カテゴリー別アーカイブ: 竹村公太郎

こうした「歴史放談」は家呑みの肴にもってこいなのである。 — 竹村公太郎『日本史の謎は「地形」で解ける 環境・民族編』(PHP文庫)

「日本史の謎は「地形」で解ける」「日本氏の謎は「地形」で解けるー文明・文化編」の第三弾。一頃の「地形で解ける」ブームも一段落しているのと、三冊目ともなると当初の「地形という視点からみると、この風景や事象はこう見えるのか」といった驚きも一段落してはいるのだが、「歴史」の通常の目線とは違った地平線を見せてくれるのは間違いない。

収録は

第1章 なぜ信長は「安土の小島」に壮大な城を築いたか

ー水面と湿地に囲まれた「原風景」

第2章 なぜ「日本の稲作文明」は湿地帯を克服できたか

ー田植えは「胸まで浸かる」もの

第3章 なぜ家康は「街道筋の駿府」を終の棲家に選んだか

ー最後まで頼朝に学んだ「鎌倉の相似形」

第4章 なぜ世界一の「リサイクル都市」江戸は崩壊したか

ー近代下水道と「におい」の追求

第5章 なぜ日本列島は「生きたリン鉱床」の宝庫なのか

ー受け継がれる「天然の肥料工場」

第6章 なぜ江戸城の「天守閣」は再建されなかったか

ー「過去の幻」と「未来への洞察」

第7章 なぜ勝海舟は「治水と砂防」で明治新政府に怒ったか

ー沖積平野に潜む「八岐の大蛇」

第8章 なぜ正倉院の「神秘の宝物」は盗掘されなかったか

ー「肩を寄せ合う」濃密な奈良の迷路

第9章 なぜ江戸時代には、車の動力が「人間」に退化したか

ー「道路後進国」1000年の空白

第10章 なぜ9歳の本因坊秀策は「東海道を一人旅」できたか

ー江戸の「追いはぎ」「雲助」の謎

第11章 なぜ京都が日本の「線路誕生の地」となったか

ー「車石」がもたらした交通革命

第12章 なぜ大阪の街は「五・十日」渋滞が名物なのか

ー「不合理」に基づく商売の原点

第13章 なぜ大阪は日本の「都市の原点」であり続けるか

ー「空間・歴史・人情」の密度の濃さ

第14章 なぜ「間引きされた地図」は伝える力を高めるか

ー情報を「削り取る」高度な知的作業

第15章 なぜ「世界屈指の雪国」で高度文明が創られたか

ー「島」と「雪」が日本人を閉じこめた

第16章 なぜ日本文明は「海面上昇」でも存続できるか

ー温暖化で30m上昇した「if」

第17章 なぜ日本は分裂せず、現代まで生き残ったか

ー参勤交代が生んだ「束ねる力」

第18章 なぜ日本は「100年後の未来」にも希望があるか

ー「縮小」に打ち克つ日本史の知恵

となっていて、今回の主流は、戦国時代末期から江戸時代が中心。
続きを読む

竹村公太郎「日本史の謎は「地形」で解ける」文明・文化篇(PHP文庫)

「日本史の謎は「地形」で解ける」の続編に当たるのが本書。前の本は、頼朝の鎌倉開府や家康の江戸開府、あるいは忠臣蔵の事件などが、人文的な事実だけで動いたわけではなく、根底に「地形」「地理」上のわけがあった、ということを見事に論じてみせ、爽快な目鱗を感じさせてくれた。
続編の「文明・文化編」は個別の歴史上のイベントだけでなく、国民性とかも含めてちょっと大きな事象が「地形」「地理」的な影響下にあることを論じてみせている。
構成は
第1章 なぜ日本は欧米列強の植民地にならなかったか①
     地形と気象からの視点


第2章 なぜ日本は欧米列強の植民地にならなかったか②


     「海の中」を走った日本初の鉄道


第3章 日本人の平均寿命をV字回復させたのは誰か


     命の水道水と大正10年の謎


第4章 なぜ家康は「利根川」を東に曲げたか


     もう一つの仮設


第5章 なぜ江戸は世界最大の都市になれたか①


     「地方」が支えた発展


第6章 なぜ江戸は世界最大の都市になれたか②


     エネルギーを喰う都市


第7章 なぜ江戸は世界最大の都市になれたか③


     広重の「東海道五十三次」の謎


第8章 貧しい横浜村がなぜ、近代日本の表玄関になれたか


     家康が用意した近代


第9章 「弥生時代」のない北海道でいかにして稲作が可能になったか


     自由の大地が未来の日本を救う


第10章 上野の西郷隆盛像はなぜ「あの場所」に建てられたか


     樺山資紀の思い


第11章 信長が天下統一目前までいけた本当の理由とは何か


     弱者ゆえの創造性


第12章 「小型化」が日本人の得意技になったのはなぜか


     「縮み志向」の謎


第13章 日本の将棋はなぜ「持駒」を使えるようになったか


     地形が生んだ不思議なゲーム


第14章 なぜ日本の国旗は「太陽」の図柄になったか


     気象が決める気性


第15章 なぜ日本人は「もったいない」と思うか


     捨てる人々・捨てない人々


第16章 日本文明は生き残れるか


     グラハム・ベルの予言


第17章 【番外編】ピラミッドはなぜ建設されたか①


     ナイル川の堤防


第18章 【番外編】ピラミッドはなぜ建設されたか②
     ギザの3基の巨大ピラミッドの謎
で、辺境に住まう身にとって嬉しかったのは「なぜ江戸は世界最大の都市になれたか」のあたりで

続きを読む

竹村公太郎「日本史の謎は「地形」で解ける」(PHP文庫)

歴史を「人文」の立場ではなく「地理」「地形」の立場からとらえ直して、歴史の謎を推理し直した一種の歴史の謎解き本。若干、牽強付会的なところもあるが、「文化」「人物」という視点から捉えるのが一般的で、その人物や政府の行動が実は、地勢、地形などの外形的な影響の産物なのでは、という視点から歴史をみるのは、ある種膝を打つような創刊感があるのも確かである。
収録は


第1章 関ヶ原勝利後、なぜ家康はすぐ江戸に帰ったか

第2章 なぜ信長は比叡山延暦寺を焼き討ちしたか


第3章 なぜ頼朝は鎌倉に幕府を開いたか


第4章 元寇が失敗に終わった本当の理由とは何か


第5章 半蔵門は本当に裏門だったのか


第6章 赤穂浪士の討ち入りはなぜ成功したか


第7章 なぜ徳川幕府は吉良家を抹殺したか


第8章 四十七士はなぜ泉岳寺に埋葬されたか


第9章 なぜ家康は江戸入り直後に小名木川を造ったか


第10章 江戸100万人の飲み水をなぜ確保できたか


第11章 なぜ吉原遊郭は移転したのか


第12章 実質的な最後の「征夷大将軍」は誰か


第13章 なぜ江戸無血開城が実現したか


第14章 なぜ京都が都になったか


第15章 日本文明を生んだ奈良はなぜ衰退したか


第16章 なぜ大阪には緑の空間が少ないか


第17章 脆弱な土地・福岡はなぜ巨大都市となったか
第18章 「二つの遷都」はなぜ行われたか
となっていて、全体的に戦国から江戸時代にかけての考察が多いので、NHKの大河ドラマや歴史ドラマのお好きな方は、呑み屋での裏話的ネタとして仕入れておいていいと思う。
「地形」的な色合いが強いのは前半の方で、最後になるに従って「地政学」的な色合いが強いのだが、まあこの辺は肩をいからせずに読めばよいものかと。

続きを読む