カテゴリー別アーカイブ: 鯨 統一郎

平安初期の大乱の謎を、空海が解き明かす ー 鯨 統一郎「まんだら探偵空海 いろは歌に暗号」(祥伝社文庫)

歴史上の人物を主人公にしたミステリは数々あるのだが、宗教者を主人公にしたものは余り見かけたことがない。
本作は珍しく「宗教者」、しかも日本の宗教史にその名を残した「空海」を主人公に、平安時代初期を舞台にした歴史ミステリである。

【あらすじと注目ポイント】

物語は、室町時代の足利義尚の時代、陰陽師と白拍子のコンビが、「東寺」に空海の残した「いろは歌」が残っていると聞いて、それを見せろ、とねじ込むところからスタートする。

この「いろは歌」については、1990年代の始め頃、作者は空海ではなく、柿本人麻呂で、

いろはにほへと
ちりぬるをわか
よたれそつねな
らむうゐのおく
やまけふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす

のそれぞれの行の最後の文字をつなげると「とかなくてしす(罪なくて死す)」となって、人麻呂が政権争いに敗れ刑死した無念を残したものだ、という説がめきめき有力になってきたのだが、本書では、作者はあくまで、空海で、彼が「恨みの言」のはいった歌をなぜ残したのか、という謎を解いていくのが主な筋となっている。

謎解きの舞台は、空海、藤原薬子、平城上皇、神野帝(嵯峨天皇)、藤原冬嗣、藤原仲成、坂上田村麻呂といったところが登場する、時代的には西暦800年代の始め頃の話になる。

この頃の、大きな政治的事件といえば、「薬子の変」で、教科書的にいうと

藤原種継の娘の「薬子」が、宮中に娘が上がったのをきっかけに、娘を差し置いて、当時、皇太子だった安殿皇子(後の平城上皇)をたぶらかし、平城が即位後、愛人兼女官におさまる。
そして、平城天皇が、神野帝(嵯峨天皇)に位を譲った後、上皇となった平城を唆して、反乱を起こす。

といったようなことだったはずで、まあ、「天下の大悪女」といった扱いがされているのだが、一国の国王をたぶらかすほどの色香をもった女性というのは、残念ながら、当方はお目にかかったことがないのが残念なところである。

ただ、本書的には、平城を愛しながら、神野帝にも言い寄られ、なおかつ、旦那も薬子の未練たらたら、という、自分の美貌に翻弄された女性で、しかも、空海に幻術競べで勝ったり、平城上皇に謀反をおこさせるために、春日山を消し去ったり、といった、まあ、美と智謀とイリュージョンの技を兼ね備えた、プリンセス・テンコーも顔色なしの女性なんである。

で、そんな「薬子」がなぜ、こんな騒乱を起こしたのか、というのを解き明かしていくのが主な展開なのであるが、少々ネタバレ的にいうと、彼女も誰かに操られていたというのが「種明かしの種」なのだが、その操っていた人物も実は・・・といった感じで、本書の表現でいえば、「曼荼羅のようにぐるぐる回っている」というのが、この謎のキモのところでありますが、詳しくは原本で確認してくださいな。

【レビュアーから一言】

最近は歴史ミステリーっていうのが流行らなくなっているようで、こうした類の話をあまり見かけなくなった。
ただ、ひさびさに読んでみると、歴史の真相をこっそり覗いているような感じと、人の知らないことを知っているような妙な優越感が味わえるのは確かである。
真実の歴史かどうかは置いといて、しばし、こういう歴史フィクションの世界に浸ってみるのも、ストレスが貯まらない秘訣であるように思います。

昔話の本当の真相(?)に導かれる謎解きの数々 — 鯨統一郎「浦島太郎の真相 恐ろしい八つの真相」(光文社文庫)

アームチェア・ディクティブとしては、身体に障がいのある人とか、椅子とかの無生物というのものもあるのだが、本書の探偵役は筆者の得意とする、酒場でグダグダ話をする酔っ払いに囲まれた怜悧な美女というもので、どんなお姿なのか、想像する楽しみも増えるというもの。
 
収録は
 
浦島太郎の真相
桃太郎の真相
カチカチ山の真相
さるかに合戦の真相
一寸法師の真相
舌切り雀の真相
こぶとり爺さんの真相
花咲爺の真相
 
となっていて、共通する展開は、酒場に集まった の面々が、「魔法使いサリー」とか「遊星仮面」とか昔のアニメ放送とかカークランドやギャレット、バースといった、昔のプロ野球の外国人助っ人選手とかの昔話に興じているうちに、そういえば、と最近の未解決事件が探偵の「工藤」 から披瀝される。その事件というのが昔話のもじりのような事件ばかりなのだが、それを聞きつけた、探偵役の桜川東子さんが、昔話の真相を解き明かすのとあわせて、事件の謎も解いてしまう、といった流れである。
 
ただ、その真相というのが、少々ネタバレではあるが、例えば 、第一話の「浦島太郎の真相」では、「この物語は、親が浦島太郎を心配してつくった物語だ」と、なんとも奇想天外なもので、えー、とも、うー、とも唸るばかりである。しかも、この真相が、事件の謎解きに直結するのだが、「75歳の老女が睡眠薬の過剰摂取で殺害された」という事件とどう結びつくか、なんてことは、読んでみないとわからない。
 
さらに、この物語を彩るのが、酒と料理で、登場人物たちが呑む、日本各地の銘酒や、マスターの提供する料理の数々である。例えば、「桃太郎の真相」で供される桜えびの料理は、
 
マスターが桜エビを今度はかき揚げにして出した。三つ葉とコーンを合わせた小ぶりなかき揚げだ。焦げやすいタマネギや人参が入っていないから、桜エビの鮮やかな朱色がよく目立つ
 
といった感じで、なんとも読む側の想像力と食欲を刺激すること請け合いである。
 
さて、所詮は、昔話の真実なんてのは、解釈の仕放題のところがあるから、ここは難しく考えるのは禁物。延々とつづきそうな「思い出話」を噛み締めながら、昔話を踏み台にした飛び回る着想を楽しんでくださいな。
 

一豊の妻・千枝の内助の功は「馬」だけではない — 鯨統一郎「山内一豊の妻の推理帖」(光文社文庫)

歴史ミステリーは、歴史的な有名人物がその才能を活かして市井の事件をバサバサと解決していくパターンと、現在には伝わっていない、歴史的事実の隠された姿を暴き出す、といった二つのパターンがあっるのだが、本作はその中間あたり。
内助の功で有名な、山内一豊の妻・千枝が、夫の周辺で起きる謎や、夫に降りかかる難題を解決していくといった筋立て。
 
 
収録は
 
第一話 真(まこと)に至る知恵
第二話 暗闇の中の知恵
第三話 隠され知恵
第四話 小さな筺の知恵
第五話 夢の中の知恵
第六話 一夜限りの知恵
第七話 遠い日の知恵
 
となっていて、時代背景的には、第一話が信長が浅井・朝倉の軍と戦った姉川の戦の二年後に始まり、最終話が一豊が関ヶ原の戦後に土佐に封じられるところまでで、一豊と千枝が出会って夫婦になり、信長、秀吉、家康といった戦国の英雄たちの間をうまく立ち回り、戦乱の数々をくぐり抜けて、一国の主となるまでで、それなりに立身出世の、成り上がり物語が味わえる仕掛けにもなっている。もちろん、その出世の陰には、千枝の推理働きがあるわけで、一豊の出世は彼女の内助の功の賜物という定説をきちんと守っている。
 
推理の方法は、夫・一豊から状況を聞き出して推理を行う、典型的なアームチェア・ディクティティブなのだが、謎を解くのが、「閨」内での「あの時」というのが、作者のいたずらなところであるが、千枝も年齢を重ねて、そういったことが少なくなるに連れ、推理の冴えも減っていく、というのが、なんとも生々しい。
 
このほかに石川五右衛門の誕生秘話とか、秀吉が本能寺の変による信長の死の情報を、なぜ、素早く手に入れたのか、といったエピソードも交えてあり、なかなかの盛りだくさんである。
 
さて、こうした歴史ミステリーは、歴史的事実の本当の姿を暴く、といった類の生真面目なものもあるのだが、本書はそういうところとは一線を画したソフトタッチのもの、お気楽に楽しむのがよろしいかと。