば、思いついた内容も本の余白のスペースに書き込みます。それからA4のコピー用紙に浦上を四つ折りにして本にいつも挟んでいて、気になる内容や参考になる文章があると、その紙に書き込んでおきます。
一冊読み終わったら、著者名と書名、読み終えた日付を手帳に書いています。そのときのポイントは、大きなニュースや出来事があった場合は、1行メモとして一緒に付け加えてておく。
 
 
といったところが今、当方のブックレビューで取り上げた本の中で出てきたものですな。
 
 
要点は
 
①大事と思う本の該当箇所を抜書きする。パソコンでもいいが、手を動かして紙に書いてもいい。
紙に書いたほうが記憶に残るという説もあるが、実証のほどは個々人の特性による感じ
②重要と思うものは、それをもちあるいで、暇があると読む。このメモを複数冊を合体させてもいい
③ブックレビューなどで外部にアウトプットする方法もあり
 
ということで、やはり、読みっぱなしにはしないほうがいいようですね

読むスピードの競争は厳禁。「速く読むこと」にもきちんと目的はある。 — 角田和将「速読日本一が教える すごい読書術」(ダイヤモンド社)

先だって、「人生で大切なことはすべて「書店」で買える」のレビューの際に「速読」のことをあまり褒めなかったのだが、そのままでは、ちょっと公平性に欠けるな、と思ったので、速読派の中から本書をレビューしておこう。
 
構成は
 
序章 なぜ速く読んでも覚えられるのか?
第1章 社会人の9割が知らない本当の読書術
第2章 最速・最短で読書もモノにする4つののポイント
第3章 速読を極めて、情報収集力を上げる
第4章 本の価値を最大化し、自身のスキルに変える
終章 読書のスキルで、人生が変わる
 
となっているのだが、注意しないといけないのは、本書は、けして本を「速く読むための技術」の本ではないということ。だから、例えば、本の読み解きの「目の動かし方」であるとか、「読む姿勢」であるとかのフィジカルな部分はむしろ枝葉である。要は、
 
読書に限れば、「読書速度」と「頭に残っている情報量」との間には、そもそも関係性などないのです。 読書速度と頭に残る情報量に関係がないのであれば、速く読んだほうがいいし、「忘れる前に読み返す=忘れない」と考えれば、むしろ速いスピードで読んだほうが何度も読めるので、頭に残る情報量が増える
 
といったように、「本の情報をいかに頭に残すか」の技術、そのための速読の技が述べられているのである。
 
なので、その方法論も
 
なるべく速いスピードで1〜2回、本を読んでいきましょう。次の6つのポイントを意識しながら取り組んでみてください。 ① 普段読む時間の3分の1を目標にする ② 1行1秒以内のペースで見る ③ 立ち止まりそうになったらマークをつける ④ 速読モードに切り替える ⑤「自己満足」よりも「自己成長」を優先する ⑥ ツールを活用して「難しそう」のハードルを下げる。
 
基準としては普段読んでいるスピードで1冊を読み切るのにかかる時間の3分の1の時間内で読み切れるように進めてください。
 
といったことを基本に
 
 1冊を3時間で1回読むよりも、1冊を1時間で3回見るほうが、記憶に残るページ数は増えるのです
 
 
ひととおり読み切ることができたら、次は「何が書いてあったか?」を思い出して、頭に残っている内容を引き出していきます。
(中略)
必死におもいだそうとすることによって、速く読んでいたなかで何となく目にした文章から記憶を引き出す力を鍛えることができます。
 
といったように、単に速度を競うのではなく、頭に内容を残すために一工夫が必要なものが多い。
 
とはいっても、いわゆる「読書術」の本のアドバイスとも食い違っているところもあって、
 
私は、 本を読む前にあらかじめ読む目的を明確にする必要はない と考えています。・・・本を読む目的は知識を得ることではなく、自分を進化させるために必要な行動イメージを得ること です。ですから、レベルアップする前の自分が本を読む前に、検索したい言葉を明確にすることは不可能なのです。
 
といったところには、「齋藤孝さん派」はちょっとカリッときてしまうかもしれないのだが、そこは用法に応じて読み分ける、といった大人の対応をお願いしたい。
 
まあ、読書の目的は、筆者の引用する「バフェットの教訓」の「「人は経験から学ぼうとするが、他人の経験から学べるならそれに越したことはない」であることも事実。上手に大量の本が読めるように、様々な方法論を比較しながら「やってみる」ということが一番大事なのかもしれないですね。
 

面白い本は全体の1%。とにかくたくさん「読書」しよう — 千田琢哉「人生で大切なことはすべて「書店」で買える」

「本」を読みましょうよ、「本」を読むといいことありますよ、成功しますよ、ということを、こんなに熱く語ってくる「読書論」の本は最近は珍しい。
 
構成は
 
プロローグ 僕の出身校は、仙台の丸善と金港堂だ。
第1章 本さえ読めば、どんな時代になって知恵で生き抜いていける
第2章 本が背中を押してくれる「行動力」
第3章 本が教えてくれる本当の「コミュニケーション力」
第4章 本が伸ばしてくれる効率的な「勉強力」
第5章 本が磨いてくれる結果を出す「仕事力」
第6章 本が導いてくてるお金の不安から自由になれる「経済力」
第7章 本が加速させてくれる「成長力」
第8章 人生を変える本の「買い方・読み方」
エピローグ つらいときに群れるな、本を読め
 
となっていて、「読書礼賛」のあたりは、例えば
 
読書している人は同じ環境にいても精神的にタフです。 なぜなら、自分を励ます言葉をたくさん持っているから
 
 
なにか新しいことに挑む場合、読書せずに挑むのとたっぷりと読書してから挑むのとでは、結果は雲泥の差となります
 
といったところでも顕著で、しかも、
 
質の高い読書をしている人は、必ず圧倒的な量の読書をしています。
量と質は相反するものではありません。量と質は比例するものです。 圧倒的な読書量をこなさなければ、質の高い読書ができるようにはなりません
ということであるから、とにかく「本を読め」かつ「大量に読め」というのが本書の「読書術」の基本となる。しかし、とかく大量の読書を勧めるものの中には、「速読」の方向へ行くのが多いのだが、
速読術として僕が行き着いたある結論があります。それはゆっくり読むようにすると、結果として速く読めるようになるということです。「速く読まなくてはいけない」と焦ると、内容が頭に入らない上に遅くなります。
といったところは、むしろ出口治明さんの「わかるまで読む」といった正統的な読書術に近く、さらには、
不思議なことに、模範解答を選んで○をもらうために生きている人たちは揃いも揃ってあまり幸せそうな顔をしていないのです。反対に、好き放題に読み間違えている人たちはみんな幸せそうな顔をしています。 大人の国語では読み間違えたもの勝ちです。「どこにもそんなこと書いていないのに……」と、著者から叱られてしまいそうな解釈をして勝手に一人で興奮してアクションを起こす人が成功します。
といったところには、スピード・効率重視で、生き方そのものも効率を最大限に重要視してしまって、生きることの「味」そのものを喪ってしまいがちな現代の風潮への、穏やかな批判でもあるように感じるし、
いったい成功者は一人で何をしているのでしょうか。 本を読んでいるのです。本を読んで常に自分の活かし方を考え、気づきを得ているのです。群がっていると、本を読むことができません。
 
といったあたりは、とかく集団の中にいると安心してしまう我が身への戒めでもある。
さて、読書の効用はわかったとしても、つまらない本に出会ってしまうのは誰しも嫌なもの。ところが、本書によれば
どんな世界でも面白い作品は1%です。1つの面白い作品に出逢うためには、100の作品を味わえばいいのです。10 の面白い作品に出逢うためには、1000の作品を味わえばいいのです。
とのこと。盛大に読んで、盛大に感動し、「つまらない本」に出会ったことを盛大に感謝しましょう。たくさん読むことは、面白い作品に出会う機会を広げるコツであるようですから。
 

ビジネス読書には「教養書」が必須 — 山口 周「外資系コンサルが教える読書を仕事につなげる技術」(中経出版)

帯に「MBAに行かずに独学だけで・・・」「1000冊読んで・・・」といった言葉が踊るので「多読の読書術」と思うむきもあるかもしれないが、むしろ「精読の読書術」といった趣があるので注意しておいたほうがいい。
構成は
第1章 「仕事につなげる読書」6つの大原則
第2章 【ビジネス書×何を読むか】ビジネス書は「これだけ」読めばいい
第3章 【ビジネス書×どう読むか】古典には読む「順番」がある
第4章 【教養書×何を読むか】好きな本を読んで「ライバルと差別化」する
第5章 【教養書×何を読むか】情報の「イケス」をつくれ
第6章 「書店を散歩する」技術
第7章 「本棚」で読書を仕事につなげる
特別付録 これだけ読めばいい!「ビジネス書マンダラ」
となっていて、「仕事のための読書で「教養書」の扱いが出てきていて。これは
逆に言えば、経営学を学ぶにあたっては次々に出されるビジネス書の新刊を読む必要はない、ということです。
という考えによるもののようだが、このあたり、他の著書と同じく、山口氏の独自の切り口・斬新さが光るところであろう。
本書には、コンサルタント経験を活かした、特定分野に短期間に詳しくなる方法として
「知的生産」にかかわる仕事をしていると、短期間である分野の知識を集中的に学ばなければならない場面があると思います。
(中略)
このようなときにお勧めしたいのが、入門書5冊+専門書5冊=10冊の「1日読書」です。午前中を入門書の斜め読みに、午後は専門書の拾い読みにあてる、というのが基本的なプログラムです。
(中略)
5冊を午前中の2〜3時間を使って斜め読みします。斜め読みでは㈰図表だけ、㈪パラグラフの冒頭で自然と引き込まれた箇所だけ、を読みます。どんなに長くてもおそらく1冊につき30分程度で済むはずです。
午後は専門書。午前中につかんだ全体像やキーワードをもとに、特に深めたい部分を集中して読みます。
(中略)
ここでポイントになるのが、期限を1日に限定するということです
といったテクニックも随所に照会されているので、それを拾っていくのも本書活用の一方法だが、当方的には
定番のビジネス書がビジネスにおける規定演技だとすれば、リベラルアーツに関連する書籍はビジネスにおける自由演技に相当します。そして、そこでどれだけユニークな本を読み、それを自分の血肉としてアウトプットにつなげていくかが、「その人らしさ」を左右することになります。
成功する人には「さまざまな出会いや偶然を、前向きに楽しめる」という共通項があることがわかっています
といったことを基本にして
自分が重要だと思った情報は、脳内に記憶するのではなく、いつでもアクセス可能な場所=イケスにそのまま泳がせておき。状況に応じて調達し、他の情報と組み合わせて調理=知的生産するほうが合理的です
1冊の本でインプットした情報(魚)をイケスにいれるためには、次のようなステップで1冊を3回読みます
ーーーー
1回目:線を引く、2回目:5つ選ぶ、3回目:転記する
ーーーー
1回目→2回目→3回目と、自分にとって必要な情報をスクリーニングしていくのです
筆者の場合、アンダーラインの箇所がどんなに多かったとしても、イケスに放り込むのは基本的に5カ所、どんなに多くても9つまでにしています
あるいは
本の活用方法は2つしかありません。ひとつは、重要と思われる箇所を転記して必要に応じていつでもアクセスできるようにすること。もうひとつは、折りに触れて再読することです。
といった、読書による「継続的な知的生産」の手法をすくいとっていくというのが良いようだ。
本書に引用するスティ−ブ・ジョブズの言葉によると
創造性とは「なにかをつなげること」なんだ。クリエイティブな人に対して、どうt¥やって創造したのかを尋ねたら、彼らはちょっとバツが悪いんじゃないかな。なぜなら、実際になにかを作り出すなんてことはしていないから。彼らはただ自分の経験から得られた知見をつなぎ合わせて、それを新しいモノゴトに統合させるんだ
とのこと。自分は独創的でないから・・と悩まず、読書による「創造性の創出」にチャレンジしようではありませんか。