塩野七生」カテゴリーアーカイブ

薬味がたっぷり効いた”歴史エッセイ”をどうぞ ー 塩野七生「逆襲される文明 日本人へ Ⅳ」

先だって、イタリア在住の漫画家ヤマザキ・マリ氏の著作をレビューしたのだが、イタリアつながりということで、本日は、塩野七生氏の『「逆襲される文明 日本人へ Ⅳ」(文春文庫)』をとりあげよう。氏の文春新書の歴史エッセイは「リーダー篇」「国家と歴史篇」「危機からの脱出篇」と出されていて、本書がその第四弾。

【収録は】

国産で来た半世紀/イタリアの悲/帰国してみて/なぜ、ドイツはイタリアに勝てないのか/ユーモアの効用/三十代主訴油はイタリアを救えるか/プーチン☓オバマ/政治家とおカネの不思議な関係/ヨーロッパ人のホンネ/ある出版人の死/女たちへ/この夏をわすれさせてくれた一冊の本/朝日新聞叩きを越えて/日本人の意外なユーモアの才能/中国に行ってきました/脱・樹を見て森を見ず、の勧め
一神教と多神教/ローマに向けて進軍中/テロという戦争への対策/地中海が大変なことになっている/「イイ子主義」と一般人の想い/悲喜劇のEU/なぜドイツ人は嫌われるのか/イタリアの若き首相/残暑の憂鬱/今必要とされるのは、英語力より柔軟力/イスラム世界との対話は可能か/一多神教徒のつぶやき/消費税も頭のつかいよう/誰でもできる「おもてなし」/感揚げ方しだで容易にできる「おもてなし」/四国を日本のフロリダに
「保育園落ちた日本死ね」を知って/EU政治指導者らちの能力を問う/ローマ帝国も絶望した「難問」/両陛下のために、皇族と国民ができること/「会社人間」から「コンビニ人間」へ?/著者のこだわり/帰国中に考えたことのいくつか/若き改革者の挫折/トランプを聴きながら/負けないための「知恵」/拝啓、橋田壽賀子様/がんばり過ぎる女たちへ/見ているだけで美しい/ドイツ統一の真の功労者/政治の仕事は危機の克服
となっていて、あいかわらず、イスラム国やイギリスのEU離脱、ヨーロッパの政治家の月旦といったところから、日本の「待機児童」問題や、芥川賞作品(コンビニ人間)に着想を得たものなど幅広い上に、今回は「女たちへ」とか「がんばり過ぎる女たちへ」とか女性読者を意識したものも収録されている。

続きを読む

塩野七生 「ローマ人の物語 20 悪名高き皇帝たち[四]」(新潮文庫)

今に至るまで、暴君、暗君として評価されるネロの登場である。

しかし、この本を読む限り、馬鹿でどうしようもない皇帝ではない。
特に統治の最初の頃は、セネカなどの補佐が良かったせいかもしれないが、ローマ市民や元老院の評判は悪くなかった。むしろ熱狂をもって迎えられていたとは意外。
もっとも、見栄えのしないクラウディウスの後なので、若くて見栄えがよければ、誰でもよかったのかもしれないが・・・・。
ただ、ネロの言行を見ても、そんなヘンな奴ではない。優柔不断だったり、ボンボンっぽいところで、なんか的外れだったりするところはあるが、自分を神だといって悦にいていたカリグラに比べれば、ずいぶんマシな皇帝である。いろんなことが気にかかって、結局何も、まともに仕上げられない気の優しい優等生の典型なのかも。
もっとも、やたら歌を評価されたがるところは、願い下げの感はある。こういった旦那芸の披露が不人気に結びついているんじゃないだろうか。最後は、元老院からも市民からも見放されて、自死させられるのだが、旦那芸の無理強いが遠因ではないかと思うことしきり。芸は身を助けなかったわけだ。
ネロの死によって、アウグストゥス以来の皇帝の血統は絶えることになる。ネロまでは、やたら血統にこだわっていたローマ市民も、これ以後はカエサルの血統にこだわらなくなるそうだ。一般の市民が飽きっぽいところは、どこでも同じようだ・・・

塩野七生「ローマ人の物語」 19 悪名高き皇帝たち[三](新潮文庫)

カリグラが暗殺されて、歴史家皇帝クラウディウスが即位。「歴史家皇帝」といえば聞こえはよいが、スポーツもできず、格好も悪い男が、勉強に逃げ込んだという構図かな。本人も皇帝になるなんて露ほども思っていなかった様子。

派手な出演者の後は、地味な芸達者が締めるのは通例で、このクラウディウスも、そんなタイプ。いい味だしていたらしい。しかし、風采があがらないと、ファンはつかない・カリグラの財政や外交の失敗を帳消しにして帝国を再び安定させたのに、ほとんど尊敬されなかったらしい。
しかし、この人の奥さんは、そろいもそろってヒドイね~。メッサリーナってのは浮気し放題だし、アグリッピーナってのは息子を皇帝にするために毒殺までするんだから。
もっとも、クラウディウスが政治に異常に熱心だったのは、奥さんに馬鹿にされ続けたことも一因だったようだから、家庭にい辛くて残業に励む、一時期のワーカーホリックの一人だったのかも。
あと、この人、解放奴隷の使用人を秘書として重用したらしい。この奴隷たちに慇懃にあしらわれて怒った元老院議員がたくさんいたそうな。ローマ時代の柳沢吉保ってとこかな(水戸黄門はいないけど)

塩野七生「ローマ人の物語 18 悪名高き皇帝たち[二](新潮文庫)

ティベリウスがカプリ島へ隠遁(というか、遠隔政治)を始めるころから。手堅くてみんなが本当は平和でハッピーなはずなのだが、まったく人気が出ないまま死没。その跡は、やたらノー天気のカリグラが即位して、派手なことばかりやってるうちに、腹心の部下によって暗殺されるまで。
とうとう、陰気なティベリウス親父は離れ島に引っ込む。とはいっても政治の実権は手離さず、手紙を元老院へ送っては承認を求めるやり方。やっぱり、なんか陰険だな。「やるときゃ隠れてないで、表出てこいー」って元老院議員も言いたかっただろうな。あと、この人、元老院や今までの仲間に結構、粛清の嵐を吹かせたらしい。
とはいっても、政治は安定していて庶民は食うに困らなかったが、辛気臭いので人気が最後まで出なかったという親の心子知らずの典型
このティベリウスの死んだ後、皇帝になるのが、カリグラ。ティベリウスの養子ゲルマニクスの子供。カリグラって名前はちっちゃな軍靴(カリガ)という意味なことは、この本で初めて知った。(本名はガイウス・カエサルって言うらしい)
小さな頃は、親父の軍団のマスコット。でも、親父は早死。お袋と兄貴は、皇帝に逆らって流刑死。
こういうのが成長して実権手に入れると、箍(たが)がはずれちゃうよねー。やたら、派手な皇帝だったらしい。
どこのお店(たな)でもしみったれの因業親父の後は、ぬっぺりとした放蕩息子が継ぐのが定番だから、ローマ帝国も、同じってことか。
でもまあ、剣闘士の試合といった娯楽だけでなく、公共水道の整備とか港の建設とかインフラ整備道楽もしたのが、そこらの若旦那の遊びとは違うところ。(道楽の究極、庭道楽に手をだしちゃった、ということかな)
財政破綻の始末をつけようと税制度かえたり、不満な元老院議員を反逆罪で告発して財産没収したり、なんか結構ワヤなことやったみたいだが、最後は、近衛軍団の軍団長に暗殺されて一巻の終わり。
暗殺した近衛軍団の軍団長は、亡き親父に目をかけられていた人らしいから、不肖の若君を、亡き殿にかわってじいやが泣く泣く手にかけたってことかな。(この軍団長、弁解もせず死刑になったところも、なんか切腹っぽい)

塩野七生「ローマ人の物語 17 悪名高き皇帝たち[一](新潮文庫)

初代皇帝 アウグスティヌス没後のローマ皇帝(5代皇帝 ネロまで)のシリーズの文庫本第17巻。
あちら(ヨーロッパ、アメリカ)では評判悪い皇帝達らしいが、先入観ないこちら(私みたいな輩)は構わず読み進めよう。
この巻は、陰気な2代皇帝 ティべリウスのお話。
無用な戦争は避ける勇気もあり、食糧政策や国家運営も十分にこなし、私生活では浮気もせず、派手なギャンブルもしない品行方正な親父の不人気物語。
(あちらでは隠居後の島で、美少年達と酒池肉林なんて話があるらしいですが・・・どうもガセ)
出来の良い息子の早死という気の毒なことや、義父の威厳を笠にきたような女房の気位の高さとか同情すべきこととか、あるんだけど、いまいち感情移入できないのは、「・・・なんか・・・暗い。・・・うざい・・・」という感じを抱くからかな。
(弁護すれば、義理の息子の即位を条件に皇帝になれた、ってことらしい。人格歪むのも尤もかも・・・)
実際、治安や生活面では、先代の皇帝の時以上に楽になっているんだし、不満のもとが「暗いから」ってのは、ちょっと、勘弁してよ~、というのは理解できないでもない。
だからといって、実権もったまま、孤島で帝国をリモートコントロールって発想に直結するってのは、人気取れない証拠。自業自得と思うけど・・・・