カテゴリー別アーカイブ: 池上彰

左遷された時は、「その道一筋」から自由になってはいかがか — 池上 彰「知の越境法 「質問力」を磨く」(光文社新書)

「プロフェッショナル」と「ジェネラリスト」についてのエントリーをあげたばかりなのだが、その発端は、池上彰さんが、NHKの論説委員になれずに、今のフリーになった経緯に触発されたところもある。
本書は、そんなあたりのことを「越境」という表現で表して、専門化を賛美する風潮への警鐘ととってもいい。
 
構成は
 
第1章 「越境する人間」の時代
 1 「知の越境者」が求められている
 2 政治と経済の越境
第2章 私はこうして越境してきた
 1 逆境は独学で切り抜ける
 2 自分の足りないものを点検し、補う
第3章 リベラルアーツは越境を誘う
 1 画期的アイデアが生まれる背景
 2 すぐ役立つものは、すぐに陳腐化する
第4章 異境へ、未知の人へ
 1 使える「ゆるやかな演繹法」
 2 この人びとに惹かれる
 3 人こそ異境である
第5章 「越境」の醍醐味
 1 守られているものは弱い
 2 歴史への越境、歴史からの越境
 3 南スーダンと戦後日本の共通項
第6章 越境のための質問力を磨く
 1 愚かな質問はない、愚かな答えがあるだけだ
 2 想定外の質問を投げかける
終章 越境=左遷論
 1 「事実」が揺らいでいる
 2 ムダなことが後で生きてくる
 
となっているのだが、そもそも、池上さんが「越境」というか、専門特化ができなかったのは
 
この「越境」は、自発的に「越境」したのではありません。やむをえず、受け身の「越境」を繰り返しているうちに、こんなに各方面について語る立場になってしまった
 
とするとともに
 
私は図らずも会社の都合で専門性を持つことがなかったわけで(それはそれで楽しんだのですが)、それなのに、「専門性がない」とは。解説委員になれば、それなりのレベルのことができるという自負はありました。いや、専門家に勝てないまでも、渡り合えることはできるだろう、との思いがありました。  しかし、解説委員室への扉は閉じられてしまった
 
と、左遷ないしは出世の道が閉ざされたことがもともとの原因らしく、このあたっり、当方的にも「うむうむ」と頷いてしまうのである。この専門家が出世するというのは、欧米流のシステムが流布してからと思いがちなのだが、
 
MITで印象的だったのは、こちらが当然のように、「最先端のことを教えてらっしゃるんでしょうね」と先生方に尋ねたところ、「いや、そんなことはありません」という答えが返ってきたことです。 「いま最先端のことは4年程度で陳腐化します。すぐに陳腐化することを教えても仕方ありません。新しいモノを作り出す、その根っこの力をつけるのがリベラルアーツです。すぐに役立つものは、すぐに役立たなくなります
 
といったところから見ると、むしろ、それは
 
日本には一つのことをやり通すことがいい、という牢固とした思想があります。それがスポーツであろうと、人生という長いスパンであろうと、われわれの選択肢を狭めている可能性があります。
 
といった、日本に顕著な、「その道一筋」「求道」の精神に負うところが多くて、実は、最近、日本が力を失ってきた原因も、専門家偏重がもたらす「硬直性」のゆえかもしれず、その解決の道は、本書の言う「越境」によって、自由なアイデアを提供する、あるいは、今までとは違ったポジションから物事に取りくっんで見る、といったあたりにあるかもしれないな、と妄想してみるのである。
 
そして、「越境」ということが我が事にように思えるのは、やはり不遇のとき、左遷されたと思う時で、本書のアドバイスに従えば
 
ビジネスパーソンにとって「自発の越境」と「受け身の越境」のどちらが多いかというと、圧倒的に後者ではないかと思うのです。その最たるものが「左遷」ではないでしょうか。本人の意思に反して、別の場所に置かれるわけです。  そこで、「左遷」などと受け止めないで、「越境」だと考えたらどうか、と提案したいのです。会社から越境させてもらった、とポジティブに考えてはどうか、と思うのです。左遷されなければ絶対に経験できなかったところに行けるわけです。
 
ということで、出世街道から外れたな、と思ったときにも「越境」は有益な対処方法であるようだ。
 
さて、左遷に悩む時はその対処法保が大事である
 
若者、ばか者、はぐれもの――いずれも越境のエネルギーを持った人たちばかりです。この人たちは、簡単に越境します。この人たちが未知の領域に進むおかげで、未来が 拓けるのです
 
といった気持ちで、「越境」を楽しみましょうかね。
 

リベラル・アーツとは何なのか — 池上 彰「おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?」(NHK出版新書)

「教養」あるいは「教養主義」というのは、特に日本においては毀誉褒貶の幅が広いもののように思えて、半藤一利氏や出口裕明氏は「世界史としての日本史」あたりでも「教養主義」の重要性を口を酸っぱくして言われるのだが、新自由主義や効率のみが基準となりがちなビジネスの現場では、旗色が悪いと言わざるをえないだろう。

で、本書の構成は

序章 私たちはどこから来て、どこへ行くのか

第一章 宗教ー唯一絶対神はどこから生まれたのか?

第二章 宇宙ーヒッグス粒子が解き明かす私たちの起源

第三章 人類の旅路ー私たちは突然変異から生まれた

第四章 人間と病気ー世界を震撼させたウイルスの正体

第五章 経済学ー歴史を変えた四つの理論とは

第六章 歴史ー過去は絶えず書き換えられる

第七章 日本と日本人ーいつ、どのようにして生まれたのか

となっていて、「ギリシャ・ローマ時代に源流を持ち、ヨーロッパの大学で学問の基本だとみなされた七科目のことを指します。具体的には①文法、②修辞学、③論理学、④算術、⑤幾何学、⑥天文学、⑦音楽の計七科です」とされる「リベラルアーツ」を、現代流に翻案して、タイムリーな話題を語るといった構成である。

で、リベラル・アーツを学ぶ効用といえば(こんな風に「効用」を言うってのは「リベラル・アーツ」の本旨とは離れるのかもしれないのだが)「歴史」学を例にとると

私自身は、イラン・イスラム革命は言ってみれば宗教ルネッサンスではないかと考えています。この革命の後、イスラム原理主義が中東で広がっていきます。こうした動向を見ると、あの革命は、力の衰えた宗教に改めて命を吹き込もうとする動きだったのではないでしょうか。

とか

こう見ると、これまでの過去の歴史は、ある意味ではとても単純でした。勝った者が記録を残し、負けた者の記録は残っていないからです。  過去のさまざまな歴史というのは、勝者が残した記録を後世の学者が分析をしてつくり上げたものです。一方で敗者の歴史というのは、この世界から抹殺されています。  ですから、私たちが学んだ歴史は言ってみれば氷山の一角で、実はそれ以外にも知られざる歴史がたくさんあるということを、常に頭の片隅にとどめておいてほしいのです。

といったことがあって、総じて言えば、「自分を相対化する」視点を得ることができるということであるようで、それはとりわ、最近のように「自国ナンバーワン主義」や自国意識が肥大化する時代にあって

国家意識というのは不思議なもので、自分たちの中だけでは生まれてきません。つまり、自分とは異質な人たちと接触をして初めて、彼らとわれわれは違うという認識が生まれてくるわけです。

健全な愛国心というのは、上から押しつけられるものではなくて、みんなが自然に持つものです。オリンピックのときみんな日本を応援するのも、別に誰かに押しつけられたわけではない。普段は日の丸を意識しなくても、オリンピックのような場では自然と日の丸を意識し、みんなで日本を応援するという意識が生まれてくる。

自然に湧き出てくる健全な愛国心というものはあると思います。ところが愛国心を政治的に利用しようとすると、やがて居心地の悪いものへ傾いていく

といった、醒めてはいるが、適切な「愛国心」というものに結びつくような気がしてならない。

ともあれ

現代に生きる私たちにとって、知識の重要さもそこにあります。単に受け取るだけではなく、それを現代に生かし、より良い社会をつくり、より良い人生を築いていく。それがリベラルアーツというものの価値なのです。

ということであるらしいので、目線と興味は幅広めに持って、目先の成功や小粒の利益にアクセクしない、という心構えを持たないといけないのかもしれませんね。

新聞は”読み飛ばす”だけが能ではない — 池上彰「池上彰の新聞勉強術」(文春文庫)

以前レビューした「新聞活用術」の対といっていいのが、この「新聞勉強術」。エピローグのところをみると社会人にはじめてなるか。あるいは就活中の学生さんたち向けかなとも思うのだが、「新聞」に親和性があって、なおかつ聖域感があるのは、当方のような中高年であろう。

構成は

プロローグ 一本の新聞記事が世の中を動かす

第1章 「ニュースを見る目」は、新聞で養う

第2章 まず、何から読んだらいいのだろうか

第3章 速読から読解まで 池上彰流・新聞の読み方作法

第4章 「新聞の読み比べ」で身につく情報力

第5章 ネットにテレビに! 池上流・メディアミックス新聞術

第6章 知れば知るほど面白い、新聞の取材現場

第7章 新聞の情報整理術&知的活用術

エピローグ 新入社員の新聞勉強術

となっていて、新聞から情報収集を始めたばかりの学生からスクラップにはまり込んだ人まで、かなり幅広い「新聞好き」をレンジにおさめている。

こうした「新聞」の話となると、とかく新聞を褒めて、その神話化を図ってしまうことがあるのだが、筆者の場合、

数字が重要な記事を見つけたら、必ず他の新聞の見出しと見比べる。・・事実の中に盛り込まれた「主観」を見つけ出すことから、私達の新聞勉強術がスタートする。(P30)

社会の多数が「けしからん」と怒っているときに「ちょっと待てよ」ち、「アナザービュー」(異なる視点)を持つ姿勢が大切(P37)

「アナザービュー」とは「本当にそうなのか」を、別の角度から考える癖をつけること(P38)

といった感じで、「新聞」そのものを疑ってみる、違うポジションに自分を置いてみる大事さを主張するところが、その誠実さを現しているというものか。

で、本書の場合、「新聞」のあらゆる側面をとりあげているので、どういう読み方をしてもよいのだが、当方としては、新聞取材の方法論や新聞報道の優秀性というよりは、その使い方の方に関心があって、例えば

自分でも気づかない自分自身の関心は、デジタルでは決して発見できないのです。

新聞をスクラップするために必要な記事を探していると、その横に思いもよらないような記事を発見することがあります。

そんなとき、まったく関係ない記事同士が結びついて、いままでにない発想が生まれることがありました。スクラップは”新たな発見”の喜びを与えてくれるのです(P221)

新聞に文章だけで記述されている内容を自分なりに図解してみるのです。

図解しようとすると、その問題について深い知識を持っていないと図解できないことに気付きます。そこから、何を学べばいいかがわかります。

こうして理解できたら、図解します。

そのうえで、その図解を今度は言葉で表現してみるのです。

この言葉での表現こそ「まるで図解をしてくれるようにわかりやすいですね」と言ってもらえる説明になるのです(P223)

といったところは、新聞を使った発想の手法、表現力を磨く手法として「ふむ」と思わせるし、

スクラップは、ひとつの事件を追いかける場合のように「この記事を切り抜かなければ」とテーマを決めて行う方法もありますが、どんなジャンルでもかまわず「これは面白いな」と思った記事を切り抜く方法もあります。

実は、このノンジャンルで切り抜くやり方が、意外な発見をもたらすのです。・・・自分自身がこれまで気づかなかった自分の興味・関心の分野が、次第に明確に姿を現してくるのです。(P230)

短歌や俳句でも、釣りやドライブであってもいいと思います。それを積み重ねておいておく。そしてときどき棚卸しをしてスクラップを見返してみると、いつのまにか、自分が本当に趣味にしたいものは何なのか、「自分探し」をすることができるはずです(P231)

といったところは、隙と時間ができた定年後に、それからの人生をうっちゃっていくものを見つけるに良い方法かもしれないな、と無芸大食の輩はつぶやいてみる。

さて、筆者のように五紙以上の新聞を購読して、スクラップするといったことは小遣いも限られている身としては難しいものではあるが、せめて、複数紙をとって、やってみると少しは賢くなれるでありましょうか?

文系人間にもオススメの時事解説 — 池上 彰「この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義ー世界篇」(文春文庫)

元ニュースキャスターの池上彰氏が東京工業大学の教授に就任し、同校で行った講義録。「世界篇」という題名ではあるが、時事解説といっていい。

収録は

はじめにー「学際的教養」のススメ

Lecture1 科学と国家ー自治雨は原爆を開発していた日本

Lecture2 国際情勢ー世界地図から見える領土の本音

Lecture3 憲法ー日本国憲法は改正すべきか?

Lecture4 金融ー紙切れを「お金」に変える力とは

Lecture5 企業ー悪い会社、優れた経営者の見分け方

Lecture6 経済学ー経済学は人を幸せにできるか

Lecture7 世界経済ーリーマンショックとは何だったのか

Lecture8 社会保障ー君は年金に入るべきか

Lecture9 メディアー視聴者が変える21世紀のテレビ

Lecture10 宗教ーオウム真理教に理系大学生がはまったわけ

Lecture11 社会革命ー「アラブの春」は本当に来たのか

Lecture12 アメリカー大統領選にわかる合衆国の成り立ち

Lecture13 中国ーなぜ反日運動が起きるのか

Lecture14 北朝鮮ー”金王朝”独裁三代目はどこへ行く

Lecture15 白熱討論ー君が日本の技術者ならサムスンに移籍しますか

となっていて、最後のLecture15以外は当時の時事ネタを中心に、世界情勢や日本の置かれている立場、日本の社会についての池上氏らしい、保守系の進歩派の時事解説が読める。

もともとは東工大なので理科系の学生に向けての解説ではあるのだが、日本の一流大学の学生向けの講義なので、かなり歯ごたえのあるのは確か。

で、本書で池上氏による論説は、氏の人柄を反映してか、語り口は柔らかく優しいのであるが、指摘はかなり鋭く尖っている。

例えば、日本の原爆製造で

研究開発地味には日米にそれほどの差があったわけではないが、この時点で、日米の差は決定的になっています。細々と個人的な研究に終始した日本と、大規模な国家プロジェクトとして推進したアメリカ。日本の研究方式の違いが特徴的です。

と日本の組織力を自慢する風潮のある中で、実は個人的な献身によろことが多いのだ、と喝破しているし、企業の項では

本当に優れた経営者とは、社員たちが、「うちに会社が発展したのは、我々社員が頑張ったからです。」と、自分たちに自信を持てる会社を実現した人々です。

こういう会社は、経営者があえて口を出すのを控えて、社員の自主性に任せています。そうなれば、経営者が去った後も、その会社はやっていけるのです。

と、リーダーが一人で引っ張っていく組織の脆さをちくっと指摘してみている。

そして、結構面白いのが最後のLecture15で、サムスン電子に転職するも再転職した日本の技術者の手記(日経ビジネス)を題材に、東工大の学生が賛否のプレゼンをし、そのプレゼン方法などについて、池上氏が論評するものなのだが、学生たちの様々な意見が、現在の若手技術者の本音の現れのようにとれて興味深い。

語り口は柔らかく読みやすいので、時事ネタに詳しい人はオサライの意味、詳しくない人は入門の勉強篇といった風に読み分けて見るのもよいのではないかな