へうげもの」カテゴリーアーカイブ

織部の遺した「へうげ」はめんめんと続いていく ー 山田芳宏「へうげもの 25」(モーニングKC)

 

茶人大名・古田織部の戦国末期から江戸時代初期まで、武人から転じて「へうげ」を追い求めた男の物語が、今巻で完結する。

 

シリーズの後半は、豊臣と徳川との融和を図るために悪戦苦闘している姿が目立っていて、とうとう、その努力も実らず、豊臣家の滅亡を迎えてしまうのであるが、実は・・といった秘史・野史的なところもしっかり盛り込んである。このあたりは、既巻で、信長が非業の死をとげた本能寺の変の犯人を「秀吉」とした本書らしいところが随所にみられる仕上がりとなっている。

 

【構成と注目ポイント】

 

構成は

 

第二百六十三席 BOSSA NOVA
第二百六十四席 Be Free
第二百六十五席 風神RYDEEN
第二百六十六席 DRAGONへの道
第二百六十七席 Greatest GIFT
第二百六十八席 返事はいらない
第二百六十九席 RIDE on TIME
第二百七十席 FRUTA BoA
第二百七十一席 ROUTINE’S MAMA FUNK
第二百七十二席 Summer Breeze
第二百七十三席 棕櫚の影に

 

となっていて、時代的には大坂冬の陣が終結した直後、1615年5月10日の午後、大阪城の山里丸から秀頼らしき焼死体が発見されるところからスタート。

 

続きを読む

「大坂夏の陣」終わる。秀頼と織部の運命はどうなる ー 山田芳裕「へうげもの 24」

古田織部が豊徳和睦の最後の策であった、二条城での秀頼・家康会談が、織部の息子・古田山城守と大坂方による家康襲撃の陰謀が明らかになり、豊臣家が滅亡へと向かう、「大坂夏の陣」へとまっしぐらに進む1615年4月30日から、真田幸村はじめ有力諸将が討ち死にし、淀殿はじめ大阪方の首脳陣が自決した1615年5月8日の午後までが描かれるのが本巻。

豊臣家がぐらりと倒れるのと並行して、それが象徴する世界を根こそぎ引っこ抜いてしまおうとする家康派の、古田織部も家康暗殺に加担した疑いをかけて、一気に消し去ってしまおうという陰謀が動き出すところでもある。

【構成と注目ポイント】

構成は

第二百五十二席 空に星があるように
第二百五十三席 Perfect Human
第二百五十四席 優しさにつつまれたなら
第二百五十五席 河内のオッサンの唄
第二百五十六席 SHALALA
第二百五十七席 CHERRY PIE
第二百五十八席 ブルーブルースカイ
第二百五十九席 Dear GOD
第二百六十席 どでかい青春
第二百六十一席 トドメを派手にくれ
第二百六十二席 New Bowl World

となっていて、家康襲撃の陰謀の黒幕となっていた、織部の息子・古田山城守重嗣が自害を図るところからスタート。彼の自害を止めて、秀頼親子の亡命の手配をするよう、屋敷から逃すのだが、

といったところをみると、これから自分をはじめ古田一族を襲う徳川の謀略を予期しての行動であったのだろうな、推察しますね。
このあたりに関係しては、織部の屋敷を薩摩の連歌師・如玄が尋ねていたことを聞いての

と言う表情に現れた家康派の過激さとセットで考えると、織部と大坂方を抹殺しないと治まらないのだな、と痛感するところですね。

ここで、「家康派」と今巻で表現したのは、この勢力が徳川全体のものではないということで、

と、古田織部の無実を家が危うくなることを承知で諫言する細川忠興や、織部の案をもとに作った具足と陣羽織で出陣する秀忠といった政権中枢にも家康派の動きに納得していない動きがある。
さらには、

という松平忠輝や

松平忠直のように、子どもや孫にもそうした勢力が広がっていて、ここらは、「へうげ」を忌み嫌う家康にとっては、かなり腹ただしいことであったでしょうな。

話のほうは大坂夏の陣の集結に向かって展開していく。家康の本陣めがけて一気に攻め込んで、一発逆転を狙う真田幸村も陣幕の中に隠した鉄砲隊に銃撃されて倒れるのだが、最後に

といった謎の言葉を残すのだが、この言葉の意味することは何か、それぞれに推理してみてくださいな。


そして、大坂城落城の場面は、淀君・大野治長・大蔵卿が城内で最後の茶席を催すところがクライマックス。
大野治長の

という言葉が、織田・豊臣がもたらした「時代」が終わりを告げたことを表現しています。腹を切って介錯して、といった武張ったものでないのが、織豊時代の「華」というものでしょうか。

【レビュアーから一言】

大阪城最後の茶席で、三人が茶菓子として食するのが

といったもの。利休の考えた「麩の焼き」というもので、今で言う「クレープ」でしょうか。現代なら生クリーム、当時は、甘い味噌を付けて巻いて食べるのが通例なのだが、この場面で、当時、武人が戦時に食べることを禁じられていた「河豚の肝」を味噌で和えたもので食しているのが、滅ぼる一族の最後の晩餐としてはなんとも意味深いですね。

大阪夏の陣前夜。織部の願い虚しく豊臣方の陣営乱れる ー 山田芳裕「へうげもの 23服」(モーニングKC)

大阪冬の陣が終了し、戦後処理にあたって和約に反して堀を徳川方が埋め立てるなど、次の戦争に向けて着々を手を打っていく徳川家康。今巻では1615年3月から1615年4月までのほぼ2ヶ月間が描かれる。たった2ヶ月間であるのだが、大阪夏の陣の勃発戦となる「道明寺・誉田合戦」が5月に起きているので、最後の大戦前夜、といった風情であろうか。

【構成と注目ポイント】

構成は

第二百四十二席 夏なンです
第二百四十三席 カム・トゥゲザー
第二百四十四席 俺たちのGOLD
第二百四十五席 岩の庭
第二百四十六席 僕の瞳はマリンブルー
第二百四十七席 男のこころ
第二百四十八席 クーデター倶楽部
第二百四十九席 不敵なラブリーボーイ
第二百五十席 ジェラシー
第二百五十一席 さだめ河

となっていて、まずは徳川方が次の戦に持ち込むための策を着々を講じているところからスタート。

続きを読む

家康は豊臣を着々と追い詰める。織部正どうする? ー 山田芳裕「へうげもの 22服」(モーニングKC)

いよいよ、大坂冬の陣の豊臣方と徳川方の戦闘が始まった1614年12月から、冬の陣の戦後処理が終わった1615年3月までが描かれるのが本巻。

史実でご承知のように、大坂冬の陣で和睦条件をのんだ豊臣方を騙して、外堀だけでなく、二の丸・三の丸の内堀を徳川方で埋めてしまうという悪辣なやり口で家康の不人気を確定させた戦後処理なのだが、この陰に秀忠の苦悩があったり、豊臣方が叛意を失っていなかったり、と歴史に埋もれてしまったものが描かれている巻でもある。

【構成と注目ポイント】

構成は

第二百三十一席 SURVIVOR
第二百三十二席 巨人軍の譜
第二百三十三席 HITORI
第二百三十四席 2人の新世界
第二百三十五席 JUST DO IT.
第二百三十六席 Art School Men
第二百三十七席 A HAPPY LAND
第二百三十八席 桂ドリームランド
第二百三十九席 ラブレターズ
第二百四十席 男どアホウ乙紙面
第二百四十一席 父よ貴殿は強かった

となっていて、まずは真田丸での攻防戦からスタート。

続きを読む

徳川家康の”狡知”炸裂。追い詰められて、大坂冬の陣勃発 ー 山田芳裕「へうげもの 21」(モーニングコミックス)

いよいよ、徳川家康が豊臣家を壊滅させるために着々と手を打ち始める、その第一手である「方広寺の鐘」にいちゃもんをつける1614年7月から、大坂冬の陣が始まる1614年12月までが描かれるのだが、今巻。

織部正が打ち続けてきた「豊徳合体」の夢が崩れ去っていく段階となり、史実によれば、家康と古田織部の決裂もだんだんと近づいているのだが、まずは豊臣家の行方がメインの話題となる。

【構成と注目ポイント】

構成は

第二百二十席 How Brilliant
第二百二十一席 ラストダンスは愛の讃歌
第二百二十二席 感情一〇八号線
第二百二十三席 back to black
第二百二十四席 ex Terminater
第二百二十五席 DIAMONDS
第二百二十六席 Do it BANG2
第二百二十七席 私のDONG
第二百二十八席 ZIGZAG70
第二百二十九席 スペクトルマンGOGOGO
第二百三十席 Go Crazy!

となっていて、まずは、方広寺の梵鐘へいちゃもんつけの結末のあたりから始まる。

続きを読む

家康の”豊臣”を滅ぼす意思強まる。味方が減る中、織部正どうする ー 山田芳裕「へうげもの 20」

前巻までで、加藤清正が柳生の手によって雪隠詰めで殺され、福島正則も病にかかって隠居、さらには徳川方にありながら、豊臣方とも気脈を通じて天下を狙っていた長谷川長安もサウナ風呂で脳卒中で倒れるといった、織部に味方する有力者たちがどんどん表舞台から去っていき、織部の陣営もかなり劣勢になってきている。その劣勢の中、徳川と豊臣の合体を目指すも、あちこちで水がダダ漏れをはじめる気配が濃厚になる慶長17年(1612年)8月から慶長19年6月までが描かれるのが、この『 「へうげもの 20」(モーニングKC)』である。

慶長19年7月には、徳川家康が豊臣家にいちゃもんをつける「方広寺鐘銘事件」がおき、11月には「大阪冬の陣」が起こされているので、織部の念願というか最後の野望が崩れ落ちる前の、太陽が没する寸前、といったところかな。

続きを読む

織部は「豊徳合体」を目指すも、時代は違う方向へ進んでいるようで・・・ – 山田芳裕「へうげもの 19」(モーニングKC)

前巻では、浮気をしたことが御台所のお江との仲を修復するため、織部のアドバイスをうけるがうまくいかなった秀忠と、加藤清正の切腹による説得に豊臣秀頼との面談を承知した家康と、徳川勢は、豊臣シンパの大名たちにちょっと押し負けた感じであったのだが、今巻ではそれを跳ね除けて「天下取り」へと進むために、徳川方が、着々と障害物を片付けいてく展開となっている。

描かれるのは1611年1月から1612年8月までで、大坂冬の陣のほぼ2年前。1612年4月には、江戸、京都、駿府などの徳川幕府の直轄地に対してキリスト教の教会の破壊と布教の禁止を定めた禁教令が布告され、1612年5月には、最後のキリシタン大名・有馬晴信が切腹を命じられるなど、豊臣秀吉の時代のきらびやかさは姿を消そうとしていますね。

へうげもの(19) (モーニングコミックス)
講談社 (2014-11-21)
売り上げランキング: 17,129
楽天Booksはこちらから 続きを読む

織部は「豊徳合体」を進めるが難航。さらに、秀忠・お初の仲も微妙に ー 山田芳裕「へうげもの 18服」(モーニングKC)

茶人大名・古田織部をメインキャストにした「数寄」マンガ。年代的には1608年2月から1610年10月まで。イベント的には、織部が秀忠の茶道指南に任命されているほかに、薩摩が琉球を支配下においたり、大名の所有する500石以上の軍船と商船を幕府に没収する「大船建造の禁」がだされたり、と幕府の統制の陰が濃くなってきている時代でありますね。


ちなみに、先回のレビューで「十二服」としておきながら、「18服」と突如、数字が飛んだのは、講談社の文庫版が十二巻の「第百八十六席 けだもの来たりて」までで新刊がでていないので、当方がモーニングKC版に乗り換えしたためである。文庫版が一巻あたり16話、KC版が一巻きあたり11話となっているので、文庫版を買っている人は、ここらへんの数字を目安に乗り換えを考えるといいでしょうね。

Amazonはこちらから → へうげもの(18) (モーニングコミックス)

 

【収録と注目ポイント】

収録は

第百八十七席 未来世紀JAPAN
第百八十八席 Adam ef Eve
第百八十九席 La Dolce Vita
第百九十席  DESIREー劣情)
第百九十一席 愛の十字砲火
第百九十二席 Bloody Christmas
第百九十三席 本気でちょっちゅね
第百九十四席 沖縄Bay Blues
第百九十五席 PLEASE.PLEASE.PLEASE
第百九十六席 お嫁においでYO
第百九十七席 安泰とロープ

となっていて、冒頭は長谷川長安がお茶々様に「けしからぬ振舞」をするところで始まるのだが、史実かどうかは闇の中でありますね。

続きを読む

織部正は「豊徳合体」に向け、秘策を繰りだすのが・・ ー 山田芳裕「へうげもの 十二服」(講談社文庫)

茶人大名「古田織部」を主人公に描かれる歴史マンガ「へうげもの 十二服」では年代的には1606年8月から1608年3月までの約2年間がとりあげられる。
関ヶ原の戦から6年後、大坂冬の陣の6年前ということで、大きな歴史的な事件はないものの、陰では、豊臣家側と徳川幕府側が、主導権を巡って争っていた時代を描くのが今巻で、時代の閉塞感が漂う中、織部正の怪しげなたくらみと「へうげ」の数寄が炸裂していく。

Amazonはこちらから→へうげもの 十二服 (講談社文庫)

 

続きを読む

関が原は、茶人大名をどう変えていったか ー 山田芳裕「へうげもの 十一服」(講談社文庫)

数寄大名として戦国末期から江戸初期にかけて一世を風靡した「古田織部」を主人公にしたマンガの講談社版の文庫の第11弾。
千利休といった先人の死や、戦乱を乗り越えて、風格を増してきた「織部」なのであるが、関ヶ原という時代の景色を大きく変える事態を迎え、そのスタンスもなにかしら、権力者の望む姿と離れていく姿を描き始めているのが今巻である。

Amazonはこちらから→へうげもの 十一服 (講談社文庫)

 

【収録と注目ポイント】

収録は

第百五十四席 September Rain
第百五十五席 横綱トリッパー
第百五十六席 Flying Sohsho
第百五十七席 グリーンスパイダー
第百五十八席 ぼくたちは失敗
第百五十九席 H jungle with T
第百六十席  星屑の記憶
第百六十一席 千年のごとく
第百六十二席 名物は買わない
第百六十三席 イシダイシダ
第百六十四席 Forget Me not
第百六十五席 アイ・ラブ・ユー、OF
第百六十六席 パラダイス京都
第百六十七席 Samurai,Pottery & Violence
第百六十八席 feels So-AN good
第百六十九席 TOUCH BOYS
第百七十席 North windy lady

となっていて、時代的には、1600年9月14日から1605年6月までの間の物語なので、関ヶ原の戦、徳川家康の征夷大将軍の就任、二代目徳川秀忠が征夷大将軍位を引き継ぐといった、安土桃山時代から、江戸時代へと移っていく時代である。

続きを読む