ミステリー

ミステリー

美貌の悪運探偵は、巨人の彷徨うテーマパークで「安楽椅子探偵」として謎を解く=今村昌弘「兇人邸の殺人」

九州の名門出身の美貌のお嬢様でありながら、不吉な事件を身近に引き寄せるという特異体質のために、父親から勘当同然に家を出され、関西のマンモス私大に通う「剣崎比類子」と、彼女にワトソン役を要請されながら、事故死した先輩の手前から断り続けている...
ミステリー

予知能力者の老女の「死の予言」が美貌の悪運探偵をふりまわす=今村昌弘「魔眼の匣の殺人」

第一作目の「屍人荘の殺人」で、極秘の研究組織「班目機関」の残党によって、ミュージックフェスタの会場でばらまかれたウィルスで誘発されたゾンビたちに囲まれた山荘の中でおきた密室復讐殺人の謎をといた、美貌の悪運探偵・剣崎比留子とその助手役・葉崎...
ミステリー

ゾンビがつくる密室殺人の謎を解け=今村昌弘「屍人荘の殺人」

スマホがほとんどすべての人が手にしていて、よほどの田舎か人里離れた山奥にいかない限り、インターネットに繋ぐことができる今日、一番、つくりづらい犯行環境は「密室」ではないでしょうか。その最難の課題を、ミステリーとはおよそ関係しそうもない、S...
ミステリー

電車内痴漢の裏には、連続猟奇殺人事件が隠されていた=櫛木理宇「殺人依存症」

お嬢様学校に通う女子高生の通学中を襲う、卑劣な集団痴漢行為から救い出してくれたはずの恩人の女性は、さらに恐ろしい犯罪を企んでいて・・という陰惨で衝撃的な滑り出しで始まる、ダークミステリーが本書『櫛木理宇「殺人依存症」(幻冬舎文庫)』です。...
ミステリー

シリアルキラーの死刑囚の依頼は冤罪の再調査=櫛木理宇「死刑にいたる病」

大学生活に全く魅力を感じず、かといって他に打ち込むものの恋人も友人もいまいまま、Fラン大学に通っている大学生のもとへ、9件の連続殺人で死刑が確定されている死刑囚から、ある日一通の手紙が届きます。その手紙は、彼をある泥沼の中にひきこむきっか...
北森鴻

美貌の異端民俗学者・連杖那智の謎解き、再び=北森鴻・浅野里沙子「天鬼越」

美貌で明晰な頭脳をもちながら、民俗学会の異端児として扱われている連杖那智と、実直な研究者ではあるのだが、そのお人好し的な性格から、那智に振り回されてばかりいる連杖研究室の万年助手・内藤が、日本の歴史や習俗の中に隠された秘密を暴き出していく...
ミステリー

ありえない依頼を引き受ける、元弁護士の美貌探偵出現=柚月裕子「合理的にありえない 上水流涼子の解明」

もとは親譲りの弁護士事務所を引き継いで大手企業の顧問弁護士を務めていたのですが、契約先企業のお家騒動に巻き込まれて、傷害の濡れ衣を着せられて弁護士資格剥奪。今は東大出身でIQ140以上の秀才をアシスタントにして探偵事務所を開業しているとい...
ミステリー

連続殺人で「詰将棋」を出題する犯人をつきとめろ=井上ねこ「盤上に死を描く」

サイコキラーが自分のやった殺人であることの証拠を残していくことがままあるのですが、連続してはいるものの共通点がみつからない殺人事件の被害者がもっているのは「将棋の駒」。 てがかりもなく捜査が暗礁に乗り上げていく中で、体育会系の愛知県...
ミステリー

「将棋」の世界のもつ苛烈さと謎解きが楽しめる将棋ミステリーをどうそ=芦沢央「神の悪手」

人間心理や感情と巧妙な仕掛けをおりまぜたストーリ展開の最後に読者の意表を突く切り札が用意されているミステリーが特徴の筆者が、はじめて取り組んだ将棋ミステリーの連作短編集が本書『芦沢央「神の悪手」 (新潮社)』です。 本の帯によ...
若竹七海

葉崎市は今日も「犯罪」でいっぱい=若竹七海「パラダイス・ガーデンの喪失」

相模湾に中央に突き出た葉崎半島に位置し、葉崎マリーナという名の公共マリーナと丘陵地帯ぐらいしか特徴がなく、神奈川県の盲腸とも呼ばれる、(架空の市)葉崎市を舞台にしたミステリーのひさびさの第8弾が本書『若竹七海「パラダイス・ガーデンの喪失」...
タイトルとURLをコピーしました