食べ物

食べ物

懐かしの町中華は滅びゆく食文化?ー北尾トロ「夕陽に赤い町中華」

昔からあるにもかかわらず、古臭い、野暮といったイメージで敬遠されていたものが、突如として脚光を浴び始める。その典型が「町中華」ではないでしょうか。「どこにでもある、なんでもない町の中華屋」さんなのだが、入ってみると妙に暖かく居心地がよくて...
食べ物

定年過ぎたら日常の些末事にこだわれー東海林さだお「定年からの男メシの作法」(SB新書)

サラリーマンをしている男性は、定年を迎えて自宅にいるようになると、とたんにすることがなくなるか、趣味の世界にどっぷりと浸ってしまって、という二極の世界にはいることが多いのですが、どちらの世界に行くにせよ、日々の「三度のメシ」という問題から...
食べ物

一人の食事は「風流」の極みー東海林さだお「ひとりメシの極意」(朝日新書)

今の世間で失われてしまったのが、一人こそこそと店の暖簾をくぐって、満員で肩を寄せ合うようなカウンターの空き席に座って、隠れるように日本酒とつまみを「ちびちび」やる、という自虐的な楽しみで、新型コロナ流行下で、食事も家庭内、店はテイクアウト...
食べ物

「ナニワめし暮らし おいしてたまらんわぁ5〜8」ーナニワのめし行脚もこれで完結

東京でのデザイナー暮らしで心身ともつかれてしまったとデザイナー「茶谷正彦」が、先輩の口車にのって東京から大阪にやってきて、一癖も二癖もある住人たちが住む、元お好み焼き屋のボロボロシェアハウス「しまき」の管理人兼フリー・デザイナーをしながら...
食べ物

「ナニワめし暮らし おいしてたまらんわぁ 2~4」ーナニワグルメはシェアハウス住人の心を繋ぐ

東京でのデザイナー暮らしで心身ともつかれてしまったとデザイナー「茶谷正彦」が、先輩の口車にのって東京から大阪にやってきて、一癖も二癖もある住人たちが住む、元お好み焼き屋のボロボロシェアハウス「しまき」の管理人兼フリー・デザイナーをしながら...
土山しげる

おせち料理をかけた「旨いもの話」の勝負始まる ー 土山しげる「極道めし 1・2」(アクションコミックス)

外を出歩く自由もなく、何を食べたいかの希望が叶うこともない場所の典型的なところといえば、刑務所をおいてほかにはないでしょう。その刑務所に収監されている受刑者たちが、「美味いもの」の話を順番にして、一年で一番楽しみな「おせち料理」の1品を賭...
食べ物

大阪の「食」は無敵だ ー はたのさとし「ナニワめし暮らし おいしてたまらんわぁ 1」

ブラックなデザイン会社に就職して、昼夜をとわず激務に追われて、偏食による栄養失調と心的ストレスによる自律神経失調症を患って入院したあげくに、クビになった、東京生まれの東京育ちのデザイナーの卵・茶谷正彦くん。彼が、大学の先輩の誘いで大阪にや...
今 柊二

「立ちそば」は日本の誇るビジネス文化だ ー 今柊二「立ちそば春夏秋冬」

「立ちそば」というものにお世話になったことがない、と断言できるビジネスマンとは正直、あまりつきあいたくないな、と思っていて、ビジネスマンとしての経験の深さは、食べた蕎麦の丼やセイロの数に比例するってな偏見すら持っている。そんなビジネスマン...
今 柊二

庶民の味方の中華料理「ギョーザ」の名店の数々 ー 今柊二「餃子バンザイ」

中華料理の中でも、「餃子」は日本全国の共通言語のようなもので、他の中華料理、いまどきは「ラーメン」や「チャーハン」でも豪華で高価なものがあっても許されるのだが、こと「餃子」に限っては、どこでもいつでも食べることができて、しかも安価というの...
食べ物

ビジネスマンは給料日の贅沢で何食べる? ー 楠本哲「給料日のグルメ 1」

ビジネスマンのグルメは、トップエリートで交際費バンバン使える、という境遇でない限り、多くない小遣いの中でやりくりする限られた予算の中で、できるだけ美味しいものを探す、というのがほとんどでしょう。 本書の主人公で。首都圏の中堅企業に勤...
タイトルとURLをコピーしました